【2021年】銀行カードローン金利比較|おすすめの人気5社を調査

銀行カードローンを金利や審査スピード、返済のしやすさなどで徹底比較しました。今回紹介する銀行カードローンはいずれも金利が低く、審査も最短翌営業日とスムーズです。金利を抑えたい方、WEBで簡単に申したい方は要チェックです。
  • 2021年7月25日
  • 2021年11月18日
【2021年】銀行カードローン金利比較|おすすめの人気5社を比較

銀行カードローンは、金利の低さと借入先の信用力が人気です。

銀行カードローンの中でも特に金利の低い商品をピックアップし、おすすめの5社を比較しました。

少しでも金利を抑えて借り入れたい方は、参考にしてくださいね。

人気の銀行カードローン5社の特徴
  • 【三菱UFJ銀行バンクイック】1.8%~14.6%
    最短翌日に融資可能、最低金利が低い
  • 【楽天銀行】1.9%~14.5%
    楽天会員は審査優遇の可能性あり
  • 【みずほ銀行】2.0〜14.0%
    メガバンク3社でもっとも上限金利が低い
  • 【イオン銀行】3.8%~13.8%
    上限金利が低く専業主婦も借入可能
  • 【りそな銀行】3.5~13.5%
    上限金利の低さは随一!給与振込等でさらに0.5%引き下げ
この記事の監修者
野田美紀
野田美紀
保有資格

税理士・ファイナンシャルプランナー(CFP®)|複数の職場で経営や組織構築の経験を積み税理士として独立。 「自分が選んで歩む道、一歩一歩を大切にする人材の育成に貢献する」を理念に活動を行う。

おすすめの銀行カードローン

人気の銀行カードローンから、おすすめの5社を金利等で比較しました。

銀行カードローン金利(年率)融資スピード
三菱UFJ銀行 バンクイック1.8%~14.6%最短翌営業日
楽天銀行1.9%~14.5%最短翌営業日
みずほ銀行2.0〜14.0%最短翌営業日
イオン銀行3.8%~13.8%審査完了から5日程度
※イオン銀行口座があれば最短翌日
りそな銀行3.5~13.5%不明
※審査は1週間程度

銀行カードローンは、消費者金融のような即日融資ができません。

銀行カードローンでは警察庁のデータベースで反社会的勢力のチェックを行いますが、これに時間がかかるためです。

本記事では、銀行カードローンの中で最速となる「最短翌日融資可能」かつ低金利の銀行カードローンを厳選しました。

1つずつ、詳細を解説します。

三菱UFJ銀行 バンクイック

UFJバンクイック

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
金利1.8〜14.6%
審査時間最短翌営業日
融資スピード最短翌営業日
借入限度額500万円
無利息期間なし
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入
専業主婦の借入
営業時間店頭窓口9:00~15:00
平日のみ(一部店舗は休日も営業)
WEB24時間営業
電話9:00〜21:00
土日祝日は9:00~17:00
12/31~1/3は休業
  • 最短翌日に郵送物なしで融資可能
  • ATMの数が多く手数料無料
  • 最低金利が低い

三菱UFJ銀行 バンクイックは、メガバンクならではの安心感・利便性と審査スピードを兼ね備えています。

【インターネット申込+テレビ窓口でのカード受取】を選択すれば、最短翌日に郵送物なしで借入できます。

「融資を急いでいるけれど、金利を抑えたいから消費者金融ではなく銀行から借入したい」「家族に内緒でお金を借りたい」といった希望がある方にはうってつけのカードローンです。

メガバンクならではのネットワークで、利用できるATMの数が多いのもメリットの1つ。

全国展開されている三菱UFJ銀行ATMはもちろんのこと、セブン銀行・ローソン銀行・コンビニATM E-net(ファミリーマート等に設置)も利用できます。

借入・返済ともに、提携コンビニATMでも手数料無料で利用できるのは嬉しいポイントですね!

最低金利が1.8%と非常に低いため、高額の借入を希望する方にもおすすめできます。

楽天銀行

楽天銀行カードローン

楽天銀行スーパーローン
金利1.9〜14.5%
審査時間最短翌営業日
融資スピード最短翌営業日
借入限度額800万円
無利息期間あり
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入可能(20歳以上でパート、アルバイトによる安定した収入がある場合)
専業主婦の借入可能
営業時間店頭窓口なし
WEB24時間営業
電話24時間受付
0120-730-115
自動契約機なし
  • 楽天会員は審査優遇の可能性あり
  • 専業主婦も申込可能
  • 新規入会で楽天ポイント1,000ポイント付与

楽天銀行スーパーローンは、ネットバンクならではのシンプルな申込が魅力です。

楽天IDを持っている方であれば、「楽天IDを使ってお申込」を選択することで、申込時の入力工数が大幅に省略されます。

楽天銀行の口座は開設しなくても、楽天市場にも使える楽天IDを持っていればOKです。本人確認書類も、楽天銀行アプリで提出できます。

ただし、ローン専用カードが必ず郵送で自宅に届きます。家族に内緒で借入したいという方は注意してくださいね。

楽天会員のランクに応じて審査が優遇

他の銀行カードローンに無い特徴は、楽天会員のランクに応じて審査が優遇される可能性があること(※全員が必ず優遇を受けられるわけではありません)。

もう少しで会員ランクが上がりそうな方は、必要なものを楽天市場で購入するなどしてランクアップ後に申し込むと、審査に通りやすくなる可能性があります。

また、専業主婦が申し込みできるのも楽天銀行スーパーローンのメリットです。本人の安定収入を条件とする銀行カードローンが多い中、貴重な商品と言えます。

ただし、専業主婦の方は利用限度額は50万円となります。

カードローンのご利用限度額
800万円(10万円単位で選択)
※審査の結果、ご希望の限度額を減額させていただく場合もあります。
※専業主婦の方については、ご利用限度額は50万円となります。

画像引用元:スーパーローン商品概要|楽天銀行カードローン

返済は毎月の口座振替が原則です。余裕がある時の繰り上げ返済に関しては、ATMからの返済が可能です。

みずほ銀行、コンビニATMなど多数の提携ATMで、借入・返済ともに手数料無料で利用できます。

入会するともれなく楽天ポイントが1,000ポイントもらえるのも楽天ならでは。楽天会員で、特に会員ランクが高い方におすすめの銀行カードローンです。

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行
金利2.0〜14.0%
審査時間最短翌営業日
融資スピード
借入限度額800万円
無利息期間なし
WEB完結可能(みずほ銀行の口座を持っていない場合は、別途返済用口座として、普通預金の口座開設が必要)
コンビニ借入可能
学生の借入20歳以上で収入があれば可能
専業主婦の借入不可
営業時間店頭窓口9:00〜15:00
平日のみ(一部店舗は休日も営業)
WEB24時間営業
電話9:00〜20:00
平日のみ
0120-324–555
自動契約機なし
  • 上限金利の低さはメガバンクでNo.1
  • 住宅ローン利用でさらに0.5%金利引下げ
  • キャッシュカードで借入・返済可能

みずほ銀行カードローンは、メガバンク3社(みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行)の中で上限金利がもっとも低く設定されています。

申し込むなら安心できる大手がいいけれど、金利は低く抑えたいという方におすすめです。

審査スピードも銀行カードローンの中では最速で、WEB申込なら最短翌営業日には審査結果がわかります。

返済はみずほ銀行普通預金口座からの引き落としが必須なので、口座がない方は開設する必要があります。カードローンの申込みと同時の口座開設も可能です。

ローン申込の際、キャッシュカードだけで借入ができる「兼用型」とローン専用カードを発行する「専用型」のいずれかを選択します。

元々みずほ銀行の口座をお持ちの方が兼用型を選べば、契約直後から手持ちのキャッシュカードで借り入れが可能です。

イオン銀行

イオン銀行カードローン

イオン銀行
金利3.8〜13.8%
審査時間最短翌営業日
融資スピード最短翌営業日
借入限度額800万円
無利息期間なし
WEB完結可能
コンビニ借入可能
学生の借入不可
専業主婦の借入可能(配偶者に安定かつ継続した収入がある場合)
営業時間店頭窓口10:00~21:00
または9:00~21:00
WEB24時間営業
電話9:00〜18:00
年中無休
0120-48-1258
自動契約機なし
  • 上限金利が低い
  • イオン銀行口座を持っていれば最短翌日に振込融資
  • 配偶者に収入がある専業主婦も利用可

イオン銀行カードローン最大のメリットは、上限金利の低さでしょう。13.8%と、銀行カードローンの中でも1、2を争う低さです。

利用限度額が少額でも利息を少なく抑えられるのは、利用者にとって嬉しいポイントですね。配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも申込できます。

イオン銀行ATMで借入・返済ができるので、イオンやミニストップが近くにある方なら便利に使えますよ。

イオン銀行カードローンは年中無休で審査をしており、最短翌営業日に審査結果がわかります。

ローンカードの郵送まで5日ほどかかりますが、イオン銀行の普通預金口座を持っていれば、新規契約時の1回のみ口座への振込でキャッシングが可能です。

また、毎月の返済方法をイオン銀行口座からの引き落としに設定すれば、イオン銀行キャッシュカードをローンカードとして使えます。

りそな銀行

りそな銀行 カードローン

りそな銀行プレミアムカードローン
金利3.5~13.5%
審査時間通常1週間程度
融資スピード非公開
借入限度額800万円
無利息期間なし
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入不可
専業主婦の借入
営業時間店頭窓口9:00〜17:00
平日のみ
WEB24時間営業
電話10:00~17:00
土日祝除く
自動契約機なし
  • 上限金利の低さは業界随一!
  • 給与受取でさらに0.5%引き下げ
  • 審査に1週間程度かかる

りそなプレミアムカードローンの金利は年3.5%~13.5%。銀行カードローンの中でも、ピカイチで低い金利です。

りそな銀行で住宅ローンを組んだり、りそな銀行の口座を給与受取口座に設定すれば、さらに0.5%金利が下がります。条件を満たせば、利用限度額が少額でも金利は13.0%です!

みずほ銀行カードローンの場合は、住宅ローンを組むことが金利引き下げの条件でした。りそな銀行は給与受取も条件に含まれるので、金利引き下げのハードルが下がりますね。

利用にはりそな銀行の口座開設が必須です。ローンカードを発行せず、キャッシュカードのみで借り入れも可能です。

注意点は、銀行カードローンの中でも融資までに特に時間がかかるということ。審査に1週間程度かかります。

緊急で現金を要する方には不向きですが、急がないから低金利で借りたい方にはおすすめのカードローンです。

銀行カードローンの選び方

チェック

銀行カードローンを選ぶ際は、次のポイントに着目するとよいでしょう。

  • 上限金利の低さ
  • 申込対象者
  • 融資スピード
  • 返済のしやすさ

上限金利の低さ

初めて利用する方や利用限度額が少額の場合は、上限金利が適用されることがほとんどです。

たとえば、三菱UFJ バンクイックの金利は【1.8%~14.6%】ですが、14.6%の部分が上限金利となります。

金利を比較する際は、上限金利をチェックしましょう。

申込対象者

意外と見落としがちなのが、申込対象者の範囲です。

銀行カードローンは消費者金融に比べて審査が厳しく、学生や専業主婦は申込不可としている商品も少なくありません。

また、個人のカードローンですので、全社の資金使途には利用できません。事業用に用いるならビジネスローンの利用をおすすめします。

対象者の条件をチェックせずに申し込み、審査落ちになってしまうと、個人信用情報に「カードローン申込」の記録を無駄に増やしてしまうことになります。

融資スピード

急ぎで現金が必要な場合には、最短の融資スピードも確認しましょう。

記事の冒頭で少し触れましたが、銀行カードローンは警察庁のデータベースに照会を行う関係で、どんなに速くても審査結果がわかるのは申込翌日です。

借入先を銀行に絞って探すのであれば「最短翌日融資」と謳っている銀行を選びましょう。

当日中に現金を要するのであれば、最短即日融資が可能な消費者金融からの借入が適しています

返済のしやすさ

意外と抜けがちなのが、返済方法のチェックです。

返済方法は大まかに、口座振替・ATM・振込の3種類があります。口座振替はほぼすべての銀行カードローンで利用可能です。

口座振替なら、口座に残高さえあれば返済忘れがありません。しかし、好きなタイミングにATMから気軽に返すほうが合っている方もいるでしょう。

複数の返済方法から任意のものを選べる金融機関もあるので、申込前にチェックしておきましょう。

銀行カードローンを利用する際の注意点

注意点

銀行カードローンを実際に利用するにあたり、注意したいポイントをまとめました。

  • 原則、在籍確認が必須
  • つい借りすぎてしまう可能性
  • 月々の返済額と総返済額を把握する
  • 他のローンやクレジットカードの審査に影響あり

原則、在籍確認が必須

銀行カードローンは、審査の際、職場へ在籍確認のための電話連絡を必須としているものがほとんどです。

銀行カードローンの利用を職場の人に知られたくない方は、自分が確実に電話に出られる時間を指定できないかなど、相談してみましょう。

他の人が電話に出たときのために、あらかじめ別の理由を考えておくと安心です。

「クレジットカードの在籍確認」「営業電話」等と答えると、特に怪しまれることもないでしょう。

つい借りすぎてしまわないように

カードローンは、利用限度額の範囲ならば何度でも自由に借入が可能です。

便利な反面、なんとなく自分の預金を下ろして使っているような感覚になってしまうこともあります。キャッシュカード一体型の場合などは特にその傾向がありますね。

つい借りすぎて生活に支障が出ると、返済のためにさらに借入したり、多重債務を背負ったり、最終的には債務整理をすることにもなりかねません。

なぜ借入が必要なのか、いくらまでの借入なら返せるのかを明確にし、事前に返済計画を立ててから申し込みましょう。

月々の返済額と総返済額を把握する

月々の返済額が少ないと、生活への負担は少なく済みます。しかし、その分だけ返済期間が長くなり、利息が増えて返済総額も膨らんでしまいます。

たとえば、金利14.5%で10万円を借り入れた場合、最低返済額だけを払い続けるのと、繰り上げ返済して1年間で完済するのでは、総返済額に5万円近くもの開きが出るのです。

総返済額を少なく抑えるには、余裕があるときに多めに返済することが欠かせません。

他のローンやクレジットカードの審査に影響あり

銀行カードローンを利用した履歴は、個人信用情報に記録されます。

今後、ローンやクレジットカードなどを新しく申し込む際、銀行カードローンの利用が審査に影響を及ぼす可能性があるのです。

ローンやクレジットカードの審査で重要視されるのは、「この人はきちんと返済できる人だろうか」ということです。

カードローンを利用していると「お金に困っていて返済が難しいかもしれない」と懸念され、審査落ちに繋がるケースがあります。

近いうちに住宅ローンや車のローンの利用を考えている方は、慎重に検討したほうがよいでしょう。

金利を比較し最適な銀行カードローンを利用しよう

人気の銀行カードローン5社の特徴
  • 【三菱UFJ銀行バンクイック】1.8%~14.6%
    最短翌日に融資可能、最低金利が低い
  • 【楽天銀行】1.9%~14.5%
    楽天会員は審査優遇の可能性あり
  • 【みずほ銀行】2.0〜14.0%
    メガバンク3社でもっとも上限金利が低い
  • 【イオン銀行】3.8%~13.8%
    上限金利が低く専業主婦も借入可能
  • 【りそな銀行】3.5~13.5%
    上限金利の低さは随一!給与振込等でさらに0.5%引き下げ

銀行カードローンは、消費者金融にはない金利の低さが魅力です。

初めての借入や少額融資では上限金利が適用されることがほとんどなので、金利を比較する際は上限金利に着目してください。

金利の他、融資スピードや申込対象者を事前にチェックしておけば、自分に最適な銀行カードローンが見つかります。

借りすぎには十分に注意し、銀行カードローンを賢く利用しましょう。