クレジットカードおすすめランキング

スマホ決済から考えるクレジットカード選び方とおすすめ度

スマホ決済

スマホ決済アプリのCMを見る機会もかなり増え、簡単に支払いができるスマホ決済アプリを重宝している人も増えてきているのではないでしょうか。

しかし、まだスマホ決済アプリがどのようなものかわからない、数が多すぎてどれを選べば良いのかわからないという人も多いと思います。

スマホ決済アプリとは
  • スマホで買い物ができるサービスが利用できるアプリ
  • スマホ1つで簡単に支払いができるので財布がいらない
  • わずか数秒で買い物ができるのでレジ会計もスムーズ
  • ポイント還元など現金支払いよりもお得になるケースが多い

そこで今回は、スマホ決済アプリがどのようなものなのか、そしてどのようなメリット・デメリットがあるのかについて解説します。

併せて、おすすめのスマホ決済アプリの特徴についてもそれぞれ解説していくので是非参考にしてください。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

スマホ決済アプリとは?

まず、スマホ決済アプリがどのようなものなのかについて解説していきます。

スマホ決済アプリとは、簡単に言うとスマホを機械にかざしたり、画面に表示されるバーコードやQRコードを読み取って買い物ができるキャッシュレスのサービスです。

スマホで支払いができる決済サービス

スマホ決済アプリとは、クレジットカードや現金を使わないで、スマホで支払いをすることができる決済サービスのことです。

  • スマホに搭載されているFelicaと呼ばれるICチップを認識して決済を行う
  • 画面に表示されるバーコードやQRコードをレジで読み込んで決済を行う

という2パターンが主流です。

スマホ決済アプリのメリット

スマホ決済アプリのメリットは下記の通りです。

  • 財布を持ち歩く必要がない
  • クレジットカードや財布の盗難・紛失を防げる
  • 支払いがスムーズにできるのでレジの混雑時にも安心
  • ポイントが貯まるのでお得に買い物ができる

ほとんどのスマホ決済アプリでは、使えば使うほどお得にポイントが貯まるポイントサービスを取り扱っています。

そのため、現金で買い物をするよりもポイントバックがあることから、スマホ決済アプリを利用した方がお得になります。

スマホ決済アプリのデメリット

デメリットは下記の通りです。

  • スマホ決済に対応していないお店では使えない
  • 自分の使っているスマホが対応している機種でない場合も使えない
  • 現金で支払うわけではないので金銭感覚が狂ってしまう可能性も

日本人の多くはキャッシュレスにまだまだ馴染みがありません。

そのため、現金を使っている感覚が薄く、思った以上に使いすぎてしまうということも有り得ます。

事前にチャージするタイプであれば良いのですが、クレジットカード連携や後払いタイプのスマホ決済アプリだと後から痛い目を見る可能性もあります。

しっかりとした金銭感覚を持って利用することが大切です。

スマホ決済アプリのメリット・デメリット
  • 財布を持ち歩く必要がないので盗難・紛失のリスクが軽減される
  • 支払いがスムーズに行えるのでレジが混雑している時も安心
  • ポイントが貯まるのでお得に買い物できる
  • スマホ決済に対応していないお店・スマホでは使えない
  • 現金を使っている感覚が薄いので金銭感覚が狂う可能性もある
Apple Payに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

次の章では、スマホ決済アプリのおすすめの選び方について解説します。

スマホ決済アプリのおすすめの選び方

スマホ決済アプリによって、対応している機種やOSのバージョン、支払い方法やチャージ方法が大きく異なります

そのため、自分の都合に合ったもの、自分の使っているスマホに合っているものを選ばなくてはいけません。

クレジットカードと相性の良いものを選ぶ

特定のクレジットカードと連携することでポイントアップしたり、クレジットカードのポイント還元率をそのまま反映してくれるものもあります。

自分の使っているクレジットカードと相性の良いスマホ決済アプリを選ぶことで、よりお得にポイントを貯めることができます。

バーコード・QRコード対応かICチップに対応しているかで選ぶ

スマホによってはおサイフケータイ・Apple PayのようなFelicaチップでの決済に対応していない場合もあります。

その場合は、バーコードやQRコードを表示して決済を行うアプリしか選ぶことができません。

自分の使っているスマホの機能を今一度確認しましょう。

ポイント還元率・キャンペーン内容が充実しているものを選ぶ

ポイント還元率はもちろん、期間限定でポイントプレゼントなどのキャンペーンをたくさん行っているスマホ決済アプリがおすすめです。

スマホ決済アプリを如何にお得に利用するかは、スマホ決済アプリのポイント還元率にかかっています。

チャージ方法で選ぶ

クレジットカードでのチャージに対応していたり、ATMやコンビニ等で気軽にチャージができるものなど、チャージ方法もスマホ決済によってさまざまです。

自分の都合に良いものを選びましょう。

この先スマホ決済アプリは利用していくべきなのか

スマホ決済アプリといっても、財布を持って現金支払いをしていることにさほど不便さを感じていない人がほとんどだと思います。

むしろ、お金をしっかり使っている感覚がないと不安だという人もいるでしょうし、進んでスマホ決済アプリを利用しなくても良いと考えている人も多いと思います。

しかし、今後日本でもキャッシュレス化が進むことを考えると、スマホ決済アプリを使い慣れておくに越したことはありません。

日本は世界的に見てもまだまだキャッシュレス化が遅れている

日本は、偽札のリスクが少ない&財布等の盗難や強盗が少ないという治安の良さから、これまでもキャッシュレス化は進んでいませんでした。

そのため、世界的に見てもまだまだキャッシュレス化の普及はそこまで広まっていない傾向にあります。

東京オリンピックを控えてキャッシュレス化が促進されている

2020年に開催される東京オリンピックに備えて、政府主導でキャッシュレス化は進んでいます。

ポイント還元など、キャッシュレスで買い物がお得になるようにシステムが作られつつあるので、現金支払いよりもキャッシュレス支払いの方がお得になっているのが現状です。

キャッシュレスの方がポイント還元率等お得になることが多くなると予想される

キャッシュレスで今現在でもポイント還元等お得な特典があるので、今後も普及の為に、よりお得になると予想されます

そのため、キャッシュレス化が進む前に、今からスマホ決済アプリ等のキャッシュレス決済を使い慣れておくことをおすすめします。

スマホ決済アプリのおすすめの選び方
  • クレジットカードと連携してポイント還元率アップなど、クレジットカードと相性の良いものを選ぶ
  • バーコード・QRコードに対応しているのか、またはICチップに対応しているかで選ぶ
  • ポイント還元率やキャンペーンが充実しているサービスを選ぶ
  • チャージ方法で選ぶ
  • 今後スマホ決済アプリのようなキャッシュレスサービスはどんどん普及されるので、今から慣れておくべき
おサイフケータイに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

次の章では、おすすめのスマホ決済アプリの特徴とおすすめ度について解説します。

おすすめのスマホ決済アプリの特徴とおすすめ度

今回は、スマホ決済アプリでも特にメジャーな4つのアプリについて紹介していきます。

それぞれ特徴もサービス内容も大きく異なるので、是非自分にぴったりなサービスを見つけてみてくださいね。

併せて、おすすめの電子マネーについても言及しているので、是非チェックしてください。

Apple Pay 
おすすめ度:

Apple Payの特徴は下記の通りです。

  • iPhoneで使うことができるICチップタイプのスマホ決済アプリ
  • iPhone 7以降で利用可能
  • ID・QUIC Pay・Suicaの3種類の電子マネーが使える
  • 各種クレジットカードの利用も可能
  • ポイント還元率はクレジットカードのポイント還元率が反映される
  • クレジットカードによってはApple Pay連携でポイント還元率がアップする可能性も
  • クレジットカードの情報はAppleにも保管されず利用した店舗に共有されることもないのでセキュリティ面も安心

Apple Payはクレジットカードのポイント還元率をそのまま反映してくれるので、高還元率のクレジットカードとセットで利用しましょう。

楽天ペイ 
おすすめ度:

楽天ペイ

画像引用元:「楽天ペイ-カード払いをアプリひとつで」をApp Storeで

楽天ペイの特徴は下記の通りです。

  • 楽天が取り扱っているスマホ決済アプリ
  • コード支払いが可能
  • チャージ式ではなく登録したクレジットカードを利用するというサービス
  • 事前にチャージをしたり、残高を気にする必要はない
  • 楽天カードと連携させるとポイント還元率が1.5%になるのでお得(その他のクレジットカードは0.5%)
  • 楽天カードに付随している楽天Edyは合計1.0%なので、楽天Edyよりもお得

楽天ペイは楽天カードや楽天サービスとの相性が抜群です。

普段から楽天サービスや楽天カードを愛用している人は是非利用してみてください。

アップルストア グーグルプレイ

LINE Pay 
おすすめ度:

LINE Pay

画像引用元:LINE Pay

LINE Payの特徴は下記の通りです。

  • LINEが取り扱っているスマホ決済アプリ
  • コード決済も可能
  • 事前にチャージをして利用するか、クレジットカード決済か選べる
  • 銀行口座、コンビニなどでのチャージが可能だがクレジットカードチャージは不可
  • LINE Payを使っているユーザー同士ならLINE Payを通じて個人送金が可能(手数料は無料)
  • ポイント還元率は利用状況に応じて0.5%から3.0%
  • LINEアプリからそのまま使えるので新たにアプリのインストールや登録の手間はほぼかからない

LINE Payは今使っているLINEアプリからも利用できますし、専用のLINE Payアプリも用意されています。

使ったら使った分だけポイント還元率も上がる、マイカラー制度があるので、普段使いに最適です。

アップルストア グーグルプレイ

おサイフケータイ 
おすすめ度:

おサイフケータイの特徴は下記の通りです。

  • Androidスマホで使える決済アプリ
  • 利用できる電子マネーはiD、QUIC Pay、Suica、WAON、nanaco、楽天Edy、スターバックス
  • ポイント還元率は利用する電子マネーによって異なる
  • クレジットカードの登録は不可
  • 個別に設定が必要となるため少々登録・設定が面倒

個別にそれぞれの電子マネーの設定が必要なので、少々使い勝手が悪い傾向にあります。

一括で設定ができるのGoogle Payというサービスもあるので、是非利用してみてはいかがでしょうか。

電子マネーならiDを使うのがおすすめ

スマホ決済アプリを見ていると、電子マネーが使えるものとクレジットカードがそのまま使えるものの2パターンになります。

クレジットカードの場合はポイント還元率を重視すれば良いですが、電子マネーならポイント還元率の他に使いやすさを重視するべきでしょう。

そこでおすすめなのが、クレジットカードと一体型になっていることが多いiDです。

iDの特徴は下記の通りです。

  • クレジットカードと一体型になっていることが多い
  • クレジットカードのポイント還元率がそのまま反映されるので高還元率のiDを利用するべき
  • 後払い・先払い・デビットの3種類から支払いを選べる
  • クレジットカードっぽく利用できる数少ない電子マネー
  • 利用できる店舗数も電子マネーの中ではトップクラス
  • 電子マネーに迷ったらiDをとりあえず使ってみると良い

スマホ決済アプリを使えば財布不要!スマホ1つでお出かけ

最後に、おすすめのスマホ決済アプリの特徴についてまとめてみます。

おすすめのスマホ決済アプリの特徴
  • クレジットカードのポイント還元率がそのまま反映されるApple Pay
  • 楽天カードとの連携でポイント還元率1.5%の楽天ペイ
  • LINE Payユーザー同士なら送金手数料無料のLINE Pay
  • Androidスマホで複数の電子マネーが使えるおサイフケータイ

スマホ決済アプリは、スマホをかざしたり画面を見せるだけで買い物ができる非常に便利なサービスです。

アプリによってポイント還元率やサービス内容が大きく異なるので、是非自分にぴったりなスマホ決済アプリを見つけてください。

これからさらにキャッシュレス化は進んでいきますし、消費税の増税を考えても、ポイント還元がつくスマホ決済アプリはかなりお得です。

そのため、今からスマホ決済アプリを使い慣れておくようにすることをおすすめします。

三井住友カードとおサイフケータイの登録設定方法と上手なポイントの貯め方