電子マネー種類まとめ|カードと最強の組み合わせと特長・メリット

電子マネーを使うメリットや主な電子マネーのポイント還元率や特徴、さらに電子マネーとクレジットカードの最強の組み合わせについてまとめました!

2019年10月からの増税で、キャッシュレス決済によるポイント還元制度が始まりました。

キャッシュレス決済で最大5%還元されることから、キャッシュレス決済の利用を始めた人も多いと思います。

キャッシュレス消費者還元事業はわずか9ヶ月間しか行われないので、この機を逃さずお得にお買い物を始めましょう。

電子マネーをお得に使いこなそう
  • ポイント還元率とスピーディな決済が電子マネーの魅力
  • iDやQUICPay、Suicaなど電子マネーによって特長やポイント還元率はさまざま
  • 楽天カード+楽天Edyなどクレジットカードと電子マネーを組み合わせるとよりお得

電子マネーはクレジットカードとセットで使うことでよりお得に利用できます。ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

電子マネーを使うメリット

電子マネーは、現金を使わないでスマホやカードで買い物ができるサービスです。

基本的にクレジットカードでチャージをしたり、レジなどで現金チャージして使うことができるものが大半ですが、中にはクレジットカードと同じように後払いで利用できるものもあります。

そんな電子マネーのメリットは下記の通りです。

  • カード1枚、またはスマホ1台で決済が完了する
  • ポイントが貯まる
  • 電車やバスの乗り降りがスムーズになる
  • クレジットカードと合わせてポイントの2重取りも可能
  • プリペイド型とポストペイ型がある

上記のメリットについて詳しく見ていきましょう。

カードやスマホで簡単に買い物をすることができる

電子マネーなら、レジにある専用の機械にカードをかざすだけで買い物ができます。

現金を用意することも、お釣りを受け取る必要もありません。

レジの会計もスピーディーになるので、混雑を防ぐことにも繋がります。

また、ちょっとした買い物なら、財布を持たずにカードやスマホだけ持って買い物に行くこともできます。

独立したカード型の電子マネーが一般的でしたが、今ではクレジットカード一体型やキーホルダーのようなコイン型、スマホアプリ型など、使い方もさまざまです。

あなたにとって使いやすい形を選ぶことができます。

ポイントが還元される

電子マネーのほとんどでポイントを貯めることができます。

ポイント還元率は大体0.5%程度ですが、現金では全く還元されないことを踏まえれば確実に電子マネーを使った方がお得だと断言できます。

今ならキャッシュレス消費者還元事業もあり、対象店舗によっては2%または5%のポイントが還元されるため、電子マネー決済でより効率良くポイントを貯められるでしょう。

電車やバスの乗り降りがスムーズに

数ある電子マネー中でもSuicaやPASMOなどの交通系ICカードがあれば、改札口にカードやスマホをかざすだけで運賃の清算ができます。

券売機で切符を購入する必要もありませんし、改札に切符を入れる手間も省けます。

クレジットカードと組み合わせることでポイントの2重取りも

現金チャージした電子マネーでお買い物をするだけでもポイントが貯まりますが、クレジットカードと紐づけることによってよりお得になる場合も。

クレジットカードの中には、電子マネーにチャージをするだけでポイント対象になるものがあります。

電子マネーのチャージと電子マネーの利用で、ポイントの2重取りが実現できます。

また、特定の電子マネーとクレジットカードを組み合わせることによって、ポイント還元率がアップする場合もあります。

プリペイド型やポストペイ型など支払い方法はさまざま

電子マネーには、事前にチャージして利用するプリペイド型と、後から使った分を支払うポストペイ型があります。

プリペイド型はチャージの手間がかかるものの、チャージした分しか使えないのでお金の遣いすぎを防ぐことができます。

また、オートチャージ対応の電子マネーならチャージの手間を省くことができます。

ポストペイ型はクレジットカードの利用金額と同時に請求され、残高を気にせずクレジットカードのように使うことができます

電子マネーのメリット
  • カードやスマホで簡単に買い物ができる
  • チャージや決済でポイントが貯まる
  • 交通系ICカードならカード1枚で鉄道利用ができる
  • クレジットカードと組み合わせたらポイントの2重取りができるかも
  • プリペイド型やポストペイ型などさまざまな支払い方法に対応

主な電子マネーの種類と特長

さまざまな企業が電子マネーを発行しており、その種類によって支払い方法やポイント還元率、サービス内容が異なります

そこで、主な電子マネーの特徴をまとめてみました。紹介する電子マネーは以下の通りです。

  • iD
  • QUICPay
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • Suica
  • WAON

上記の6つの電子マネーはおサイフケータイやApple Payにも対応しているものもあり、カードで使えることはもちろんスマホで使うことも可能です。

iD

iDはNTTドコモが取り扱っている電子マネーであり、数ある電子マネーの中でも老舗の部類に入ります。

項目iD
支払い方法プリペイド
ポストペイ
デビット
貯まるポイントカードによって異なる
ポイント還元率カードによって異なる
加盟店数約965,000台
(端末台数/2019年6月時点)
Apple Pay対応

iDにはこんな特徴があります。

  • iD対応カードが必要、ポストペイが基本だがプリペイドもある
  • 利用するカードの還元率が反映される
  • 使えるお店はダントツで多い

ガラケーが普及していた時代からある電子マネーなので、とにかく使えるお店が非常に多いというのが大きなメリットです。

iDはおサイフケータイ・Apple Payの両方で使うことができるので、スマホで買い物したい人にもぴったりです。

最近では、スマホ決済アプリ「メルペイ」でもiDが使えるようになり、おサイフケータイやApple Payとメルペイを連携させるだけでiDが使えるようになりました。

iDは基本的に、対応しているカードが必要です。

クレジットカードならポストペイ型ですが、iD搭載のプリペイドカード(プリペイド型)やデビットカード(デビット型)も選べるのが魅力です。

ポイント還元率はカードの還元率が反映されるので、還元率の高いカードを使うのがおすすめです。

キャッシュレス決済「iD」とは?登録・使い方からお得利用方法を紹介

QUICPay

QUICPayは、JCBが発行する電子マネーです。

項目QUICPayQUICPay+
支払い方法ポストペイプリペイド
ポストペイ
デビット
貯まるポイントカードによって異なるカードによって異なる
ポイント還元率カードによって異なるカードによって異なる
加盟店数非公開
Apple Pay対応

QUICPayの特徴は以下の通りです。

  • クレジットカードとセットになっている後払いの電子マネー
  • クレジットカードの還元率そのまま
  • QUICPay+ならプリペイドやデビットでの利用も可能

QUICPayもiDと同様にQUICPay対応のカードがないと使うことができませんが、その分クレジットカードと同様の補償があります

QUICPayはクレジットカードのみ利用可能となっており、使える上限額が2万円までです。

一方で、QUICPayの進化版であるQUICPay+なら、上限がなく高額の支払いにも対応しており、さらにプリペイドカードやデビットカードでの利用も可能です。

iDと同じく、ポイント還元率はカードの還元率に反映されるので、ポイント還元率の高いカードを選ぶと良いでしょう。

QUICpay(クイックペイ)とは? 支払い方法から利用範囲までを全網羅

nanaco

nanacoはセブン&アイグループを中心に使える電子マネーであり、チャージして使うプリペイド型です。

項目nanaco
支払い方法プリペイド
貯まるポイントnanacoポイント
ポイント還元率0.5%
加盟店数約505,400ヶ所
(2019年8月末時点)
Apple Pay対応×

そんなnanacoの特徴は下記の通りです。

  • セブン&アイグループを中心に使える電子マネー
  • ポイント還元率は200円で1ポイント
  • 税金も支払える

nanacoはチャージ上限額が50,000円までと制限がありますが、税金を支払うことができる非常に珍しい電子マネーです。

ポイント還元率は200円で1ポイント、つまり0.5%と電子マネーの中では平均的ですが、組み合わせるクレジットカードによってはかなりお得に利用することができます。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどのセブン&アイグループを中心に全国さまざまなお店で使えます。

次の章でも引き続き電子マネーの特徴を解説します。

急げば間に合う!キャッシュレスでポイント高還元のサービスまとめ

楽天Edy

楽天Edyは、楽天グループが運営する電子マネーです。

項目楽天Edy
支払い方法プリペイド
貯まるポイント楽天スーパーポイント
ポイント還元率0.5%
加盟店数2017年9月に500,000箇所を突破
Apple Pay対応×

楽天Edyの特徴は下記の通りです。

  • 使えるお店が多いメジャーな電子マネー
  • 200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる

楽天Edyもさまざまな場所で利用できます。

楽天Edyを使うと200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができ、楽天スーパーポイントを貯めている人にもぴったりです。

楽天Edyとは?支払い方法から利用範囲までを全網羅

Suica

Suicaは、JR東日本を中心に使える電子マネーです。

項目Suica
支払い方法プリペイド
貯まるポイントJREポイント
ポイント還元率1%~2%
加盟店数約894‚990ヵ所
(端末台数/2018年3月末時点)
Apple Pay対応

Suicaの特徴は下記の通りです。

  • JR東日本を中心として使える交通系ICカード
  • モバイルSuicaならJR東日本の鉄道利用でポイント還元率2%
  • 駅構内の自販機やコンビニでの買い物にも使える

Suicaは、交通系電子マネーの中ではもっともメジャーな電子マネーです。

駅構内の自販機やコンビニでの買い物以外に、鉄道利用でもお得にポイントが貯まるようになりました。

モバイルSuicaを利用すればスマホをかざすだけで改札口を通ることができるので、朝の通勤ラッシュ時にもたつくこともありません。

Suica(スイカ)とは?支払い方法から利用範囲までを全網羅

WAON

WAONはイオンリテールが発行する電子マネーです。

項目WAON
支払い方法プリペイド
貯まるポイントWAONポイント
ポイント還元率1%
加盟店数約246,000箇所
(2016年2月末時点)
Apple Pay対応×
  • イオン系列の店舗で使える電子マネー
  • イオンの対象店舗で使うとポイント還元率1%
  • 20日と30日はお客様感謝デーで5%オフ

イオングループの対象店舗で使うとポイント還元率が1%と非常に高いので、普段からイオン系列のお店を利用している人にぴったりです。

自治体などと連携し、決済金額の一部が寄付金として還元される「ご当地WAON」もあります。

また、20日・30日のお客様感謝デーには5%オフでお買い物ができるなど、お得度満点です。

WAON(ワオン)とは?支払い方法から利用範囲までを全網羅
主な電子マネーの特長
  • iD:利用可能店舗が多く、カードによって先払いや後払いが選べる
  • QUICPay:高還元率クレジットカードでお得
  • nanaco:利用するだけで0.5%のnanacoポイントが貯まる
  • 楽天Edy:使うだけで0.5%の楽天スーパーポイントが還元
  • Suica:鉄道利用でもポイントゲット
  • WAON:イオンの対象店舗で1%還元、お客様感謝デーの恩恵もあり

電子マネーとクレジットカードの最強の組み合わせ4選

電子マネーは、クレジットカードと組み合わせることでポイントの2重取りができるなどよりお得になると前述しました。

そこで、次におすすめの電子マネーとクレジットカードの組み合わせを4つ紹介していきます。

楽天カード×楽天Edy

楽天カードマスターカード(パンダ)

  • ポイント還元率:1%(楽天カードによるチャージ0.5%+楽天Edy利用0.5%)
  • 貯まるポイント:楽天スーパーポイント

楽天Edyは使うだけで0.5%のポイントが貯まることは先にも述べました。

さらに楽天カードで楽天Edyのチャージを行うと、0.5%のポイントが還元されます。

つまり、楽天カードでチャージをして楽天Edyを使えば合計1%の楽天スーパーポイントが還元されるということになります。

また、楽天市場で楽天カードを利用するとポイントは3倍!普段から楽天のサービスを利用する人にもかなりおすすめです。

楽天カード|生活スタイルを楽天に捧げたら年間1.5万円お得になる話

dカード×iD

dカード VISA ポインコ

  • ポイント還元率:1%
  • 貯まるポイント:dポイント

dカードのショッピングポイントの還元率は1%です。

iDはdカードのポイント還元率が反映されるので、iDを使った場合も1%ポイントが還元されることになります。

また、dカードはドコモ利用料金からも1%ポイントが還元されるので、ドコモユーザーにおすすめのクレジットカードです。

dカード GOLD|ドコモ利用者が絶対に持つべきクレジットカード

リクルートカード×nanaco

リクルートカード

  • ポイント還元率:1.7%(リクルートカードによるチャージ1.2%+nanaco利用0.5%)※税金支払いはnanacoポイント対象外
  • 貯まるポイント:リクルートポイント・nanacoポイント

nanacoは税金を支払うことができることは前述しました。

リクルートカードはnanacoにチャージすることで1.2%ポイントが還元されるクレジットカードです。

つまり、リクルートカードでnanacoにチャージをしてnanacoで税金を支払えば、間接的に税金の支払いもポイント還元対象にさせることが可能なのです(ただしnanacoポイントは還元されません)。

個人事業主など、自分で税金を支払っている人はぜひ活用したい組み合わせです。

また、税金の支払い以外の普段の買い物で利用する場合は、リクルートポイントとnanacoポイントの両方を貯めることができ、合計1.7%還元されることになります。

ビックカメラSuicaカード×Suica

BIC CAMERA Suica

  • ポイント還元率:1%~11%
  • 貯まるポイント:JREポイント・ビックポイント

ビックカメラSuicaカードでSuicaのチャージをしたりSuica定期券を購入すると、JREポイントが3%付与されます。

また、チャージしたSuicaを使ってビックカメラで買い物をすると、最大11%のビックポイントが還元されます。

つまり、Suicaを使えばJREポイントが貯まり、ビックカメラで買い物をすればビックポイントを貯めることができます。

さらに通常のショッピングポイントも、JREポイントとビックポイントそれぞれ0.5%ずつ貯まるので、合計1%のポイント還元率となります(通常のSuicaと提携しているビューカードの還元率は0.5%)。

ポイント還元率重視でSuicaを使いたいなら、ビックカメラSuicaカードとSuicaをセットで使うのがおすすめです。

また、Suicaオートチャージにも対応しており、利便性も高まります。

ビックカメラSuicaカード完全ガイド|お得な使い方豊富の最強カードを紹介

電子マネーとクレジットカードと組み合わせてよりお得に!

最後に、電子マネーとクレジットカードの最強の組み合わせ4選についてまとめます。

電子マネーとクレジットカードの最強の組み合わせ
  • 楽天カード×楽天Edy:合計1.5%分の楽天スーパーポイントが貯まる
  • dカード×iD:ポイント還元率1%でdポイントゲット
  • リクルートカード×nanaco:チャージで1.7%のポイント還元
  • ビックカメラSuicaカード×Suica:最大11%の高還元率

電子マネーは単体で使うのではなく、クレジットカードと組み合わせることによってよりお得度・便利度が増します。

また、キャッシュレス消費者還元事業が行われている今なら、対象店舗を利用すると別途2%または5%のポイントが還元されるので、この機会に使い始めてみてはいかがでしょうか。

キャッシュレス決済とは?スマホ決済と電子マネーの違いと種類を紹介