生活費をクレジットカード払いにした場合のメリットとデメリット

生活費をクレジットカード払いにするデメリット

クレジットカード

次に、生活費をクレジットカード払いにするデメリットについて解説します。

生活費をクレジットカード払いにするデメリットは下記の通りです。

  • 思っていたよりも請求額が高額なことも
  • お金を遣っている感覚がないので遣い過ぎを繰り返すこともある
  • 色々なお店で利用するので情報漏洩や不正利用のリスクもある

それぞれのデメリットについて1つ1つ詳しく紹介していきます。

想像していた金額よりも高額になってしまうリスクがある

クレジットカードは、財布に入っているお金をそのまま遣うわけではないので、自分が思っていた金額と請求額が前後してしまうこともよくあります。

頻繁にアプリ等で利用金額を確認していれば良いのですが、予想より高額だったと悲鳴をあげる人の多くはそこまで利用金額をチェックしていない傾向にあります。

そのため、予想以上の高額請求で出費が必要以上に多くなってしまう場合も多いです。

多くの場所での利用で情報漏洩・不正利用のリスクも高まる

クレジットカードで買い物をする

多くのお店や通販などでクレジットカードを使うということは、それだけ自分のクレジットカードの情報を店舗やサービスに与えていることになります。

そのため、万が一利用していた店舗やサービスで情報漏洩が発生した場合、自分の使っているクレジットカードが不正利用されるケースもあります。

最近では、クレジットカードの情報を開示せずにクレジットカードが使える決済アプリも増えています。

このような決済アプリを介して購入するのもおすすめです。

金銭感覚がしっかりしていないと遣い過ぎになることも

クレジットカードを使う上でしっかりとした金銭感覚は必要不可欠です。

クレジットカードはお金を遣っている気にならないということで、遣い過ぎてしまう人がかなり多いです。

それが原因で破産してしまうということも少なくありません。

そのため、金銭感覚がしっかりしていない人は、あまりクレジットカードをメインで使うのはおすすめできません。

生活費をクレジットカード払いにするメリット・デメリット
  • アプリで利用金額や内訳の確認がしやすい
  • 支払い忘れを防ぐことができる
  • ポイントやマイルなどで還元することができるので、現金よりもお得
  • 現金をあまり持つ必要がないので紛失や盗難時の負担も少ない
  • 想像していた金額よりも請求額が高いケースもある
  • 色々な場所で使うことで情報漏洩や不正利用のリスクも高まる
  • 金銭感覚がしっかりしていないとお金を遣っている感覚が無く遣い過ぎてしまうことも

安全に生活費をクレジットカード払いにする方法

次に、安全に生活費をクレジットカード払いにするにはどのようにすれば良いのかについて解説します。

  • 定期的に利用金額を確認する
  • クレジットカードで支払うものを決めておく
  • クレジットカードだけでなく、ある程度現金も使うようにする

100%クレジットカード利用というのは、利用する店舗によっては難しいでしょう。

また、いくらお得になるといっても、何が何でもクレジットカードにするのではなく、自分に合った使い方をすることが大切です。

定期的にクレジットカードの利用金額のチェック

スマホで確認する女性

今ではアプリで簡単に利用金額や内訳がチェックできますから、是非そのサービスを有効活用してください。

こまめに利用金額や内訳をチェックする癖が身に付けば、自然と自分が今どれだけ利用しているのか把握することができます

毎月○万円まで、とクレジットカードの利用金額を決めておくこともおすすめです。

クレジットカードで支払うものを決めておく

固定費はクレジットカード、普段の買い物は現金など、クレジットカードを使うものと使わないものに分けることもおすすめします。

特に固定費に関しては、毎月そこまで大きく変わる金額ではないので、クレジットカード払いにしていても安心でしょう。

逆に普段の買い物をクレジットカードにすると、どうしても遣い過ぎてしまうリスクが高いので、クレジットカードを使うものを分類するのであれば普段の買い物は現金がおすすめです。

クレジットカードだけでなく現金も使うようにする

現金で支払う

生活費を100%クレジットカード払いというのは難しいと思います。

例え100%クレジットカード払いが可能だとしても、現金を使用する習慣は残しておくようにしましょう。

クレジットカードだけでは毎月の支払い合計が、ついつい高額になってしまうかもしれません。

財布の中の現金を見れば抑えられるかもしれません。

クレジットカード払いはお得だけど遣い過ぎには注意

最後に、安全にクレジットカードで生活費を支払うにはどのようにするべきなのかポイントをまとめます。

安全に生活費をクレジットカード払いにするには
  • 定期的に利用額を確認する
  • 毎月遣う金額を決める
  • クレジットカードで支払うものを決めておく
  • 日用品の購入には現金を使うなどある程度現金を使うようにする

クレジットカードで生活費を支払うと、現金をたくさん持ち歩く必要が無く、ポイントでお得になるなどメリットがたくさんあります。

しかし、一方で遣い過ぎなどのリスクも非常に高いので注意が必要です。

自分に合った使い方で、クレジットカード払いによる生活費の管理を行っていくようにしましょう。

クレジットカードおすすめ人気ランキング【2019年】