クレジットカードおすすめランキング

スマホ決済の種類|Apple Pay、おサイフケータイ、QUICPayなどの違い

どの支払い方法するか悩む女性

現金主義が多い日本でも、ここ最近はスマホ決済をはじめとするキャッシュレス化が広まっています。

とは言え、米国や中国に比べキャッシュレス決済比率は低く、日本はキャッシュレス後進国です。

2020年東京オリンピックで日本を訪れる海外の人たちのためにも、キャッシュレス決済の普及は急務とも言えるでしょう。

スマホ決済とは
  • スマホを財布代わりにして支払いをするサービス
  • おサイフケータイやApple Payが代表的
  • 最近では色々なスマホ決済アプリが利用できる
  • クレジットカードを連携させるものと電子マネーを連携させるものがある

スマホ決済や電子マネー、プリペイドカード、デビットカードなどたちまち広まったキャッシュレスの波に困惑している人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなキャッシュレス決済の中でも近年特に普及が加速しているスマホ決済について解説します。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯める決済アプリ

スマホ決済にはどんな種類があるのか?

まず、スマホ決済にはどのような種類があるのでしょうか。

  • 非接触型決済
  • QRコード決済

スマホ決済は大きくこの2種類に分けられます

この2種類の特徴について詳しく解説をしていきます。

非接触型決済

スマホ決済(Apple Pay)

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

非接触型決済とは、スマホの内部に搭載されているFelicaチップなどを利用し、専用の端末にかざすだけで支払いができるものです。

クレジットカードや電子マネーを事前にスマホに登録しておく必要がありますが、決済時の手間がかからず、スピーディーに会計を済ませることができます。

主な非接触型決済サービス

  • iD
  • QUICPay
  • Suica
  • 楽天Edy
  • nanaco

非接触型決済サービスをまとめて管理できるアプリ

上記サービスは、スマホ決済アプリを用いて利用できます。また、下記のアプリを使えば各電子マネーを一括管理することも可能です。

  • おサイフケータイ
  • Apple Pay
  • Google Pay

QRコード決済

スマホに表示したQRコードを専用の機械で読み取る、またはお店にあるQRコードをスマホで読み取って決済手続きをするQRコード決済があります。

QRコード決済アプリにあらかじめお金をチャージしたり、クレジットカードの事前引き落とし登録を行うことで利用できます。

主なQRコード決済アプリ

スマホ決済の種類
  • 端末にスマホをかざすだけの簡単決済 非接触型決済
  • 主な非接触型決済はiDやQUICPay
  • 非接触型決済サービスはおサイフケータイやApple Payで利用できる
  • QRコードを読み込む・またはかざすQRコード決済
  • 主なQRコード決済はLINE Payや楽天ペイ

次の章では、2種類のスマホ決済のうち非接触型決済に焦点を当て、解説していきます。

Apple Pay・おサイフケータイ・QUICPay・iD…違いは?

Apple Pay・おサイフケータイ・QUICPay・iD…。さまざまなサービスがあり、どれをどのように使えばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

前述しましたが、Apple Pay・おサイフケータイとQUICPay・iDは似て非なるものです。

ここからは、キャッシュレスという言葉に続いてよく聞かれるスマホ決済アプリや電子マネーについて解説します。

スマホ決済アプリとは

スマホ決済アプリには、Apple Pay、おサイフケータイ、Google Payがあります。

使用しているスマホの機種によって使えるサービスが異なります。

Apple Payについて

Apple Pay

Apple Payは、iPhoneに対応するスマホ決済アプリのことです。iPhoneを機械にかざし、指紋認証・顔認証でスマホ決済ができます。

Apple Payを使えば、後述するiDやQUICPayなど、あらゆる電子マネーでの支払いが可能となります。

Apple Payの特徴
  • 主要な電子マネー3種類(Suica・iD・QUICPay)が使える
  • クレジットカードの登録ができ、セキュリティが万全
  • Apple Watch Series2でも使える
  • iPhone 6s以前の機種で使うことができない

Apple Payは、クレジットカードの情報をApple側で保管することもなければ、お店に共有されることもありません

セキュリティは万全です。

なお、Apple Pay対応機種はiPhone 7以降なので、iPhone 6s以前のiPhoneを使っている人は利用することができません。

おサイフケータイについて

おサイフケータイアプリ

画像引用元:おサイフケータイ アプリ – Google Play のアプリ

FeliCaを搭載した機種でおサイフケータイの機能を使うことができます。

プリインストールされているおサイフケータイアプリで各種電子マネーの設定を行い、利用を開始することができます。

おサイフケータイの特徴
  • 使える電子マネーの種類が多い
  • 電子マネーごとの設定・管理が必要
  • アプリそのものにクレジットカードの登録ができない

使える電子マネーはiD、QUICPay、nanaco、WAON、楽天Edy、モバイル・スターバックスカード、モバイルSuicaとかなり多く、ほとんどのお店で困ることはありません。

ただしおサイフケータイは全ての電子マネーを一括管理することができないので、面倒だという声が多いようです。

おサイフケータイとは?支払い方法から利用範囲までを全網羅

Google Payについて

Google PayはGoogleが提供するスマホ決済アプリで、Android 5.0以上のOSを搭載したAndroidで使えるApple Payのようなものです。

前述のおサイフケータイが使える機種ならGoogle Payも使えますが、Google Payのほうが一元管理をできるので便利です。

Google Payの特徴
  • 6種類の電子マネーに対応
  • ECサイトでのクレジットカード決済にも使える
  • 電子マネーはもちろん、ポイントカードの一元管理も可能

使える電子マネーは、iD、QUICPay、nanaco、WAON、楽天Edy、モバイルSuica

おサイフケータイはスターバックスカードに対応しているという点が優れていますが、オンライン決済が可能、ポイントカードも管理できるという大きなメリットを踏まえればGoogle Payの利用がおすすめです。

電子マネーについて

QUIC Pay

画像引用元:iPhoneではじめる(Apple Pay)|QUICPay

続いて、電子マネーについて解説をします。

電子マネーは、Apple PayやGoogle Payなどを使って支払いを行うものであり、代表的なものにQUICPayやiD、Suicaなどがあります。

ここでは、スマホ決済アプリに電子マネー対応のクレジットカードを登録することで利用できるQUICPayとiDに焦点を当て、解説を進めます。

QUICPayとは

QUICPayは、ポストペイ型(後払い式)の電子マネーで、国際ブランドであるJCBが発行しています。

利用額は後日クレジットカードの請求と同時に引き落としされます。

利用可能なお店の数も多く、サインや暗証番号不要で利用できるため、日常のお買い物がスムーズになります。

QUICPayの特徴
  • 後払いなので事前チャージする手間がかからない
  • 利用できる店舗がとても多い
  • クレジットカードのポイント還元率が反映される
  • 独自のポイントプログラムはない

QUICPayを利用することでクレジットカードのポイントに反映されるので、還元率の良いクレジットカードと組み合わせるととてもお得です。

ただ、独自のポイントプログラムがないため、ポイント還元率の良くないクレジットカードでは

iDについて

電子マネーアイディ

画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

iDは、NTTドコモが運営する電子マネーで、dカードや三井住友カードに入会すれば利用できます。

iDもQUICPay同様基本的には後払いで、クレジットカードの利用金額と同時に請求される点や使い勝手も似ています。

また、iDはQUICPay以上に利用できるお店の数が多いとされています。

iDの特徴
  • 利用可能店舗が電子マネーの中で1番多い
  • クレジットカードのポイント還元率を反映できる
  • 先払い・即時払い・後払いが選べる
  • 独自のポイントプログラムがない

利用可能店舗はダントツで多いです。

後払いだけでなく先払い(ソフトバンクカード、dCARDプリペイド)や即時払い(SMBCデビット)に対応するカードを発行すれば、ライフスタイルに合った支払い方法を選ぶことができるでしょう。

独自のポイントプログラムがないので、QUICPay同様完全にクレジットカード頼りとなります。

キャッシュレス決済「iD」とは?登録・使い方からお得利用方法を紹介
それぞれのスマホ決済・電子マネーの違い
  • おサイフケータイ・Google PayはAndroidスマホ専用のスマホ決済アプリ
  • Apple PayはiPhone専用のスマホ決済アプリ
  • QUICPayはJCB、アメリカン・エキスプレス、JACCS発行のカードなどに対応する電子マネー
  • iDはdカード、三井住友カード、クレディセゾンなど発行のカードに対応する電子マネー

次の章では、非接触型のスマホ決済のメリットとデメリットについて解説します。

非接触型のスマホ決済のメリット

スマホ決済は、2020年の東京オリンピックに備えているということもあり、現在国をあげて普及を進めているサービスです。

でも、使ったことない人は「どんなメリットがあるの?」と感じるかも…。スマホ決済にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

カードや現金を入れた財布を持ち歩く必要がなくなる

スマホ1つで買い物ができるようになるので、カードや現金を持ち歩く必要がなくなります。

つまり、財布の盗難や紛失のリスクを避けることができます。

スマホを専用の機械にかざすだけ!支払いがスムーズ

小銭を出したりお釣りを用意する手間が一切ありません。

スマホをかざすだけなので支払いがかなりスムーズです。

また、クレジットカードと異なりサインや暗証番号も不要なので、レジが混雑している時も素早く会計を済ませることが可能です。

クレジットカードの情報が共有されない

スマホ決済した金額の請求先はクレジットカードでも、クレジットカードを直接お店で使っているわけではありません

クレジットカード情報をお店に共有することがないため、セキュリティ面においても安心です。

使った金額が一目瞭然

アプリ上で利用した金額がすぐにわかるため、楽に管理が行えます。

遣いすぎを防ぎたいという人は、利用限度額を自分で設定することもできます。

スマホ決済のデメリット

スマホ決済

スマホ決済は、財布やカードを持ち歩く手間もなく、会計も素早く済ませることができ、さらにポイントが貯まるなど良いことばかりに思えます。

しかし一方で、デメリットもいくつかあるので詳しく見ていきましょう。

スマホ決済に対応していない場所では使えない

スマホ決済は、いつでもどこでも使えるわけではありません。

クレジットカードも使えないような個人経営のお店など、スマホ決済に対応していないお店では利用することができません

今のところ、どこへ行くにも完全に現金を持ち歩かなくてもいいというわけではありません。

スマホの充電が切れてしまうと使えない

スマホ決済の最大の欠点とも言えるのが、スマホの充電切れ時に使えないというところ。

財布を持たずに出かけた場合、スマホの充電には注意が必要かもしれません。

現金を遣っている感覚が薄く遣いすぎてしまうことも

スマホ決済は、実際に財布からお金を出して支払うわけではありません。

そのため、現金支払いよりもお金を遣っているという感覚が鈍くなる傾向にあります。

しっかりと金銭感覚を持つことが大切ですが、心配な人は利用上限額を設定することをおすすめします。

スマホ決済は今後さらに普及するキャッシュレス!今のうちに使い慣れておくべき

最後に、スマホ決済のメリット・デメリットについてまとめます。

スマホ決済のメリット・デメリット
  • カードや財布を持ち歩く必要がない
  • 支払いがスムーズで混雑時も安心
  • 利用金額の管理が簡単、セキュリティも安心
  • スマホ決済に対応していないお店・スマホの充電切れ時には使えない
  • 現金を遣っている感覚が薄いので遣いすぎてしまうおそれも

スマホ決済は、カードや現金を持ち歩く必要がないので盗難や紛失のリスクを避けることにも繋がります。

また、小銭を出したりお釣りを用意する手間がかからないので、支払いがスムーズで混雑時も素早く会計を済ませることができます。

一方でスマホの充電が切れてしまったり、スマホ決済に対応していないお店では利用できませんが、この先どんどんキャッシュレス化は進んでいくでしょう。

現金を持たないのが当たり前になる社会はもうすぐそこに来ているかもしれません。スマホ決済アプリでキャッシュレスに慣れていってはいかがでしょうか。

スマホ決済から考えるクレジットカード選び方とおすすめ度

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定