ANAアメックスの審査に落ちた…原因と審査基準は年収と勤続年数?

  • 2020年9月6日
  • 2020年12月2日
ANAアメックスの審査

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(以下「ANAアメックス」)はANAマイルを貯めたい方に人気のある1枚です。

フライトや日常生活でもANAマイルを貯められるので、ぜひ利用したいと考えている方もいるでしょう。

しかし、残念ながら審査に落ちてしまうケースもあります。

どうして審査に落ちたのか、今後のためにもその原因を知ることは大切です。

そこでここでは、ANAアメックスの審査基準について確認するとともに、審査で重視される項目について紹介します。

ANAアメックスの審査
  • ANAアメックスの審査基準は甘くない
  • 審査基準は公開されていない、申込基準を満たすことは必須
  • 審査では年収、勤続年数、職業が重要視される
  • 審査に落ちる原因はクレヒスなど様々

※本記事の価格は全て税込みです。

ANAアメックスの審査基準は甘くない

ANAの飛行機

ANAマイルを貯めたい人におすすめしたいANAアメックスですが、申し込む際に気になるのが「審査基準」ですよね。

ANAアメックスの審査基準は果たして甘めなのでしょうか、それとも厳しいのでしょうか。確認していきましょう。

ANAアメックスの審査は甘くない
  • 「返済能力がある」と判断された人しか審査に通らない
  • 提携カードだから審査が甘めということはない
  • 空港勧誘で申し込んでも審査基準は同じ

返済能力が審査の決め手

結論から言うと、ANAアメックスの審査基準は決して甘くはありません

ANAアメックスでは、申込書の申告内容をしっかりと精査し、「返済能力がある」と判断した方しか審査に通すことはありません。

ANAアメックスに限ったことではありませんが、利用金額をきちんと期日に支払ってもらわなくては困るので、返済能力があることを認めてもらわなくてはならないのです。

しかし、「ANAアメックスの審査は通りやすい」という口コミを目にすることがあります。

また、「空港で勧誘を受けたときに申し込めば審査に通りやすい」という情報がネット上にあります。

こういった事実は実際にはないのですが、どうしてこのような情報が出るのか、それには理由があるようです。

甘いイメージは「提携カード」であることが原因?

ANAアメックスの審査が通りやすいというイメージがあるのは、「提携カードである」ということが関係していると考えられます。

というのも、一般的にクレジットカード会社が独自に発行しているクレジットカード(プロパーカード)よりも、提携カードの方が審査に通りやすい傾向にあるためです。

ANAアメックスは、アメリカン・エキスプレスがANAと提携しているクレジットカードなので、他の提携カードと同様に審査に通りやすいと認識されているのかもしれませんね。

しかし、発行は国際ブランドであるアメックス。さらに提携するのは航空会社であるANAです。

種類発行元代表的なカード
銀行系銀行・銀行関連金融機関三井住友カード、みずほマイレージクラブカード等
交通系鉄道・航空会社等ビューカード、ANAカード等
信販系信販会社オリコカード、ライフカード等
流通系百貨店・スーパーマーケット等イオンカード、セブンカード等
メーカー系メーカー等一般企業トヨタファイナンス、出光カード等

クレジットカードは大きく上記のように分類できますが、信販系や流通系に比べると交通系カードは比較的審査が厳しいと言われています

こうしたことを踏まえると、決して簡単に持てるカードではないと言えるでしょう。

空港勧誘で申し込みをしても審査基準は同じ

また、空港でANAアメックスの入会の勧誘を受けたときに申込むと審査に通りやすいという情報もありますが、こちらもそのような事実はありません。

勧誘はあくまでも勧誘であり、「有利に審査を進めますよ」と言っているわけではないのです。

空港で申し込んだ場合も、他の申し込み方法を選んだ場合と同じ審査が行われます。誤った情報に惑わされないよう注意してください。

ANAアメックスでは審査基準を公表していない

アメックスゴールド利用イメージ

ここまででANAアメックスの審査基準は決して甘くはないということをお伝えしました。では具体的な審査基準が気になりますよね。

しかし、ANAアメックスの審査基準は公表されていないため、ここで明言することは残念ながらできません。

ただし「申込み条件」は決められています。申し込む際には最低限条件をクリアしていることが求められます。

申込み条件を満たすことが必須

ANAアメックスの申込み条件は次の通りです。

満20歳以上で安定した収入があること

これ以上の詳細な基準は公表されていません。

少なくとも毎月同じくらいの収入を継続的に得ているかどうかはチェックされるポイントになるでしょう。正社員・公務員なら、安定した収入という条件は満たすとおもわれます。

申し込み条件を満たさないけどANAアメックスを持ちたいという人は、家族カードを発行するのもひとつの方法です。

18歳以上であれば家族カードを持つことはできるため、家族にANAアメックス本会員の方がいれば検討してみてくださいね。

他のクレジットカードとは審査基準が異なる

ANAアメックスに限らず、アメックスは他のクレジットカードと審査基準が異なると言われています。

たとえば、一般的なクレジットカードの審査では、過去に返済の延滞や債務整理といった金融事故がある場合、審査に通ることはほぼありません。

しかし、ANAアメックスではアメックス独自の審査基準により、過去の個人信用情報ももちろん審査されますが、現在の年収や将来の見込みなども考慮してくれます。

そのため、他のクレジットカードの審査には落ちたけれど、ANAアメックスには通ったという方が少なくないのです。

また、アメックスは一定の利用限度枠を設けていません。10万円の人もいれば、500万円の人もいます。

例えば三井住友カードは10〜80万円の範囲で限度枠が決定されますが、ANAアメックスは個々に応じた利用目安額を設定します。

そのため、返済能力に不安がある人には利用限度額を小さく設定して発行する可能性もあるのです。

ANAアメックスの審査で重視される項目

ANAアメックスの審査基準は公表されていないため、審査に通過する条件を明言するのは難しいです。

とは言え、申し込む前に「どのくらいの年収が必要か?」「どのような職業が審査に有利なのか?」などを知っておきたいですよね。

ANAアメックスの審査に通過できた方の属性を見ていると、一定の審査通過基準が見えてきます。

当然ながら「年収〇〇円以上」、「職業は〇〇なら審査に通る」とは言えませんが、ひとつの目安として参考にしていただきたいと思います。

アメックスが返済能力有無を判断する際重視するポイント
  • 収入
  • 勤続年数
  • 職業

年収は300万円以上あるとベター

ANAアメックスの審査に落ちた方たちの口コミを参考にすると、年収が200万円程の方は審査に通るのが難しいようです。

年収300万円程になると審査に通過する方もいて、400万円程になると年収以外の属性に問題がなければ審査に有利に働くようです。

もちろん、あくまでも300万円というのはひとつの目安なので、年収が300万円に満たなければ審査に通らないということではありませんし、逆に300万円あれば審査に通るということでもありません。

なお、申し込み時に年収を申告する際、本業の他にも収入がある方はそれも含めた金額にしましょう。

虚偽の申請はNGですが、収入があるのに漏れてしまうのはもったいないですよね。

勤続年数は3年以上あることが望ましい

勤続年数は3年以上が望ましいです。

ANAアメックスの審査では、過去の金融事故よりも現在の収入や将来性を重視するため、勤続年数は長い方が有利になります。

ANAアメックスの審査に通る可能性のある職業

ANAアメックスの審査では、年収と同じくらいに職業も重要視されています。

安定した収入を得る正社員・公務員なら審査に通る可能性はありますが、ANAアメックスを申し込みたい方の中にはパートやアルバイト、派遣社員や個人事業主もいることでしょう。

ANAアメックスの公式サイトのQ&Aや、これまでANAアメックスに申し込んだ方たちの口コミから、次のような結果が導き出せます。

  • パート、アルバイト:不可
  • 派遣社員、契約社員:申し込み可
  • 個人事業主:申し込み可
  • 年金受給者:申し込み可

パートやアルバイトの方は申し込みできないとアメックス公式サイトに明記されています。

Q.パートやアルバイトでも、カードの申し込みはできますか?

A.誠に申し訳ありませんが、パートまたはアルバイトの方のお申し込みはお受けしておりません。

引用元:よくあるご質問 – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

裏を返せば、派遣社員・契約社員、個人事業主については申し込みできないとは言われてません。年金受給者であっても審査に通る可能性はあります。

詳細な職業の申告が必要

他のクレジットカードの審査でももちろん職業は大切な審査項目のひとつですが、ANAアメックスでは職業の項目を細分化し、より詳しく申告するかたちをとっています。

たとえば会社員はさらに「管理職・課長以上」と「一般社員」に、公務員も「管理職・課長以上」と「一般職員」とに分かれています。

より細かい属性を申告することになります。

とは言え、公務員や会社員が審査に有利とされているというわけではありません。

個人事業主や自営業などであっても、「収入を得る実力を持っている」と判断されれば高い評価を得ることができるようです。

このように、安定した収入を得られる職業に就いているか、また、個人事業主でも専門的な職業で収入を得ているかなど、職業について総合的に判断して審査を行っています。

ANAアメックスの審査に落ちる3つの原因

悩む男性

ANAアメックスの審査に落ちる原因
  • 属性から返済能力がないと判断された
  • 短期間のうちに複数社に同時申込みをしている
  • スーパーホワイトである

ANAアメックスの審査基準が公表されていないため、審査に落ちる基準というのもはっきりとはわかりません。

しかし、ANAアメックスの審査に落ちてしまった方たちには、ある一定の共通した原因があるようです。

審査落ちにつながる原因を知ることで、事前に対策をとることもできるので、しっかりチェックしていきましょう。

属性から返済能力がないと判断された

前述した審査基準を満たさず、アメックスが「返済能力がない」と判断した場合は、当然ながら審査に落ちるでしょう。

収入、勤続年数、職業のいずれかに返済能力を不安視する情報があれば、発行は難しくなります。

ただし、返済能力を判断する材料はそれだけではありません。他の資産、持ち家、婚姻状況、世帯収入などによって総合的に判断されます。

もし属性に審査落ちの原因が見当たらなければ、次の2つの原因もチェックしてみましょう。

短期間のうちに複数社に同時申込みをしている

ANAアメックスの審査では、他のクレジットカードと同様に個人信用情報を照会して、クレヒス(クレジットヒストリー)を確認します。

個人信用情報には、直近6ヶ月間のクレジットカード申し込み状況が記録されています。

短期間のうちに複数のクレジットカードに申し込んだ場合(「申込みブラック」といいます)、審査に通りにくくなる傾向があります。

カードの発行を急ぐ人などに見られることですが、同時に複数のカードを申し込むことは逆効果となってしまいます。

同時に複数のクレジットカードに申し込み、仮にすべてのクレジットカードの審査に通った場合、きちんと支払えるだけのお金があるのかどうか不安視されてしまうためです。

また、「入会特典を狙ってるのかも知れない」と勘繰られる可能性もあります。

保険をかけておきたい気持ちも分かりますが、短期間に複数を申込むことは控えましょう。

スーパーホワイトである

これまでクレジットカードを作ったことがなく、クレヒスが一切ない方を「スーパーホワイト」といいます。

一見なんの問題もないように思えますが、信用履歴がないということは、返済能力も未知数ということになります。

また、過去ブラックリストにのった方は、その期間の信用履歴がありませんので、スーパーホワイト状態だと「過去にブラックリストにのっていたのでは?」と疑われてしまうおそれがあります。

20代などの若い世代ではスーパーホワイトでも疑念を抱かれませんが、30歳以上になると審査に通りにくくなります。

ANAアメックスの審査にかかる期間

ANAアメックス コールセンター

ANAアメックスには「10秒審査」という驚きの速さの審査もありますが、通常の審査では1週間~10日程かかることが多いです。

ANAアメックスの審査期間
  • 「10秒審査」なら即日発行可能、3日~1週間程度で届く
  • 通常審査は1週間~10日程、手元に届くまで2~3週間程度

「10秒審査」に通れば即日発行も可能

ANAアメックスに申し込むと、申込み完了から10秒程で審査完了となるケースがあります。

10秒審査になるかどうかは、申込者のその時点での属性により決まります。その上で、「すでにクレジットカードを利用していて信用情報に問題がない方」がスピード審査になる傾向があります。

10秒審査に通れば即日発行も可能です。3日〜1週間程度で発送から到着まで完了するでしょう。

通常審査は1週間~10日程かかる

スピード審査ではなく通常の審査が行われる場合は、審査に1週間から10日程かかります。

なかなか審査結果の連絡が来ないと不安な気持ちになってしまいますよね。

審査に時間がかかる原因としては、つぎの2点が考えられます。

  • 申込内容に漏れや不備がある
  • 在籍確認が行われる

申込内容に漏れやミスがあると、確認のための作業に時間がかかります。もし知らない番号から電話がかかってきたら、必ず出るようにしましょう。

また、審査で勤務先への在籍確認が必要と判断された場合、在籍確認が取れるまで審査が進みませんので、その分時間がかかります。

もし発行を急ぐ場合は、以下の問い合わせ先へ電話をしてみてください。発行の確約ができるわけではありませんが、希望に添ってもらえるかもしれません。

新規カードお申し込み 専用窓口

0120-020222
受付 9:00~21:00(土日祝休)

ANAアメックスのスペック

最後に、ANAアメックスの基本スペックを確認しておきましょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
還元率ポイント0.3%〜
マイル1.0%〜
年会費初年度7,700円
2年目以降
家族カード2,750円
旅行保険海外最高3,000万円(利用付帯)
国内最高2,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料935円
年会費無料
電子マネーQUICPay、楽天Edy
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
発行期間1週間〜3週間

ANAアメックスは、ANAマイルを効率的に貯めたい方にぴったりのクレジットカードです。

飛行機に搭乗する際には、通常のフライトマイルに区間基本マイレージの10%がプラスされ、日常生活においても利用金額100円=1ポイント、ANAマイルに交換できるポイントが貯まります。

ANAマイルが非常に効率良く貯まるため、ANAアメックスがあれば海外特典航空券で無料海外旅行も夢ではありません!

ANAアメックスの審査は甘くない!審査落ちには原因がある

ANAアメックスの審査
  • ANAアメックスの審査基準は甘くない
  • 審査基準は公開されていない、申込基準を満たすことは必須
  • 審査では年収、勤続年数、職業が重要視される
  • 審査に落ちる原因はクレヒスなど様々

ANAアメックスの審査は決して甘くはありません

申込み者の返済能力を判断するために、年収、勤続年数、職業などをしっかりと審査するためです。

審査落ちする原因を知って、今後の申し込みにお役立てください。