スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯める決済アプリ

スマホ決済アプリは、クレジットカードと連携させるとお得にポイントを貯められる場合があります。

そのため、決済アプリをいれたスマホを持ち歩くことで、クレジットカードを持ち歩くことも必要がないので、クレジットカードを紛失するリスクがありません

スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯める決済アプリ
  • Apple Pay
  • 楽天Pay
  • LINE Pay
  • Google Pay

そこで今回は、スマホでクレジットカードのポイントがお得に貯められる決済アプリを4つ紹介します。

そして、決済アプリとはどのようなものなのか、お得にポイントを貯めるためにはどのように決済アプリとクレジットカードを選ぶのかについて解説していきます。

スマホ決済アプリ選びに悩んでいる人は、是非参考にしてください。

※QRコードは、デンソーウェーブの登録商標です。

スマホ決済から考えるクレジットカード選び方とおすすめ度

スマホ決済アプリとは?

スマホ決済

スマホ決済アプリとは、スマホで買い物の支払いができるアプリのことです。

事前にチャージをしてプリペイドとして利用できるものから、クレジットカードと連携して後払いで利用できるものなど、支払い方法やチャージ方法もさまざまです。

年々需要が高まっていることから、色々な企業から決済アプリのサービスが提供されています。

その中にはポイント還元率が高くお得な決済アプリも多く、使い方によっては上手くポイントを貯めることが可能です。

スマホを財布代わりとして使えるアプリ

スマホに電子マネーやクレジットカードを登録することで、スマホをかざしたり、画面に表示されるQRコードやバーコードをレジで読み取って支払いをすることができます

クレジットカードも財布も出す必要がないので、支払いもスムーズに済ませることができますし、クレジットカードを持ち歩く必要もありません。

現金で支払うよりもポイントが貯まるメリットがある

決済アプリは、利用することでポイントが貯まるなどの特典を用意しているアプリも多く、現金で買い物するよりも遥かにメリットが多いです。

これは、キャッシュレス化が年々推進されているからですが、決済アプリを利用するだけでポイントが貯まるケースも多く、現金で支払うよりも遥かにお得になります。

そのため、支払いを決済アプリにするだけで普通に買い物するよりも、ポイントとして購入金額の一部が還元されるので、節約をすることができるようになります。

電子マネーと連携で先払い、クレジットカードと連携で後払いも可能

電子マネーと連携して使う決済アプリが多いですが、中にはクレジットカードと連携して後払いで使うことができる決済アプリもあります。

電子マネーとして使う決済アプリの多くは事前チャージが必要なので少し手間がかかりますが、使い過ぎを防ぐこともできますし、必要に応じてオートチャージ機能を利用することもできます

クレジットカードと連携して使う場合は、クレジットカードを決済アプリを通じて間接的に利用することになるので、ポイント還元率がそのまま反映されることが多いです。

この先スマホ決済アプリはさらに普及する

日本はまだまだキャッシュレス化が遅れている国ですが、2020年の東京オリンピックに備えて外国人向けにキャッシュレス化はどんどん推進されています

そのため、この先もさらに決済アプリをはじめとするキャッシュレス化は普及するでしょう。

キャッシュレスの方がポイントが貯まるなどお得な要素がありますし、この先キャッシュレスが普通になることを考えると、今から使い慣れておく方が良いでしょう。

決済アプリとはどのようなものか
  • スマホを財布代わりとして使えるアプリ
  • 現金で支払うよりもポイントが貯まるなどのメリットが多い
  • 電子マネーと連携して先払いして使うことができる
  • クレジットカードと連携して後払いとして利用することも可能
  • 東京オリンピックに向けてどんどんキャッシュレスは推進されていく

次のページでは、スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯める決済アプリについて紹介します。