クレジットカードおすすめランキング

クレジットカード発行会社ランキング|それぞれの特徴と違いを解説

クレジットカード

現在クレジットカードの種類はかなり多く、どのクレジットカードを契約すべきなのか悩んでいる人も多いと思います。

そんな人にまずしてほしいのが、クレジットカード発行会社で選ぶという点です。

自分が契約したいクレジットカード発行会社を絞り込むだけでも、契約するクレジットカードがかなり選びやすくなるでしょう。

おすすめクレジットカード発行会社
  • ポイントが貯まりやすいネット・通信系クレジットカード
  • 幅広い特典が選べる信販会社系クレジットカード
  • ステータスの証明にもなるプロパーカード
  • 特定の店舗で利用するとお得な店舗系クレジットカード
  • マイルを貯めてお得に航空券がゲットできる航空系クレジットカード

クレジットカード発行会社によって、クレジットカードの特徴は大きく異なります。

今回は、そんなクレジットカード発行会社をおすすめ順にランキング化し、それぞれの特徴について解説してみました。

クレジットカード発行会社とは具体的にどのようなものなのかについても解説しているので、クレジットカードを新しく契約しようと考えている人は、是非チェックしてください。

クレジットカードおすすめ人気ランキング【2020年】

クレジットカード発行会社について

クレジットカード

まず、クレジットカード発行会社について解説をします。

クレジットカード発行会社とは、文字通りクレジットカードを発行する会社のことです。

カードブランドであるVISAやJCBが直接取り扱っている場合もあれば、それぞれのカードブランドに提携している企業が取り扱っている場合もあります

クレジットカード発行会社によって特徴が異なるため、自分のニーズに合ったものを選びよりお得に運営するべきでしょう。

選ぶ発行会社によってどのような違いがあるのか

まず、選ぶクレジットカード発行会社によって以下のような点が異なるといわれてます。

  • 選べるカードブランド
  • ポイント還元率
  • 旅行保険などの各種補償サービス
  • その他カードに付随するサービスの内容
  • クレジットカードのステータスそのもの

クレジットカード発行会社によってポイント還元率も大きく異なりますし、クーポンや優待価格での利用などのサービスなども大きく異なります。

さらに、審査の厳しさにより、程度の年収や財力を示すことができるステータス重視のクレジットカード発行会社もあります。

自分のニーズによって選ぶべき発行会社は異なる

上記のように、選ぶクレジットカード発行会社によって大きくクレジットカードの特徴が異なるため、自分のニーズを把握してクレジットカード発行会社を選ぶことが大切です。

審査が不安な人は審査が緩いと定評のあるクレジットカード、ポイントを重視したい人はポイント還元率の高いクレジットカード発行会社を選ぶなどです。

そのように的確なクレジットカード発行会社を選ぶためにも、あらかじめどのクレジットカード発行会社がどんな特徴があるのか知っておく必要があります。

ステータス重視とポイント重視のクレジットカードの複数持ちがおすすめ

おすすめのクレジットカードの持ち方としては、持つクレジットカードを1枚に絞り込むのではなく、複数枚持って必要に応じて使い分けるという方法です。

例えば、ある程度フォーマルな食事会などの支払いはステータスが高いクレジットカードを使い、普段の生活ではポイント還元率の高いクレジットカードを使うなどです。

もちろん、年収やこれまでのクレジットカードの利用履歴によっては複数のクレジットカードが審査上持てない場合もありますが、複数持つことによってさまざまなシーンで自分の望んだ使い方ができるようになるでしょう。

クレジットカード発行会社の違い
  • 優待利用やクーポンプレゼントなど提供しているサービス内容
  • ポイント還元率
  • 選べるカードブランド
  • 旅行保険などの補償サービス
  • ステータス重視とポイント重視のクレジットカードの複数持ちもおすすめ

クレジットカード発行会社ランキングとそれぞれの特徴

最近では、クレジットカードに全く関係のない企業もクレジットカードのサービスを開始し、それぞれの企業の取り扱っている商品やサービスに合わせて色々な特典やサービスを用意しています

その中でも、おすすめのクレジットカード発行会社は下記の通りです。

  • ネット・通信系クレジットカード
  • 信販会社系クレジットカード
  • プロパーカード
  • 店舗系クレジットカード
  • 航空系クレジットカード

クレジットカードを取り扱っている企業の方が少ないのではないか?と思えるほどに、さまざまな企業がクレジットカードのサービスを行っています。

上記のクレジットカード発行会社をおすすめ順にランキング化し、それぞれの特徴も紹介するので是非参考にしてください。

1位:ポイント重視ならネット・通信系クレジットカード

楽天カード

楽天カードやYahoo!カードのようなネット関係のクレジットカードや、dカードやau WALLET クレジットカードなど携帯キャリアが運営しているクレジットカードがあります。

それらの特徴は、ポイント還元率がかなり高い(通常利用で1%以上あることがほとんど)という点が大きく挙げられます。また、年会費が無料というクレジットカードも多いです。

これらのクレジットカード発行会社は、自分の使っている携帯電話のキャリアが一致していたり、楽天市場やYahoo!のサービスを頻繁に利用している人にはかなりおすすめです。

通常利用でポイント還元率が1%あるので、普段使いで生活費の支払いとして使うクレジットカードとしても良いでしょう。

デメリットとしては、携帯キャリアの場合、そのキャリアを解約してしまうとメリットがほぼ全てなくなってしまうという点が挙げられます。

2位:幅広い特典やサービスを取り扱う信販会社系クレジットカード

ライフカード

セディナ、オリコ、ライフカード、セゾンカードなど、何かを買い物した時に分割支払いをする時などにユーザーの支払い状況を管理する信販会社から提供されているクレジットカードもあります。

これらのクレジットカードの特徴は、年会費が安いまたは無料、そしてさまざまな特典がついているという点です。

ポイント還元率も平均して0.5%から1.0%程度と比較的高く、審査が通りやすいのも魅力的。

カードによってクーポンや優待利用、空港ラウンジ利用など色々な特典があるので、自分に合った特典のあるクレジットカードを選ぶことができます。

デメリットは、ステータス面はそこまで高くないという点です。

3位:ステータス重視!1枚は持っておくべきプロパーカード

JCB GOLD Card

JCBカード、三井住友カード、MasterCard、AMEXなど、普段クレジットカードを契約する時に選ぶかードブランドが直接取り扱っているクレジットカードのことを、プロパーカードと呼びます。

これらのプロパーカードは、どのランクのクレジットカードも比較的審査が厳しく、ステータス性も高いことに定評があります

一方でポイント還元率は低い傾向にありますが、空港ラウンジの利用や旅行の保険サービス、レンタカーなどさまざまなサービスが充実している点がポイント。

これから年齢を重ね、収入が増えることを見越して事前に契約しておくのも1つの方法です。

4位:特定のスーパーやコンビニでお得に使える!店舗系クレジットカード

イオンカード

イオンカードやファミマTカードなど、特定の店舗や商業施設が取り扱っているクレジットカードです。

これらのクレジットカードの大きな特徴は、特定のスーパーやコンビニなどでお得にポイントが貯められるという点です。

特にイオンなどは、買い物でもよく利用する人も多いと思うので、普段使いにもぴったりです。

デメリットとしては、クレジットカードを取り扱っている店舗をあまり利用しないのであればそこまでメリットがないという点が挙げられます。

5位:ATMの手数料が無料などお得な特典あり!銀行系クレジットカード

三井住友カードVISAカードアミティエ

三井住友や三菱東京UFJなど、銀行が取り扱っているクレジットカードもあります。口座開設時に勧められたことがある人も多いかもしれません。

銀行系のクレジットカードも他のクレジットカードと比べて審査が厳しい傾向にありますが、ポイント還元率などはそこまで高くない印象です。

しかし、クレジットカードを取り扱っている銀行のATMでの、時間外の振込みや出金の手数料が無料になるなどの特典があり、よりお得にATMを利用できるなどのメリットが挙げられます。

メインバンクの銀行系クレジットカードを持つのもおすすめです。

6位:航空券をお得に利用するならマイルを貯めよう!航空系クレジットカード

楽天ANAマイレージクラブカード

JALカードやANAカードなど、航空会社が取り扱っているクレジットカードもあります。

航空系クレジットカードの特徴は、利用した航空券のグレードや距離によって貯めることができるマイレージというサービスがある点です。

マイルを貯めて、後から航空券と交換したり、座席のグレードを上げることができるようになります。

もちろん、飛行機を利用せずに特定のサービスを利用して貯めることもできるので、「陸マイラー」と呼ばれる人もいます。

結婚式の費用をマイルが貯まるクレジットカードで支払い、その貯まったマイルで新婚旅行の航空券がほぼ無料ということも可能だそうですね。

デメリットは、航空関係のサービスでしかマイルが利用できないという点です。ポイントに変換することも可能ですが、それならポイント還元率がお得なクレジットカードを選ぶべきです。

おすすめクレジットカード発行会社6選
  • ポイント重視の人におすすめ!ネット・通信系クレジットカード
  • 自分のニーズに合った特典やサービスが選べるのは信販会社系クレジットカード
  • ステータス重視の人におすすめなプロパーカード
  • 特定の店舗で利用するとポイントがお得に還元される店舗系クレジットカード
  • マイルを貯めてお得に海外旅行!航空系クレジットカード

クレジットカード発行会社によって契約時に起こりえる違いとは

クレジットカードで買い物をする

次に、クレジットカード発行会社によって契約時に起こりえる違いについて解説します。

クレジットカード発行会社が異なるだけで、契約時にも大きく異なる点がいくつかあるので、それぞれピックアップしてみました。

審査基準が違う

クレジットカード発行会社によって審査基準が異なります。

○○は通ったのに、△△は審査に落ちたなんてことも有り得ます。

ステータス性の高いクレジットカードは特に審査基準が厳しい傾向にあります。

自分のこれまでのクレジットカードの利用履歴や年収を考慮して、身の丈に合ったクレジットカードを選ぶことも大切です。

申し込み可能な条件が異なる

年齢から年収の金額など、申し込み可能な条件が異なる場合も多いです。

特に多いのは、18歳以上・20歳以上など年齢制限が異なる点です。さらに、大学生・フリーター・主婦でも申し込めるかどうかも異なります。

自分が申し込み条件と一致しているのか、しっかりと確認しましょう。

支払い日や締め日、支払い方法が異なる可能性も

これは利用してからの話になりますが、支払日や締め日はクレジットカード発行会社によって大きく異なります。

そのため、自分の給料日等と照らし合わせて問題ないかどうか確認することも大切です。

勤め先に電話確認する会社としない会社もある

本当にこの会社で働いているのかどうか、ということで勤め先に電話が入るクレジットカード発行会社も少なくありません。

一方で、電話を一切しない審査の甘いクレジットカード発行会社もあります

クレジットカードの契約を知られたくないということはないとは思いますが、もし勤め先に電話をされたくない!という場合は電話確認のないクレジットカード会社を選びましょう。

発行会社によって使い勝手は大きく異なる

最後に、クレジットカード発行会社によって契約時に生じる可能性の高いものについてまとめます。

発行会社によって契約時に生じる可能性の高いこと
  • 審査基準
  • 申し込み可能な条件
  • 支払い日や締め日、支払い方法など
  • 勤め先への電話確認の有無

クレジットカードは、クレジットカード発行会社によって特徴が大きく異なります。

特徴だけでなく、ポイント還元率や特典内容など、実際に使っていく上でよりお得に使うための重要な要素も大きく異なるので、しっかりと見極めなければいけません

自分のニーズに合ったクレジットカード発行会社を選び、よりお得にクレジットカードを運用できるようにしましょう。

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定