スマホ決済の種類|Apple Pay、おサイフケータイ、QUICPayなどの違い

現金主義が多い日本でも、ここ最近はスマホ決済をはじめとするキャッシュレス化が広まっています。

とは言え、米国や中国に比べキャッシュレス決済比率は低く、日本はキャッシュレス後進国です。

2020年東京オリンピックで日本を訪れる海外の人たちのためにも、キャッシュレス決済の普及は急務とも言えるでしょう。

スマホ決済とは
  • スマホを財布代わりにして支払いをするサービス
  • おサイフケータイやApple Payが代表的
  • 最近では色々なスマホ決済アプリが利用できる
  • クレジットカードを連携させるものと電子マネーを連携させるものがある

スマホ決済や電子マネー、プリペイドカード、デビットカードなどたちまち広まったキャッシュレスの波に困惑している人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなキャッシュレス決済の中でも近年特に普及が加速しているスマホ決済について解説します。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯める決済アプリ

スマホ決済にはどんな種類があるのか?

まず、スマホ決済にはどのような種類があるのでしょうか。

  • 非接触型決済
  • QRコード決済

スマホ決済は大きくこの2種類に分けられます

この2種類の特徴について詳しく解説をしていきます。

非接触型決済

スマホ決済(Apple Pay)

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

非接触型決済とは、スマホの内部に搭載されているFelicaチップなどを利用し、専用の端末にかざすだけで支払いができるものです。

クレジットカードや電子マネーを事前にスマホに登録しておく必要がありますが、決済時の手間がかからず、スピーディーに会計を済ませることができます。

主な非接触型決済サービス

  • iD
  • QUICPay
  • Suica
  • 楽天Edy
  • nanaco

非接触型決済サービスをまとめて管理できるアプリ

上記サービスは、スマホ決済アプリを用いて利用できます。また、下記のアプリを使えば各電子マネーを一括管理することも可能です。

  • おサイフケータイ
  • Apple Pay
  • Google Pay

QRコード決済

スマホに表示したQRコードを専用の機械で読み取る、またはお店にあるQRコードをスマホで読み取って決済手続きをするQRコード決済があります。

QRコード決済アプリにあらかじめお金をチャージしたり、クレジットカードの事前引き落とし登録を行うことで利用できます。

主なQRコード決済アプリ

  • LINE Pay
  • Origami Pay
  • 楽天ペイ
  • d払い
  • PayPay
  • メルペイ
スマホ決済の種類
  • 端末にスマホをかざすだけの簡単決済 非接触型決済
  • 主な非接触型決済はiDやQUICPay
  • 非接触型決済サービスはおサイフケータイやApple Payで利用できる
  • QRコードを読み込む・またはかざすQRコード決済
  • 主なQRコード決済はLINE Payや楽天ペイ

次のページでは、2種類のスマホ決済のうち非接触型決済に焦点を当て、解説していきます。