セディナカードとApple Payの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

セディナカードは、三井住友銀行などを運営しているSMBCグループが発行しています。

この記事では、セディナカードをApple Payに登録・設定する方法と上手なポイントの貯め方について紹介していきます。

セディナカードのApple Payへの登録は非常に簡単で、たった数分あれば設定が完了し、「iD」や「QUICPay」のマークがあるお店で使えるようになります。

セディナカードは入会金・年会費が無料(初年度は無料で、次年度以降ショッピング年1回以上ご利用で無料)なことや、ETC・盗難保険等も完備されていることから、幅広い年代から支持されています。

セディナカードは、「ネットショッピングをよく利用する人」に非常にオススメです。

その理由は、セディナモールを経由してネットショッピングすれば、最大20倍のポイントを受け取ることができるからです。

※現在は最大21倍となっていますが、2020年2月にセディナモールがリニューアルし、セディナポイントUPモールとなったあとは最大20倍となるため、本記事では最大20倍と表記します。

また、日本全国にあるセブンイレブンで利用するだけで常時3倍もポイントがもらえます。セブンイレブンユーザーにもオススメです。

セディナカードの上手なポイントの貯め方
  • 「セディナモール」を経由してネットショッピングするとポイント最大20倍
  • セブンイレブンの利用でポイントが3倍
  • ETCの利用でポイント1.5倍
  • 海外でのショッピングでポイント1.5倍
  • 年間200万円以上の利用でポイント倍率が最大1.3倍に

アイキャッチ画像引用元:Apple Pay | クレジットカードを選ぶなら、セディナ(Cedyna)

Apple Payの設定方法

Apple Pay

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

まず、セディナカードのApple Payへの登録方法を紹介していきます。

  1. iPhone7以降の端末でWalletAppを開く
  2. 画面下部にある「続ける」ボタンをタッチ
  3. クレジット/プリペイドカードの追加を選択
  4. お手持ちのセディナカードを読み取る
  5. 読み取ったカードの情報確認、違っていれば修正する
  6. SMSや電話発信を用いてカード認証を行う
  7. 認証コードの入力

1iPhone7以降の端末でWalletAppを開く
Apple Pay設定画面1

お持ちのiPhoneから「Wallet App」を起動します。

起動後、右上に出てくる「+」マークをタップして次に進んでください。

2画面下部にある「続ける」ボタンをタッチ
Apple Pay設定画面2

画面右上にある「+」ボタンをタップするとこのような画面が出てきます。

案内に従って、「続ける」を押してください。

3クレジット/プリペイドカードの追加を選択
Apple Pay設定画面3

支払い用カードの欄から、「クレジット/プリペイドカード」を選択してください。

Suica等を登録する場合は、こちらから「交通系ICカード」を選択すれば登録できます。

4お手持ちのセディナカードを読み取る
ApplePay セディナカード

画像引用元:Apple Pay | クレジットカードを選ぶなら、セディナ(Cedyna)

画面を進めていくと自動的にカメラが起動します。

お持ちのセディナカードを用意し、カメラのフレームに合わせてください。自動で名前や有効期限などを認識します。

5読み取ったカードの情報確認と修正をする
Apple Pay 設定画面4

数秒〜数十秒でカメラの認証システムによる自動入力が完了します。

一部間違っている場合もありますので、よくご確認ください。間違えがあれば手動で訂正できます。

6SMSや電話発信を用いてカード認証を行う

カード読み取り後は、自分のカードであることを証明するためにカード認証を行う必要があります。

多くの場合は携帯のSMSを用いて行われます。

お使いのiPhoneに四桁のパスワードが記載されたメッセージが届きますので、それを入力すれば完了です。

およそ数分後にセディナカードをApple Payで使用できます。

登録後の使い方について

セディナカード 登録完了

画像引用元:Apple Pay | クレジットカードを選ぶなら、セディナ(Cedyna)

さてお手持ちのセディナカードをApple Payに無事に登録できたかと思います。次は、登録したカードの使い方について紹介していきます。

登録したカードはApple Pay、またはiDが利用可能なお店、日本全国40万以上のお店で使えます。

使用の際は、口頭で「Apple Payで支払います」、もしくは「iDで支払います」と伝えて、お店にある機械にiPhoneをタッチするだけで支払いが完了します。

面倒なサインなどの必要もなく、iPhoneがロック中や他のアプリを開いていてもすぐに利用することができますので、使いこなせれば非常に便利です。

Apple Pay利用の注意点

セディナカードをApple Payで使用する際の注意点が2つあります。

ここに注意!2つのポイント
  • 「QUIC Pay」のみの対応店舗では使用できない
  • 最初に登録したクレジットカードでの支払いになる

セディナカードはiDに対応しているため、「QUIC Pay」のみ対応している店舗では使用できません。

決済方法は同じくタッチするだけなので非常に似ていますが、規格自体がそもそも違うので注意が必要です。

また、ApplePayに複数枚クレジットカードを登録している人は、先頭に登録したクレジットカードがメインカードとして登録されます。

つまり、セディナカードを使うつもりで「ApplePay」での支払いをしたのに、他のカードでの引き落としになってしまった……

なんてことになりますので、先頭に登録したクレジットカードが何になっているのか、確認する必要があります。

複数枚ある人はWalletAppから予めセディナカードを選択し、決済すれば間違いはなくなります。

セディナカードの概要について

セディナカード

画像引用元:セディナカード | おトクなクレジットカード、ポイントがたまる、年会費無料! | セディナ[Cedyna]

SMBCが発行するセディナカードについて紹介していきます。

入会金や年会費が無料のカードのため、幅広い年齢層の人に支持されています。

また、セブンイレブンでの決済はいつでもポイント3倍など、様々な優待があるのも魅力の1つです。

セディナカードのオススメポイント

  • 入会金・年会費が無料
  • セブンイレブンでの買い物は常にポイント3倍
  • セディナモールでのネットショッピングでポイント最大20倍
  • 三井住友銀行キャッシュカードのATM手数料が無料
  • 各種保険が付帯している

以上の5つがセディナカードの特にオススメなポイントです。詳しく説明していきます。

入会金・年会費が無料

やはり嬉しいのが、この入会金・年会費が無料なところですよね。

クレジットカードを初めて作る方が最も気にされるのが、入会金と年会費ではないでしょうか。

クレジットカードを使う予定はないけど、何かあった時のために持っておきたい人に特にオススメなのがセディナカードです。

また、キティちゃんなどのデザインが入ったカードもあるため、若い女性にも人気です。

セブンイレブンでの買い物は常にポイント3倍

セディナカードセブンイレブン特典

画像引用元:セブン-イレブンのご利用でポイント3倍 | クレジットカードならセディナ[Cedyna]

全国に20,000店舗以上あるセブンイレブンでセディナカードを使うと、常にポイントが3倍という嬉しい特典があります。

日頃からコンビニを使われる方も多いのではないでしょうか。毎回の会計にセディナカードを使えば、みるみるポイントが貯まっていきますよ。

ネットショッピングでポイント最大20倍

セディナポイントモール

画像引用元:ポイントをもっとためる | クレジットカードならセディナ[Cedyna]

SMBCが運営するネットショッピングサイト「セディナモール」を介してネットショッピングをすると、ポイントが最大20倍になります。

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングの大手通販サイトをはじめ、JTBやカメラのキタムラ、コジマなど様々なショップがありますので、セディナユーザーは必見です。

1,000円の買い物で貰えるのは通常5ポイントですが、セディナモール経由だと最大100ポイントももらえるのです。

驚きのポイント還元率ですね。

三井住友銀行キャッシュカードのATM手数料が無料

SMBCグループが発行しているカードのため、三井住友銀行のキャッシュカード手数料が無料になるサービスもあります。

深夜や早朝、土日などに発生するATM手数料は意外とバカにできません。

三井住友銀行に口座を持っている方、これから作ろうと考えている方には嬉しい特典ですね。

各種保険が付帯している

セディナカードには2つの保険が付帯しています。

1つは、ショッピング保険(動産総合保険)です。

セディナカードで購入した商品が破損・盗難などがあった際に最大年間50万円まで保証してくれる保険です。

2つめは、カード紛失・盗難保険です。

カードの紛失の届け出をした60日前まで遡って、損害分を全額(または一部)返金してくれるサービスです。

保険の適用には条件等がありますので、よく確認してください。

このような保険がついていると、旅行などに持っていっても安心して使えますね。

Apple PayとGoogle Payの違い|特徴とメリット・デメリット