オリコカード5種類を比較
  • 2021年8月23日
  • 2024年4月23日
当サイトには広告が含まれます

オリコポイントが貯まるオリコカード5種類を比較|おすすめはどれ?

信販系のクレジットカードとして知名度の高いオリコカードは、基本還元率1.0%のカードを幅広くラインナップしています。

さらに年会費無料のカードも多く、ゴールドやプラチナカードも比較的年会費が安いため、コストを抑えたい方にぴったりです。

オリコカードは2021年8月現在29種類ありますが、オリコポイントが貯まるのは「Orico Card THE POINT」シリーズのみです。

この記事では「Orico Card THE POINT」シリーズを比較し、ランキング形式で紹介しています。

※本記事の価格は全て税込みです。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)
年会費 永年無料 追加カード ETCカード/家族カード
還元率 1.00%~ ポイント オリコポイント
マイル ANA/JAL 付帯保険 -
電子マネー iD/QUICPay スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
年会費無料なのにポイント高還元!かっこいい券面で人気矢印詳細を見る

オリコカードの特徴

ランキングの前に、まずはオリコカードの特徴を見ていきましょう。

オリコカードの特徴
  • 非接触決済に強い
  • ネットショッピングに強い(オリコモールの利用で還元率がアップ)
  • 貯まるポイントは「オリコポイント」または「暮らスマイル」

非接触決済に強い

オリコカードの非接触決済

オリコカードは電子マネーのiD・QUICPayを両搭載しているカードが多く、店頭の端末にカードをかざすだけで簡単に支払いが完了します。

カードによってはMastercard®タッチ決済やVisaのタッチ決済も搭載しています。

国際規格の非接触決済のため、国内に限らず海外の幅広い店舗で使えるのが特徴です。

もちろんApple Payにも対応しています。iPhone 7以降またはApple Watch Series 2以降の端末に登録すれば利用できます。

あらゆる場所でカード1枚・スマホ1台でスピーディーに支払えるので、オリコカードがあればお買い物時間を短縮できます。

オリコモールの利用で還元率がアップ

オリコモール

オリコカード会員制用サイト「オリコモール」を経由してネットショッピングをすると、オリコポイントが加算されます。

還元率は通販サイトごとに異なりますが、最低でも0.5%が上乗せされ、基本還元率1.0%のカードなら合計1.5%以上の還元を得られます。

オリコモールにはAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングといった大手ECサイトをはじめ、幅広いジャンルのサイトが600以上掲載されています。

中には5%以上の還元率を獲得できるサイトもあるため、直接サイトにアクセスしたり、店舗で購入したりするよりも断然お得です。

「オリコポイント」または「暮らスマイル」が貯まる

今回タイトルで「オリコポイントが貯まる」と表記していますが、オリコカードには「暮らスマイル」というポイントもあります。

どちらのポイントが貯まるかはカードの種類によって異なります。

その他の主な違いをまとめました。

項目オリコポイント暮らスマイル
ポイントの貯まり方100円につき1ポイント1,000円につき1ポイント
1ポイントの価値=1円
(マイルは0.5~0.6)
=5円
貯まるシーン・Orico Card THE POINTシリーズでのショッピング
・オリコモール利用
・暮らスマイルからの移行
・キャンペーンへの参加
・その他のカードでのショッピング
ポイントの交換先他社ポイントやギフト券100種類以上の商品
利用最低ポイント500ポイント200ポイント

暮らスマイル

オリコカードの暮らスマイル

暮らスマイルは、スタンダードカードの「オリコカード」や「The Gold」などで貯められるポイントです。

1,000円につき1スマイル貯まるので、少額の買い物ばかりではなかなか貯まりにくいかもしれません。

家電や食品など100種類以上のアイテムから交換先を選べます。

また、暮らスマイルは1スマイル=5オリコポイントのレートで交換できます。

交換したい商品がない場合は、オリコポイントに交換することで使い道の幅が広がります。

暮らスマイルはステージアップ制度があり、年間のカードショッピング利用額次第で、翌年の還元率が最大2倍にアップします。

オリコポイント

オリコポイント還元率

オリコポイントは「Orico Card THE POINT」シリーズで貯められるポイントで、100円につき1ポイント貯まります。

少額のお買い物でもポイントが付与されるので、取りこぼしがありません。

1ポイントは1円に値するため基本還元率は1.0%。所定のサービスで還元率が特別加算される場合もオリコポイントが進呈されます。

オリコポイントはAmazonギフト券などのオンラインギフト券や他社ポイント、JALマイル・ANAマイルなどへ交換可能です。

他社ポイントは、電子マネーWAON POINT・楽天ポイント・Pontaポイントなど幅広い交換先が用意されているので、ポイントの使い道に困ることはないでしょう。

この記事では、オリコポイントを貯められるおすすめのオリコカードをランキング形式で紹介していきます。

多くの方にとっての作りやすさ・使いやすさを基準にランキングを作成しました。

1位:Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーiD、QUICPay
国際ブランドMastercard、JCB
発行会社株式会社オリエントコーポレーション
発行期間最短8営業日(オンライン申込)

オリコカードの中でも人気の高いOrico Card THE POINTは、コストを抑えながらポイ活を楽しめるカードです。

Orico Card THE POINTの特徴
  • 年会費が永年無料なうえに基本還元率1.0%
  • オリコモールの利用で0.5%の特別加算
  • 入会後6ヵ月間は還元率が2.0%にアップ
  • 旅行傷害保険・ショッピング保険は無し

Orico Card THE POINT最大の魅力は、年会費がずっと無料にも関わらず常に1.0%の高還元を得られるところです。

さらに入会後6ヶ月間は還元率が2倍の2.0%になります。

オリコモールを経由してお買い物すれば、基本還元率1.0%や、通販サイトごとの還元率(0.5%~)とは別に、0.5%の特別加算を得られます。

つまり、オリコモールを利用すると、最低でも2.0%ものオリコポイントが貯まっていきます。

海外・国内旅行傷害保険やショッピング保険はないものの、紛失・盗難保障は付帯されているので日常の買い物は安心して使えます。

2位:Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
還元率ポイント1.0~2.5%
マイル0.5~1.25%
年会費初年度1,986円
2年目以降
家族カード無料
旅行保険海外最高2,000万円(自動付帯)
国内最高1,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーiD、QUICPay
国際ブランドMastercard、JCB
発行会社株式会社オリエントコーポレーション
発行期間最短8営業日

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは、ゴールドカードをなるべく低コストで持ちたい方にうってつけの一枚です。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの特徴
  • ゴールドカードにも関わらず年会費が安い
  • オリコモール・iD,QUICPay・リボ払いの利用で特別加算
  • 入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%にアップ
  • 最高2,000万円の旅行傷害保険を付帯
  • 空港ラウンジサービスは付いていない

年会費1,986円というかなり低いコストで持てるゴールドカードです。

基本還元率は年会費無料のOrico Card THE POINTと同じく1.0%ですが、特別加算特典が3つあります。

  • オリコモールの利用:+1.0%
  • 電子マネーiD・QUICPayの利用:+0.5%
  • ショッピングリボ払いの利用:+0.5%

上記が、基本還元率に上乗せされます。

オリコモールの特別加算はOrico Card THE POINTの2倍です。

基本還元率とサイトごとの還元率(0.5%~)を合わせると、オリコモールでは2.5%以上の還元率でポイントを獲得できます。

また、本会員と家族会員に海外・国内の旅行傷害保険を付帯しているのも特徴です。

海外は最高2,000万円、国内は最高1,000万円の補償が得られます。

ただし、ゴールドカードによく付帯されている空港ラウンジの無料利用サービスはついていません。

3位:Orico Card THE GOLD PRIME

Orico Card THE GOLD PRIME

Orico Card THE GOLD PRIME
還元率ポイント1.0%~2.5%
マイルANA:0.6%~
JAL:0.5%~
年会費初年度無料 ※Web申込の場合
2年目以降11,000円
家族カード無料(最大3枚)
旅行保険海外最高5,000万円(自動付帯)
国内最高1,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーiD、QUICPay
国際ブランドMastercard
発行会社株式会社オリエントコーポレーション
発行期間最短8営業日

還元率の高さに加えて、付帯サービスも充実させたい方はOrico Card THE GOLD PRIMEがおすすめです。

Orico Card THE GOLD PRIMEの特徴
  • Web申込で初年度の年会費が無料
  • オリコモール・iD,QUICPay・リボ払いの利用で特別加算
  • 海外・国内旅行傷害保険は家族特約付き
  • 空港ラウンジ・Wi-Fiスポット利用などの旅行関連特典
  • iD・QUICPayに加えてMastercard®タッチ決済を搭載

Orico Card THE GOLD PRIMEは年会費が11,000円かかりますが、初回申込に限り初年度は無料で持てます。

ポイント還元の特別加算はOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDと同様です。

  • オリコモールの利用:+1.0%
  • 電子マネーiD・QUICPayの利用:+0.5%
  • ショッピングリボ払いの利用:+0.5%

海外・国内の旅行傷害保険には家族特約がついており、本会員・家族会員に限らず生計を共にしている親族も補償を受けられます。

子どもなど、年齢等を理由にカードが作れない家族を連れて旅行に出かけたい方は重宝するでしょう。

また、空港ラウンジサービスは国内主要空港はもちろん、ハワイ・韓国のラウンジも無料で使え、同伴者は1名まで無料です。

さらにWi-Fiサービス「Boingo(ボインゴ)」を付帯しており、国内外の100万ヶ所以上のWi-Fiスポットを、デバイス4台まで無料で使えます。

iD・QUICPayはもちろんMastercard®タッチ決済を搭載しているので、海外ショッピングがお好きな方にぴったりです。

4位:Orico Card THE PLATINUM

OricoCardTHEPLATINUM

Orico Card THE PLATINUM
還元率ポイント1.0%~2.5%
マイル0.5%〜1.5%
年会費初年度20,370円
2年目以降
家族カード無料(3枚まで)
旅行保険海外最高1億円
(自動付帯5,000万円 + 利用付帯5,000万円)
国内最高1億円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーiD、QUICPay
国際ブランドMastercard
発行会社株式会社オリエントコーポレーション
発行期間2~3週間程度

Orico Card THE PLATINUMは、オリコカードの中で最も高還元を得られる上級ステータスカードです。

Orico Card THE PLATINUMの特徴
  • ポイントの特別加算は5つ
  • 365日対応のコンシェルジュサービスを付帯
  • 世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用可能
  • 最高1億円・家族特約付きの旅行傷害保険
  • iD・QUICPayに加えてMastercard®タッチ決済を搭載

Orico Card THE PLATINUMは5種類の特別加算があります。

Orico Card THE GOLD PRIMEの3種類に加え、海外と誕生月の利用でポイントがアップします。

  • オリコモールの利用:+1.0%
  • 電子マネーiD・QUICPayの利用:+0.5%
  • ショッピングリボ払いの利用:+0.5%
  • 海外での利用:+0.5%
  • 毎年の誕生日月:+1.0%

Orico Card THE GOLD PRIME同様、Wi-Fiサービス・旅行傷害保険の家族特約・Mastercard®タッチ決済は共通です。

他にOrico Card THE PLATINUMならではの利点として挙げられるのがコンシェルジュサービスです。

コンシェルジュサービスは、家の鍵を紛失・配管の水もれ・海外旅行時のトラブル・レストランの予約など、緊急時のサポートや日常の悩みを解決するのに役立ちます。

旅行傷害保険は海外・国内どちらも最高1億円の高い補償が用意されており、空港ラウンジは国内に限らず世界1,000ヶ所以上で利用可能です。

5位:Orico Card THE POINT UPty

Orico Card THE POINT UPty

Orico Card THE POINT UPty
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーiD、QUICPay
国際ブランドMastercard
発行会社株式会社オリエントコーポレーション
発行期間最短8営業日

Orico Card THE POINT UPtyはリボ払い専用のカードで、カード利用金額の支払い方法が自動的にリボ払いになります。

リボ払いを正しく理解し、しっかりと支出管理できる方にはおすすめです。

Orico Card THE POINT UPtyの特徴
  • リボ払い専用カード
  • Mastercard優待特典を付帯
  • 年会費が永年無料なうえに基本還元率1.0%
  • オリコモールの利用で0.5%の特別加算
  • 入会後6ヶ月間は還元率が2.0%にアップ

リボ払い専用でMastercard優待特典を付帯しているという特徴以外は、Orico Card THE POINTの内容とほとんど同じです。

Orico Card THE POINT UPtyは年会費が無料ながらゴールドランク以上に付帯するMastercard優待特典が付いています。

高級レストランを優待価格で利用・国際線の手荷物無料宅配・Wi-Fiレンタル優待サービスなどを受けられます。

破格のカードですが、一方リボ払いには高い手数料がかかります。

毎月の返済額を限度額と同額にしておけば一括払いのように使うこともできます。

Orico Card THE POINTシリーズの共通点と違いまとめ

5種類のオリコカードを紹介しましたが、最後に共通点と違いをまとめます。

Orico Card THE POINTシリーズの共通点
  • ショッピングでオリコポイントが貯まる
  • iD・QUICPayを両搭載している
  • 基本還元率が1.0%
  • 特定の条件下でポイントの特別加算がある

違いは以下の通りです。

カード名年会費入会後6ヶ月オリコモールの特別加算その他の特別加算Mastercard優待
THE POINT永年無料+1.0%+0.5%なしなし
THE POINT PREMIUM GOLD1,986円+1.0%+1.0%電子マネー・リボ払いで+0.5%
THE GOLD PRIME11,000円-
THE PLATINUM20,370円-上記に加え
・誕生月+1.0%
・海外で0.5%
THE POINT UPty永年無料+1.0%+0.5%なし

自分に最適なオリコカードをゲットしよう

オリコポイントが貯まるおすすめのオリコカードを紹介しました。

カードごとの要点をもう一度チェックしましょう。

オリコポイントが貯まるおすすめのオリコカード
  • 1位:Orico Card THE POINT
    年会費が永年無料で基本還元率1.0%と高還元
  • 2位:Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
    ゴールドカードながら年会費1,986円と低コスト
  • 3位:Orico Card THE GOLD PRIME
    Web申込は初年度の年会費無料・旅行保険に家族特約つき
  • 4位:Orico Card THE PLATINUM
    誕生日月は2.0%還元・コンシェルジュサービス付帯
  • 5位:Orico Card THE POINT UPty
    基本還元率1.0%のリボ払い専用カード

今回紹介したオリコカードは、どれも基本還元率が1.0%の高還元カードのため、どこでお買い物をしてもお得にポイントを貯められます。

海外旅行保険や空港ラウンジサービスなど、自分に必要な付帯サービスを見極めてカードを選び、特典をフル活用していきましょう。