クレジットカードおすすめランキング

クレジットカードのポイントの使い方|何と交換するのが1番お得?

カード画像素材

クレジットカードを使っていると、貯めているつもりがなくても気付いたらある程度ポイントが貯まっていることはよくあります。

いざポイントを使おうと思っても、一体何に使えば良いのかわからない、迷ってしまうという人が多いのではないでしょうか。

クレジットカードのポイントの使い方としてメジャーな方法は下記の通りです。

クレジットカードのポイントの使い方
  • 家電などの商品と交換する
  • 好きな商品を選べるカタログギフトをもらう
  • 商品券などの金券と交換
  • 電子マネーのチャージやポイントに交換
  • ポイントからマイルに変換

ポイントの使い方はたくさんありますが、どれを選んでも損得はないのかと言われると、そうだとは断言できません。どの交換方法にもメリット・デメリットがあります

そこで今回は、クレジットカードのポイントの使い方と、どのようにすれば1番お得になるのかという点について詳しく解説していきます。

併せて、クレジットカードのポイントを使う場合の注意点についても言及していくので、是非参考にしてください。

クレジットカードのポイントの使い方と交換できる商品について

クレジットカード

まず、クレジットカードのポイントの使い方と交換できる商品について紹介します。

メジャーな使い方・交換できる商品については下記の通りです。

  • 家電製品などの商品
  • 好きな商品を選べるカタログギフト
  • 商品券などの金券
  • クレジットカードの支払いに直接ポイントを充てる
  • 電子マネーのチャージや買い物で使えるポイントに交換
  • ポイントをマイルに交換

クレジットカードのポイント交換サイトを見ていると、大体最初に大きく出てくるのは家電製品などの商品と交換できるページです。

しかし、最初に大々的に出ているからといって決してお得ではありません。

後述にて詳しく解説しますが、筆者はクレジットカードの支払いに充てる・電子マネーやポイントに交換することをおすすめしています。

家電製品などの商品

有名メーカーの家電や美容用品、ブランド物の服やアクセサリーなど、さまざまな商品と交換することができます。

狙っている商品があれば、ポイントを使って交換するのも1つの手でしょう。

しかし、交換に必要なポイントを金額に換算し、最安値で同じ商品がいくらで購入できるのか1度チェックしてみることをおすすめします

好きな商品を選べるカタログギフト

ポイント数に応じてランクの異なるカタログギフトを選ぶことができます。

カタログギフトとは、カタログ内にある商品を1つだけ好きな物を選んで注文できるというものです。

交換するポイント数に応じてランクが異なり、ランクが高ければ高いほど高価な商品が手に入ります。

結婚式の引き出物のカタログギフトとほぼ同じだと思ってください。

商品券などの金券

JCBギフトカード

画像引用元:JCBギフトカード|クレジットカードなら、JCBカード

JCB商品券など、ギフト券と交換することもできます。

大体1円=1ポイントなので、好きな金額分もらうことができるでしょう。

スーパーや百貨店などで使うことができますし、購入する商品が限られていないのでかなり自由度が高いです。

換金ショップで現金にすることもできます。

クレジットカードの支払い額に還元・電子マネーのチャージやポイントに交換

月々のクレジットカードの請求額に直接還元できるクレジットカードもあります。

遣い過ぎたな、と思った時に利用するのもおすすめです。

また、楽天Edyなどの電子マネーのチャージとしても交換することができますし、通販サイトなどで利用できるポイントに交換することもできます

こちらも、商品券と同様使う用途が限られていないので、かなり自由度が高いといえます。

最近では電子マネーを使えるお店はかなり増えていますし、現金同然に使えるでしょう。

ポイント⇔マイルの変換も可能

クレジットカードの中には、ポイントからマイルに変換することができるサービスを取り扱う会社もあります。

マイルとは、航空会社が運営しているポイントプログラムのことで、本来は飛行機で移動した距離に合わせてポイントが貯まるという仕組みでしたが、最近では飛行機に乗らなくてもポイントが貯まる傾向が強いそうです。

そんなマイルは、航空券と交換できたり、座席をエコノミーからビジネスにランクアップするなどの特典を利用することができます。

飛行機移動の多い人にはかなりおすすめです。

クレジットカードのポイントで交換できる商品
  • 家電製品など
  • 好きな商品を選べるカタログギフト
  • 商品券などの金券
  • 電子マネーのチャージやポイント
  • ポイントからマイルに変換

クレジットカードのポイントはどのように使うのがお得?

考えている女性

次に、クレジットカードのポイントはどのように使うのがお得なのかについて解説します。

クレジットカードのポイントは、1つの商品と交換したり、ある程度の商品しか選べないカタログギフトのように用途が限られているものと交換するのはあまりおすすめしません

クレジットカードのポイントは、なるべく自由度が高く、色々な用途ができるものに交換することをおすすめします。

自由度が高ければ、必要な時に必要なだけ使うことができますし、「使わなきゃもったいない!」と無理矢理使う必要もありません。

幅広く使えるものに交換するのがベスト

とにかく、幅広い用途で使える自由度の高いものに交換することがベストです。

自由度が高いものというと、下記のようなものです。

  • 商品券
  • クレジットカードの支払いに還元
  • 電子マネーのチャージ
  • 買い物で使えるポイント

これらの交換方法は購入するものが限られませんし、比較的自由に使うことができます。

商品券などの金券をもらって換金する

商品券などの金券は、そのまま対応しているお店で使うこともできます。

また、お店に関係なく使いたいという場合は、換金ショップに行って現金と交換してもらうこともできます。

そのため、かなり自由度が高いと言えるでしょう。

しかし、換金ショップでの換金率は決して100%にならないので、ある程度手数料として取られると思ってください。

クレジットカードの支払いに還元、または電子マネーやポイントに交換する

クレジットカードの支払いに還元することで、過去に購入した商品を実質割引させることができます。

遣い過ぎてしまった月の請求額に充てることができれば、その月の支払いの負担も抑えることが可能です。

また、電子マネーや通販サイトなどで使えるポイントに交換することもできるので、購入できる商品も用途もかなり幅広いといえるでしょう。

商品への交換・カタログギフトはあまりおすすめできない

狙っている商品があれば良いのですが、商品やカタログギフトへの交換はあまりおすすめできません。

なぜかというと、直接買った方が安い場合が多いからです。

交換に必要なポイント数を金額に換算し、実際に購入できる最安値をチェックしてみてください。

家電などは特に、家電量販店で交渉して安く買った方がお得になる場合が多いです。

カタログギフトも、金額によってランクは分けられていますが、実際にそれぞれの商品を調べてみたらカタログを交換したポイント相当の金額より安いものが多いです。

全てが全てそうだとは限りませんが、損する可能性が高いのであまりおすすめはしません。

次の章ではクレジットカードのポイントはどのように使うのがお得かについて解説します。

クレジットカードのポイント還元率を比較|おすすめの人気クレカを紹介!

割引やポイント・電子マネーに交換するのが1番お得!

前章で軽く触れましたが、筆者としてはクレジットカード支払いの割引やポイント・電子マネーに交換することをおすすめしています。

では、これらのポイントや電子マネー、割引に交換するメリットは何でしょうか。

  • 1ポイント=1円のレートが基本で手数料もほとんどかからない
  • 自分が頻繁に利用するお店や通販に合わせて選ぶことができる
  • クレジットカードの割引に充ててしまえば、これまで買い物した分の金額が安くなり支払いの負担が減る

使えるお店や通販は選ばなければいけませんが、そこで比較的たくさんの商品を選ぶことができますし、カタログギフトとは比べ物にならないくらい自由度が高いです。

最近は電子マネーもほぼ現金同然に使えるようになってきたので、迷ったらとりあえず電子マネーにチャージするのも良いかもしれません。

また、「今月遣い過ぎたな…」という月のクレジットカードの支払い額にポイントを還元すれば、その分支払いの負担を減らすことができます

何かを購入するというわけではありませんが、これまで購入した商品を実質割引しているという点でも、クレジットカードの支払い額に充てるのもアリです。

1ポイント=1円で手数料も一切かからない場合が多い

1円

前述しましたが、商品券などを換金する場合、換金率が100%になることは有り得ません。

大体95%程度の換金率となるので、残りの5%は手数料として業者側の利益となります

商品券をそのまま利用するのであれば問題ありませんが、換金する場合は多少損します。

そのため、比較的1ポイント=1円で交換でき、手数料がかかることも少ない電子マネーやポイントへの交換の方がお得です。

マイルに交換する場合も普通にマイルを貯めるよりも還元率が悪い可能性がある

マイルに交換できる制度もありますが、直接マイルを貯めるよりも還元率が悪い可能性もあります。

そのため、マイル重視の人は最初からマイルが多く貯まるクレジットカードを別に持つべきでしょう。

電子マネーやポイントなら自分が普段頻繁に利用するお店や通販に合わせて選べる

電子マネーやポイントに交換するのは、自分が普段利用しているお店や通販サイトに合わせて交換できるという点もメリットです。

また、購入する商品が指定されているわけではないので、いつ自分が何を買っても使うことができます。

現金同然に使えるくらいに電子マネーも普及されているので、コンビニでちょっとしたコーヒーやお菓子を買うことから百貨店で自分へのご褒美に高価なものを買うまで幅広く使うことができるでしょう。

クレジットカードのポイントはどのように使えばお得?
  • クレジットカードの支払い額に充てたり電子マネーのチャージやポイントと交換するのが1番お得
  • 商品券を換金する場合も換金率が100%になることはない
  • マイルに交換する場合もマイルを直接貯めているよりも還元率が悪い傾向にある
  • カタログギフトや家電製品などの商品は基本ポイント相応額に見合っていない可能性が高い

クレジットカードのポイントを使う時の注意点

確認する男性

次に、クレジットカードのポイントを使う時の注意点について解説します。

クレジットカードのポイントを使う上で注意しなければいけないのは有効期限です。

最近のクレジットカードの大半は有効期限が無期限のものが多いですが、キャンペーン中に手に入れたポイントなど、仕様が異なり有効期限付きのものもあります

そのため、自分が今貯めているポイントの有効期限は必ず1度チェックするようにしてください。

いくらお得に使えるポイントと言っても、有効期限が過ぎて使えなくなったら元も子もありません。

有効期限以内に必ず使う

ないものもありますが、クレジットカードのポイントの中には有効期限があるポイントもあります。

有効期限が過ぎたポイントは使うことができません。必ず有効期限内に使うようにしましょう。

期間限定ポイントなど有効期限が通常より短いポイントもあるので注意

期間限定のキャンペーンなどでまとまってもらえたポイントは、基本的に通常のポイントよりも有効期限が短い可能性が高いです。

自分の持っているポイントが2種類ではないか、有効期限があるかどうかは必ずチェックしましょう。

クレジットカードのポイントは貯まるほどお得!

クレジットカードでお買い物

最後に、クレジットカードのポイントを上手に使うコツについてまとめます。

クレジットーカードのポイントを上手に使うコツ
  • 使える自由度の高いものと交換するべき
  • クレジットカードの支払いに直接充てることも可能
  • さまざまな買い物に使える電子マネーやポイントい交換するのがおすすめ
  • その他の商品に交換すると損をしてしまう可能性が高い

クレジットカードのポイントは、交換できるものや使い方が非常に幅広いので、どのように使うべきなのか悩む人も多いかもしれません。

しかし、使い方によってはポイント相当額より損してしまう場合もあるので、注意が必要です。

クレジットカードのポイントの交換に悩んでいる人は、是非自由度の高い商材と交換することを重視してみてください

実際にお店で現金として使える商品券や電子マネー、通販サイトなどで使えるポイントなどがおすすめです。

また、月々のクレジットカードの支払いにポイントを直接充てるのもおすすめです。

クレジットカードのポイントは、貯めれば貯めるだけお得になりますし、それをより有効的に使えば尚更お得になります。

有効期限に気をつけて、自分に合った最適な方法でポイントを使っていきましょう!

クレジットカードのポイントの貯め方|効率的良く貯めるコツ!

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定