クレジットカードおすすめランキング

生活費をクレジットカード払いにした場合のメリットとデメリット

クレジットカードでの支払い

毎日の光熱費や買い物の支払いを現金や口座振替で行っている人はまだ多いでしょう。

しかし、最近では全てクレジットカード払いにしている人も少なくありません。

ポイントがつくなどのお得な点もたくさんありますが、生活費をクレジットカード払いにすることでどのようなリスクが考えられるのでしょうか。

生活費をクレジットカード払いにするリスク
  • クレジットカードによるお金の遣い過ぎ
  • 予想以上の高額な請求
  • 情報漏洩によるクレジットカードの不正利用

生活費をクレジットカード払いにするにはさまざまなリスクが考えられますが、1番多いのはお金の感覚が薄くなってお金を遣い過ぎることです。

今回は、

  • 生活費をクレジットカード払いにするメリット・デメリット
  • 安全にクレジットカードで生活費を支払うことができるか

について解説していきます。

生活費をクレジットカード払いにして家計管理の管理が楽に

クレジットカードを普段使いする習慣がない人もまだかなり多いと思われます。

日本は、昔から現金主義の人が多い国民性であり、外国に比べてキャッシュレス化の動きもかなり遅い傾向にあります。

それは外国に比べて偽札や強盗、引ったくり等のリスクが少ないなど、日本の治安の良さが理由だといわれています。

これ以外にも「クレジットカードはお金を遣い過ぎるかもしれないから怖い」という人が多いです。

クレジットカードを普段使いすることに慣れていないからこその考え方でしょう。

しかし、2020年に東京オリンピックも控え、日本でも着実にキャッシュレス化が進んでいます。

スマホ決済の種類|Apple Pay、おサイフケータイ、QUICPayなどの違い

光熱費や家賃もクレジットカードで支払える時代

家計簿

ガスや水道などの光熱費はもちろん、賃貸の管理会社や大家さん次第では家賃もクレジットカード払いができるところもあります。

携帯電話も、口座振替だけでなくクレジットカードが選べますよね。

このように、毎月一定額が発生するような固定費のほとんどでクレジットカード支払いが可能になっています。

家賃は振り込みの場所がまだ多いと思いますが、筆者が以前住んでいたマンションはクレジットカード払いでした。

スーパーでもクレジットカードが利用可能

スーパーのレジで支払い
光熱費や家賃、携帯電話の料金のような固定費以外にも、スーパーやドラッグストアのほとんどでクレジットカードが利用できます。

そのため、食料品や日用品の買い物はもちろん、化粧品などのあらゆる身の回りのものもクレジットカードで購入できます。

衣類や家電製品なども同様に、大手の商業施設ならクレジットカード対応不可の店舗はほぼないでしょう。

それだけ、私達の生活でクレジットカードは身近なものとなっています。

現金を持たなくても申し分のない生活ができるようになった

上記のように、現金を持たなくても申し分なく生活する時代になりました。

しかし、日本国内で見ればかなりキャッシュレス化が進んだように思えますが、世界基準で考えるとまだまだキャッシュレス化は遅れている傾向にあります。

今後はオリンピックも控えており、訪日外国人のことを考慮してさらにキャッシュレス化は進んでいくでしょう。

今からキャッシュレスに慣れていくことも大切かもしれません。

生活費を全てクレジットカード払いにすることは可能なのか
  • 光熱費や家賃もクレジットカードで払えるサービスが増えている
  • スーパーやドラッグストアでもクレジットカードを利用することは可能
  • 現金を持たなくても不便のない生活ができるようになっている
  • 今後オリンピックを見据えたキャッシュレス化でさらに現金が不要になる時代に
おサイフケータイの使い方|初期設定からカード登録・解除方法まとめ

生活費をクレジットカード払いにするメリット

クレジットカードと現金

次に、生活費をクレジットカード払いにするメリットについて解説します。

生活費をクレジットカード払いにするメリットは下記の通りです。

  • クレジットカードのアプリや家計簿アプリで利用金額や内訳が確認しやすい
  • 現金の盗難や紛失のリスクが少ない
  • ポイントやマイルなどを貯めてお得に買い物ができる
  • 光熱費や携帯電話料金等の支払い忘れを防げる

それぞれのメリットについて詳しく紹介していくので、是非チェックしてください。

クレジットカードアプリや家計簿アプリでお金の管理がしやくなる

アプリ上で利用金額や内訳、利用可能額が確認できるクレジットカードもかなり増えています。

また、家計簿アプリと連携ができるサービスも多いので、わざわざ自分で記入しなくても簡単に利用金額や購入の内訳などを確認することができます。

手書きで家計簿を入力すると、どうしても入力漏れやミスが多くなり、正確な数字を算出することが難しいです。

しかしアプリなら、自分が使った金額や内容をそのまま記載してくれるので、誤った情報が入ることはほぼ0です。

また、身の覚えのない請求も確認できるので、不正利用が発生した時にも対応しやすいです。

現金の盗難や紛失時の負担が減る

これまで常に5万円財布に入れていた人も、クレジットカードで買い物をすることでそこまで多くお金を入れておく必要はなくなるでしょう。

常に財布に入っているお金の額は個人差があるかもしれませんが、クレジットカードを普段使いすることである程度減らす人は多いでしょう。

すると、財布を万が一失くしてしまった時や、盗難に遭った時にも現金の損失を最小限にすることが可能です。

クレジットカードの紛失の際にはすぐに電話して利用を止めることができます。

また、不正に利用されていないかカード会社側もチェックしてくれるのでそこまでのリスクはありません。

現金はどうしても保証が効かないので、万が一紛失や盗難に遭った時に被害を最小限にしておくことに越したことはないでしょう。

ポイントやマイルを貯めることができるので現金よりもお得

クレジットカードを利用する男性

クレジットカードのメリットで忘れてはいけないのが、ポイントやマイルを貯めることができるという点です。

還元率の高いクレジットカードであれば1.0%から2.0%は還元率が期待できます。

100円購入したら1ポイント返ってくる計算となりますが、このポイントはクレジットカードの支払いや買い物で利用することができます。

つまり、ただ必要なものを購入したり固定費を払っているだけなのに、毎月数%ポイントとしてバックされるのです。

現金で買い物や固定費を払うとこのようなポイント還元はないので、よりお得に買い物をするためにもクレジットカードは利用すべきツールです。

スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯める決済アプリ

支払い忘れを防ぐことができる

固定費の支払い口座を分けていたりすると、入金を忘れていたなどで滞納してしまうこともあります。

携帯電話の料金のように、分割契約しているものなどは、滞納すると信用情報に傷がつくリスクもあります。

しかし、クレジットカードなら自動的にカード払いとして決済されるため、支払い忘れを防ぐことができます。

滞納のリスクを減らすという面でも、クレジットカードは役に立ちます。

次の章では生活費をクレジットカード払いにするデメリットについて解説します。

生活費をクレジットカード払いにするデメリット

クレジットカード

次に、生活費をクレジットカード払いにするデメリットについて解説します。

生活費をクレジットカード払いにするデメリットは下記の通りです。

  • 思っていたよりも請求額が高額なことも
  • お金を遣っている感覚がないので遣い過ぎを繰り返すこともある
  • 色々なお店で利用するので情報漏洩や不正利用のリスクもある

それぞれのデメリットについて1つ1つ詳しく紹介していきます。

想像していた金額よりも高額になってしまうリスクがある

クレジットカードは、財布に入っているお金をそのまま遣うわけではないので、自分が思っていた金額と請求額が前後してしまうこともよくあります。

頻繁にアプリ等で利用金額を確認していれば良いのですが、予想より高額だったと悲鳴をあげる人の多くはそこまで利用金額をチェックしていない傾向にあります。

そのため、予想以上の高額請求で出費が必要以上に多くなってしまう場合も多いです。

多くの場所での利用で情報漏洩・不正利用のリスクも高まる

クレジットカードで買い物をする

多くのお店や通販などでクレジットカードを使うということは、それだけ自分のクレジットカードの情報を店舗やサービスに与えていることになります。

そのため、万が一利用していた店舗やサービスで情報漏洩が発生した場合、自分の使っているクレジットカードが不正利用されるケースもあります。

最近では、クレジットカードの情報を開示せずにクレジットカードが使える決済アプリも増えています。

このような決済アプリを介して購入するのもおすすめです。

金銭感覚がしっかりしていないと遣い過ぎになることも

クレジットカードを使う上でしっかりとした金銭感覚は必要不可欠です。

クレジットカードはお金を遣っている気にならないということで、遣い過ぎてしまう人がかなり多いです。

それが原因で破産してしまうということも少なくありません。

そのため、金銭感覚がしっかりしていない人は、あまりクレジットカードをメインで使うのはおすすめできません。

生活費をクレジットカード払いにするメリット・デメリット
  • アプリで利用金額や内訳の確認がしやすい
  • 支払い忘れを防ぐことができる
  • ポイントやマイルなどで還元することができるので、現金よりもお得
  • 現金をあまり持つ必要がないので紛失や盗難時の負担も少ない
  • 想像していた金額よりも請求額が高いケースもある
  • 色々な場所で使うことで情報漏洩や不正利用のリスクも高まる
  • 金銭感覚がしっかりしていないとお金を遣っている感覚が無く遣い過ぎてしまうことも

安全に生活費をクレジットカード払いにする方法

次に、安全に生活費をクレジットカード払いにするにはどのようにすれば良いのかについて解説します。

  • 定期的に利用金額を確認する
  • クレジットカードで支払うものを決めておく
  • クレジットカードだけでなく、ある程度現金も使うようにする

100%クレジットカード利用というのは、利用する店舗によっては難しいでしょう。

また、いくらお得になるといっても、何が何でもクレジットカードにするのではなく、自分に合った使い方をすることが大切です。

定期的にクレジットカードの利用金額のチェック

スマホで確認する女性

今ではアプリで簡単に利用金額や内訳がチェックできますから、是非そのサービスを有効活用してください。

こまめに利用金額や内訳をチェックする癖が身に付けば、自然と自分が今どれだけ利用しているのか把握することができます

毎月○万円まで、とクレジットカードの利用金額を決めておくこともおすすめです。

クレジットカードで支払うものを決めておく

固定費はクレジットカード、普段の買い物は現金など、クレジットカードを使うものと使わないものに分けることもおすすめします。

特に固定費に関しては、毎月そこまで大きく変わる金額ではないので、クレジットカード払いにしていても安心でしょう。

逆に普段の買い物をクレジットカードにすると、どうしても遣い過ぎてしまうリスクが高いので、クレジットカードを使うものを分類するのであれば普段の買い物は現金がおすすめです。

クレジットカードだけでなく現金も使うようにする

現金で支払う

生活費を100%クレジットカード払いというのは難しいと思います。

例え100%クレジットカード払いが可能だとしても、現金を使用する習慣は残しておくようにしましょう。

クレジットカードだけでは毎月の支払い合計が、ついつい高額になってしまうかもしれません。

財布の中の現金を見れば抑えられるかもしれません。

クレジットカード払いはお得だけど遣い過ぎには注意

最後に、安全にクレジットカードで生活費を支払うにはどのようにするべきなのかポイントをまとめます。

安全に生活費をクレジットカード払いにするには
  • 定期的に利用額を確認する
  • 毎月遣う金額を決める
  • クレジットカードで支払うものを決めておく
  • 日用品の購入には現金を使うなどある程度現金を使うようにする

クレジットカードで生活費を支払うと、現金をたくさん持ち歩く必要が無く、ポイントでお得になるなどメリットがたくさんあります。

しかし、一方で遣い過ぎなどのリスクも非常に高いので注意が必要です。

自分に合った使い方で、クレジットカード払いによる生活費の管理を行っていくようにしましょう。

クレジットカードおすすめ人気ランキング【2020年】

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定