Apple PayとGoogle Payの違い|特徴とメリット・デメリット

Apple PayとGoogle Payを比較し、それぞれの特徴やメリット・デメリットをまとめました!

Apple PayはiPhoneで、Google PayはAndroidで使えるスマホ決済サービスです。

どちらもクレジットカードや電子マネーを登録することで、スマホだけで買い物ができるようになる点は同じです。

しかし、対応している機種やサービスなどに違いがあります。

Apple PayとGoogle Payの違い
  • Apple PayはiPhoneで、Google PayはAndroidで使える
  • 対応サービスはGoogle Payのほうが多い
  • Apple Payは支払い時に認証が必要で不正利用されにくい
  • Apple Payは機種変更時のデータ移行が簡単

本記事ではApple PayとGoogle Payの違いと、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく解説しています。

タイトル画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payとは

Apple Pay

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple PayはAppleが提供するスマホ決済サービスです。

クレジットカードや電子マネーを登録して支払いを行います。

スマホ決済サービスというよりは、クレジットカードや電子マネーを管理するシステムといったイメージです。

Apple Payを使えばiPhoneやApple Watchを読み取り機にかざすだけで買い物をしたり、電車に乗ったりできます。

また、登録したクレジットカードを使ってネット決済をすることも可能です。

Google Payとは

Google Pay

画像引用元:Androidではじめる(Google Pay)|QUICPay

Google PayはGoogleが提供するスマホ決済サービスです。

基本的な仕組みは前述のApple Payとほぼ同じです。

クレジットカードや電子マネーを登録して支払いを行います。

Apple Pay同様、登録したクレジットカードでオンライン決済をすることも可能です。

Apple PayとGoogle Payの違い

Apple PayもGoogle Payも、クレジットカードや電子マネーを登録して支払いができる「スマホ決済サービス」であることが分かりました。

では、Apple PayとGoogle Payにはどのような違いがあるのでしょうか?

両者の違いをまとめました。

項目Apple PayGoogle Pay
対応機種iPhone(iPhone 7以降)
Apple Watch(Series 2以降)
Androidスマホ
(おサイフケータイ対応)
対応電子マネーSuica
QUICPay
iD
Suica
nanaco
楽天Edy
WAON
QUICPay
iD
対応ポイントカードPontaカードdポイントカード
Tポイントカード
マツモトキヨシ
など
支払い時の本人認証ありなし

使える機種が異なる

iPhoneとAndroid

Apple PayとGoogle Payの最大の違いは利用できる機種でしょう。

Apple PayはApple製デバイスであるiPhoneおよびApple Watchで利用できます。Androidスマホでは使えません。

反対に、Google Payはおサイフケータイ対応のAndroidスマホでのみ利用可能です。iPhoneやApple Watchでは使えません。

他にも細かい違いはいくつかありますが、そもそも機種によってどちらが使えるのかハッキリ分かれているわけですね。

対応サービスはGoogle Payが多い

電子マネー

画像引用元:Google Pay(日本)– ポイントも支払いもこれ 1 つで

Apple PayとGoogle Payでは対応サービスも異なります。

項目Apple PayGoogle Pay
対応電子マネーSuica
QUICPay
iD
Suica
nanaco
楽天Edy
WAON
QUICPay
iD

Apple Payが対応しているのはSuica、iD、QUICPayの3つです。

Google Payはその3つに楽天Edy、nanaco、WAONを加えた合計6つの電子マネーに対応しています。

対応サービスが多いGoogle Payのほうが、Apple Payより利用できるお店が多いと言えますね。

Apple Payはセキュリティが万全

Face ID認証

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple PayとGoogle Payでは支払い時の認証の有無が異なります。

Apple Payは支払い時にTouch ID(指紋認証)かFace ID(顔認証)による本人認証が必須です。
手間はかかりますが、安全性は高いと言えます。

一方、Google Payは支払い時の本人認証は不要です。素早く支払いができる反面、第三者でも簡単に使えてしまいます。

セキュリティ面では本人認証が必要なApple Payのほうが万全です。

共通のメリット・デメリット

Apple PayとGoogle Payには共通のメリット・デメリットがあります。

それぞれのメリット・デメリットの前に、まずは両者に共通している特徴やメリット・デメリットを確認しましょう。

共通のメリット・デメリット
  • スマホだけで買い物ができる
  • スマホの電源が切れると使えない
  • 使えるのはFeliCa対応端末のみ

スマホだけで買い物ができる

Apple PayとGoogle Payに共通する最大のメリットはスマホだけで買い物ができるようになる点でしょう。

Apple PayならiPhoneで、Google PayならAndroidスマホでスーパーやコンビニなどの支払いができます。

しかも、スマホ本体を読み取り機にかざすだけで支払いが完了です。

財布を取り出し、小銭を数え、おつりをもらう…そういった手間は一切かかりません。

スマホの電源が切れると使えない

Apple PayもGoogle Payも、スマホの電源が切れると使えなくなります

普段からバッテリーに気を配り、モバイルバッテリーを持ち歩くなどの対策が必要です。

なお、iPhone XS以降のiPhoneには予備電力がついており、電源が切れたままでもSuicaが使えます。

ただし、最大5時間までですし、予備電力を使えるのはあらかじめ設定したカード・電子マネーだけです。

やはり、Apple PayやGoogle Payを使う場合はバッテリー対策が必須です。

使えるのはFeliCa対応端末のみ

Felicaとは

画像引用元:Sony Japan | FeliCa | FeliCaとは | FeliCaって何?

Apple PayもGoogle Payも、端末が「FeliCa」に対応している必要があります。

FeliCaはソニーが開発した非接触型ICカード技術です。

Apple PayやGoogle Payでかざすだけで支払いができるのは、FeliCaによって素早くデータの送受信が行われているからです。

そのため、端末がFeliCa非対応だと実店舗で買い物をしたり、Suicaで電車に乗ったりすることはできません。

Apple PayおよびGoogle Payを利用する場合はFeliCa対応スマホを準備しましょう。

次のページからはApple PayとGoogle Payそれぞれの特徴とメリット・デメリットを解説します。

Apple Payとおサイフケータイの違い|特徴とメリット・デメリット