消費者金融とは|銀行カードローンとどう違う?わかりやすく解説!

  • 2020年12月5日
  • 2021年1月15日
消費者金融とは

一般的に消費者金融とは、どのような業種を指すかご存じでしょうか。

今では少ないものの、消費者金融は通称「サラ金」と呼ばれていることもあり、違法に高い金利を押し付ける「闇金」と勘違いする方や、マイナスイメージを持っている方もいるようです。

カードローンを申し込もうと考えている方の中には、「消費者金融と銀行カードローンがどう違うのかわからない」という疑問もあるでしょう。

本編では消費者金融について解説するとともに、銀行など他の種類のカードローンとの違いについて説明します。

消費者金融とは
  • 消費者金融とは個人にお金を融資する事業者
  • 消費者金融は銀行カードローンより融資のスピードが早い
  • 消費者金融と「サラ金」は同じ業態を指す
  • 消費者金融と「闇金」の違いは違法かそうでないか

消費者金融とは個人にお金を融資する事業者

貯金箱

消費者金融とは、個人にお金を融資する事業者のことを言います。

給料日までお財布がピンチ!といった、すぐにお金が必要な時でも消費者金融なら最短即日で融資をしてくれるという強みがあります。

もちろん融資を受けた側は借金が残るので、しっかりと返済の目途をつけなければなりません。

消費者金融事業者は、テレビCMでも見るような大手企業から、地域で展開するような中小規模の企業、外資系などさまざまです。

消費者金融は基本的に専業であり、融資した際の金利を主な収益源としています。これは、裏を返せば金利の収益メインで企業経営が成り立っているということです。

そうした背景から銀行の金利と比べて割高となっているので、借りるときには十分にご注意ください。

消費者金融と銀行カードローンの違い

確認する男性

消費者金融がどのような事業者か理解できたとしても、銀行カードローンとの違いがわからない方も多いでしょう。

消費者金融と銀行カードローンの違いは、融資をしてくれる会社の業態の違いとなります。

消費者金融はお金を融資することが主な事業となる業態のことを言いますが、銀行カードローンは文字通り「銀行」が提供するサービスです

銀行は融資だけじゃなく「預入」なども行っているので、そこが消費者金融事業者との違いとなります。

両者の主な違いを一般的な傾向としてまとめると次の通りです。

ただし、傾向を比較したもののため、すべての銀行や消費者金融に当てはまるものではありません。

項目銀行消費者金融
金利低い高い
融資可能額多い少ない
審査難易度難しい比較的易しい
審査期間長い
(1、2週間〜1ヶ月ほど)
短い
(数日〜1週間ほど)
総量規制無し
(借入残高合計が年収の3分の1を超える融資も可)
有り
(既存の借入残高と合わせて年収の3分の1を超える融資は不可。)

消費者金融が銀行カードローンと比べて優れている点は、融資のスピードが早い点です。

銀行は申し込みから借り入れまでに数日かかることがありますが、消費者金融であれば即日融資も可能です。

また、総量規制の対象の有無にも違いがあります。総量規制とは、年収の3分の1までしか融資を受けられないという規制のことです。

消費者金融では総量規制が適用されるので、年収の3分の1を超える融資はできません

一方で、銀行や信用金庫は総量規制の対象外となります。そのため、銀行カードローンは消費者金融より融資可能額は大きくなります。

しかし、実際は銀行のローンも審査の際に総量規制と同様の条件を設けている場合が多いです。

現在複数社から既に借り入れをしており、年収の3分の1を超えそうな場合は審査に通りづらい可能性があります。

なお、消費者金融は銀行の金利と比べて割高となっています。借りるときには十分にご注意くださいね。

消費者金融と「サラ金」「闇金」はどう違う?

ビジネススーツ 

「消費者金融って聞くと、サラ金とか闇金を思い浮かべて怖いんだけど…」

巷には消費者金融にこのようなイメージを持っている人もいるようです。

悪いイメージが付きまとっている「サラ金」と「闇金」ですが、これらの言葉の意味はご存じでしょうか。

以下で、消費者金融とサラ金・闇金の関係を詳しく解説します。

消費者金融と「サラ金」は同じ業態を指す

消費者金融と「サラ金」は同じ業態を指します。

したがって、サラ金は先述した通りお金を融資する事業者という意味です。

なぜ消費者金融がサラ金と呼ばれているのかというと、過去、消費者金融が融資をする顧客の大半がサラリーマンだったからです。

サラリーマンに融資する金融業者を、略してサラ金と呼んでいた名残が残っているのですね。

ちなみに世間でサラ金に悪いイメージが付きまとっているのは、何も「闇金」と語感が似ているからではありません。

1970年代の消費者金融は、大手であっても荒い取り立て方法を使ったり、過度に高い金利をつけたりしていたからです。

国の問題提起により法改正が行われ、今ではあまりに高い金利や過剰な取り立てが行われることはなくなったので、現在の消費者金融は安心して利用できます

消費者金融と「闇金」の違いは違法かそうでないか

消費者金融と「闇金」の違いは違法かそうでないかです。

法改正により高金利・過剰な取り立ては違法となりましたが、こういったものがいまだ恒常的に行われている融資業者を闇金といいます。

では、街にある金融屋さんが闇金じゃないことをどう判断すればいいのでしょうか。

消費者金融と闇金の見分け方は「金利」です。

法律では年20.0%が金利の上限となっているので、それを超える金利を提示された場合は闇金である可能性が高いと考えられます。

闇金からお金を借りてしまったら、金利で返済額がどんどん膨れ上がり首が回らなくなり、違法な取り立て行為により夜も眠れない生活になってしまうことも考えられるでしょう。

名の知れない金融業者から借りるときは「闇金かそうでないか」をしっかりと見極めるようにして、闇金であれば絶対に利用することのないようにしましょう

消費者金融を賢く利用する方法

若い女性

ここまで消費者金融は個人に対してお金を融資してくれることや、スピード融資が可能なこと、闇金と違って安心なことをご紹介してきました。

しかし金利をつけて借りるということは、借りた以上のお金を返さなければならないということです。

「ご利用は計画的に」とよくCMでも言われているように、消費者金融は賢く利用しなければなりません。

消費者金融を賢く利用する方法
  • お金を融資してもらう目的をしっかりと決める
  • 返済のスケジュールを立ててから借りる
  • 消費者金融のキャンペーンなどを利用して低い金利で借りる

以下で、詳しく解説していきます。

お金を融資してもらう目的をしっかりと決める

「消費者金融からお金を借りよう!」と思っている人は、いったん立ち止まって考えてみてください。

あなたがお金を借りる目的はいったい何なのでしょうか。

「流行りの服が欲しい」「友達と旅行に行きたい」などの理由でお金を借りることはおすすめしません。

もし欲しいものが今すぐ必要というのではないのなら、しっかりと貯金してから買いましょう。

金利をつけて借りてから買うということは、通常より割高の金額で買ってしまうことになり、結果的に損してしまうからです。

まず「どうして今すぐお金が必要なのか」をしっかりと考える。それから、消費者金融を利用しましょう。

返済のスケジュールを立ててから借りる

消費者金融を利用する前に、返済のスケジュールは立っているかを考えてください

「〇日に〇円の収入が見込めるので、金利を含めて〇日には借金を返せる」という点をしっかりとチェックしておきましょう。

「何とかなるだろう」と気軽に消費者金融をしたばかりに、金利で借金が膨れ上がって返せなくなったということになりかねません。

特に「使いすぎたクレジットカードの返済ができなくなったからお金を借りる」となったら本末転倒です。

次はそのクレジットカード返済のためのお金を返せなくなってしまいます。

そうして他の消費者金融を利用していくうちに、最終的に首が回らなくなって自己破産してしまった人もいるようです。

消費者金融のキャンペーンなどを利用して低い金利で借りる

消費者金融では金利がお得になるキャンペーンを開催しているので、それを利用するのも手です。

例えば大手消費者金融のアコムでは、初めての利用なら30日間利息はかかりません。

利息ゼロということは、10万円を借りたらそっくりそのまま10万円を返済すればいいということなので、損することなくお金を借りられますよ。

お財布がピンチの時に、是非とも活用したいキャンペーンですね。

安心で使いやすい消費者金融おすすめ5選

最後に消費者金融のおすすめを5つご紹介します。

安心で使いやすい事業者を選びましたので、是非ともチェックしてみてくください。

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビット
金利3.0%~18.0%
審査時間最短30分
融資スピード即日
借入限度額800万円
無利息期間なし
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入
専業主婦の借入不可
営業時間店頭窓口なし
WEB24時間
電話9:00〜21:00
0120-03-5000
自動契約機9:00〜18:00
※設置場所によって異なる

SMBCモビットは三井住友銀行系列で、安心感のある消費者金融機関です。

SMBCモビットには、WEB完結サービスを利用できるという特徴があります。

対象の銀行口座があることや本人確認書類・収入証明書類・勤め先確認書類などの提出などの条件を満たせば、申し込みから利用まで、すべてインターネット上で解決できます。

WEB完結による申し込みの場合は、自宅や会社への在籍確認の電話連絡や郵送物もないため、周囲にバレたくない人にもおすすめです。

また、返済額のうちの利息分200円につき、Tポイントが1ポイント貯まるというお得な制度もあります。

プロミス

プロミス

プロミス
金利4.5~17.8%
審査時間最短30分
融資スピード即日
借入限度額500万円
無利息期間30日間(初回借入日以降)
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入可能(20歳以上でパート、アルバイトによる安定した収入がある場合)
専業主婦の借入不可
営業時間店頭窓口10:00〜18:00
平日のみ
WEB24時間
電話プロミスコール・レディースコールともに9:00〜21:00
土日祝営業
0120-24-0365
自動契約機9:00〜21:00(*契約機により営業時間が異なります。)
土日祝営業

プロミスもSMBCモビットと同じく、三井住友銀行系列の消費者金融機関です。

プロミスならではの利点として、50万円以下の場合収入証明書類が不要です。

さらにレディースキャッシングという、女性オペレーターが相談を受けてくれるサービスもあるので、女性でも安心して融資を受けられますね。

また、プロミスの利用が初めての方でメールアドレス登録とWeb明細を利用すれば、30日間無利息キャンペーンを利用できますよ。

プロミスの詳細を見る

アコム

アコム

アコム
金利3.0%~18.0%
審査時間最短30分
融資スピード即日
借入限度額800万円
無利息期間契約日の翌日から30日間
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入可能(20歳以上でアルバイトなどをしており、安定した収入があることが条件)
専業主婦の借入不可
営業時間店頭窓口平日9:30~18:00
WEB24時間
電話24時間365日
0120-629-215
自動契約機9:00~21:00(年末年始を除き無休)

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融機関です。

「はじめてのアコム」というキャッチコピーでおなじみですね。

初めての利用なら30日間無利息、審査がスピーディーで即日借り入れも可能です。急ぎでお金が必要な方にもおすすめですね。

アコムは今回紹介する中では、唯一カード発行が必要な消費者金融ですが、カード発行は「自宅への郵送」と「自動契約機での発行」のどちらかを選べるようになっています。

自動契約機での発行を選べば、郵送物が自宅に届くので家族にバレる心配もありません。

アコムの詳細を見る

レイクALSA

レイク

レイクALSA
金利4.5%~18.0%
審査時間最短15秒
融資スピード即日
借入限度額500万円
無利息期間Web申込みで60日間利息なし
初めての利用で180日間利息なし
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入可能
(20歳以上でパート、アルバイトによる安定した収入がある場合)
専業主婦の借入不可
営業時間店頭窓口なし
WEB24時間
電話9:00~21:00
※日曜日のみ19時まで
0120-09-09-09
自動契約機9:00~22:00
※日曜日のみ19時まで

レイクALSAは新生銀行グループの消費者金融機関です。

レイクALSAには、初めて契約する方限定で、用途に合わせて以下の2つから選ぶことが可能です。

  • 借入額全額:60日間利息0円
  • 借入額のうち5万円まで:180日間利息0円

今回紹介する中では、無利息キャンペーン期間が最大60日と最も長く、返済期間に余裕を持った融資が受けられます。

なお、60日間利息0円はインターネット契約の場合のみなので、申し込みの際は気を付けてくださいね。

アイフル

アイフル

アイフル
金利3.0%~18.0%
審査時間最短30分
融資スピード即日
借入限度額800万円
無利息期間初めての人は最大30日間
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入可能(20歳以上でパート、アルバイトによる安定した収入がある場合)
専業主婦の借入不可
営業時間店頭窓口10:00~18:00
※契約ルームは9:00~21:00
※各店舗の営業時間を要確認
WEB24時間
電話平日9:00~18:00
0120-201-810
自動契約機8:00~22:00
※設置場所により異なる可能性あり

アイフルは「愛がいちばん。」というキャッチコピーで有名な大手消費者金融機関です。

24時間365日いつでもWEBお申込みが可能で、審査は最短30分。

カード受取方法を「カードレス」を選択し、口座振替登録をすれば郵送物は一切ありません。

またチャットで専属オペレーターに24時間質問可能であることから、便利で安心な消費者金融と言えるでしょう。

アイフルも無利息キャンペーン期間が30日あるので、期間内に返済の目途が立っている方はぜひ利用してみてください。

アイフルの詳細を見る

危険はない!安心して賢く消費者金融を使おう

消費者金融は、個人にお金を融資してくれる事業者のことです。

消費者金融を銀行カードローンと比べると、融資のスピードが早いといったメリットがあります。

「サラ金」は消費者金融と同じ意味で安全安心な事業者を指しますが、「闇金」は違法業者なので使ってはいけません。

最後に、消費者金融を賢く利用する方法をおさらいしておきましょう。

消費者金融を賢く利用するには
  • お金を融資してもらう目的をしっかりと決める
  • 返済のスケジュールを立ててから借りる
  • 消費者金融のキャンペーンなどを利用して低い金利で借りる

消費者金融は何かと怖いイメージが付きまといますが、計画的に使えば安全で安心な事業者です。

上記の「賢く利用する方法」をしっかりとチェックして、借金地獄に陥ることの内容に消費者金融を利用しましょう。