プラチナカードおすすめランキング

アメックスプラチナの審査基準・到着までの日数・状況確認方法を解説

アメックスプラチナ

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(以下アメックスプラチナ)はハイステータスカードの代表格といわれ、年会費が143,000円かかることでも有名です。

そんな特別なカードだからこそ、審査基準や必要な年収・勤続年数などが気になる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、アメックスプラチナの審査について徹底解説しました。

カード申込み後に審査の状況を確認する方法や、カード到着までの日数についても紹介しているので、参考にしてください。

アメックスプラチナはイメージより作りやすい
  • イメージよりは申し込みしやすい
  • 年収は400~500万円を目安に
  • カード到着までは1~3週間前後
  • 審査状況は電話で確認できる

※本記事の価格は全て税込みです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
年会費143,000円追加カードETCカード/家族カード
還元率1%~ポイントメンバーシップ・リワード
マイルJAL/ANA/他付帯保険海外旅行/国内旅行/ショッピング
電子マネーQUICPayスマホ決済Apple Pay
今なら入会&利用特典で最大40,000円相当プレゼントキャンペーンサイトを見る

アメックスプラチナの基本情報

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

まずは、アメックスプラチナがどんなカードなのか基本情報を確認しましょう。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
還元率ポイント0.33~3.0%
マイル0.5~3.0%
年会費初年度143,000円
2年目以降
家族カード無料 ※発行上限4枚
旅行保険海外最高1億円(自動付帯5,000万円)
国内最高1億円(利用付帯)
ETCカード発行手数料935円
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
発行期間1~2週間

アメックスプラチナの基本情報でもっとも目を引くのは、143,000円の年会費ではないでしょうか。

他社のプラチナカードと比較しても飛び抜けて高額ですが、アメックスのカードは一般的に、他社クレジットカードの基準ではランクが1つ上といわれています。

つまりアメックスプラチナは、他社クレジットカードの基準ではブラックカード相当といえます。

果たしてブラックカード相当の審査基準はどういったものなのか、気になりますよね。

次の項目から、アメックスプラチナの審査基準について徹底解説していきます。

※以下、原則的に直接申し込みした場合の審査について解説します。

アメックスプラチナの審査基準

まずお伝えしたいのは、アメックスも含めクレジットカード会社は審査基準を公表していないということです。

この記事では、既存契約者のクチコミなどから推察できる審査基準の傾向を紹介していきます。あくまでも公式情報ではないという点に注意して読み進めてください。

アメックスプラチナの審査基準は「ステータスと年会費の高さの割には作りやすい」といえます。

もちろんプラチナカードなので、誰でも作れるというわけではありません。

しかし、士業や会社役員など一握りの人しか作れないカードというわけではなく、ごく一般的な属性・年収の人でも申込み可能です。

具体的には、以下のような理由から「ステータスと年会費の高さの割には作りやすい」と判断できます。

アメックスプラチナが意外と作りやすい理由
  • 申し込み資格が20歳以上から
  • 必要な年収の目安は400~500万円以上か
  • 専業主婦・年金受給者でも申込み可能
  • 直接申込みができるようになった
  • 柔軟な利用限度額設定

申し込み資格が20歳以上から

アメックスの公式サイトでアナウンスされているアメックスプラチナの申込み資格は、次のとおりです。

  • 満20歳以上で定職がある方(学生は除く)
  • 安定収入がある方(パート・アルバイト不可)
  • 日本国内在住の方

年齢に関していえば、他社プラチナカードと比較してもかなり低めに設定されています。

たとえば「三井住友カードプラチナ」は30歳以上、「JCBプラチナ」は25歳以上という年齢制限があります。

それらの代表的なプラチナカードと比較しても、アメックスプラチナは若い方にまで申込みの間口を広げていることがわかりますね。

また、一般的な会社員の場合、年齢や勤続年数とともに年収も高くなります。

実際に、国税庁による民間給与実態統計調査(平成30年分)では、20代前半の平均年収は267万円・30代前半の平均年収は410万円という結果が発表されました。

(参照:平成30年分民間給与実態統計調査結果について|国税庁

つまり、申込み可能な年齢と必要な年収の目安はある程度比例していると考えられるのです。

このことからも、アメックスプラチナはステータスや年会費の金額から想像するほど手が届きにくいものではないといえるでしょう。

柔軟な利用限度額設定

アメックス・プラチナ

アメックスプラチナの申込みにエリート並の収入が要求されないのは、アメックスの特徴的な利用限度額設定にあるともいわれています。

たとえば三井住友カード プラチナでは、300万円~500万円の範囲内で限度額が設定されます。

しかしアメックスでは上限・下限ともにそういった一律の限度額を設けていません

グリーンやプラチナといったカードのランクにかかわらず、会員一人一人の状況に応じて「利用目安額」を柔軟に設定しています。

1,000万円以上の決済ができるケースもあれば、逆に状況次第では10~20万円ほどの限度額となる場合もあるのです。

この独特な限度額設定により貸し倒れリスクを最小に抑えることができるため、富裕層に限らず広く会員を募っているのだと想定できます。

必要な年収の目安は400~500万円以上か

とはいえ、アメックスプラチナの申込み要件にはきちんと「安定収入がある方」という条件があります。

学生やパート・アルバイトの方の申込みも不可とされていることから、誰でも申込み可能というわけではなく、一定以上の水準が求められると考えてよいでしょう。

公式情報でないという点に注意が必要ですが、これまでに審査に通った方のクチコミでは、年収500万円以上で通った方が多くみられます。

また、アメックスプラチナの申込みページでは、年収欄に「例:500万円」と表示されています。

アメックスプラチナ申込み画面

この点からも、年収500万円がおおよその目安と考えられます。

その他、クレジットヒストリーが優良な方では、年収400万円台で通ったという声もありました。

なお、国内のプラチナカードで、申込み可能年齢の下限がいちばん高いものは、30歳以上からとなっています。そして、前項で解説したとおり30代前半の平均年収は410万円です。

こういったクチコミも含め総合的に判断すると、アメックスプラチナの申込みに必要な年収は400~500万円以上が目安だといえます。

直接申込みができるようになった

アメックスプラチナは元々インビテーション(招待制)限定のカードでしたが、2019年4月より直接申込み可能となりました。

インビテーションは、アメックスグリーンまたはゴールドを使っている人の中でアメックスから「信頼できる会員だ」と判断された一部の人だけに届くものです。

それが直接申し込みできるようになったということは一気にアメックスプラチナを持てる人の数が増えたということです。

裏を返せば、アメックスはそれだけたくさんのカード会員を募っていると捉えることもできます。

アメックスに限ったことではありませんが、カード会社側が「カードを作って欲しい」と積極的になっている場合には、比較的カードが作りやすい傾向にあります。

専業主婦・年金受給者でも申込み可能

意外だと感じる方もいるかもしれませんが、アメックスプラチナは主婦や年金受給の方でも申込み可能です。

クチコミによると、夫が比較的高収入という専業主婦でアメックスプラチナの審査に通った方もいました。

職業で「主婦」を選択すると、下の画像のように年収の欄が「世帯年収」に自動で切り替わります。

アメックスプラチナに主婦が申し込むとき

主婦の方が申し込む場合には、年収欄に「0」と入力するのではなく、世帯全体の収入を入力します。

ただし、本人に収入のある会社員や公務員と比較すると、主婦や年金受給の方は、審査に通りにくいことも推定されます。

その場合には、任意項目である「預貯金・有価証券類」の欄を入力するのがおすすめです。

次の段落で詳しく解説しますが、任意項目の入力は審査に通りやすくするコツの1つでもあります。

アメックスプラチナの審査を通すコツ

繰り返しにはなってしまいますが、アメックスプラチナの審査基準は非公開です。

明確な審査基準がわからない以上、「これをすれば絶対に審査に通る」と断言できることはありません。

しかし、審査に通りやすくなるコツはいくつかあるので紹介しますね。申込みの際に意識してみてください。

アメックスプラチナの審査を通すコツ
  • 任意項目を埋める
  • 多重申し込みを避ける
  • 他社のカードローンなどを減らす
  • インビテーションを狙う

任意項目を埋める

アメックスゴールド利用イメージ

申込みフォームには、氏名や住所など「入力必須」の項目と、預貯金など「任意」の項目があります。

前の項目で少し触れましたが、任意の項目もできるだけ埋めるようにすると、審査に通りやすくなります。

預貯金などは重要な個人情報なので、可能な限り自分の情報は提供せずに済ませたいと考える人が多いかもしれません。

しかしアメックス側からすれば、申込み者に関して多くの情報があったほうが精度の高い審査が可能になります。

すなわち申込み者への信用度が高まるため、審査に通りやすくなるといわれています。

特に属性や年収に不安を感じる場合には、しっかりと入力することをおすすめします。

多重申し込みを避ける

短期間に複数のクレジットカードを申し込むことを「多重申し込み」といいます。

多重申し込みをした履歴があると、生活に困窮しているのではないか懸念され審査落ちに繋がります。

特に、一度アメックスのカードを作ろうとして再チャレンジする場合には、前回の申込みから6ヶ月以上空けるようにしましょう。

他社のカードローンなどを減らす

もしもカードローンなど無担保ローンの借入れがある場合には、できるだけそちらを返済してから申込みすると審査に通りやすくなります。

無担保ローンの借入れがある場合、前項と同様、生活に困っているのではないかと懸念されたり、お金に関する計画性がないとみなされたりする可能性があります。

生活に困っている、つまりアメックスプラチナの年会費143,000円が払えない可能性が高いと判断されてしまうかもしれません。

カードローンの他にも、以下の借入れがある場合には返済または残高を減らしてからアメックスプラチナを申し込むことをおすすめします。

  • クレジットカードのキャッシング
  • 銀行・消費者金融などのフリーローン
  • 学生ローン、レディースローンなど

インビテーションを狙う

アメックスプラチナを申し込むには属性や年収の面で不安があるという場合には、アメックスグリーン・アメックスゴールドからのインビテーションを狙うのも申込みを通すコツのひとつです。

なぜなら、直接申し込みよりインビテーションのほうが審査に通りやすいといわれているからです。

また、ゴールド以下は年収300万円台でも審査に通ったというクチコミも多くみられます。

つまり、プラチナよりもさらに申込みの間口が広く設けられていると推察できるのです。

インビテーションを狙う場合は、以下のような点に注意しながら利用実績を積むのがおすすめです。

  • 支払いに遅れない
  • 少額でも良いから利用頻度を増やす
  • 光熱費など毎月の支払いをアメックスにする
  • 決済する場所のバリエーションを多くする
  • 6ヶ月程度は、毎月カードを使う

アメックスプラチナの審査の流れ

webから申し込んだ場合は、カード到着まで以下のような流れで手続きが進みます。

  1. フォーム入力
  2. 受付完了メール受信
  3. 審査(最大10日前後)
  4. 審査結果メール
  5. (審査可の場合)本人確認・受け取り

アメックスプラチナの審査状況を確認する方法

確認

アメックスプラチナの審査状況は、電話で問い合わせることが可能です。

公式サイトには、アメックスプラチナの審査期間は最短60秒・最大10日ほどと明記されています。

しかし、発行が混み合っている場合などは審査だけで数週間要することもあるようです。

審査結果を待つ時間はドキドキしてしまうもの。できる限り審査結果を早く知りたいですよね。

万が一3週間経っても審査結果に関する通知がこない場合には、下記まで問い合わせると状況の確認が可能です。

プラチナ・コンシェルジェ・デスク

0120-376-107(24時間 ・年中無休)

電話が繋がると音声ガイダンスで会員番号の下5ケタの入力が求められますが、何も入力せずにしばらく待っていればオペレーターに繋がります。

注意点としては、あくまでも「審査が終了したかどうか」を確認できるという点です。

「審査に通ったか落ちたか」は明確に回答してもらえないケースもあるので、問い合わせの際はその点を理解しておきましょう。

アメックスプラチナ到着までの日数

無事審査が通ったら郵送でカードが発行されます。

アメックスプラチナが手元に届くまでは通常1週間~3週間ほどの期間を要します。

入会キャンペーン中などは混み合って発行に時間がかかるので、到着まで1ヶ月程度みておくと安心です。

急いで発行したい場合には、下記コールセンターへの電話でカードを申し込みましょう。

電話申込みの場合、可能な範囲で急いで審査をしてもらえるようです。

新規カードお申し込み 専用窓口

0120-020222(9:00~21:00/土日祝休)

アメックスプラチナは意外と手が届くかも!?

最後に改めて、アメックスプラチナの審査についてまとめます。

アメックスプラチナはイメージより作りやすい
  • イメージよりは申し込みしやすい
  • 年収は400~500万円を目安に
  • カード到着までは1~3週間前後
  • 審査状況は電話で確認できる

アメックスプラチナは、ハイステータスでありながらイメージよりは手が届きやすいです。

また、求められる年収の目安は500万円前後なので決して「一握りの富裕層でないと持てない」というわけではありません。

カード到着までは通常1~3週間ですが、混雑時などは審査だけで数週間かかるケースもあります。

3週間経っても審査結果がわからない場合は電話で確認してみてくださいね。

ステータスの高いカードを持ちたい人は、本記事を参考にアメックスプラチナを狙ってみてはいかがでしょうか。

最新クレジットカード比較!【クレジットカードの通信簿(クレ通)】