ANAラウンジとANAスイートラウンジの利用条件|羽田・成田・関西・中部

ANAラウンジは、飛行機に搭乗するまでの時間を、落ち着いた空間で過ごしたい方におすすめです。ただし、ANAラウンジを利用するには条件を満たす必要があります。中には、誰でも簡単に利用できるANAラウンジもあるので、興味のある方は確認しておきましょう。
  • 2021年10月18日
  • 2021年10月15日
ANAラウンジ

ANAラウンジとはANAグループなどの対象の運航便に搭乗する際に利用できる「空港ラウンジ」のことです。

クレジットカード会社が運営しているラウンジとは異なり、航空会社が運営しています。

ANAラウンジは誰でも入室できるわけではなく、一定の条件を満たさなければ利用できません。

さらにANAスイートラウンジなら特別な空間で、ANAラウンジ以上の特別なサービスを受けることができます。

この記事では、国内の空港にあるANAラウンジの利用条件や入室方法についてわかりやすく解説します。

ANAラウンジを利用する条件
  • ブロンズ以上のステイタスを獲得する
  • 国内線ならプレミアムクラスを選ぶ
  • 国際線ならプレミアムエコノミー以上を選ぶ
  • ANAカード プレミアムを持つ
  • 有料ラウンジの料金を支払う
ANAマイルが貯まるおすすめANAカード
カード名ANAアメリカン
エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス
ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ANA JCB ワイドカード
ANA JCB ワイドカード
ANA JCBワイドゴールド
ANA JCBワイドゴールド
ソラチカカード
ソラチカカード
ソラチカゴールドカード
ソラチカゴールドカード
年会費7,700円34,100円7,975円15,400円2,200円
初年度無料
15,400円
マイル還元率0.5%~1.5%0.5%~3.0%0.5%~2.0%1.0%~2.0%0.5%〜1.0%1.0%~2.0%
国際ブランドAmerican ExpressAmerican ExpressJCBJCBJCBJCB
キャンペーン最大60,000マイル相当
プレゼント
最大122,000マイル相当
プレゼント
2,000マイル
+
最大34,700円相当
プレゼント
2,000マイル
+
最大49,700円相当
プレゼント
1,000マイル
+
最大34,700円相当
プレゼント
2,000マイル
+
最大49,700円相当
プレゼント
申込対象20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
18歳以上
学生不可
20歳以上
学生不可
18歳以上20歳以上
学生不可
発行スピード1週間〜3週間1週間〜3週間最短5営業日最短5営業日最短5営業日最短5営業日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印

ANAラウンジとは

ANAラウンジ

ANAラウンジとは、ANAグループなどの対象の運航便に搭乗する際に利用できる「空港ラウンジ」のことです。

飛行機に搭乗する前の待ち時間をゆっくりと過ごすことができます。

国内では下記の空港に設置されています。

路線の種類空港名
国内線
(13空港)
羽田空港
成田空港(ANA ARRIVAL LOUNGE)
新千歳空港
仙台空港
小松空港
伊丹空港
関西空港
岡山空港
広島空港
松山空港
福岡空港
鹿児島空港
那覇空港
国際線
(3空港)
羽田空港
成田空港
関西空港

ANAラウンジはクレジットカード保有者が対象のカードラウンジと比べてフロアが広く、落ち着いた雰囲気です。

アルコールやソフトドリンクなどが用意されており、ANAスイートラウンジでは食事をすることもできます。

ただ、2021年10月現在では新型コロナウイルスの影響により、時間を制限した上で酒類の提供をしています。

加えて、新型コロナウイルスの感染を予防するため、ラウンジ内の紙媒体による雑誌・新聞紙サービスは廃止となりました。

その代わりに、スマートフォンなどのデジタル端末にANAアプリをダウンロードすることで、雑誌や新聞を読めるようになっています。

ANAの会員ステータスや搭乗クラス、空港によってもサービス内容が異なるため、利用の際にはANA公式サイトなどで確認することをおすすめします。

ANAラウンジの利用条件

ANAステイタス

次に、ANAラウンジの利用条件について解説していきます。

まず、ANAラウンジは原則として、対象便の飛行機で出発する方が利用できます。

国内線の対象便
  • ANAグループ運航便
  • コードシェア便(ANA便名)
国際線の対象便
  • ANAグループ運航便
  • スターアライアンス加盟航空会社運航便

なお、2021年5月3日よりプレミアムクラス・ファーストクラスを除いて、同行者のラウンジ利用が「対象者本人と同一の運航便に搭乗する場合」と変更になりました。

ANAラウンジを利用するには上記の対象便に加えて、下記の条件のどれかひとつを満たす必要があります。

ANAラウンジの利用条件の種類
  • ANAプレミアムメンバーのステイタス
  • 搭乗クラス
  • ANAカード プレミアム
  • 有料ラウンジ

では、それぞれの条件の基準について詳しく解説していきます。

ANAラウンジを利用できるステイタス・資格

ANAラウンジを利用できるステイタスや資格は合わせて6種類あります。

  • ダイヤモンドサービス
  • プラチナサービス
  • ブロンズサービス
  • スーパーフライヤーズカード
  • Lounge Access Card
  • スターアライアンスゴールド

続いて、ステイタスごとに利用できるANAラウンジを、国内線と国際線で分けて表でまとめておきます。

まずは「国内線」です。

ラウンジの種類・ANA LOUNGE
・ANA ARRIVAL LOUNGE
(成田・出発時)
ANA ARRIVAL LOUNGE
(羽田・成田・到着時)
ダイヤモンド
プラチナ×
ブロンズ・1,000マイル
・ANAアップグレードポイント2ポイント
上記のどちらかが必要
×
スーパーフライヤーズ×
Lounge Access Card
スターアライアンスゴールド×

アップグレードポイントとは、1月〜12月までに獲得したプレミアムポイントに応じて、翌年度に付与されるポイントです。

次に「国際線」を確認しましょう。

ラウンジの種類ANA LOUNGEANA ARRIVAL LOUNGE
ダイアモンド
プラチナ
ブロンズ・4,000マイル
・ANAアップグレードポイント3ポイント
上記のどちらかが必要
×
スーパーフライヤーズ
Lounge Access Card
スターアライアンスゴールド×

上記のラウンジはブロンズサービスを除いて、同行者1名までは無料で利用できます。

では、ステイタスの種類についても簡単にご紹介します。

ANA会員ステイタスについて

ステイタスとは、さまざまな特典が利用できるANAのプレミアムメンバーのことです。

毎年1月〜12月までに獲得したプレミアムポイントに応じて、翌年度のステイタスが決まります。

ANAのステイタスは3種類あり、特典の内容が異なります。

  • ダイヤモンドサービス
  • プラチナサービス
  • ブロンズサービス

スーパーフライヤーズカードについて

スーパーフライヤーズカードとは、一定の条件を満たすことで申し込めるクレジットカードです。

スーパフライヤーズカードの申込条件
  • ダイヤモンドサービスの方
  • プラチナサービスの方
  • 100万ライフタイムマイルに到達した方
ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)を比較|メリットはランクで違う

ライフタイムマイル(以下LTマイル)とは、ANAマイレージクラブ入会から現在まで、マイル口座に積算された区間基本マイレージの合計です。

Lounge Access Cardについて

Lounge Access Cardとは、200万LTマイル以上の方に送られるカードです。

Lounge Access Cardを持っていると、生涯に渡ってANAスイートラウンジ(ANAラウンジを含む)を利用できます。

なお、スターアライアンスゴールドに関しては、記事の後半で解説します。

搭乗クラス

次に、ANAラウンジの利用条件について、搭乗クラスごとに解説します。

まず、国内線の場合はプレミアムクラスのみが対象となり、同行者1名まで無料で利用できます。

次に国際線ですが、搭乗クラスごとに異なるため、表にまとめておきます。

ラウンジの種類羽田・成田
ANA LOUNGE
成田
ANA ARRIVAL LOUNGE
関西
ANA LOUNGE
ファーストクラス×
ビジネスクラス
プレミアムエコノミークラス××

なお、ファーストクラスは同行者1名まで無料で利用できますが、他のクラスは対象者のみとなります。

ANAカード プレミアム

ANAカード プレミアムとは、主にプラチナランクのANAカードのことです。

ANAカード プレミアムをお持ちの方は、13の空港にある国内線のANAラウンジを利用できますが、国際線は対象外となります。

なお、対象者は本人のみとなっており、同行者は利用できません。

有料ラウンジ

ここまでご紹介した条件に該当しない方でも、有料でANAラウンジを利用できます。

では、有料で利用できるラウンジや料金について国内線と国際線に分け、表で簡単にまとめておきます。

路線の種類国内線国際線
ラウンジの種類羽田 ANA LOUNGE
(本館南・本館北)
羽田・成田
ANA LOUNGE
事前予約の料金3,100円4,000円
当日の料金事前予約のみ6,000円
支払い方法現金のみ(日本円)・クレジットカード
・PayPal(事前のみ)
・現金(日本円・当日のみ)
備考満20歳以上の大人に同行する3歳未満の幼児は無料・2歳以上の子供は大人と同額
・大人に同行する2歳未満の幼児は無料

ANAスイートラウンジの利用条件

ANAのラウンジ

続いて、ANAスイートラウンジの利用条件について解説していきます。

ANAスイートラウンジは、ANAラウンジよりワンランク上の洗練された空間になっています。

そのため、利用条件はさらに厳しくなり、設置数も少ないです。

ANAスイートラウンジは国内線と国際線に分かれていますが、それぞれ利用条件が同じです。

会員ステイタスや搭乗クラスなども含めて、表でひとつにまとめておきます。

路線の種類国内線
ANA SUITE LOUNGE
国際線
ANA SUITE LOUNGE
ダイヤモンドサービス
Lounge Access Card
ファーストクラス×
「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券

「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券を除き、同行者1名まで無料で利用できます。

なお、国内では下記の6空港にANAスイートラウンジが設置されています。

路線の種類空港名
国内線・羽田
・新千歳
・伊丹
・福岡
・那覇
国際線・羽田
・成田

「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券について

「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券とは、ANAスイートラウンジとANAラウンジのどちらにも入室できるチケットです。

「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券を入手する方法は、主に2つあります。

  • ダイヤモンドサービスの特典
  • プラチナサービスの方が、年度内にANAグループ運航便で80,000プレミアムポイントを獲得する

スターアライアンスゴールドメンバーとは

スターアライアンス

スターアライアンスゴールドメンバーとは、加盟している航空会社のステイタスを比較するための基準です。

まず、ANAとスターアライアンスについて、対応しているステイタスを表でまとめておきます。

ANAのステイタススターアライアンスのステイタス
・ダイヤモンド
・プラチナ
・スーパーフライヤーズ
ゴールド
ブロンズシルバー

この表から、ANAのステイタスがブラチナサービス以上であれば、スターアライアンスゴールドメンバーとして扱われることがわかります。

つまり、スターアライアンスに加盟している航空会社であれば、どこでも同じレベルの待遇を受けられるということです。

ここで、スターアライアンスゴールドメンバーが利用できるサービスについても、簡単にまとめておきます。

  • 空港ラウンジ
  • 優先チェックインカウンター
  • 空港での優先搭乗
  • 手荷物優先お受け取り
  • 無料手荷物許容量のご優待
  • 予約時の空席待ち優先お取扱い
  • 空港での空席待ち優先お取扱い

スターアライアンスについて

スターアライアンスとは、世界最大級のエアラインネットワークのことです。

多くの航空会社が加盟しているため、サービスの相互利用が可能になっています。

ANAマイレージクラブに加入すると、スターアライアンスのサービスを受けられるようになり、加盟している航空会社の飛行機に搭乗した場合もマイルを貯めることができます。

ANAラウンジがある空港

スーツケースと飛行機

ここからは、ANAラウンジがある空港について詳しく解説していきます。

ANAラウンジは、国内線と国際線で設置されている空港が異なるため、それぞれ順番に見ていきましょう。

国内線のANAラウンジがある空港

国内線のANAラウンジは、13の空港に設置されています。

  • 羽田
  • 成田(ANA ARRIVAL LOUNGE・出発時)
  • 新千歳
  • 仙台
  • 小松
  • 伊丹
  • 関西
  • 岡山
  • 広島
  • 松山
  • 福岡
  • 鹿児島
  • 那覇

このうち、羽田空港のANAラウンジは料金3,100円を支払うことで、ステイタス等に関係なく利用可能です。

さらに、ANAラウンジと同等の条件で、下記3つの空港の共用ラウンジも利用できます。

  • 名古屋(中部):セントレア エアライン ラウンジ
  • 宮崎:ラウンジ大淀
  • 熊本:ラウンジASO

このうち、中部空港と宮崎空港に関しては、ANAとJALの利用者が対象となる共用ラウンジです。

熊本空港は、ターミナルビル移転に伴い、2021年10月1日現在はカードラウンジを利用することになっています。

国際線のANAラウンジがある空港

国際線のANAラウンジは、3つの空港に設置されています。

しかし、2021年10月1日時点では新型コロナウイルスの影響で、営業しているANAラウンジが限られています。

では、設置されている空港と、営業状況をまとめておきます。

  • 羽田:第3ターミナルANAスイートラウンジのみ
  • 成田:第5サテライトANAスイートラウンジのみ
  • 関西:営業中止

ANAはスターアライアンスに加盟しているため、中部空港のスターアライアンス ラウンジも条件を満たせば利用できます。

ANAラウンジの入り方

ANAラウンジイメージ

ここからは、ANAラウンジの入り方について解説します。

ANAラウンジへの入室方法は国内線と国際線で異なるため、順番に進めていきます。

国内線ANAラウンジの入室方法

国内線の場合、ANAラウンジ受付にあるリーダー(読み取り装置)に、保安検査場でタッチした時と同じものをかざしてください。

  1. リーダーにICカード・2次元バーコードをかざす
    ANAラウンジ入室方法①
  2. お客様情報が確認できれば受付完了
    ANAラウンジ入室方法②
保安検査上でタッチするものの具体例
  • 2次元バーコード
  • IC機能付きスマートフォン
  • IC機能付きANAカード
  • マイレージクラブEdyカード
  • ANAカード プレミアム

また、同行する方と一緒に入室する場合は、「お連れの方との入室はこちら」ボタンを押した後で、ICカード等を順番にタッチしてください。

  1. 「お連れの方との入室はこちら」ボタンを押す
    ANAラウンジ入室方法③
  2. 本人のICカード・2次元バーコードをかざす
  3. 同行する方のICカード・2次元バーコードをかざす
    ANAラウンジ入室方法⑤
  4. お客様情報が確認できれば受付完了
    ANAラウンジ入室方法⑥

なお、コードシェア便のPeachに搭乗する場合はリーダーが利用できないため、ラウンジ受付にてステイタスカードや搭乗券(eチケット控え)などを提示する必要があります。

国際線ANAラウンジの入室方法

国際線の場合は、搭乗する便のチェックイン後に、ステイタスカード(またはアプリのデジタルカード)と搭乗券を、ANAラウンジの受付で提示してください。

なお、「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券を使う場合は、国内線・国際線どちらの場合でも受付で渡して入室します。

プライオリティパスでもANAラウンジを利用可能

プライオリティ・パス

プライオリティパスをお持ちの方も、ANAラウンジを利用可能です。

プライオリティパスは国際線で出発する方が対象となり、利用できるANAラウンジは下記の2つです。

  • 羽田:第3ターミナル ANAラウンジ
  • 成田:第1ターミナル ANAラウンジ

なお、プライオリティパスの種類によって、ラウンジの利用料がかかる場合があります。

では、プライオリティパスについても簡単に解説します。

プライオリティパスについて

プライオリティパスとは、年会費を支払うことで空港内のラウンジが利用できたり、ショッピングなどが割引になるサービスです。

世界148か国・600以上の都市・1300か所以上の空港で利用できます。

プライオリティパスは3種類あり、それぞれ年会費やサービス内容が異なります。

  • スタンダード:99USドル
  • スタンダード・プラス:299USドル
  • プレステージ:429USドル

利用条件を知ってANAラウンジを上手に活用しよう

空港ラウンジのイメージ

ANAラウンジの利用条件
  • ブロンズ以上のステイタスを獲得する
  • 国内線ならプレミアムクラスを選ぶ
  • 国際線ならプレミアムエコノミー以上を選ぶ
  • ANAカード プレミアムを持つ
  • 有料ラウンジの料金を支払う

飛行機に乗る機会が多い方は、プレミアムポイントを貯めてステイタスを獲得することで、ANAラウンジを利用できます。

逆に、飛行機に乗らない方であっても、ANAカード プレミアムを申し込んだり、利用料金を支払うことでANAラウンジが利用可能になります。

特に、有料ラウンジは一番簡単に条件を満たせるので、利用したい場合は事前に予約をしておきましょう。

なお、それぞれ利用できるラウンジや条件が異なるため、間違えないように確認してください。

それでは、ANAラウンジでくつろぎながら飛行機を待ち、楽しい旅行に出かけましょう。