アイフルのATMで出来ること|手数料・時間と利用時の注意点

アイフルの提携ATMは全国に約7万台。お近くの銀行やコンビニで利用できる手軽さが魅力です。アイフルのATMをフル活用すれば日々の生活がグッと便利に!ただし、利用するATMによっては営業時間や利用できるサービスが異なります。本記事にて各種ATMの営業時間や手続き方法などを事前に確認しておきましょう。
  • 2021年1月28日
  • 2022年6月16日
アイフルのATMで出来ること|手数料・時間と利用時の注意点

アイフルATMは土日も利用可能、手数料無料なのが特徴です。

提携ATMは全国に約7万台。お近くの銀行やコンビニでも利用できるので便利です。

急いでいる時やお財布がピンチの時に助かりますね。

本記事では、アイフルの専用アプリの利用にも触れながら、アイフルのATM手数料や利用時間などをわかりやすく解説します。

アイフルのATM 利用のまとめ
  • アイフルATMは07:00~23:00、土日も利用可能
  • 提携ATMは提携先によって営業時間が異なる
  • アイフルATMは手数料無料・提携ATMは有料
  • ATMからのアイフル利用にはカードが必要
  • セブン銀行ATMとローソン銀行ATMはアプリ連動でカード不要

アイフルで利用できるATMの営業時間と手数料

アイフルはコンビニでも借り入れ可能

アイフルは安心感と柔軟な対応力を両立している大手消費者金融です。

初めての方最大30日利息0円サービスや最短25分のスピード審査、即日融資にも対応しています。

※申込の状況によっては希望にそえない場合があります。WEB申込なら最短25分融資も可能です。

アイフルの専用ATMである「アイフルATM」は全国で441台(2021年1月現在)。アイフルの無人契約ルームにも設置されています。

また、アイフルのサービスが利用できる提携ATMは全国で約70,000台。銀行やコンビニでも利用できます。

提携ATMが多く存在するため、アイフルATMが近くに無い場合でも、借り入れや返済といったサービスを身近で利用するこができます。

ただし、「アイフルATM」と「提携ATM」では、営業時間や手数料の有無などが異なるので注意が必要です。

アイフルATMの営業時間と手数料

アイフルATMの営業時間帯は7:00~23:00です。

土日も営業しているため、平日は仕事で忙しい方にも便利です。

アイフルATMの利用手数料は無料です。手数料をかけずにATMで返済したい人はアイフルATMがおすすめです。

公式サイトでは最寄りのアイフルATMを検索することができます。

アイフル提携ATM 一覧

続いて、アイフル提携ATMを紹介します。

提携ATMは全国で約70,000台です。提携している金融機関やコンビニでも利用できます。

ただし、提携ATMによって利用できるサービスが異なり、借り入れと返済両方できるもの、借り入れ・返済どちらかしか利用できないものもあります。

以下に、機能別に金融機関をまとめてみました。

借り入れ・返済が可能な提携ATM
  • イオン銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 西日本シティ銀行ATM
  • 親和銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • E-net ATM
借り入れのみ可能な提携ATM
  • 福岡銀行ATM
  • 熊本銀行ATM

アイフル提携ATMの営業時間と手数料

アイフルの提携ATMは、利用時に一定の手数料がかかります

提携ATMの利用には、取引額に応じた手数料が発生します。

取引額手数料
10,000円以下110円
10,000円超220円

また、提携している金融機関やコンビニによって営業時間が異なります。

提携銀行ATM
金融機関名営業時間
イオン銀行7:00~23:00
三菱UFJ銀行0:10~23:50
西日本シティ銀行平日7:00~23:00
土日祝日8:00~21:00
親和銀行8:00~21:00
熊本銀行
福岡銀行

ATMのメンテナンス時間は利用不可となる点、ATMの設置場所によって営業時間が異なる点にはご注意ください。

また、コンビニATMの営業時間は次のように変則的です。

提携コンビニATM
提携ATM営業時間
セブン銀行ATM平日0:00~2:00
3:00~24:00
土曜日0:00~2:00
3:00~23:00
日曜日7:00~24:00
祝日通常の曜日と同様の営業時間
ローソン銀行ATM月曜日7:00~24:00
火曜日~土曜日0:00~23:50
日曜日7:00~23:50
祝日通常の曜日と同様の営業時間
E-net24時間365日

アイフルATMでできること

アイフルATM、提携ATMいずれも返済と借り入れに限定されます

新規申し込みやカード発行、増額申請、カードの再発行などは、アイフルの無人契約機や電話、インターネット経由での申し込みに限られます。

アイフルATMは無人契約機と併設されているケースが多いです。

申し込みやカードの発行が必要な方は、アイフルATMに無人契約機が併設していないか公式サイトで調べてみましょう。

無人契約機で即日借り入れが可能

アイフル即日融資画像

アイフルの申し込み、カードの発行は全国にある無人契約機でも受け付けています。

無人契約機であれば審査は最短25分で完了し、その場でカードが受け取れます。WEBからのオンライン申込なら最短25分融資も可能です。

ただし、申込の状況によっては希望にそえない場合があります。
  
なお、無人契約機以外でも、次に挙げる3つの方法でカードの発行が可能です。

その他のカード発行手続方法
  • WEBからのオンライン手続き
  • スマホアプリからのオンライン手続き
  • 電話での手続き

ATMを利用するには基本的にアイフルの専用カードが必要ですが、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMならカードがなくてもスマホアプリから利用できます。

詳しくは後のセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMはアプリと連携可能の章で解説します。

無人契約機での手続き時の必要書類

手続き

無人契約機でカードを新規発行する場合、本人確認書類が必要です。

場合によっては収入証明書が必要になることもあるため、事前に確認しておきましょう。

特に、即日借り入れを希望する場合は不備の無いよう書類を整えておいてくださいね。

本人確認書類となるものは以下の通りです。

本人確認書類:A
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート(所持人記入欄があるもの)
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(表面のみ)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 各種保険証
  • 国民年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 住民票
  • 戸籍謄本
  • 住民票記載事項証明書

本人確認書類のうち、運転免許証などの顔写真つき本人確認書類がある場合があれば1点のみ。

顔写真つき本人確認書類がない、または旧住所になっている場合は、現住所を証明する本人確認書類がAまたはBから追加で必要になります。

本人確認書類:B
  • 公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)
  • 国税・地方税の領収書
  • 納税証明書

顔写真つき本人確認書類がある場合
例:運転免許証 (現住所)
例:運転免許証(旧住所)+ 保険証(現住所)

顔写真つき本人確認書類がない場合
例:各種保険証(現住所)+ 住民票(現住所)

また、一定の要件を満たす借り入れは別途契約前に収入証明書の提出が必要になります。

収入証明書の提出が必要なケース
  • アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  • アイフルと他の貸金業者からの借り入れ額が総額100万円を超えた場合
  • 就業状況の確認や審査の過程で必要となる場合

収入証明書となるものは以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給料明細書(※2)
  • 確定申告書
  • 所得証明書

(※2)給与明細書は直近2ヶ月分が必要。また、賞与がある場合は1年以内の夏・冬それぞれの賞与明細書も必要です。

アイフルのアプリならスマホでATMが利用できる

セブン銀行ATMカードレス取引画像

提携ATMはコンビニなどに多数設置されており、アイフルATMと同等のサービスを利用することができて便利ですが、基本的にカードがないと利用できません。

また、利用時間や提供しているサービスも利用するATMによって異なります。

しかし、スマホアプリならカードは必要ありません。原則24時間365日スマホひとつで、アイフルのサービスを利用できます。

セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMなら、借入れや返済が利用できて便利です。

セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMはアプリと連携可能

アイフルのサービスを利用するには、基本的にカードが必要ですが、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMの場合はアイフルのアプリで借り入れや返済が可能です。

ここではアプリを使ってセブン銀行ATMで借り入れをする手順をご紹介します。

まずはアイフルのアプリをダウンロードしましょう。

アイフルのアプリはiPhone端末とAndroid端末のどちらでも利用できます。

  1. アイフルのアプリにログイン
    アイフルATM1
  2. スマホATMで「融資」を選択する
    アイフルATM2
  3. セブン銀行ATMの画面で、スマホ取引を選ぶ
    アイフルATM3
  4. QRコードが取引画面に表示される
    アイフルATM4
  5. QRコードをアプリで読み取ると企業番号が表示される
    アイフルATM5
  6. セブン銀行ATM取引画面に企業番号を入力する
    アイフルATM6
  7. セブン銀行ATMにて暗証番号を入力する
    アイフルATM7
  8. 希望取引額を入力
    アイフルATM8

アプリを使えば、カードの磁気トラブルや破損とは無縁です。

また、周囲に内緒でアイフルを利用したい人にとってもカードレスは有効です。

ただし、スマホの充電切れにはくれぐれもご注意ください。

ダウンロードはこちらから

アップルストア グーグルプレイ

スマホアプリの便利な機能

アイフルのアプリはセブン銀行ATMからのカードレス利用以外にも、多彩な機能を備えています。

アイフルをより便利に利用することができますよ。

アイフルのアプリの主な機能や特徴は以下の通りです。

  • 会員ページに簡単ログイン
  • スマホだけで借り入れや返済ができる
  • 利用状況が確認できる
  • 簡単に手続きフォーム入力ができる

会員ページに簡単ログイン

指紋認証や顔認証などの生体認証や、4桁のPINコードで簡単にログインができます。

面倒なパスワード入力は不要です。

スマホだけで借り入れや返済ができる

セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMなら専用アプリで借り入れ、返済が可能です。

カードを持ち歩く必要がないので、カード忘れの心配がありません。

また、借り入れをしていることを周囲に気づかれるリスクも減らせます。

スマホから店舗を検索できたり、返済シミュレーションを利用することもできますよ。

利用状況が確認できる

借り入れ残高や、毎月の返済金額などをリアルタイムで確認することができます。

また、アイフルATMや提携ATMではできない、利用限度額の増額もアイフルのアプリから申し込みが可能です。

簡単に手続きフォーム入力ができる

免許証やYahooIDがあれば申し込み時のフォーム入力を省略できます。

その他の提出書類のもカメラで撮影して送るだけで完了します。

アイフルでATMを使うときの注意点

注意のポイント

アイフルで利用できるATMは全国各地に存在していますが、注意すべき点もあります。

主な注意点は以下のとおりです。

  • 24時間利用できるのはE-netだけ
  • 提携ATMは手数料がかかる
  • 最小借入金額がある
  • カードが必要

24時間利用できるのはE-netだけ

数あるATMのなかで、24時間365日利用できるのはE-netのみです。

その他のATMは利用時間が限られているので注意が必要です。

また、ATMにはメンテナンス時間で利用できないこともあります。

借り入れや返済の予定がある方は、事前に営業時間をチェックしておきましょう。

提携ATMは手数料がかかる

アイフルATMは借り入れ、返済ともに無料ですが、提携ATMは手数料がかかります。

手数料を抑えてお得に利用したい方は、アイフルATMの利用をおすすめします。

最小借入金額がある

アイフルATMとセブン銀行ATMおよびローソン銀行ATMは1,000円から借り入れが可能です。

その他のATMは10,000円からの借り入れです。

また、振込口座登録を指定している場合は、銀行融資も1,000円単位で利用することができます。

1,000円単位で利用できないATMを使用する場合は、借りすぎに注意しましょう。

カードが必要

アイフルATMも、提携ATMも基本的にカードがないと利用できません。

ただし、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMはアイフルのアプリで利用をすることができます。

各種手続きの特徴をおさえて急な支出に備えましょう

アイフルのATM 利用のまとめ
  • アイフルATMは07:00~23:00、土日も利用可能
  • 提携ATMは提携先によって営業時間が異なる
  • アイフルATMは手数料無料・提携ATMは有料
  • ATMからのアイフル利用にはカードが必要
  • セブン銀行ATMとローソン銀行ATMはアプリ連動でカード不要

アイフルは、アイフルATM、提携ATM、アイフルのアプリを利用した方法など、さまざまな方法で借り入れや返済ができます。

また、アイフルの審査は最短25分。急な出費にも対応できます。

申込の状況によっては希望にそえない場合がありますが、WEB申込なら最短25分融資も可能です。

しかし利用するATMによっては、営業時間や利用できるサービスが異なります。

利用時に焦らないように、各種ATMの営業時間や手続き方法などを事前に確認しておきましょう。