クレジットカードおすすめランキング

Apple Payに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

スマホとクレジットカード

Apple PayはiPhoneやApple Watchで使うことができる決済アプリのことです。

セキュリティも安全で、クレジットカードを直接登録できるなどの点から、非常に使い勝手の良い決済アプリとして定評があります。

まだサービスを開始して1年程度ですが、それでも使えるお店もかなり増えて来ました。

Apple Payで使うおすすめのクレジットカードの特徴
  • ポイント還元率が高い
  • 買い物時に自動的に割引されるクレジットカードもベター
  • 全てのクレジットカードがApple Payで使えるわけではないので注意

今回は、Apple Payに登録するおすすめのクレジットカードと、Apple Payはどのようなサービスなのかについて解説していきます。

また、併せてApple Payにクレジットカードを登録する方法についても紹介するので、初めてApple Payを使おうと考えている人は是非参考にしてください。

Apple Payとは?

まず、Apple Payとはどのようなサービスなのかについて解説します。

Apple Payは、iPhoneで使えるおサイフケータイというイメージで間違いありませんが、クレジットカードも登録できるという特徴があります。

Androidスマホで使えるおサイフケータイは、クレジットカードを登録することができず、電子マネーしか使うことができません。

そのため、Apple Payはおサイフケータイよりも使い勝手が良いと言われています。

Apple Payとおサイフケータイの違い|特徴とメリット・デメリット

iPhoneやApple Watchで使えるおサイフケータイ

Apple Payは「iPhoneやApple Watchで使えるおサイフケータイ」だと思ってください。

Apple専用のおサイフケータイなので、Androidスマホで使うことはできません

Androidスマホではおサイフケータイを使います。

iPhoneやApple Watchを専用の機械にかざして使うことができ、支払い時にカードやお金を財布から取り出す手間がかかりません。

クレジットカードを持ち歩く必要もなくなるので、クレジットカードの盗難や紛失のリスクも軽減させることができます。

おサイフケータイに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

使える電子マネーは3種類

使える電子マネーは、Suica、QUICPay、iDの3種類です。

SuicaはJR東日本を中心に利用できる交通系電子マネーで、コンビニなど使えるお店も多くなってきています。

QUICPayは、基本後払いの電子マネーで、クレジットカードについていることが多く、ポイント還元率もクレジットカードに準じます。

iDは電子マネーの中でも使えるお店がかなり多い電子マネーで、後払いと先払いの2パターンがあります。

クレジットカードを直接登録することも可能

Androidスマホで使えるおサイフケータイは、電子マネーしか使うことができません。

しかし、Apple Payはクレジットカードも使うことができます

クレジットカードをそのまま登録して使うことができるので、クレジットカードを持ち歩く必要もありません。

全て暗号化され情報も一切保管されないのでセキュリティも安全

Apple Payでクレジットカードを登録する際、カード番号や有効期限、セキュリティカードを読み込む必要があります。

「Apple側に情報が保管されるのでは?」と思うかもしれませんが、そもそもクレジットカードの情報は暗号化されるため、Apple側では一切情報は保管されません

そのため、Appleからの情報漏洩の可能性は極めて低いと言えます。

また、支払い時も店舗にクレジットカードの情報が共有されることもないので、不特定多数の店舗に情報を教えることもありません。

このため、不正利用や情報漏洩のリスクも軽減できます。

ポイント還元率はクレジットカードの持つポイント還元率が反映される

Apple Payを使う際に気になるのがポイント還元率です。

基本的に、Apple Payを介してクレジットカードを使っているので、ポイント還元率は従来のクレジットカードの還元率に準じます

そのため、なるべくポイント還元率の高いクレジットカードを登録してApple Payで使うことをおすすめします。

Apple Pay登録特典で一時的にポイント還元率がアップするクレジットカードもある

Apple Payはサービス開始をして間もないサービスです。

以前よりは減ったと思いますが、クレジットカードの中にはApple Payに登録をすることで、一時期ポイント還元率がアップするというキャンペーンもあります。

そのようなクレジットカードを探す、または自分の持っているクレジットカードにキャンペーンがないかどうか探すのもありです。

クレジットカードのポイント還元率を比較|おすすめの人気クレカを紹介!
Apple Payとは?
  • iPhoneやApple Watch版のおサイフケータイ
  • ID、Suica、QUIC Payの3種類の電子マネーが使える
  • クレジットカードの登録もできる
  • クレジットカードの情報は一切Appleにも保存されず利用店舗にも共有されないのでセキュリティも安心

次の章では、Apple Payに登録する上でおすすめのクレジットカードについて紹介します。

Apple Payに登録する上でおすすめのクレジットカード

次に、Apple Payに登録するおすすめのクレジットカードについて紹介します。

Apple Payで使うクレジットカードは、ポイント還元率や買い物時の割引などを重視すべきです。

Apple Payの魅力は、クレジットカードを掲示しなくてもiPhoneやApple Watchを通じてクレジットカード決済ができること。

つまり、ちょっと使うのが恥ずかしいと思っているような一般ステータスの還元率重視のクレジットカードも使いやすいのです。

ポイント還元率や買い物時の割引を重視すべき!

Apple Payはクレジットカードを見せて買い物をする必要がありません。

そのため、ポイント還元率や買い物時の割引を重視して、よりお得なクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

Apple Payに対応していないクレジットカードもあるので注意

国際ブランド自体はApple Payに対応していたとしても、クレジットカード会社によってはApple Payに対応していない場合もあります。

事前に自分の持つクレジットカードがApple Payに対応しているかどうか確認しましょう。

また、Apple Pay自体に対応していないお店もあります。

自分の普段利用しているお店が対応しているかどうかもチェックしておいた方が安心です。

楽天カード

楽天カードマスターカード(パンダ)

楽天カードの基本情報と特徴は下記の通りです。

楽天カード
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降無料
家族カード無料
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
電子マネー楽天Edy、QUICPay
モバイルSuicaのチャージによるポイント×
国際ブランドVISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、JCB
発行会社楽天カード株式会社
発行期間最短1週間
  • ポイント還元率は最大4%
  • 楽天会員のランクや付属するアプリの利用等でポイント還元率が10%以上になることも
  • 空港ラウンジの利用が年2回まで無料
  • 新規入会特典でポイントプレゼントなどお得なキャンペーンが多い
  • 審査が通りやすい

楽天カードは、ポイント還元率最強と言われているクレジットカードの1つです。

通常のお買い物のポイント還元率は1.0%です。

楽天サービスを利用したり、会員ランクを上げることで最大10%以上になることもあります。

楽天カードとApple Payの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

Orico Card THE POINT

orico card

画像引用元:入会後6ヵ月間はオリコポイント還元率2%

Orico Card THE POINTの基本情報と特徴は下記の通りです。

Orico Card THE POINT
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降無料
家族カード無料
旅行保険海外なし
国内なし
電子マネーiD、QUICPay
モバイルSuicaのチャージによるポイント
国際ブランドMastercard、JCB
発行会社株式会社オリエントコーポレーション
発行期間最短8営業日(オンライン申込)
  • 入会後6ヶ月間はポイント2倍
  • オリコモールの利用でさらに0.5%追加
  • 貯まったポイントは500ポイントから利用可
  • Tポイントや電子マネーなどさまざまなポイントに交換することができる

Orico Card THE POINTは、入会特典が非常に充実している傾向のあるクレジットカードです。

貯まったポイントは500ポイント単位でTポイントや電子マネーのチャージなどに交換することができます。

色々な使い方ができるので、貯まったポイントの使い道に迷うことも少ないでしょう。

Apple Payに登録するおすすめのクレジットカード
  • ポイント還元率の良いものや買い物時に割引が適用されるものがおすすめ
  • 楽天カードはクレジットカードの中でもポイント還元率最強のクレジットカード
  • Orico Card THE POINTは貯まったポイントをさまざまなポイントに交換することができ使い勝手が良い
  • 全てのクレジットカードが対応しているわけではないので注意が必要
ポイント還元率が10%以上のお得なクレジットカードの特徴と比較

次の章では、Apple Payでクレジットカードを使う時の登録・設定方法について解説します。

Apple Payでクレジットカードを使う時の登録・設定方法

次に、Apple Payでクレジットカードを使う時の登録・設定方法について解説します。

Apple Payでクレジットカードを使う方法は非常に簡単です。

  1. iPhoneでWalletアプリを開く
  2. クレジットカードを追加する+マークをタップ
  3. クレジットカードを読み込む(手入力も可)
  4. セキュリティコードを入力して登録完了

既にクレジットカードを登録したことがある人は、これまで利用してきた手順で問題ありません。

複雑な手順は一切ないので、1度登録をすればあとは必要に応じてスムーズに他のクレジットカードも登録できるようになると思います。

また、Apple Watchで使う場合も、ペアリングしているiPhoneのWalletアプリで事前に登録をしておく必要があるので注意しましょう。

iPhoneでWalletアプリを開く

まず、iPhoneでWalletアプリを開きます。

WalletアプリはiPhoneにプリインストールされているので、自分でインストールする必要はありません。

追加の「+」のマークをタップしてクレジットカードを読み込む(手入力も可)

Walletアプリを開いたら、画面にある+をタップします。

そこでクレジットカードをカメラを使って読み込むことができるので、登録したいクレジットカードを用意してください。

尚、読み込みが上手くいかない場合は手入力をすることもできます。

セキュリティコードを入力して登録完了

セキュリティコードは手入力が必要です。

アメリカン・エキスプレスの場合は表面にある4桁の数字、その他のクレジットカードは裏面にある数字(3桁)がセキュリティコードです。

その後、SMSに届く8桁の認証番号を登録してアクティベートが完了して使えるようになります。

Apple Watchで使う場合もペアリングするiPhoneのWalletアプリに登録する必要がある

Apple WatchでApple Payを使う場合も、Apple WatchにペアリングをするiPhoneで事前に上記の手順でクレジットカードを登録しなければいけません。

ペアリングしたiPhoneに登録されているクレジットカードなら、Apple WatchをかざしてApple Payを使って支払いをすることができます。

Apple Payはクレジットカードを持ち歩く必要なく買い物できる便利なツール

Apple Pay

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

最後に、Apple Payにクレジットカードを登録・設定する方法についてまとめます。

Apple Payにクレジットカードを登録・設定する方法
  • iPhoneもApple WatchもiPhoneにあるWalletアプリから登録が必要
  • 追加マークをタップして使うクレジットカードを読み込む
  • 上手く読み込まない場合は手入力も可能
  • セキュリティコードなどを入力すれば登録完了

Apple Payは、iPhoneのWalletアプリにクレジットカードを登録することで、iPhoneやApple Watchをかざすだけでクレジットカード支払いができる機能です。

iPhoneやApple Watchを介して決済が行われるので、買い物した店舗にクレジットカードの情報が共有されることがなく、情報漏洩のリスクを軽減させることにも役立ちます。

さらに、クレジットカードを掲示する必要がないので、還元率重視だけど少し人前で使うことに抵抗のあるクレジットカードも使いやすくなります。

Apple Payでは、是非還元率や割引重視のお得なクレジットカードを使ってみてくださいね。

Apple Payに登録するおすすめ銀行系デビットカードと設定方法

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定