アメックスゴールドの海外旅行保険
  • 2021年4月10日
  • 2024年4月24日
当サイトには広告が含まれます

アメックスゴールドの海外旅行保険でカバーできる範囲|弱点を考察

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下アメックスゴールド)には海外旅行保険が付帯されています。

他社のカードに比べて豪華な特典があるイメージの強いアメックスゴールドですが、海外旅行保険の補償内容を見ると完璧とは言えず、このカードならではの弱点もあるようです。

今回は海外旅行を控えている方のために、アメックスゴールドの海外旅行保険の補償内容を見るとともに、その弱点に迫ります。

アメックスゴールド海外旅行保険の特徴
  • 2021年7月から海外旅行保険を付帯させるには旅行代金のカード決済が必須
  • 現時点でも旅行代金のカード決済をしないと十分な補償を受けられない
  • 家族特約に頼らず家族カードを発行しよう
  • 傷害・疾病治療費用保険金は最低ライン
  • 不安な方は海外旅行保険の併用をおすすめ

※本記事の価格は全て税込みです。

アメックスカード比較表
カード名[PR]ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードドカード
ゴールド・プリファード・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード
アメックスグリーン
アメックスグリーン
アメックスプラチナ
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
ANAアメリカン
エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス
ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
セゾンパール・アメリカン
エキスプレス(R)・カード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン
エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費24,200円(税込)39,600円月会費制1,100円/月
(年合計13,200円)
165,000円7,700円34,100円1,100円
年1回の利用で無料
11,000円
初年度無料
還元率0.25%~0.4%1.0%~3.0%0.3%~1.0%0.3%~3.0%マイル還元率
0.5%~1.5%
マイル還元率
0.5%~3.0%
0.5%~3.0%0.6%~1.0%
国際ブランドダイナースクラブAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican Express
キャンペーン新規入会で
初年度年会費無料
2024年4月1日~2024年7月31日
最大120,000ポイント
獲得可能
合計35,000ポイント
プレゼント
最大120,000ポイント
プレゼント
最大18,000ポイント
プレゼント
最大68,000ポイント
プレゼント
最大8,000円相当
プレゼント
最大7,000円相当
プレゼント
申込対象ダイナースクラブ
所定の基準を満たす方
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
18歳以上20歳以上
発行スピード2~3週間通常1~3週間最短3営業日最短3営業日1週間〜3週間1週間〜3週間最短5分最短3営業日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印

アメックスゴールドの海外旅行時の補償内容

飛行機

アメックスゴールドは、旅行の際の航空券やパッケージ・ツアーなどの代金をカード決済した場合と、そうでない場合で海外旅行保険の内容が変わります。

旅行費用をカード決済することで得られる「利用付帯」の補償内容のほうが、「自動付帯」の補償内容よりも優れています。

特に、海外旅行をする際には旅行費用をカード決済することをおすすめします。

利用付帯とは

利用付帯とは、旅費をカード決済することで海外旅行保険が適用される、付帯条件のことです。

逆を言えば、海外旅行の費用をカード決済しなかった場合は海外旅行保険が適用されない、もしくはダウングレードされます。

利用付帯の保険適用条件

アメックスゴールドの利用付帯による保険適用条件は、旅行代金をカード決済することです。

ここでいう「旅行代金」とは、次の2つの料金のことを指します。

旅行代金に含まれるもの
  • 旅行前に日本国内でカード決済した航空機・船舶のチケットやパッケージ・ツアーの料金
  • 出国後に海外で購入した公共交通機関のチケット料金

上記に含まれない、レンタカー代、ガソリン代、高速料金、駐車場代、航空機の発券手数料、座席指定手数料などは対象外です。

自動付帯とは

自動付帯とは、クレジットカードを持っているだけで海外旅行保険が適用される、付帯条件のことです。

カードを持っているだけで保険が適用されるのでありがたいのですが、利用付帯よりも補償内容が引き下げられていることが多いです。

アメックスゴールドの海外旅行保険の補償内容

アメックスゴールドの海外旅行保険の補償内容は以下の通りです。

アメックスゴールド海外旅行保険の補償内容
  • 傷害死亡・後遺障害保険金
  • 傷害治療費用保険金
  • 疾病治療費用保険金
  • 賠償責任保険金
  • 携行品損害保険金
  • 救援者費用保険金

現時点(2021年4月時点)では、旅行代金をカード決済していない場合でも、一定額の海外旅行保険が自動付帯しています。

しかし、2021年7月より海外旅行保険の付帯はカード決済が必要条件となります。

つまり、2021年7月以降は利用付帯となります。旅行代金をカード決済しないと、海外旅行保険が適用されません。

旅行代金をカードで決済

アメックスゴールドは「旅行代金をカード決済した場合」と「しなかった場合」で補償内容が大きく変わります。

こちらは旅行代金をカード決済した場合の、各保険金の支払限度額です。

補償内容旅行代金をカードで決済した場合の支払限度額
傷害死亡・後遺障害保険金1億円
傷害治療費用保険金300万円
疾病治療費用保険金300万円
賠償責任保険金4,000万円
携行品損害保険金50万円
救援者費用保険金400万円
乗継遅延・出航遅延・欠航・搭乗不能・受託手荷物遅延費用2万円
受託手荷物紛失費用4万円

旅行代金をカード以外で決済

こちらは旅行代金をカード決済しなかった場合の、各保険金の支払限度額です。

カード決済時よりも補償内容がグレードダウンしていることがわかります。

なお、先ほども述べましたが、2021年7月1日より、旅行代金をカード決済しなかった場合は海外旅行保険が一切適用されなくなります。

補償内容旅行代金をカードで決済していない場合の支払限度額<カードに自動付帯>
傷害死亡・後遺障害保険金5,000万円
傷害治療費用保険金200万円
疾病治療費用保険金200万円
賠償責任保険金4,000万円
携行品損害保険金50万円
救援者費用保険金300万円
乗継遅延・出航遅延・欠航・搭乗不能・受託手荷物遅延費用2万円
受託手荷物紛失費用4万円

アメックスゴールド海外旅行保険の弱点(足りない・弱いところ)

頭痛に悩む女性

アメックスゴールドの海外旅行保険の弱点は、旅行代金をカード決済しなかった際の補償内容が大幅に弱くなることです。

特に、旅行中にもっとも利用機会が多いと予想される「傷害治療費用保険金」と「疾病治療費用保険金の補償金額」では、カード決済の有無によって100万円の差が生まれています。

海外の医療費は日本の比ではないぐらい高額です。

その100万円の差は、医療費を全額補償できるか否かを分ける大きな境目と言えるでしょう。

旅行代金はアメックスゴールドで決済しよう

アメックスカードの補償内容を最大限活用するためにも、旅行代金はアメックスゴールドで決済することをおすすめします。

これからアメックスゴールドの補償内容を項目ごとに見ていきますが、カード決済の有無で補償金額に大きな差が生まれることに気づくと思います。

カード決済をしない状態の家族カード会員は一切の補償がないことも多く、「海外旅行保険」という観点で考えると持っている価値を感じられません。

家族カード会員については次項で説明します。

アメックスゴールドの家族特約

アメックスゴールドの海外旅行保険には家族特約があります。

カード会員が旅行に同行しなくとも適用されるのが嬉しいところです。

家族特約とは

カード会員の配偶者、カード会員と生計を共にする子ども、両親などの親族も、アメックスゴールド規定の海外旅行保険を受けられる制度のこと。

なお、ここでいう親族とは、6親等以内の血族、3等身以内の姻族を指します。

カード会員の子どもや両親に勤め先がある場合、生計を共にする家族と認定されないことがあります。

家族特約自体は非常にありがたい補償なのですが、注意点がひとつあります。

それは、家族特約に適用される補償内容が、カード会員の補償内容と比べて大幅にグレードダウンしていることです。

先にも述べたように海外の医療費は非常に高額のため、家族特約だけだと医療費の補償金額が足りない恐れがあります。

家族カードを発行しよう

アメックスで自由な旅を

家族特約の補償内容には不安が残るので、海外旅行をする前には念のために家族カードを発行しておくことをおすすめします。

アメックスゴールドは家族カードを無料で1枚発行することが可能です。

2枚目以降は年会費が13,200円と、アメックスゴールドの年会費31,900円と比べて非常に安く設定されています。

できれば旅行する人数分の家族カードを発行しておきたいところですね。

ただし、18歳未満の子どもに家族カードを発行する際には特別申込書の記入が必要になるため、コールセンターへの連絡が必要になります。

アメックスコールセンター

0120-020-444
9:00-21:00/土日祝休

なお、14歳以下の子どもへの家族カードは発行できません。

家族カードが発行されたら、カード決済時の補償内容を適用させるために、各人のカードを用いて旅行代金を決済しましょう

少し手間ではありますが、これを「する」と「しない」では補償内容が大幅に変わってくるので、必要に応じて家族カードも検討しましょう。

傷害死亡・傷害後遺障害保険金

AMEXポイント移行

ここでは傷害死亡・傷害後遺障害保険金の補償内容を見ていきましょう。

海外旅行保険で最も高額な保険金が支払われるセクションです。

傷害死亡・傷害後遺障害保険金は、カード決済の有無で以下の2パターンに分けられます。

カード決済をした場合

アメックスゴールド会員が海外旅行中に突発的な事故に巻き込まれ、事故日を含む180日以内に死亡した場合、傷害死亡・傷害後遺障害保険金が最高1億円支払われます。

家族カード会員は最高5,000万円、家族特約では最高1,000万円です。

カード決済をしなかった場合

カード決済をしたときと同条件の場合、アメックスゴールド会員には傷害死亡・傷害後遺障害保険金が最高5,000万円支払われます。

家族カード会員独自の補償はなく、家族特約扱いで最高1,000万円です。

傷害死亡・傷害後遺障害保険金の補償内容

カード決済した場合のアメックスゴールド会員本人の補償内容は、他のカード会社と比較してもほぼ最高額なので文句なしと言えます。

カード決済をしていない場合でも最高5,000万円と、まあまあの補償金額でしょう。

ただ、カード決済しない場合の家族カード会員の補償金額がゼロというのは、ある意味で衝撃的です。

年会費を払っていても、旅行代金をカード決済しないだけで家族特約扱いになってしまいます。

傷害治療費用保険金

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスには旅行傷害保険がついていない

傷害治療費用保険金は、カード決済の有無で以下の2パターンに分けられます。

カード決済の有無によって補償額に差がある点と、カード決済をしていない場合、家族カード独自の補償がない点がポイントです。

カード決済をした場合

アメックスゴールド会員が海外旅行中に突発的な事故に巻き込まれ、治療を受けた場合、傷害治療費用保険金が最高300万円支払われます。

家族カード会員は最高300万円、家族特約では最高200万円です。

カード決済をしなかった場合

カード決済をしたときと同条件の場合、アメックスゴールド会員には傷害治療費用保険金が最高200万円支払われます。

家族カード会員独自の補償はなく、家族特約扱いで最高200万円です。

傷害治療費用保険金の補償内容

カード決済した場合のアメックスゴールド会員の補償内容は、他のカード会社と比較してもほぼ最高額と言えます。

ただし、傷害治療費用保険金の補償金額である、最高300万円というのは最低限の補償というイメージです。

家族特約の200万円だと最低ラインから100万円も足りないので、このままだと不安ですね。

ジェイアイ傷害火災保険株式会社が公表しているトラブルデータによると、治療費用のほとんどは300万円以内に収まっています。

しかし、年間50件程度は300万円を超える高額医療費用が発生しています。

高額医療費用事故の一例
内容費用総額
イギリス観光中にめまいを起こし救急車で搬送。脳梗塞と診断され17日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。696万円
ハワイ道路横断中にバスにはねられ救急車で搬送。足に重度の外傷のため16日間入院・手術。家族が駆けつける。1,534万円
アメリカ階段で足を滑らせ転倒し受診。橈骨頭骨折と診断され3日間入院・手術。972万円
中国ホテルのドアにぶつかり転倒。大腿骨頚部骨折・くも膜下出血と診断され、36日間入院・手術。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添いチャーター機で医療搬送。1,736万円

現地で事故に遭い重傷を負った場合、治療費用に加えて入院費用も発生するでしょう。

そうなると、到底300万円では医療費を補償しきれません。

傷害治療費用保険金の補償金額は無制限が理想で、最低でも2,000万円はほしいところです。

傷害治療費用保険の補償金額に不安な方、特に高齢の方はアメックスゴールドの補償内容だけに頼らず、別途で海外旅行保険に加入することをおすすめします。

疾病治療費用保険金

病院で看護師から説明を受ける

疾病治療費用保険金は、カード決済の有無で以下の2パターンに分けられます。

こちらも、カード決済の有無によって補償額に差がある点と、カード決済をしていない場合は家族カード独自の補償がない点がポイントです。

カード決済をした場合

①アメックスゴールド会員が海外旅行中もしくは旅行終了後72時間以内に発病し、治療を受けた場合

②海外旅行中に特定の伝染病に罹患したため、旅行終了後に治療を受けた場合

①②いずれも疾病治療費用保険金が最高300万円支払われます。

家族カード会員も同額の最高300万円、家族特約では最高200万円です。

カード決済をしなかった場合

カード決済をしたときと同条件の場合、アメックスゴールド会員には疾病治療費用保険金が最高200万円支払われます。

家族カード会員独自の補償はなく、家族特約扱いで最高200万円です。

なお、疾病治療用保険金は、帰国後72時間以内なら日本国内の治療にも適用できます。

帰国後に体調の異変を感じたら、ためらわずに医療機関に足を運びましょう。

疾病治療費用保険金の補償内容

カード決済した場合のアメックスゴールド会員本人の補償内容は、他のカード会社と比較しても高額な方と言えます。

しかし疾病治療では数日〜数週間の入院が必要であることを考えると、やはり最低でも2,000万円の補償金額は必要ですね。

疾病治療費用保険金の補償金額である、最高300万円というのは最低ラインです。

家族特約の200万円は最低ライン以下と言えます。

疾病治療をアメックスゴールドだけに頼るのは不安な方は、必要に応じて別途海外旅行保険と組み合わせましょう。

特に高齢の方は何が起こるか分からないので、補償金額無制限の海外旅行保険に加入することを強くおすすめします。

賠償責任保険金

スマホを見て驚く女性

賠償責任保険金は、カード決済の有無にかかわらず、以下の補償内容が適用されます。

カード決済の有無にかかわらず

海外旅行中に誤って他人を死傷させたり、他人の財物を壊したりして法律上の賠償責任を負った場合最高4,000万円まで賠償責任保険金が支払われます。

カード会員・家族カード会員・家族特約の全てにおいて補償の対象です。

他人の財物にはレンタル業者からカード会員が賃借した旅行用品を含みます。

賠償責任保険金の補償内容

相場が2,000〜3,000万円であるのに対し、アメックスゴールドの賠償責任保険金は最高4,000万円です。

しかも家族特約までカード会員と同額の4,000万円までの補償が出るのは嬉しいところです。

傷害や疾病治療と異なり、カード決済をせずとも満額の補償を受けられるので、補償内容としては必要十分です。

携行品損害保険金

ANAアメックス コールセンター

携行品損害保険金は、カード決済の有無にかかわらず、以下の補償内容が適用されます。

カード決済の有無にかかわらず

海外旅行中にカード会員が所有・携行する身の回り品が盗難、破損、火災などにより損害を受けた場合、1回の旅行につき携行品損害保険金が最高50万円まで支払われます。

カメラ、宝石、衣類などの盗難、破損が保険の対象となります。

カード会員・家族カード会員・家族特約の全てにおいて補償の対象です。

携行品損害保険金の補償内容

携行品損害保険金の相場が30万円以下なので、アメックスゴールドの携行品損害保険金は、高額補償の部類に入ると言えるでしょう。

こちらもカード決済を行わなくとも、満額補償を受けられます。

救援者費用保険金

JAL

疾病治療費用保険金は、カード決済の有無で以下の2パターンに分けられます。

カード決済をした場合

海外旅行中に
①突発的なアクシデントにより遭難をした場合
※ただしカード会員の生死確認後に発生した費用は対象外

②傷害により、事故の日からその日を含めて180日以内に死亡または7日以上入院し続けた場合

③病気により死亡した場合

④発病した病気がもとで旅行終了後30日以内に死亡した場合
※ただし旅行中に医師の治療を受けていた場合に限る

⑤発病し医師の治療を受けて7日以上入院していた場合

カード会員に救援者費用保険金として、保険期間中に最高400万円が支払われます。家族カード会員も同額の最高400万円、家族特約は最高300万円が支払われます。

カード決済をしなかった場合

同条件の場合、アメックスゴールド会員には疾病治療費用保険金が最高300万円支払われます。家族カード会員独自の補償はなく、家族特約扱いで最高300万円です。

アメックスゴールドの救援者費用保険金額は、他社よりもやや厚めの補償額となっています。

救援者費用保険金の補償内容

相場はまちまちですが、おおむね200〜300万円に収まっています。

その意味ではアメックスゴールドの補償金額は相場よりやや高待遇と言えるでしょう。

しかし実際に遭難した場合には、ヘリコプターやチャーター機を使って大量の人員を捜索に当てるので、数千万円の費用がかかることも珍しくありません。

万が一のことを考えると、アメックスゴールドの補償金額では全然足りません。

必要に応じて、救援者費用保険金を無制限に補償する海外旅行保険に加入する必要があります。

航空便遅延補償

空港ロビー

アメックス・ゴールドの会員が海外旅行に出た際、航空便の遅延・欠航、乗り継ぎ時の到着便の遅延によって発生した宿泊・食事代を補償してくれます。

また、手荷物の到着遅延・紛失によって発生した衣類・生活必需品の購入費用も補償されます。

トラブル補償内容
乗り継ぎ遅延や飛行機が遅延・欠航した1日2万円まで
手荷物がなくなってしまった生活必需品購入費用4万円まで
手荷物の到着が遅れた生活必需品購入費用2万円まで

航空便遅延補償の補償内容

アメックスゴールドの補償金額は相場通りです。

他の補償と比較して少額で済むケースが多いので、この項目に関しては各社ともに差別化はしていないようです。

アメックスゴールド海外旅行保険の補償内容一覧

ここまで説明してきたアメックスゴールド海外旅行保険の補償内容を表にまとめました。

旅行代金をカード決済した場合
保険金の種類基本カード会員基本カード会員の家族家族カード会員家族カード会員の家族
傷害死亡・後遺障害保険金最高1億円最高1,000万円最高5,000万円最高1,000万円
傷害治療費用保険金最高300万円最高200万円最高300万円最高200万円
疾病治療費用保険金最高300万円最高200万円最高300万円最高200万円
賠償責任保険金最高4,000万円
携行品損害保険金1旅行中最高50万円
救援者費用保険金保険期間中
最高400万円
保険期間中
最高300万円
保険期間中
最高400万円
保険期間中
最高300万円
旅行代金をカード決済しなかった場合
保険金の種類基本カード会員基本カード会員の家族家族カード会員家族カード会員の家族
傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円最高1,000万円補償なし
傷害治療費用保険金最高200万円
疾病治療費用保険金最高200万円
賠償責任保険金最高4,000万円
携行品損害保険金1旅行中最高50万円
救援者費用保険金保険期間中最高300万円

アメックスゴールドは一部補償金額に不安あり

アメックスゴールドの海外旅行保険弱点
  • 旅行代金をカード決済しないと補償額が低下する
  • 傷害・疾病治療費用保険金は最低ライン
  • 万が一を考えると救援者費用保険金も足りない

ここではアメックスゴールドの海外旅行保険の不安点を述べてきましたが、これは何もアメックスゴールドにかぎった話ではありません。

傷害・疾病治療費用保険金や救援者費用保険金の補償内容は、万が一のことを考えると全然足りないと言えます。

海外では自由診療が多く、日本では想像もつかない医療費となってしまうことも多いからです。

また、救援者費用保険金についても、ヘリや飛行機をチャーターするような事態になれば数千万円の費用になることもあります。

アメックスゴールドの海外旅行保険だからという慢心は禁物です。

補償内容をしっかり確認して、必要であれば海外旅行をする際には、カード会社の海外旅行保険以外で拡充することも検討する必要があるでしょう。