アルバイトでもカードローンは契約可能!気になる在籍確認と審査について

  • 2020年11月26日
  • 2021年1月15日
アルバイト・パートのカードローン

保証人・無担保で借りられるカードローンはとても便利ですが、パートやアルバイトでも申し込めるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、アルバイトの方のカードローン契約についてまとめました。

在籍確認や審査基準、アルバイトの方がカードローンに申し込む際の注意点などについて解説します。

アルバイトの方におすすめのカードローンも紹介しますので参考にしてください。

アルバイトのカードローン契約について
  • アルバイトでも20歳以上で安定した収入と返済能力があればカードローンを利用できる
  • アルバイトを始めたばかりという理由だけで審査に落ちるわけではない
  • アルバイトでも保証人は不要、在籍確認は行われる
  • 複数のカードローンへの同時申し込みは避け、必要最低限の借入額で申し込む

アルバイト・パートでもカードローンは契約できる

SMBCモビットの申し込み条件

アルバイトやパートであっても、安定した収入があって返済能力があると判断されれば、カードローンを契約することは可能です。

消費者金融のアコムの公式サイトには、以下のように記載されています。

アコムのカードローン・クレジットカードは、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。

引用元:アルバイト(パート)でも契約はできますか?|カードローン・キャッシングならアコム

また、主婦(夫)の方でもパートやアルバイトとして働いていれば、配偶者の同意なく申し込むことができるとも記載されています。

もちろん、正社員や公務員の方が返済能力が高いと判断されやすいですが、パート・アルバイトだからといって審査に落ちるというわけではありません。

ただし、一般的にアルバイト・パートの方の借入限度額は、10~50万円程度に設定されることが多いです。

ほとんどの場合、カードローンの上限金利が適用されると理解しておきましょう。

また、消費者金融カードローンの場合、総量規制以上の借り入れをすることはできません。

総量規制とは

総量規制とは、貸金業法で定められている制度で、年収の3分の1までしか借り入れられないという制限を言います。

例えば年収が60万円であれば、借り入れ可能額は20万円までということになります。

アルバイトを始めたばかりでもお金は借りられる?

アコムの申し込み条件

カードローンの審査では勤続年数もチェックされますが、勤続年数が短いからという理由だけで審査に落とされることはありません。

アルバイトを始めたばかりでも、カードローンを利用することは可能です。

借入額によっては、収入証明が不要なカードローンもあります。

とはいえ、勤続年数が長い方がやはり審査では有利に働きます。

少なくとも6ヶ月以上経ってから申し込むのが望ましいでしょう。

アルバイトを始めたばかりだけどカードローンを利用したい、という方は銀行カードローンではなく消費者金融のカードローンがおすすめです。

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンに比べて審査が厳しい傾向にあります。

一方で消費者金融のカードローンは、パートやアルバイトの方にも比較的前向きに融資を行っています。

アイフルの公式サイトでは、無職でも契約は可能ですか?との問いに、以下のように回答しています。

お仕事(パート・アルバイト可)をはじめられた後、お申込みいただけます。

引用元:無職でも契約は可能ですか?

アルバイトに保証人は必要?

カードローンは、基本的にはアルバイトであっても保証人は不要です。

プロミスの公式サイトにも以下のように記載されています。

担保や保証人は必要ありません。

引用元:お申込みについて|よくあるご質問|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

カードローンは担保や保証人なしで借りられます。

そのため、20歳以上であれば、学生アルバイトであっても親などに知られることなく利用できます。

法令に定める場合を除き、お客さまの個人情報を、あらかじめご本人様の同意を得ることなく、第三者に提供することはありません。

引用元:お申込みについて|よくあるご質問|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

アルバイトでもカードローンの在籍確認は行われる

問い合わせ

パート・アルバイトであっても、在籍確認は行われます。

在籍確認とは、カードローン業者が申込者の勤務先に電話をし、実際に在籍しているかどうか確認をとることです。

そのため、本社ではなく実際に自分が勤めている店舗・支店に直接つながる連絡先を記入しておきましょう。

職場の人に知られてしまわないか不安な方もいるかもしれませんが、在籍確認は個人名でかかってくるため、カードローン利用が知られることはありません

「ご本人様がお勤めされている事」の確認のため、お勤め先にお電話させていただきます。お客さまのプライバシーに十分配慮し、担当者個人名にておかけしますので、ご安心ください。プロミス名でご連絡することはありません。

引用元:お申込みについて|よくあるご質問|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

心配であれば、職場の方にあらかじめ「クレジットカードの在籍確認がある」と電話がかかってくる旨を伝えておきましょう。

クレジットカードもカードローンと同様に在籍確認が行われるため、怪しまれることはありません。

事前に知らせておけば、スムーズに在籍確認を済ませることができるでしょう。

また、なかには在籍確認がないカードローンもあります。

例えばSMBCモビットのWEB完結サービスなら、勤務先への電話連絡や郵送物なしで利用することが可能です。

アルバイト向けカードローンの審査基準

カードローンの審査は、以下のような項目に基づいて行われます。

  • 職業
  • 雇用形態
  • 年収
  • 勤続年数
  • 住居の状態
  • 家族構成
  • 他社借り入れ状況

もちろん雇用形態も審査の際にチェックされますが、パート・アルバイトという理由だけで審査に落ちるわけではありません。

カードローンの審査では、収入の多さよりも収入が安定しているかどうかが重視されます。

とはいえ、正社員や公務員と比べてパートやアルバイトの方は収入が少なく、景気の影響を受けやすいです。急に失業する可能性も少なくありません。

収入が不安定な傾向にあり信用力が低いと判断されやすいため、正社員と比べて審査難易度は高いと思っておきましょう。

他社からの借り入れ状況もチェックされます。借り入れが多いとお金に困っていると判断され審査に通りにくくなります。

また、基本的なことではありますが、数年以内に延滞などの金融事故があると審査に通るのは難しいです。

審査が不安な方は、一度自分の信用情報を照会しておくことをおすすめします。

アルバイト向け カードローン申し込み時の注意点

チェックリスト

パート・アルバイトの方がカードローンに申し込む際に注意すべき点について解説します。

  • 複数のカードローンに同時申し込みしない
  • 虚偽の申告はしない
  • 必要最低限の借入額で申し込む

複数のカードローンに同時申し込みしない

審査が不安だからという理由で複数のカードローンに同時に申し込むことは避けましょう。

カードローンの申し込み履歴は、信用情報機関に一定期間記録されます。

カードローン会社は申込者のクレジットカードやローンの利用状況について信用情報機関に照会を行い、それに基づいて審査を行います。

他社のカードローンへの申し込み状況もカードローン会社は簡単に知ることができるのです。

短期間の間に複数のカードローンに申し込んでいると、お金に困っている人だと判断され、審査に通りにくくなってしまいます

急ぎでお金が必要かもしれませんが、カードローンへの申し込みは1社ずつ行いましょう。

虚偽の申告はしない

基本的なことではありますが、カードローンの審査に通りたいからという理由で虚偽の申告をしてはなりません。

勤続年数や収入を実際よりも多く、あるいは他社からの借り入れを過小に申告することはあってはなりません。

カードローン会社は審査の際に信用情報機関に照会を行い、属性や借り入れ状況などの確認を行います。

申告が虚偽であることが分かると、信用力に欠けると判断されるため審査に通るのは難しいです。

申し込んだカードローンだけでなく、他のクレジットカードやローンの審査に通るのも難しくなるため、必ず事実のみを記入しましょう。

必要最低限の借入額で申し込む

借入希望額が大きいと、お金に困っている人と判断されやすく、また高い返済能力も求められるため、審査では不利になります。

無理のない範囲で返済できるよう、必要最低限の借入額で申し込むようにしましょう。

また、貸金業法で定められている総量規制にも注意が必要です。

先述したとおり、年収の3分の1までしか借り入れることができません。

そのため、カードローンに申し込む際には、他社からの借り入れがどの程度あるのかきちんと把握することが大切です。

年収の3分の1を超えないように申し込みましょう

パート・アルバイトの方は正社員と比べて収入が低く不安定な傾向にあるため、10万円程度が限度となることが多いようです。

アルバイトの方におすすめのカードローン

最後に、パートやアルバイトの方におすすめのカードローンを紹介します。

アルバイトの方におすすめのカードローン
  • プロミス
  • アコム
  • レイクALSA
  • SMBCモビット

プロミス

プロミス

プロミス
金利4.5~17.8%
審査時間最短30分
融資スピード即日
借入限度額500万円
無利息期間30日間(初回借入日以降)
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入可能(20歳以上でパート、アルバイトによる安定した収入がある場合)
専業主婦の借入不可
営業時間店頭窓口10:00〜18:00
平日のみ
WEB24時間
電話プロミスコール・レディースコールともに9:00〜21:00
土日祝営業
0120-24-0365
自動契約機9:00〜21:00(*契約機により営業時間が異なります。)
土日祝営業

プロミスは消費者金融カードローンのなかでも特に人気の高いカードローンです。

20歳~69歳以下で本人に安定した収入のある方が申し込めます。

主婦や学生であっても、パート・アルバイトで安定した収入があれば申し込むことが可能です。

インターネット契約なら、最短即日で借り入れられます。借入額が50万円以下なら原則収入証明書類なしで利用できますよ。

また、プロミスの利用が初めての方でメールアドレス登録とWeb明細を利用すれば、30日間無利息サービスが受けられます。

アコム

アコム

アコム
金利3.0%~18.0%
審査時間最短30分
融資スピード即日
借入限度額800万円
無利息期間契約日の翌日から30日間
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入可能(20歳以上でアルバイトなどをしており、安定した収入があることが条件)
専業主婦の借入不可
営業時間店頭窓口平日9:30~18:00
WEB24時間
電話24時間365日
0120-629-215
自動契約機9:00~21:00(年末年始を除き無休)

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融カードローンです。

アコムの利用が初めてなら、30日間金利0円サービスが利用できます。

アコムは「3秒診断」を導入しており、年齢・年収・他社借り入れ状況の3つの項目を入力するだけで借り入れ可能かどうかすぐにチェックできますよ。

申し込めるのは、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方です。

主婦でもパート・アルバイトとして働いていれば、配偶者の同意なく借り入れできます。

審査がスピーディーで即日借り入れも可能なので、急ぎでお金が必要な方にもおすすめです。

レイクALSA

レイク

レイクALSA
金利4.5%~18.0%
審査時間最短15秒
融資スピード即日
借入限度額500万円
無利息期間Web申込みで60日間利息なし
初めての利用で180日間利息なし
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入可能
(20歳以上でパート、アルバイトによる安定した収入がある場合)
専業主婦の借入不可
営業時間店頭窓口なし
WEB24時間
電話9:00~21:00
※日曜日のみ19時まで
0120-09-09-09
自動契約機9:00~22:00
※日曜日のみ19時まで

レイクALSAは、新生銀行グループの消費者金融カードローンです。

インターネットによる申し込みなら、最短60分で借り入れが可能です。

インターネットにて申し込み後、最短15秒で審査結果が確認できるため、急いでいる方にとってはありがたいですね。

レイクALSAには、用途に合わせて無利息期間が選べるという特徴があります。

初めて契約する方限定で、以下の2つから選ぶことが可能です。

  • 借入額全額:60日間利息0円
  • 借入額のうち5万円まで:180日間利息0円

なお、60日間利息0円はインターネット契約の場合のみです。

電話で申し込んだ場合は30日間です。

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビット
金利3.0%~18.0%
審査時間最短30分
融資スピード即日
借入限度額800万円
無利息期間なし
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入
専業主婦の借入不可
営業時間店頭窓口なし
WEB24時間
電話9:00〜21:00
0120-03-5000
自動契約機9:00〜18:00
※設置場所によって異なる

SMBCモビットはSMBCグループのカードローンです。カードローンの返済でTポイントが貯まります。

年齢満20歳~69歳以下の安定した収入がある方であれば、アルバイト・パート・自営業・派遣社員などでも申し込むことが可能です。

SMBCモビットには、WEB完結サービスを利用できるという特徴があります。

本人確認書類・収入証明書類・勤め先確認書類などの提出、対象の銀行口座があること、といった条件を満たせば、申し込みから利用まですべてインターネット上で行えます。

在籍確認や郵送物がないため、職場に怪しまれるのを避けたい方にもおすすめです。

アルバイトでも安定収入があればカードローンを利用できる

パート・アルバイトの方のカードローン契約について、もう一度確認しましょう。

アルバイトのカードローン契約について
  • アルバイトでも20歳以上で安定した収入と返済能力があればカードローンを利用できる
  • アルバイトを始めたばかりという理由だけで審査に落ちるわけではない
  • アルバイトでも保証人は不要、在籍確認は行われる
  • 複数のカードローンへの同時申し込みは避け、必要最低限の借入額で申し込む

パート・アルバイトでも安定的収入・返済能力があればカードローンを利用することは可能です。

パート・アルバイトだけが理由で審査に落とされるわけではありませんが、正社員より審査のハードルは高くなるでしょう。

銀行系カードローンと比べて消費者金融のカードローンはパート・アルバイトでも比較的利用しやすいです。

複数のカードローンに同時申し込みしない、虚偽申告しない、最低限の借入額で申し込むといった注意点を理解したうえで申し込みましょう。