クレジットカードおすすめランキング

審査不要のキャッシュレスカード|特徴とメリット・デメリットまとめ

kyash

デビットカード・プリペイドカード・バーチャルカードといったキャッシュレスカードは、クレジットカードと違い審査不要で発行できます。

しかし、それぞれのカードの特徴や違いがいまいち分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、審査不要のキャッシュレスカードについて詳しく解説します。

それぞれの特徴やメリット・デメリット、クレジットカードとの違いについても説明しますので参考にしてくださいね。

審査不要のキャッシュレスカードとは
  • デビットカード・プリペイドカード・バーチャルカードがある
  • デビットカードは即時決済で管理しやすい
  • プリペイドカードは前払い式でチャージ分しか使えないため使い過ぎを防げる
  • バーチャルカードは前払い式が多く、インターネット専用

トップ画像引用元:Kyash (キャッシュ) – いつものカードがもっと便利に

審査不要のキャッシュレスカードの種類・特徴

キャッシュレスとは、現金の受け渡しなしに売買取引を行う手段です。

キャッシュレス決済の代表格であるクレジットカードは、カード会社が立替え払いをすることで買い物が可能となります。つまり、お金を借りているのと同じです。

そのため、クレジットカードを発行するためには必ず審査が行われます。

クレジットカードの利用や延滞といった信用情報や、安定した収入があるのか、といったことが審査の内容です。

「クレジット」には信用という意味もあり、信用がある人にのみ発行されます。

一方、審査が不要のキャッシュレスカードもあります。以下のような種類があります。

  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • バーチャルカード

いずれもクレジットカードのようにショッピングの際に利用できますが、利用できるシーンや支払い方法に差があります。

それぞれの概要について見ていきましょう。

デビットカード

楽天銀行 JCB debit Card

画像引用元:楽天銀行のデビットカード(Visa・JCB)|楽天銀行

後払いではなく、カードで決済した際に口座から即時に引き落とされるのが大きな特徴です。

即時に口座から支払われるため、利用限度額は口座残高の範囲内となります。

デビットカードにも2つの種類があるため知っておきましょう。

  • 国際ブランドのデビットカード
  • ジェイデビットカード

国際ブランドのデビットカード

国際ブランドのデビットカードは、VISA・JCB・Mastercardなどそのカードが提携している国際ブランドの加盟店で利用できます。

つまり、クレジットカードのように世界中の各加盟店で決済に使うことが可能です。

ジェイデビットカード

ジェイデビット

画像引用元:J-Debit – キャッシュカードではじめる、キャッシュレス

ジェイデビットは銀行などのキャッシュカードをショッピングの支払いに利用できるサービスです。

銀行のキャッシュカードを提示することで代金が即時に口座から引き落とされます。

上記のジェイデビットマークがある加盟店で利用できるため、国際ブランドのデビットカードと比べて使えるお店は少ないのが特徴です。

国際ブランドのデビットカードとジェイデビットカードを混同しないように注意しましょう。

プリペイドカード

バンドルカード

画像引用元:Visaプリペイド | Visa

プリペイドカードは、あらかじめチャージしておくことでショッピングの支払いに利用できる、前払い式のカードです。

身近なものでは、Suicaがプリペイドカードにあたります。

さまざまな種類があり、使えるお店はプリペイドカードにより異なります。

なかでも注目されており、クレジットカードのように使えるのが国際ブランド付きのプリペイドカードです。

VISA・Mastercard・JCBといった国際ブランドと提携して発行されているプリペイドカードのことで、提携している国際ブランドの加盟店で利用できます。

一部使えないお店はあるものの、クレジットカードのようにさまざまなお店・ネットなどで使えるのが特徴です。

バーチャルカード

三井住友バーチャルカード

画像引用元:バーチャルカード|クレジットカードの三井住友VISAカード

バーチャルカードはプリペイドカードの1つで、インターネット専用であることが大きな特徴です。

クレジットカードのようにカード番号が発行され、ネットショップでの支払いに利用できます。

街の店舗では利用できません。

基本的には前払い式ですが、なかにはクレジットカードのように後払いタイプのものもあります。

バーチャルカードは他のカードのようにプラスチックカードが発行されず、番号などのカード情報だけが発行される架空のカードです。

プラスチックカードが発行されないため、申し込みから利用できるようになるまでが短期間なのが特徴です。

バーチャルカードにもVISAなどの国際ブランドが付いており、その国際ブランドに対応しているネットショップであれば利用できます。

バーチャルカードには、クレジットカード会社が発行しているものもあればLINE Payやバンドルカードなど、クレジットカード会社以外が発行しているものもあります。

クレジットカードと審査不要キャッシュレスの違い

では、審査があるクレジットカードと審査不要のキャッシュレスカードの違いについて見ていきましょう。

以下が、クレジットカードとデビットカード・プリペイドカード・バーチャルカードを比較した表です。

項目クレジットデビットプリペイドバーチャル
審査あり
基本的には不要
年齢制限18歳以上15歳以上
ないものも多い
年会費無料〜十数万円
多くは無料
プラスチックカード
発行
発行なし
支払い方法後払い(分割払いも可能)即時払い前払い前払い(一部後払い)
利用限度額審査の結果決まる口座残高の範囲内
チャージ残高の範囲内
使える店
店頭・ネット
ネットのみ

クレジットカードとの違いについて、詳しく見ていきましょう。

支払い方法の違い

クレジットカードと、審査不要のキャッシュレスカードの大きな違いは支払い方法です。

クレジットカードは決済に利用してもすぐに請求されるのではなく、1ヶ月分をまとめて後払いします。

一括払いだけでなく、分割払い・リボ払い・ボーナス払いといった支払い方法も可能です。

一方、デビットカードは決済の際に即時に口座から利用分が引き落とされます

プリペイドカード・バーチャルカードについては、あらかじめカードにチャージしておき、その残高の範囲内で支払える前払い方式です。

なお、バーチャルカードについては一部クレジットカードのように後払いのものもあります。

年齢制限の違い

クレジットカードには年齢制限があり、多くのクレジットカード会社では「18歳以上(高校生を除く)」という申し込み条件が含まれています。

一方で、デビットカードの多くは15歳以上であれば発行が可能です(中学生を除く)。

これは国際ブランドのデビットカードの場合で、ジェイデビットカードについては年齢制限がありません

ただし、銀行口座を持っていないと使えない点には注意をしましょう。

プリペイドカードの多くも年齢制限はなく、アプリですぐに発行できるものもあります。

バーチャルカードも基本的に審査や年齢制限がなく、誰でもすぐに発行することが可能です。

なお、クレジットカード会社が発行しているバーチャルカードの中には、その会社のクレジットカードを保有しておかなければならないものもあります。

年会費の違い

クレジットカードの年会費は、無料で利用できるものから十数万円かかるものまでさまざまです。

年会費が高いものは、その分付帯保険や特典などが充実しています。

また、家族カード・ETCカードなどの追加カードも発行可能です。

デビットカードは、多くは年会費無料で利用できます。ただし、一部年会費が必要なデビットカードもあります。

プリペイドカード・バーチャルカードも多くは年会費がかかりません。ただ、発行手数料などがかかる場合はあります。

利用限度額の違い

SMBCデビット

画像引用元:SMBCデビット|デビットカードなら三井住友VISAカード

続いて、利用限度額の違いについて見ていきましょう。

クレジットカードは、手元に現金がなくても利用限度額の範囲内なら利用できます。

デビットカードは口座残高の範囲内でのみ利用可能です。

利用上限額は1回・1日・1ヶ月ごとに決められており、自分で設定できる場合が多く1日50万円までと決まっているものもあれば数百万円まで設定できるものもあります。

プリペイドカード・バーチャルカードは、チャージ残高の上限や1日・1ヶ月のチャージ上限が決められていることが多く、利用上限額は低い傾向にあります。

実際に三井住友カードが発行するクレジットカード・デビットカード・プリペイドカード・バーチャルカードの利用限度額を比較してみましょう。

カードの種類利用上限額
三井住友カード10~80万円
SMBCデビット100万円/回・日・月
Visaプリペ残高上限30万円(チャージ30万円/日、100万円/月)
バーチャルカード10万円

クレジットカードの利用限度額は10~80万円となっています。

デビットカードは、初期設定ではショッピング1回あたり50万円、1日あたり50万円、1ヶ月あたり50万円です。

1万円単位で自由に設定でき、上限はショッピング1回100万円、1日100万円、1ヶ月100万円となっています。

ただし、上限を高く設定していても口座残高がなければ利用できない点には気を付けてくださいね。

プリペイドカードは、チャージ残高が利用限度額となります。

チャージ残高の上限は30万円と決められており、1日のチャージ上限は30万円、1ヶ月のチャージ上限は100万円です。

バーチャルカードの利用限度額は10万円となっています。なお、三井住友カードが発行するバーチャルカードはクレジットカードのように後払い式です。

審査不要キャッシュレスカードのメリット・デメリット

デビットカード・プリペイドカード・バーチャルカードには、それぞれ違ったメリット・デメリットがあります。

以下で詳しく解説します。

デビットカードのメリット・デメリット

デビットカード

画像引用元:楽天銀行デビットカード|楽天銀行

デビットカードの主なメリットは以下のとおりです。

デビットカードのメリット
  • 審査がない
  • 即時決済なので管理しやすい
  • 使い過ぎを防げる
  • チャージが不要
  • 年会費がかからない
  • 海外のATMで現地通貨が引き出せる
  • 不正利用に気付きやすい

デビットカードは決済をすると口座から即時に引き落とされる仕組みなので、基本的に審査が必要ありません。

支払いが後回しにならないため、現金と同じような感覚で使うことができ、お金の管理がしやすいのがメリットです。

クレジットカードは現金が手元になくても使えますが、デビットカードは口座残高の範囲内でしか使えないため、使い過ぎるのを防げます。

年会費は一部有料のものもありますが、多くは無料です。

また、デビットカードがあれば海外旅行の際にATMで現地通貨を引き出すことができます。

現金をたくさん持ち歩く必要がないため、盗難・紛失などのリスクを抑えられますね。

さらに、デビットカードを使用するとすぐに通知メールなどが届くため、クレジットカードよりも不正利用に気付きやすいのもメリットの1つです。

デビットカードのデメリット
  • ポイント還元率が低い傾向にある
  • 一部使えない店がある
  • 口座に残高がないと使えない

クレジットカードと比べて、ポイント還元率が低い傾向にあります。とはいえ、ポイント還元率が1%のものもあるので選ぶ際にはよく検討しましょう。

一部使えない店がある点もデメリットだと言えます。例えば、ガソリンスタンド・高速料金・機内販売・定期的な支払いなどにはデビットカードは使用できません。

また、ジェイデビットカードの場合、国際ブランドのデビットカードと比べて使えるお店が少ない点には注意をしましょう。

そのほか、口座残高の範囲内でしか使えないのは、手元に現金がないときに使用できないという意味ではデメリットとも言えます。

以上を踏まえると、デビットカードは以下のような人におすすめです。

  • 現金と同じような感覚で支払いたい人
  • チャージが面倒な人
  • クレジットカードが作れない人
  • 学生
2020年おすすめデビットカード|還元率で選ぶ最高の1枚を紹介

プリペイドカードのメリット・デメリット

プリペイドカード

画像引用元:プリペイドカードなら三井住友VISAカード

プリペイドカードの主なメリットは以下のとおりです。

プリペイドカードのメリット
  • 審査・年齢制限がない
  • 年会費がかからない
  • 使い過ぎを防げる
  • 安全性が高い

プリペイドカードは前払い方式なので審査がなく多くは年齢制限もないため、誰でも発行できるのがメリットです。学生でも利用できるのはうれしいですね。

年会費も基本的にはかからないため気軽に発行できます。一部発行手数料などがかかる場合があるため、よく確認してくださいね。

プリペイドカードは、あらかじめチャージした分が限度額となるため、クレジットカードと比べて使い過ぎを防げます。

使い過ぎを防げるのはもちろん、チャージした分しか使えないため安全性が高いです。

万が一不正利用されてしまったとしても損害はチャージした分だけなので、未成年でも比較的安心して保有できますね。

プリペイドカードのデメリット
  • 事前チャージが必要
  • 一部使えない店がある
  • ポイント還元が低い傾向にある
  • 上限が低い傾向にある

前払い方式なので、あらかじめチャージをしておく必要があります。チャージするのを忘れていれば支払いの際に使用することができません。

デビットカードと同様に、ガソリンスタンド・高速道路料金など、一部使えない店がある点にも注意をしましょう。

ポイント還元率は0.5%程度のものが多く、クレジットカードと比べて低い傾向にあります。

また、チャージ上限が低い傾向にあり、金額の大きいショッピングには向いていません。

以上を踏まえれば、次のような人にプリペイドカードはおすすめです。

  • 学生
  • 子供に持たせたい人
  • セキュリティ面を重視する人

バーチャルカードのメリット・デメリット

バーチャルカードの主なメリットは以下のとおりです。

バーチャルカードのメリット
  • 審査・年齢制限がない
  • すぐに発行できる
  • カードを持ち歩く必要がない
  • 年会費がかからない
  • 使い過ぎを防げる
  • セキュリティ面で安心

バーチャルカードも基本的に審査や年齢制限がなく、誰でも発行できます。

プラスチックカードの発行がなくアプリなどで数分で発行できるものもあり、すぐに必要なときに便利です。

プラスチックカードを持ち歩く必要がないため、財布にカードを増やしたくないという方もありがたいですね。

年会費も基本的には無料なので、気軽に発行できます。一部発行手数料などがかかる場合がある点には注意をしましょう。

後払い式も一部あるものの多くは事前にチャージしておく前払い式なので、使い過ぎるのを防げます。

また、上限が低めに設定されておりチャージした分しか使えないため、セキュリティ面も安心です。カード番号の変更などもすぐに行えるため、安心して使用できます。

バーチャルカードのデメリット
  • ネットでしか使えない
  • 上限が低い傾向にある
  • ポイントが貯まらないものもある

バーチャルカードはインターネット専用のカードなので、街の店舗で使うことができず、使えるお店が限られています。

インターネットでの支払いであっても、公共料金など一部の支払いには使用できない点にも注意が必要です。

利用上限額は低い傾向にあり、金額の大きいショッピングには向いていません。

また、ポイント還元率は低い傾向にあり、中にはポイントが貯まらないカードもあります。

バーチャルカードは、以下のような目的でカードを探している人にぴったりです。

  • インターネットショッピングに利用するカードが欲しい人
  • セキュリティ面を重視する人
バーチャルカードとは?作る前にメリットとデメリットを知る

家族カードも基本的には審査不要

クレジットカード

審査に通るか不安がある方は、家族が持っているクレジットカードの家族カードを発行するのも手です。

家族カードは、基本的には家族会員に対する審査は不要で発行できます。

保有する人に対して審査が行われるのではなく、本会員に対して審査が行われるからです。

本会員に安定した収入があり、カード会社の審査に通っているのであれば、家族カードも発行できます(一部家族カードがないクレジットカードもあります)。

家族カードを保有していれば、割安の年会費で本会員と同様のサービスを受けることができますよ。また、ポイントを家族でまとめられるため効率的に貯められます。

家族カードを発行するためには、申し込み条件を満たす必要がある点には注意してくださいね。

なお、家族カードは基本的に、本会員と生計を同一にする配偶者・親・子ども(高校生を除く18歳以上)が対象です。

審査不要のカードローンはある?

お金イメージ

すぐにお金が必要でカードローンを利用したい場合でも、審査不要で利用できるカードローンはありません

カードローンを利用する際は、必ず審査が行われます。

ただ、消費者金融会社が提供するカードローンには、即日で審査が行われ、スピーディーにお金が借りられるものもあります。

すぐにお金が必要な場合は、審査が早いカードローンを検討しましょう。

審査不要のキャッシュレスカードを活用しよう

審査不要のキャッシュレスカードについて、改めて確認しておきましょう。

審査不要のキャッシュレスカードとは
  • デビットカード・プリペイドカード・バーチャルカードがある
  • デビットカードは即時決済で管理しやすい
  • プリペイドカードは前払い式でチャージ分しか使えないため使い過ぎを防げる
  • バーチャルカードは前払い式が多く、インターネット専用

審査不要のキャッシュレスカードには、主にデビットカード・プリペイドカード・バーチャルカードがあります。

クレジットカードが後払いであるのに対し、デビットカードは即時払い、プリペイドカード・バーチャルカードは前払いです。

後払いではないため、審査が不要で利用できるんですね。

デビットカードは口座残高の範囲内、プリペイドカード・バーチャルカードはチャージの範囲内でしか使えないため、使い過ぎを防げて現金派の方にもおすすめです。

クレジットカードの入会審査に通るか不安のある人は、このようなキャッシュレスカードも検討してみてくださいね。

今がお得なクレジットカードはこれ!

JCB CARD W
年会費永年無料
還元率1%~
国際ブランドJCB
発行元JCBカード
発行スピード
家族カードあり
関連記事JCB CARD WとJCB CARD W Plus Lを比較|選ぶ違いは男女のみ?