スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯める決済アプリ

スマホ決済アプリは、クレジットカードと連携させるとお得にポイントを貯められる場合があります。

そのため、決済アプリをいれたスマホを持ち歩くことで、クレジットカードを持ち歩くことも必要がないので、クレジットカードを紛失するリスクがありません

スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯める決済アプリ
  • Apple Pay
  • 楽天Pay
  • LINE Pay
  • Google Pay

そこで今回は、スマホでクレジットカードのポイントがお得に貯められる決済アプリを4つ紹介します。

そして、決済アプリとはどのようなものなのか、お得にポイントを貯めるためにはどのように決済アプリとクレジットカードを選ぶのかについて解説していきます。

スマホ決済アプリ選びに悩んでいる人は、是非参考にしてください。

※QRコードは、デンソーウェーブの登録商標です。

スマホ決済から考えるクレジットカード選び方とおすすめ度

スマホ決済アプリとは?

スマホ決済

スマホ決済アプリとは、スマホで買い物の支払いができるアプリのことです。

事前にチャージをしてプリペイドとして利用できるものから、クレジットカードと連携して後払いで利用できるものなど、支払い方法やチャージ方法もさまざまです。

年々需要が高まっていることから、色々な企業から決済アプリのサービスが提供されています。

その中にはポイント還元率が高くお得な決済アプリも多く、使い方によっては上手くポイントを貯めることが可能です。

スマホを財布代わりとして使えるアプリ

スマホに電子マネーやクレジットカードを登録することで、スマホをかざしたり、画面に表示されるQRコードやバーコードをレジで読み取って支払いをすることができます

クレジットカードも財布も出す必要がないので、支払いもスムーズに済ませることができますし、クレジットカードを持ち歩く必要もありません。

現金で支払うよりもポイントが貯まるメリットがある

決済アプリは、利用することでポイントが貯まるなどの特典を用意しているアプリも多く、現金で買い物するよりも遥かにメリットが多いです。

これは、キャッシュレス化が年々推進されているからですが、決済アプリを利用するだけでポイントが貯まるケースも多く、現金で支払うよりも遥かにお得になります。

そのため、支払いを決済アプリにするだけで普通に買い物するよりも、ポイントとして購入金額の一部が還元されるので、節約をすることができるようになります。

電子マネーと連携で先払い、クレジットカードと連携で後払いも可能

電子マネーと連携して使う決済アプリが多いですが、中にはクレジットカードと連携して後払いで使うことができる決済アプリもあります。

電子マネーとして使う決済アプリの多くは事前チャージが必要なので少し手間がかかりますが、使い過ぎを防ぐこともできますし、必要に応じてオートチャージ機能を利用することもできます

クレジットカードと連携して使う場合は、クレジットカードを決済アプリを通じて間接的に利用することになるので、ポイント還元率がそのまま反映されることが多いです。

この先スマホ決済アプリはさらに普及する

日本はまだまだキャッシュレス化が遅れている国ですが、2020年の東京オリンピックに備えて外国人向けにキャッシュレス化はどんどん推進されています

そのため、この先もさらに決済アプリをはじめとするキャッシュレス化は普及するでしょう。

キャッシュレスの方がポイントが貯まるなどお得な要素がありますし、この先キャッシュレスが普通になることを考えると、今から使い慣れておく方が良いでしょう。

決済アプリとはどのようなものか
  • スマホを財布代わりとして使えるアプリ
  • 現金で支払うよりもポイントが貯まるなどのメリットが多い
  • 電子マネーと連携して先払いして使うことができる
  • クレジットカードと連携して後払いとして利用することも可能
  • 東京オリンピックに向けてどんどんキャッシュレスは推進されていく

次の章では、スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯める決済アプリについて紹介します。

スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯める決済アプリ

次に、スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯める決済アプリを4つ紹介します。

今回紹介する決済アプリは下記の4つです。

  • Apple Pay
  • 楽天Pay
  • LINE Pay
  • Google Pay

それぞれの決済アプリの特徴について詳しく解説するので、是非参考にしてください。

それぞれiPhone専用、Android専用の決済アプリもあるので注意してください。

Apple Pay

Apple Payの特徴は下記の通りです。

  • iPhone対応のICチップタイプのスマホ決済アプリ
  • iPhone 7以降が対象機種
  • ID・QUIC Pay・Suicaの3種類の電子マネーが使える
  • 各種クレジットカードの利用も可能
  • ポイント還元率はクレジットカードのポイント還元率が反映される
  • クレジットカードによってはApple Pay連携でポイント還元率がアップする可能性も
  • クレジットカードの情報はAppleにも保管されず利用した店舗に共有されることもないのでセキュリティ面も安心

楽天Pay

楽天ペイ

画像引用元:「楽天ペイ-カード払いをアプリひとつで」をApp Storeで

楽天Payの特徴は下記の通りです。

  • 楽天が取り扱っているスマホ決済アプリ
  • コード支払いが可能
  • チャージ式ではなく登録したクレジットカードを利用する
  • 事前にチャージをしたり、残高を気にする必要はない
  • 楽天カードと連携させるとポイント還元率が1.5%になるのでお得(その他のクレジットカードは0.5%)
  • 楽天カードに付随している楽天Edyは合計1.0%なので、楽天Edyよりもお得

アップルストア グーグルプレイ

楽天ペイのお得な使い方を解説|ポイント還元率最大3.5%のテクニック

LINE Pay

LINE Pay

画像引用元:LINE Pay

LINE Payの特徴は下記の通りです。

  • LINEが取り扱っているスマホ決済アプリ
  • コード決済も可能
  • 事前にチャージをして利用するか、クレジットカード決済か選べる(クレジットカードの場合はオンライン決済のみ)
  • 銀行口座、コンビニなどでのチャージが可能だがクレジットカードチャージは不可
  • LINE Payを使っているユーザー同士ならLINE Payを通じて個人送金が可能(手数料は無料)
  • ポイント還元率は利用状況に応じて0.5%から3.0%
  • マイカラーに合わせて最大5.0%になる
  • LINEアプリからそのまま使えるので新たにアプリのインストールや登録の手間はほぼかからない

アップルストア グーグルプレイ

LINE Pay(ラインペイ)とは?使い方からお得な支払い方法と注意点

Google Pay

画像引用元:Google Pay – これからのお財布 – Google Play のアプリ

Google Payの特徴は下記の通りです。

  • Androidスマホで使える決済アプリ
  • Android OS 5.0以上・おサイフケータイ対応機種で使える
  • 利用できる電子マネーはQUIC Pay、Suica、WAON、nanaco、楽天Edy
  • ポイント還元率は利用する電子マネーによって異なる
  • クレジットカードはQUIC Payで設定をすれば使える(JCB、LINE Pay、JACCS、Kyash)
  • QUIC Payの場合のポイント還元率はクレジットカードに順ずる
  • dポイントとTポイントも貯められる

グーグルプレイ

紹介した4つの決済アプリの特徴をまとめてみます。

スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯められる決済アプリ
  • iPhoneにクレジットカードを登録して使えるApple Pay
  • 楽天カードと連携させるとお得に楽天ポイントが貯まる楽天Pay
  • LINE Pay加盟店のオンライン決済にクレジットカードが利用できるLINE Pay
  • 電子マネーによってはクレジットカードのポイント還元率が反映されるGoogle Pay

次の章では、決済アプリと連携するクレジットカードの選び方について解説します。

決済アプリと連携するクレジットカードの選び方

大半の決済アプリは、クレジットカードを利用する時にクレジットカードのポイント還元率がそのまま適用されます。

そのため、ポイント還元率が高いに超したことはありません

また、普段からポイントを貯めている普段使い用のクレジットカードを登録すると良いでしょう。

クレジットカードとの組み合わせ次第では、ポイント還元率が上がるなどの特典もあります。

利用する決済アプリと相性の良いクレジットカードを選ぶのもおすすめです。

ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶ

クレジットカードの国際ブランド

決済アプリでクレジットカードを利用する場合、クレジットカードのポイント還元率がそのまま反映されるので、ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

普段使いで利用するクレジットカードを連携させる

普段ポイントを貯めているクレジットカードなど、普段使いで利用してるクレジットカードを登録しておくのもおすすめです。

特に、ポイント還元率が高いものの人前で見せるには少し恥ずかしいクレジットカードを決済アプリに登録しておくことで、クレジットカードを見せることなく買い物をすることも可能です。

決済アプリと相性の良いクレジットカードを選ぶ

楽天Payのように相性の良いクレジットカードを選ぶことで、よりポイント還元率をアップさせることができます。

そのため、決済アプリと相性の良いクレジットカードを選ぶこともおすすめです。

逆に、自分が普段使いしているクレジットカードと相性の良い決済アプリを選ぶのも良いでしょう。

クレジットカードおすすめ人気ランキング【2019年】

クレジットカードを利用する決済アプリの選び方

次に、クレジットカードを利用する決済アプリの選び方について解説します。

決済アプリを選ぶ時にも、もちろんクレジットカードとの相性は大事ですが、自分のスマホに合っているスマホ決済を利用することが大切です。

Felicaに対応していないスマホで、Felicaを使う決済アプリを利用することはできません。

また、オートチャージができるのか、クレジットカードからのチャージができるのかなど、決済アプリによって特徴も大きく異なります。

自分のニーズに合ったものを選ぶようにしましょう。

自分の使っているスマホに合ったアプリを選ぶ

Apple PayはiPhone 7以降の機種でないと使えませんし、Google PayもAndroid 5.0以上のOSを搭載しているAndroidスマホでないと使うことができません。

そのため、自分の使っているスマホに合った決済アプリを選ぶことが大切です。

Felica未対応の機種はQRコード決済・バーコード決済に対応しているものを選ぶ

Felicaが搭載されていないスマホ(おサイフケータイ未対応)は、Felicaを使った支払いをすることができません。

そのため、QRコードやバーコード決済ができる決済アプリを利用しなければいけません。

オートチャージなど手間の少ない決済アプリを選ぶ

チャージにクレジットカードが対応しているものや、事前チャージしなくても自動的にチャージされるオートチャージ機能が搭載されているものなど、自分のニーズに合ったものを選ぶことをおすすめします。

チャージ方法や支払い方法は、決済アプリの使い勝手の良さに直結するので、是非こだわりましょう。

クレジットカードとスマホ決済アプリは組み合わせ次第でどんどんお得に!

楽天ペイ

画像引用元:楽天ペイ: 楽天ペイ – 街もネットも簡単お支払い!期間限定ポイント使える!

最後に、決済アプリとクレジットカードの選び方についてまとめます。

決済アプリとクレジットカードの選び方
  • ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶべき
  • 普段使いで利用しているクレジットカードを使う
  • 連携してポイント還元率が上がるクレジットカードとスマホ決済アプリを選ぶ
  • オートチャージなど支払い方法やチャージ方法で選ぶ

決済アプリでクレジットカードを利用する場合、大半がクレジットカードのポイント還元率をそのまま反映しています。

そのため、決済アプリで利用するクレジットカードはポイント還元率が高いに超したことはありません

また、楽天Payのように、楽天カードとセットでよりポイント還元率が高くなるクレジットカードを選ぶのもおすすめです。

スマホ決済アプリの選び方に関しては、自分の使っているスマホの機種やスマホのOSのバージョンによって左右される可能性が高いです。

QRコード対応のものか、Felica対応のものかなど、自分のスマホに合ったものを使うのも大切です。

オートチャージ機能やチャージ方法が簡単なものを選ぶのもおすすめです。

スマホ決済の種類|Apple Pay、おサイフケータイ、QUICPayなどの違い