コンビニポイントカードはどれがお得?利用範囲と還元率からおすすめを紹介

セブンイレブンで使える電子マネー「nanaco」、 ファミリーマートをはじめとする様々なお店で使える「Tポイント」、ローソンなら「Pontaポイント」。還元率が高いのはどのコンビニのどのポイントなのか、おすすめのポイントカードを紹介します。
  • 2021年1月14日
  • 2021年1月15日
コンビニポイントカードはどれがお得

コンビニの利用でさまざまなポイントが貯められるようになりましたね。

毎日のちょっとした買い物でポイントが貯められるのは嬉しいですが、どのポイントを貯めるべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、コンビニで使える主なポイントカードについてまとめました。

使えるコンビニと還元率、お得な使い方も解説するので参考にしてください。

コンビニで使えるおすすめのポイントカード
  • ローソンならdポイントカードかPontaポイントカードで16:00以降の利用がおすすめ
  • セブンイレブンならnanacoカード
  • ファミリーマートはdポイントカード・Tポイントカード・楽天ポイントカードどれでも貯められる

※本記事の価格は全て税込みです。

コンビニで使える主なポイントカード

コンビニで使える主なポイントカードは以下のとおりです。

ポイントカード名ポイント還元率使える主なコンビニ
dポイントカード0.5~1.0%ローソン、ファミリーマート、ポプラ
Tポイントカード0.5%ファミリーマート
Pontaカード0.5~1.0%ローソン
nanacoポイントカード0.5%セブンイレブン
楽天ポイントカード0.5~1.0%ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ

それぞれのポイントカードの特徴、使えるコンビニと還元率、コンビニでのお得な使い方について詳しくみていきましょう。

コンビニでお得に使えるポイントカードの選び方

コンビニで使えるポイントカードを選ぶ際は、以下の点に着目しましょう。

  • 還元率で選ぶ
  • よく利用するコンビニで選ぶ
  • 電子マネーとの相性で選ぶ

あくまでも自分のライフスタイルに合ったポイントカードを選ぶことが大切です。それぞれのポイントカードを比較して、よく検討してくださいね。

還元率で選ぶ

お得に利用するなら、還元率の高さは必ずチェックしましょう。

コンビニでのポイント還元率は0.5%が一般的ですが、dポイントとPontaポイントはローソンなら1.0%還元です。

ただし、16:00以降の利用に限るので注意してください。ポプラグループはdポイントと楽天ポイントが1.0%も還元されます。

よく利用するコンビニで選ぶ

コンビニ

よく利用するコンビニが決まっているなら、そのコンビニで使いやすいポイントカードを選びましょう。

利用頻度が多いコンビニなら、キャンペーンなどをうまく利用することでポイントの大量ゲットも可能ですよ。

電子マネーとの相性で選ぶ

コンビニは各種電子マネーに対応しているので、電子マネーとポイントカードを組み合わせればポイントの二重取りも可能です。

例えば、ローソンでdポイントカードを提示したうえでd払いすれば、dポイントをダブルで貯められます。

貯まったdポイントをd払いで使えば、ポイントをムダにする心配もありませんね。

そのため、いつも利用している電子マネーとの相性でポイントカードを選ぶのも1つの方法です。

次章からおすすめのポイントカードを1枚1枚解説していきます。

電子マネーとクレジットカードの最強の組み合わせ7選【2021年】

dポイントカード

dポイントカード

dポイントカード
入会費・年会費無料
ポイント還元率0.5%~
ポイント有効期限通常ポイント獲得した月から起算して48ヶ月後の月末
期間・用途限定ポイントポイント毎に異なる
加盟店の例グルメマクドナルド・ミスタードーナツ・すき家・サンマルクカフェ
コンビニファミリーマート・ローソン・ポプラ
ドラッグストアココカラファイン・マツモトキヨシ・クスリのアオキ
家電量販店Joshin・エディオン
ファッションGLOBAL WORK・studio CLIP・HARE
ネットショッピング大丸松坂屋オンラインショッピング・一休.comレストラン・Amazon
その他タワーレコード・東急ハンズ・ディズニーストア・メガネストア
アプリdポイントアプリ

dポイントカードは、NTTドコモが運営する共通ポイントカードです。入会金・年会費などは一切かかりません。

ドコモのサービス、街やネットのお店などで1ポイント=1円で貯めたり使ったりできます。

街のさまざまなお店で配布しているほか、郵送で受け取ったりアプリから始めることも可能です。

貯まったポイントは、利用者情報登録をすることで使えるようになります。もちろんドコモユーザー以外の方も利用可能です。

また、貯まったdポイントはdポイントクラブ会員同士で送り合うこともできます

本人確認など受け取るための条件はあるものの、送り合いができればポイントがムダになりにくくありがたいですよね。

ダウンロードはこちらから

アップルストア グーグルプレイ

dポイントが使えるコンビニと還元率

dポイントが使える主なコンビニと還元率は以下のとおりです。

  • ローソン:0.5~1.0%
  • ファミリーマート:0.5%
  • ポプラグループ:1.0%

dポイントのメリットは、ローソンなら還元率1.0%で貯められることです。

ただし、時間帯によって還元率が異なります。16:00以降の利用なら1.0%ですが、0:00~15:59に利用した場合0.5%なので注意してください。

ファミリーマートなら0.5%還元、ポプラ・生活彩家・くらしハウス・スリーエイトなどのポプラグループのコンビニなら1.0%還元です。

対応しているコンビニが多く便利ですね。

dポイントのコンビニでのお得な使い方

d払いで決済すればさらに200円につき1ポイントのdポイントが貯まるので、二重取りにより16:00以降なら1.5%還元と高還元に。

ファミリーマートは0.5%還元なので、d払いで決済すれば合計1.0%還元になります。

また、dポイントカードのコンビニでのメリットは、ローソンのお試し引換券に使えることです。

お試し引換券はローソンの対象商品と交換できるクーポンのことで、通常価格より少ないポイント数でお菓子やお酒などをゲットできます。

半額以下で交換できることもあるので、かなりお得ですよ。

Tポイントカード

Tポイントカード
入会費・年会費無料
ポイント還元率0.5%~
ポイント有効期限通常ポイント最終利用日から1年間
期間固定Tポイントポイント毎に異なる
加盟店の例グルメガスト、バーミヤン、吉野家、
コンビニファミリーマート
エンターテインメントTSUTAYA、蔦屋書店
ドラッグストアウエルシア、ハックドラッグ、ドラッグユタカ
家電量販店エディオン
その他Airbnb、カメラのキタムラ、しまうまプリント
アプリTポイントアプリ

Tポイントカードは、街のお店やネットの提携先でTポイントを貯めたり使ったりできる共通ポイントカードです。こちらも1ポイント=1円です。

TSUTAYAやENEOS、ウエルシアなど全国のさまざまな提携先でカードを作ることができ、提携先ごとにカードデザインも異なります。

数あるポイントカードの中でも貯まる・使える場所が多いのが特長です。

インターネットやアプリから利用することも可能です。

なお、一部のTカードでは貯めたポイントを使うために「お客さま情報登録」が必要です。案内に従って手続きしてくださいね。

クレジットカード機能付きの年会費有料Tカードや、TSUTAYAのレンタル機能が付いたTカードは費用がかかりますが、Tポイントカード機能のみで良いなら無料で作れます。

ダウンロードはこちらから

アップルストア グーグルプレイ

Tポイントが使えるコンビニと還元率

Tポイントが使えるコンビニはファミリーマートです。

カード提示により200円につき1ポイントのTポイントが貯まるため、還元率は0.5%です。

Tポイントのコンビニでのお得な使い方

ファミリーマートでは電子マネーの1つTマネーが利用可能です。Tマネーを決済に利用すれば、月間利用金額500円につき1ポイントのTポイントが貯まります。

ファミリーマートでTポイントカードを提示してTマネーで支払えば、ポイントを二重取りできますよ。

貯まったTポイントをTマネーにチャージして使うことも可能です。ポイントチャージはインターネット上にて手続きできます。

ただし、期間固定ポイントでのチャージはできないので注意してくださいね。

Pontaポイントカード

オリジナルPontaカード

Pontaポイントカード
入会費・年会費無料
ポイント還元率0.5%~
ポイント有効期限加算・利用から1年後の同日
加盟店の例グルメケンタッキーフライドチキン・すき家・はま寿司
コンビニローソン・ローソンストア100
スーパーライフ
家電量販店コジマ・ソフマップ・ビックカメラ
書店・音楽ゲオ・HMV・山洋堂書店
ネットショッピングじゃらんnet・ホットペッパービューティー・ポンパレモール
その他セガ・ローソンチケット
アプリPontaカードアプリ

Pontaポイントカードは、全国の提携店やネットサービスでPontaポイントを貯めたり使ったりできる共通ポイントサービスです。

全国の提携店で発行でき、Pontaカードに会員情報を登録すれば貯めたポイントを使うことができます。1ポイントは1円に相当します。

Pontaweb会員登録」を行い、その際にカードの会員IDを入力することで登録できます。

Pontaweb会員登録の際にカード発行手続きをし、郵送で受け取ることも可能です。郵送の場合は約2週間かかるので注意してくださいね。

また、PontaカードアプリやLINEマイカードでPontaカードを作ることもできますよ。

ダウンロードはこちらから

アップルストア グーグルプレイ

Pontaポイントが使えるコンビニと還元率

Pontaポイントカードが使えるコンビニはローソンです。

ローソンでのPontaポイントカードの還元率は2020年7月に変更されており、時間帯によって異なります。

  • 0:00~15:59:200円ごとに1ポイント
  • 16:00~23:59:200円ごとに2ポイント

16:00以降の利用であれば1.0%還元ですが、0:00~15:59の利用は0.5%還元と半減するため注意してください。

時間帯によるとはいえ、コンビニでは0.5%還元が多いなか1.0%と高い還元率で貯められるのはお得ですね。

Pontaポイントのコンビニでのお得な使い方

Pontaポイントカードの特徴は、dポイントカードと同様にローソンのお試し引換券に利用できることです。

通常価格より少ないポイント数でお菓子・お酒・ラーメンなどと交換できるのでかなりお得ですよ。

また、au PAY決済でも200円につき1ポイントのPontaポイントが貯められるため、ローソンでau PAY決済を利用すればポイントがダブルで貯まります。

貯まったPontaポイントをau PAYにチャージして使うことも可能です。

そのほか、au PAYはローソンでのキャンペーンなどが開催されていることもあります。

キャンペーンを利用すれば、よりお得にPontaポイントを貯められる場合があるのでチェックしてみてくださいね。

nanacoカード

nanacoカード

nanaco
入会費・年会費発行手数料300円(アプリなら無料)
ポイント還元率0.5%
ポイント有効期限通常ポイント4月~翌年3月のポイントが翌々年の3月まで
加盟店の例グルメケンタッキーフライドチキン、かっぱ寿司、マクドナルド
コンビニセブンイレブン
スーパーイトーヨーカドー、西武・そごう、ゆめタウン
ドラッグストアサンドラッグ、スギ薬局、ココカラファイン、キリン堂
家電量販店ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、Joshin
その他ENEOS、オムニ7、ヤマト運輸
アプリnanacoモバイル

nanacoカードとは、あらかじめチャージしておくことで支払いに使えるプリペイド式の電子マネーです。

ポイントカードではありませんが、全国の提携店でnanaco支払いをすることでnanacoポイントが貯まるため紹介します。

貯まったnanacoポイントは、1ポイント=1円としてnanacoにチャージして使うことが可能です。

なお、プラスチックカードは発行手数料として300円かかります。

発行はセブンイレブンなど全国の提携先で可能で、パソコンやスマホで事前に申込書を作成しておけばお店ですぐに受け取ることもできます。

発行手数料をかけずに始めたいなら、アプリ「nanacoモバイル」がおすすめです。気軽に始められますよ。ただし残念ながらiOSには対応していません。

ダウンロードはこちらから

グーグルプレイ

naancoが使えるコンビニと還元率

nanacoカードはセブンイレブンで使えます。

200円利用につき1ポイント貯まるので、還元率は0.5%です。

nanacoのコンビニでのお得な使い方

nanacoはプリペイド式の電子マネーなので、チャージする手間はあるもののクレジットカードチャージを利用すればポイントの二重取りができます。

セブンイレブンをよく利用するなら、nanaco一体型のクレジットカード「セブンカード・プラス」がおすすめ

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどの対象店舗なら1.0%の還元率で貯められます。

チャージでも200円につき1ポイント貯まるので、効率よくポイントを貯めることができますよ。

また、対象商品の購入によりボーナスポイントが貯まることも。通常のポイントに上乗せして貯まるため、実質の還元率を高めることが可能です。

nanacoはセブンイレブンでのポイントアップキャンペーンなども多く開催されています。

キャンペーンを利用すれば、よりお得にポイントを貯めることができるのでチェックしてみてくださいね。

楽天ポイントカード

楽天ポイントカード

楽天ポイントカード
入会費・年会費無料
ポイント還元率0.5%~
ポイント有効期限通常ポイント最後にポイントを獲得した月を含めた1年間
期間限定ポイントキャンペーンなどにより異なる
加盟店の例グルメマクドナルド・すき家・ミスタードーナツ・吉野家・くら寿司
コンビニファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラ
百貨店大丸・松坂屋
ドラッグストアツルハドラッグ・サンドラッグ・ココカラファイン
家電量販店Joshin・ビックカメラ・コジマ・ソフマップ
その他アルペン・ジュンク堂書店・出光サービスステーション
アプリ楽天ポイントカードアプリ

楽天ポイントカードは、街のお店やさまざまな楽天サービスで貯めたり使える共通ポイントカードです。

貯まったポイントは1ポイント=1円として街の加盟店や楽天市場・楽天トラベル・楽天ブックスなどの各種楽天サービスで使えます。

楽天ポイントカードが使える街のお店で配布しており、発行後「楽天ポイントカードの利用登録」を行うことで利用できます。

楽天ポイントカードアプリから利用を始めることも可能です。

また、楽天市場アプリ、楽天Edyアプリなどの各種楽天サービスアプリでポイントカードを表示することもできますよ。

ダウンロードはこちらから

アップルストア グーグルプレイ

楽天ポイントが使えるコンビニと還元率

楽天ポイントカードが使える主なコンビニと還元率は以下のとおりです。

  • ファミリーマート:0.5%
  • デイリーヤマザキ:1.0%
  • ポプラグループ:1.0%

ファミリーマートでの還元率は0.5%となっており、Tポイントカードと同じです。

生活彩家・スリーエイト・くらしハウス・ポプラといったポプラグループのコンビニやデイリーヤマザキでは1.0%還元で貯められます。

これらのコンビニが近くにある方にとってはメリットが大きいですね。

楽天ポイントのコンビニでのお得な使い方

楽天ポイントは、楽天ペイや楽天Edyなどの電子マネーと組み合わせれば幅広いコンビニで利用できるのが特徴です。

楽天ペイでポイントを使う設定にしておくと、セブンイレブンやローソンでも楽天ポイントが使えます

楽天ペイでは通常ポイントはもちろん期間限定ポイントも使えるので、貯めたポイントをムダにする心配がありません。

ローソンでは、楽天ポイントだけで支払った場合もdポイントまたはPontaポイントを貯めることができます。

また、楽天ポイントを楽天Edyにチャージして使うことも可能。ただし、楽天Edyに期間限定ポイントはチャージできないため注意してくださいね。

コンビニでお得にポイントを貯めよう

コンビニで使えるおすすめのポイントカードについて確認しましょう。

コンビニで貯まる・使えるポイント
  • dポイント
    ローソン・ファミリーマート・ポプラグループで0.5〜1.0%還元
  • Tポイント
    ファミリーマートで0.5%還元
  • Pontaポイント
    ローソンで0.5〜1.0%還元
  • nanacoポイント
    セブンイレブンで0.5%還元
  • 楽天ポイント
    ファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラグループで0.5〜1.0%還元

コンビニによって使えるポイントカードが異なるので、自分のよく利用するコンビニに合ったものを選ぶのがおすすめです。

また、ポイントカードは電子マネーとの組み合わせでよりお得に利用できます。

よく利用する電子マネーと相性の良いポイントカードを選べば、効率よくポイントを貯めたり使うことができますよ。

自分のライフスタイルに合ったポイントカードを見つけて、コンビニでの少額決済もお得に利用してくださいね。