PayPay(ペイペイ)とは?支払い方法から利用範囲までを全網羅

PayPayは、ソフトバンクとヤフーによって2018年に誕生したPayPay株式会社が提供するスマホ決済サービスです。

スマホ1つで決済できる手軽さや高い還元率などを理由に、PayPayは数あるスマホ決済アプリの中でも特に人気が高まっています。

せっかく買い物するのであれば、PayPayを利用して、高い還元率でおトクに買い物したいという人も多いでしょう。

この記事では、PayPayの特長や具体的な支払い方法、利用範囲、PayPayでできること・できないことなどを解説しています。

PayPayの主な特長
  • PayPayはコード方式のスマホ決済サービス
  • 還元率が通常1.5%、キャンペーンで更におトクに
  • クレジットカードがなくても使える
  • 送金や割り勘、公共料金支払いもできる

トップ画像引用元:PayPay – QRコード・バーコードで支払うスマホ決済アプリ

PayPayとは

PayPay

画像引用元:PayPay – QRコード・バーコードで支払うスマホ決済アプリ

はじめに、PayPayの基本的な内容や支払い方法などについて解説します。

PayPayはコード式のスマホ決済

PayPayは電子マネーの中でも近年特に注目が集まっている、コード方式のスマホ決済サービスです。

お店のQRコードを読み取るかお店の人にバーコードを見せることで決済できます。登録料や年会費は一切かかりません。

スーパーやコンビニなど街のお店の他にも、Yahoo!系列のネットショッピングでも利用可能です。

スマホ1つで買い物できる、残高や利用明細をすぐスマホで確認できるという手軽さから、人気が高まっています。

最終的な支払い方法は主に2種類

店頭ではスマホを使って決済しますが、最終的なお金の出どころは大きく分けて2種類あります。

事前にチャージする方法と、クレジットカードを紐付ける方法です。

事前にチャージする(PayPay残高)

実際に買い物をする前に、アプリを操作してあらかじめお金をチャージする方法です。

Suicaは、あらかじめ券売機などからチャージしその範囲内で電車に乗ることができる電子マネーですが、そのイメージに近いです。

チャージした金額は「PayPay残高」としてPayPayアプリ内に電子マネーとして移され、チャージした金額の範囲内で買い物をすることができます。

チャージの方法はいくつかあり、次のいずれかの方法から選ぶことができます。

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • Yahoo!Japanカード
  • ヤフオク!またはPayPayフリマの売上金
  • ソフトバンクかワイモバイルの料金とまとめて支払い

現金でそのまま支払うのではなくチャージのひと手間を加えることで、クレジットカードを使わずともポイントの還元が受けられます。

クレジットカードは使いすぎが心配だという現金派の人にもうれしい支払い方法と言えますね。

クレジットカードとの連携

Yahoo!Japanカード以外のクレジットカードを利用する場合には、PayPayアプリにチャージするのではなく情報を連携するだけです。

お店でカード自体を提示するかスマホを提示するかの違いがあるだけで、お金の流れとしてはクレジットカードを使っているのと同じことになります。

クレジットカードと連携すると、以下のようなメリットがあります。

  • カードを持ち歩かなくて済む
  • 暗証番号を入力しなくてよい
  • すぐに明細を確認できて便利

登録できるクレジットカードの国際ブランドは、VISA、Mastercard、またはYahoo!JapanカードのみJCBに対応しています。

PayPayのポイント還元率

PayPayの人気が高い理由のひとつは、その還元率の高さです。

PayPay利用特典というものがあり、買い物の際PayPayを使って支払うだけで一律1.5%還元されます。

還元された金額は、そのままPayPay残高として買い物に利用することが可能です。

ポイント還元率が高いと言われるクレジットカードでも1%程度なので、それと比較しても還元率が高いことがわかります。

なお、PayPay利用特典は、PayPay残高による支払い(電子マネーとして利用)またはYahoo!Japanカードでの支払いのみ対象です(2019年12月時点)。

還元率が上乗せされる期間限定キャンペーンも

通常のPayPay利用特典のほかに期間限定キャンペーンで還元率が上乗せされることもあります。

また、Yahoo!Japan系列の各種サービスやキャンペーンで、有効期限の短いPayPay残高(PayPayボーナスライト)が付与されることがあります。

Yahoo!ショッピングなどYahoo!系列のサイトをよく使う人にとって使い勝手がよいというのも人気のポイントです。

利用上限額があるので注意

PayPayでは24時間ごと・30日ごとに使える上限額が定められているので、高額決済をする際は注意してください。

上限額は、PayPay残高なのかクレジットカードなのか、本人認証済みか否か、PayPay独自の基準「青バッジ」が付与されているかという条件によって変動します。

項目過去24時間過去30日間
PayPay残高50万円200万円
クレジットカード(本人認証未設定)5,000円5,000円
クレジットカード(本人認証済)2万円5万円
クレジットカード(本人認証済+青バッジ)25万円25万円

PayPayの利用範囲(使えるお店)

ペイペイ

画像引用元:‎「PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)」をApp Storeで

PayPayは、上記マークを掲げる170万ヶ所以上のお店で利用可能です(2019年12月時点)。

使えるお店は随時増えており、代表的なところでは以下のようなお店があります。

  • コンビニ:セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど
  • スーパー:イトーヨーカドー、西友、OK、ライフなど
  • ドラッグストア:マツモトキヨシ、ダイコクドラッグ、サンドラッグなど
  • 飲食店:吉野家、魚民、PIZZA-LAなど
  • 家電量販店:ビックカメラ、ケーズデンキ、ヤマダ電気など
  • 書店:TSUTAYA、ジュンク堂、LIBROなど
  • アパレル:Right-on、はるやま、OUTDOOR、DIESELなど
  • レジャー:ビッグエコー、ROUND1など
  • その他雑貨等:東急ハンズ、GEO、カメラのキタムラ、トイザらスなど

PayPayのようなバーコード決済は、SuicaやiDといったFeliCa決済(おサイフケータイ)と比べてお店への導入が簡単です。

したがって、上記のようなチェーン店だけでなく個人経営の食堂などでも導入されています。

詳細はPayPayアプリ内の「近くのお店」から確認できます。

次のページでは、具体的なPayPayの使い方について解説します。

実際に支払う場面でスムーズに使えるよう、事前に使い方を確認しておきましょう!
PayPay(ペイペイ)とは?支払い方法から利用範囲までを全網羅