クレジットカードおすすめランキング

ビックカメラSuicaカードの審査基準|審査状況の確認方法と通すコツ

ビックカメラSuicaカードイメージ1

ビックカメラSuicaカードは実質年会費無料でポイント還元率の高い、高パフォーマンスのカードです。

家電量販店のビックカメラと、JR東日本をはじめとする鉄道利用の両方で便利です。さらに、それ以外のあらゆる用途で1.0%の還元が得られる実力派カード、欲しい人も多くいるはず。

手に入れるためには、当然審査を突破しなければなりませんが、「年収や職業など状況次第で不利になるのではないか」と心配するかもしれません。

この記事では、カードの審査の基準について案内します。審査に欠かせない「個人信用情報」の内容についての確認方法も見ていきましょう。

ビックカメラSuicaカードの審査のポイント
  • 個人信用情報の状態が良いか悪いか
  • キャッシング枠を有りにするか無しにするか
  • カードの枚数と限度額の合計
  • カード申し込みの頻度

画像引用元:ビックカメラSuicaカード:ビューカード

※本記事の価格は全て税込みです。

ビックカメラSuicaカー
年会費524円(税込)追加カードETCカード
ポイント還元率1.0%~付帯保険海外旅行、国内旅行
ポイントビックポイント+JRE POINT電子マネーSuica/QUICPay
交換可能マイル-スマホ決済Apple Pay/Google Pay
今なら新規入会&利用で最大8,000円相当ポイントプレゼントキャンペーンサイトを見る

ビックカメラSuicaカードの審査

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード
還元率ポイント1.0%~11.5%
マイル0.125%(ビックポイントのみ交換可能)
年会費初年度無料
2年目以降524円
※年1回の利用で2年目以降無料
旅行保険海外500万円(自動付帯)
国内1,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費524円
電子マネーQUICPay、Suica
国際ブランドVISA、JCB
発行会社株式会社ビューカード
発行期間仮カード即日発行可能

クレジットカードは「信用」によって持つことができ、その「信用」によって、まとめて後から利用代金を支払うことができています。

誰でも持てるわけではない点が、デビットカードやプリペイドカードとは違います。

ビックカメラSuicaカードも、申し込むと当然、審査があります。

その内容を見ていきましょう。

ビックカメラSuicaカードの審査はどこがする?

ビックカメラSuicaカードは、名前の通りビックカメラの提携カードです。ビックカメラのカードなので、ビックカメラが審査をすると思う人もいるのではないでしょうか。

審査をするのは、株式会社ビューカードです。

ビックカメラの店舗にも申し込み窓口がありますが、こちらの窓口から申し込んでも審査はビューカードが行います。ビックカメラは審査に一切かかわりありません。

提携クレジットカードは世の中に多数ありますが、いずれもカード会社での審査です。

ビューカードには、基本となるビュー・スイカ・カードをはじめ、さまざまなカードが用意されていますが、審査の難易度は変わらないと思われます。

ビックカメラSuicaカードの入会基準

クレジットカードには、それぞれ申し込みにあたっての入会基準が設けられています。

基準をクリアしないと、申し込んでも審査に落ちてしまいますので、事前に確認しておきましょう。

公式サイトには、このようにあります。

日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。
(未成年の方は親権者の同意が必要です。)
ただし、高校生の方はお申込みいただけません。

出典:ビックカメラSuicaカード:ビューカード

これだけです。

クレジットカードの入会基準としては最低限のもの。これを満たせずに審査落ちする人は、まずいないでしょう。

審査に落ちる人はみな、これ以外の理由に引っかかっているわけです。

ちなみに、18歳以上(高校生不可)という制限は、すべてのクレジットカードにあります。

ビックカメラSuicaカードの審査になぜ落ちる?

ビックカメラSuicaカードは、以下のような性質を持っています。

  • Suicaにより交通インフラを支える
  • ビックカメラで買い物を多くしてもらう

どちらの要素も、カードを積極的に入手してもらおうという企業姿勢につながるはずです。

皆がSuicaを持てば、鉄道会社としてもスムーズな運営ができて助かります。なるべく多くの人に使ってもらいたいところです。

ビックカメラ側も多くの買い物をしてもらえば、売上げが増えるので歓迎です。

それなのに、ビックカメラSuicaカードの審査に落ちてしまう人は必ずいます。

中には、ビックカメラ店頭で仮カードを受け取って買い物をしたのに、本審査で落ちてしまうという人もいます。

その理由は、信用状態が悪いためです。

このような人は、どんなカードに申し込んでも現在の状況ではだいたい落ちてしまいます。

次に項を変えて、クレジットカードの審査に落ちる可能性の高い人を、一般論を含めて見ていきます。

クレジットカードの審査に落ちる人の特徴

画像引用元:ビックカメラSuicaカード:ビューカード

“格別に審査が厳しい”とは考えられないビックカメラSuicaカードの審査に落ちてしまう人には、どのような原因があるのでしょうか。

以下を見ていけば、実際に落ちてしまった人にも、必ず思い当たる節があるはずです。確認していきましょう。

個人信用情報の状態が悪い

すべてのクレジットカードやローンの利用実績は、過去5年分にわたって個人信用情報に記録されます。

審査の際には、カード会社は申し込み者の個人信用情報を必ず確認します。

個人信用情報は、日本に3つある信用情報機関が管理しています。

ビューカードはこのうち、CICという信用情報機関にのみ加入しています。

他にも、「全国銀行個人信用情報センター」と「JICC」という信用情報機関がありますが、そちらの情報はビューカードは参照しません。

ただし、重要な情報についてはCICが「全国銀行個人信用情報センター」と「JICC」とも共有します。非常に悪い情報は把握されるということです。

悪い情報とは、そのほとんどが「滞納」。

クレジットカードやローンの滞納の情報は、新たな審査においては筒抜けです。

1日だけの滞納がすぐに個人信用情報に記録されるわけではないのですが、“記録される程度の滞納”が複数あるようだと、ビューカードの審査は非常に厳しくなるでしょう。

ブラックの人は申し込むだけ無駄になる

個人信用情報の悪化がもっと進むと、「ブラック」という状態になります。

具体的には、カード会社により61日以上、または3ヶ月以上の滞納(延滞)があると、異動情報(金融事故情報)が個人信用情報に記録されて、ブラックという状態になります。

自己破産や、弁護士に依頼した任意整理により債務の一部免除を受けた人にも、異動情報が付きます。

ブラックリストの意味ですが、そういうリストがあるわけではありません。

異動情報が記録された個人信用情報を見れば、ブラックの状態だということがわかるわけです。

一度こうなると、5年間は記録が消えません。「信用のない人」ということが明らかなので、作れるカードはほぼありません。

ビックカメラSuicaカードなどのビューカードも「作れない」と考えて、差し支えないでしょう。

個人信用情報が空白

信用というものは、クレジットカードを使ってこそ得られるものです。

個人信用情報に記録が一切ない人は、信用がありません。俗に「ホワイト」と呼ばれる人たちです。

ホワイトにも次の2種類があり、「本当に情報がない人」と、「以前はあった情報が消えた人」は区別が付きません。

  • 5年以内にクレジット・ローンを一切使っていない人
  • 5年以上前に異動情報が付いて、一切のクレジット・ローンが作れなくなったが、その情報が消えた人

もっとも20代など若い人の場合、履歴が真っ白だとしても、なんの問題もありません。誰でも通る道で、当たり前だからです。

ただし30代、それも後半以上で真っ白だと、新たなクレジットカードが作れないことがよくあります。

信用がないからです。しかも、過去に事故を起こした人である可能性もあります。

このような場合の対策として、信用を強化する簡単な方法があります。

  • 家電や通販などで、信販会社の分割払い(ショッピング・クレジット)で購入する
  • 少額(10万円程度)のカードローンを申し込む

どちらもホワイトの人にとっては、クレジットカードの審査に比べると低いハードルです。

安定した収入は必要

ビックカメラSuicaカードの場合、収入については必要以上に心配いりません。

契約社員や派遣のみならず、アルバイトでも、きちんと働いていて収入があれば取得できる可能性は高いです。

仕事を始めたばかりであれば不利ですが、それで直ちに落ちるということはありません。

収入に合わせて、その範囲で限度額が設定されます。

ただし、収入が低いのに借金が多い場合は審査通過は厳しくなります。

年収に対する借金の比率が3分の1を超えてはいけない、というのがひとつの目安です。これは貸金業法の「総量規制」というルールに基づきます。

キャッシング枠を付けてクレジットカードを申し込んだとき、総量規制に抵触すると、100%キャッシングの審査に落ちます。

そしてほぼ、カード全体の審査にも落ちることになります。

なお、借金の有無にかかわらず、クレジットカードを申し込む際はキャッシング枠を付けないことで、審査通過の可能性は高まります。

キャッシング枠付与のためには、別途審査が行われます。キャッシングの審査に落ちることで、クレジットカード全体の審査について落ちしてしまうのはもったいない話です。

入手してからキャッシング枠を新たに申し込んでもいいわけです。この際に審査落ちしても、さして影響はありません。

かつてビューカードで大きな滞納を起こした人は審査通過困難

かつて「ブラック」だった人でも、個人信用情報からその記録が消え、新たなクレジット・ローンの記録が付いた人なら、ビックカメラSuicaカードの審査に通らない理由はほとんどありません。

ですが、無職でもないのに審査に落ちる人がいます。

その理由のひとつが、ビューカード自体との関係です。

かつて、ビューカードで延滞等の金融事故を起こした人は、新たにビックカメラSuicaカードを申し込んでも審査通過は難しいはずです。

個人信用情報には記載がなくても、ビューカードのほうはずっと管理しているからです。

こういう人は、ビューカード以外のカードにしましょう。

ビックカメラ提携のカードでは、UCカード発行のビックカード インターナショナルがあります。

ビューカードで事故を起こした人も、こちらを申し込んで審査に不利になることはありません。双方で情報をやり取りすることはないからです。

鉄道で使えるカードが欲しいなら、関東私鉄系にPASMO提携のカードが多くあります。モバイルでも便利になったPASMO系がいいでしょう。

カード枚数と限度額とに注意

クレジットカードは何枚まで持てると数が決まっているものではありません。

多い人でも5枚もあれば、生活のあらゆる用途を賄えます。必要以上にカードが多い人は、審査する側からすると不安な点となります。

“入会キャンペーン狙い”でクレジットカードを持つ人も少なくありません。ビックカメラSuicaカードも、キャンペーン狙いで欲しいという人もいるでしょう。

すでに持っているカードの枚数が多過ぎると、それを理由に審査に落ちることがあります。

クレジットカードのショッピング枠の根拠法令である「割賦販売法」にも、支払可能見込額についてのルールがあります。

参考:割賦販売法の改正について

このルールは、キャッシング枠の根拠法令である貸金業法の総量規制ほど厳しくはなく、同一生計維持者の存在で大きく見積もることはできます。とはいえ、限度があります。

カード枚数を減らしたくない場合は、持っているカードの限度額を下げることで、支払い可能見込額に余裕を持たせるようにしましょう。

既存のカードのキャッシング枠解約も、新たな審査を通すことに貢献します。

要らないカードは、解約してしまいましょう。

もっとも、キャンペーン狙いで持ったカードを早めに解約することが多いようだと、審査をするビューカード側に「キャンペーン狙いで、すぐ解約するつもりかもしれない」と思われてしまいますので、解約することが有利になるとは限りません。

いずれにしても、どうしてもカードを持ちたいなら枚数は絞りましょう。

続けてカードを申し込んでいると審査に落ちやすい

持っている枚数だけでなく、申し込みの頻度も審査に影響します。

個人信用情報には、クレジット・ローンの履歴とは別に、過去6ヶ月間の申し込み記録が掲載されています。

これにより、審査で「申し込み頻度」を把握されます。

クレジットカードの申し込み記録が半年間に4枚以上もあるようだと、新たに申し込むビックカメラSuicaカードの審査に落ちるかもしれません。

すでに別のカードの審査に落ちていればなおさらです。

申し込み記録だけが存在し、利用記録のないカードがあれば、審査に落ちたことがわかるのです。

審査落ちはどんな事情でそうなったのか、新たな審査をする会社にはわかりません。ですが、落ちたという事実が確実にマイナスの材料となります。

一度審査に落ちてしまったら、できるだけ6ヶ月間、新たなカードの申し込みは避けましょう。

なお、キャッシング枠を付けないカード申し込みは、必ずしも直ちに個人信用情報に記録されるわけではありません。

同時に複数のクレジットカードを、キャッシング枠を付けずに申し込んだ場合は、意外と複数同時に審査に通ってしまうこともあります。

ビックカメラSuicaカードの審査通過を確実にするには

オートチャージ

画像引用元:オートチャージ・定期券 Suicaをもっと便利に使う:ビューカード

以上、確認してきた事実から、ビックカメラSuicaカードを新規に申し込む際に、気を付けることを挙げてみます。

ビックカメラSuicaカードの審査を確実に通すために
  • 個人信用情報は綺麗にしておく|滞納厳禁
  • 個人信用情報が真っ白なら、信用を新たに作る
  • キャッシング枠は付けないほうがいい
  • カード枚数と限度額合計に注意
  • 続けてカードを申し込まないこと|6ヶ月あけると確実性が高まる

上記に気を付けておけば、審査通過の可能性が、確実に高まるでしょう。

個人信用情報の傷は、さすがにすぐには解消できません。

その問題のない人ならば、すべて自分自身でなんとかなるものばかりです。