東京で得するクレジットカード7選|利用する鉄道・小売店がカギ

網の目のように張り巡らされた鉄道、乱立する小売店…そんな中でもよく利用するサービスに合わせてクレジットカードを選ぶのが東京でお得に暮らすコツです。Suica・PASMOと相性の良いカードを中心に、東京在住者におすすめのカードをまとめました。
  • 2021年9月13日
  • 2021年9月13日
東京で得するクレジットカード

今やクレジットカードは日常生活を送る中で必要不可欠なものです。

とくに、東京で暮らす上ではクレジットカードが欠かせません。

SuicaやPASMOを使うならクレジットチャージでポイントが貯まる上、オートチャージで残高不足の心配もありません。

電車で通勤・通学している方は、鉄道会社・交通系電子マネーに合わせてカードを選びましょう。

また、東京はさまざまな小売店が集まる日本の中心地です。普段から利用するお店で得するカードを選ぶのも賢明でしょう。

本記事では東京で得するクレジットカードの選び方を解説し、さらにおすすめのカード7選を紹介します。

クレジットカードで人気のおすすめ10枚を比較|最強はコレ!

※本記事の価格は全て税込みです。

迷ったらコレ!毎日クレカの記事を編集している私が選んだ8枚

東京在住者がクレジットカードを選ぶ基準

東京在住者がクレジットカードを選ぶ際のポイントは以下の2つです。

東京在住者がクレジットカードを選ぶ基準
  • 鉄道会社・交通系電子マネーに合わせて選ぶ
  • 普段利用するお店で特典を受けられるカードを選ぶ

鉄道会社・交通系電子マネーに合わせて選ぶ

Suicaのイメージ

通勤・通学で交通系電子マネーを利用する場合は、その交通系電子マネーと相性が良いクレジットカードを選びましょう。

東京で主に利用されている交通系電子マネーには、SuicaとPASMOの2つがあります。

どちらも現金によるチャージができるので、単体でももちろん利用可能です。

しかし、クレジットカードを組み合わせることで以下のメリットが得られ、より便利でお得になります。

  • ポイントが貯まりやすくなる
  • オートチャージでチャージの手間を省ける
  • 一体型カードならクレジットカードと電子マネーの1枚2役
  • 定期券を搭載できるカードもある
  • 鉄道会社の駅ビルや百貨店での特典もあり

Suica利用者はSuicaと、PASMO利用者はPASMOと相性が良いカードを選ぶのがおすすめです。

普段利用するお店で特典を受けられるカードを選ぶ

コンビニエンスストア

東京にはコンビニや家電量販店、百貨店などさまざまな小売店が集まっています。

その中でも普段からよく利用するお店で特典を受けられるカードを選ぶとお得です。

例えばコンビニをよく利用するなら、コンビニで割引やポイント還元率アップなどの特典を受けられるカードを選びましょう。

特定のお店だけでなく、複数のお店で特典・優待を受けられるカードもあります。

いろいろなお店を利用する方なら、そのようなカードを選ぶのもアリですね。

どちらにせよ「自分が利用するお店でお得になるか?」が最大のポイントと言えます。

それでは、上記2つの基準を元に選んだ東京で得する7枚を紹介します。

東京で得するクレジットカード7選
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
  • JALカード OPクレジット
  • 三井住友カード(NL)
  • ダイナースクラブカード
  • エポスゴールドカード
  • ビックカメラSuicaカード

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
還元率ポイント0.5%~
マイル0.5%~1.0%
年会費初年度無料
2年目以降2,200円(税込)
家族カード1,100円(税込)
旅行保険海外最高1,000万円(自動付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay、PASMO
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短1週間

東京メトロ利用者におすすめは、ANA To Me CARD PASMO JCB、通称ソラチカカードです。

1枚でPASMO、JCBカード、ANAカードの機能を持ち、さらにPASMO定期券の搭載も可能です。

ソラチカカードのお得ポイント
  • PASMO、定期券、クレジットカードが1枚にまとまる
  • PASMOオートチャージ対応
  • 2つのポイント+ANAマイルが貯まる
  • 貯まったポイントをANAマイルへ移行できる

ソラチカカードなら、PASMOへのオートチャージも可能です。電車に乗る際も残高を気にする必要はありません。

マイルの貯まりやすさも魅力の1つ。カード利用でOki Dokiポイント、ANAマイル、メトロポイントの3つのポイントが貯まります。

項目Oki Dokiポイント(ANAマイル)メトロポイント
東京メトロ線への乗車
(1乗車ごと)
-平日:5ポイント
土休日:15ポイント
メトロポイントPlus加盟店でのPASMO利用店舗:200円につき1ポイント
自販機:100円につき1ポイント
定期券購入1,000円につき1ポイント
(マイルコース選択で5マイルまたは10マイル)
1,000円につき5ポイント
その他クレジット利用
(オートチャージ含む)
-

ショッピング利用または東京メトロに乗車してポイントが貯まり、貯まったポイントをANAマイルへ集約できます。

ソラチカカードがあれば普段の買い物や通勤・通学でコツコツとANAマイルが貯まっていくでしょう。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
還元率ポイント0.5%~10.0%
マイル0.5%
年会費初年度無料
2年目以降1,100円
家族カード初年度:無料
2年目以降:330円
旅行保険海外1,000万円(利用付帯)
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社東急カード株式会社
発行期間通常4週間

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOは、東急電鉄や東急グループのお店を利用するPASMOユーザーにおすすめのカードです。

ソラチカカード同様、PASMO・定期券・クレジットカードを1枚にまとめられます。

もちろんPASMOへのオートチャージも可能です。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOのお得ポイント
  • PASMO、定期券、クレジットカードが1枚にまとまる
  • PASMOオートチャージ対応
  • 東急グループならポイント還元率が最大10%
  • ポイントはJALマイルへ交換可能

ショッピングやPASMOへのチャージなどでTOKYUポイントが貯まります。

通常還元率は0.5%ですが、東急グループでは還元率が最大10%までアップします。

  • 東急百貨店:3.0~10%
  • 東急ストア・プレッセ:1.5%
  • 東急プラザ:3.0%

上記のお店を利用するなら、ポイントがザクザク貯まりますよ。

貯まったポイントはJALマイルへ交換可能です。

普段の買い物や東急電鉄の利用でJALマイルを貯めたい方にピッタリですね。

JALカード OPクレジット

JALカード OPクレジット

JALカード OPクレジット
還元率ポイント最大10%の小田急ポイント(加盟店により異なる)
マイル0.5%~
年会費初年度無料~17,600円
2年目以降2,200円~17,600円
家族カード1,100円
旅行保険海外最高1,000万円~最高1億円
国内最高1,000万円~最高1億円
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネー-
国際ブランドJCB
発行会社小田急電鉄株式会社
発行期間最短2週間

JALカード OPクレジットは、小田急線を利用するPASMOユーザーにおすすめのカードです。

PASMO一体型ではありませんが、オートチャージに対応しています。

JALカード OPクレジットのお得ポイント
  • PASMOオートチャージ対応
  • JALマイルがザクザク貯まる
  • 小田急ポイント加盟店なら最大10%ポイント還元
  • 貯まったポイントもマイルと交換可能

ショッピング利用やオートチャージでJALマイルを貯められます。

通常時の還元率は0.5%ですが、JALカード特約店で利用すると還元率が2倍になります。

その上、JALカードショッピングマイル・プレミアム(年会費3,300円)に加入すると還元率がさらに2倍です。

JALカード特約店と合わせると100円で2マイル貯まり、マイル還元率は驚きの2.0%です。

JALマイラーなら、JALカードショッピングマイル・プレミアムへの加入はマストと言えますね。

なお、小田急ポイント加盟店ならカード提示で最大10%の小田急ポイントが貯まります。

貯めたポイントは1ポイント=1円で使える他、JALマイルへ交換可能です。

JALカードは他にもたくさんありますが、小田急線ユーザーにはJALカード OPクレジットが最適です。

三井住友カード(NL)

三井住友VISAカードナンバーレス

三井住友カード ナンバーレス
還元率ポイント0.5%~5.0%
マイル0.25%〜2.5%
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費初年度無料
次年度550円
(ETCの利用が前年に1回以上の場合、無料)
電子マネーiD
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短翌営業日発行
※即日発行申し込みなら最短5分で発行

三井住友カード(NL)は、コンビニ大手(セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン)およびマクドナルドをよく利用する方に特におすすめのカードです。

三井住友カード(NL)のお得ポイント
  • コンビニ・マクドナルドで最大5.0%還元
  • 年会費は永年無料
  • 最短5分で発行可能

コンビニおよびマクドナルドでは最大5.0%のポイント還元を受けられます。内訳は以下の通り。

  • 通常のポイント還元:0.5%
  • 上記のお店で利用:+2.0%
  • VISAタッチ決済・Mastercardコンタクトレスを利用:+2.5%

東京はコンビニが多く、特定のお店でなく利用するお店がバラバラという方も多いでしょう。

そんな方でも、三井住友カード(NL)ならポイントがザクザク貯まります。

ただし、モバイルSuica/PASMOへのチャージでポイントが貯まらない点は要注意です。

本記事で紹介したソラチカカードやビックカメラSuicaカードとの併用がおすすめです。

三井住友カード(NL)は年会費が永年無料なので、サブカードとして持っておいてもコストはかかりません。

最短5分の即時発行に対応しているのも大きなポイント。

とにかく早くカードが欲しい方にもピッタリです。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
還元率ポイント0.25~0.33%程度
マイルANAマイル:1.0%
その他航空会社のマイル:0.5%
年会費初年度24,200円
2年目以降
家族カード5,500円
旅行保険海外最高1億円(※1・2の合算額)
1:自動付帯5,000万円
2:利用付帯5,000万円
国内最高1億円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドダイナースクラブ
発行会社三井住友トラストクラブ株式会社
発行期間カード到着まで2~3週間ほど

高いステータスと豪華な付帯サービスが魅力のダイナースカード

ダイナースカードに付帯する特典も、東京ならより利用しやすいです。

ダイナースクラブカードのお得ポイント
  • グルメ優待やトラベル特典など豪華な付帯サービス
  • 東京在住ならグルメ優待を利用しやすい
  • 銀座がお得になる提携カードあり

ダイナースクラブカードは、とくにグルメ・トラベル関連の特典が充実しています。

  • 2名以上のコース料理予約で1名分無料
  • 銀座のクラブ・バーで優待
  • 世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジが無料
  • 高級ホテルでの優待・特典

中でも東京在住者におすすめなのがグルメ優待です。

コース料理が1名分無料の「エグゼクティブ・ダイニング」は全国約350店舗で使えますが、対象店舗のうち約3分の1以上は東京またはその周辺に集まっています。

また、銀座のクラブ・バーで優待を受けられる「ナイト イン 銀座」を利用できるのも当然ながら東京だけです。

東京在住者はダイナースクラブカードのグルメ優待の恩恵をフルに受けられると言えますね。

なお、ダイナースクラブカードもモバイルSuica/PASMOへのチャージはポイント対象外です。

SuicaまたはPASMOと相性が良いカードをサブとして持っておきましょう。

銀座がお得な「銀座ダイナースクラブカード」もある

銀座ダイナースクラブカード 通常銀座ダイナースクラブカード和光

ダイナースクラブでは銀座での特典に特化した提携カード「銀座ダイナースクラブカード」「銀座ダイナースクラブカード/和光」も用意されています。

プロパーのダイナースクラブカードの特典はそのままに、さらに銀座ダイナースクラブカードだけのオリジナル特典が付帯します。

銀座ダイナースクラブカードのお得ポイント
  • 家族カードの年会費が無料
  • 銀座プレミアムラウンジ・D’sラウンジトーキョーを利用可能
  • 特約店で利用するとポイント還元率2倍
  • 和光での年間買上金額20万円以上で最大3%分の和光商品券※
  • 和光での1日の利用金額10万円以上で和光アネックス ティーサロン喫茶利用券※

※は銀座ダイナースクラブカード/和光のみの特典

年会費は27,500円と通常のダイナースクラブカードより少し高いですが、家族カードを無料で発行できます。

家族で銀座によく行くなら銀座ダイナースクラブカードもおすすめです。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード
還元率ポイント0.5~2.5%
マイル0.25~1.5%
年会費初年度5,000円
※条件を満たすと無料
2年目以降
家族カード無料
旅行保険海外最高1,000万円(自動付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドVISA
発行会社株式会社エポスカード
発行期間最短即日

年会費無料カードとして人気が高いエポスカードのゴールドカードも、東京在住者におすすめです。

エポスゴールドカードのお得ポイント
  • 全国10,000店舗以上で優待を受けられる
  • モバイルSuicaチャージで1.5%ポイント還元
  • 条件を満たせば年会費永年無料

エポスゴールドカードを持っていれば、全国10,000店舗以上でさまざまな優待・特典を受けられます。

対象店舗は全国各地にありますが、対象店舗の4割以上は東京およびその周辺(神奈川・千葉・埼玉)に集中しています。

そのため、東京在住者ならより特典を利用しやすいでしょう。

よく使うお店を3つまで選択でき、選択したお店はポイント還元率が3倍になる特典も東京では利用しやすいです。

「JR東日本」も対象に含まれるため、モバイルSuicaへのチャージで1.5%の還元を受けられます。

なお、エポスゴールドカードの年会費は通常5,000円ですが、以下の条件を満たすと年会費が永年無料になります。

  • エポスカードからアップグレード
  • エポスゴールドカードを年間50万円以上利用

エポスカードからアップグレードすれば一切コストをかけることなくエポスゴールドカードを保有できます。

エポスカードも全国10,000店舗以上で優待を受けられるので、まずはエポスカードを利用して実績を積むのもアリですね。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード
還元率ポイント1.0%~11.5%
マイル0.125%(ビックポイントのみ交換可能)
年会費初年度無料
2年目以降524円
※年1回の利用で2年目以降無料
家族カードなし
旅行保険海外最高500万円(自動付帯)
国内最高1,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費524円
電子マネーQUICPay、Suica
国際ブランドVISA、JCB
発行会社株式会社ビューカード
発行期間仮カード即日発行可能

JR東日本を利用するSuicaユーザーにおすすめなのがビックカメラSuicaカードです。

Suica一体型でオートチャージにも対応しています。財布がすっきりしますし、残高不足の心配もありません。

ビックカメラSuicaカードのお得ポイント
  • Suicaオートチャージ対応
  • 基本のポイント還元率1.0%
  • チャージや定期券購入でポイント還元率アップ
  • ビックカメラなら11.5%還元

ビックポイントとJRE POINTの2つのポイントに対応しており、基本の還元率は1.0%(ビックポイント0.5%+JRE POINT0.5%)と高めです。

さらに、Suicaへのチャージや定期券購入といった「VIEWプラス」対象の商品・サービスを利用するとポイント還元率がアップします。

対象サービス付与率
えきねっとJRのきっぷを予約3.0%
モバイルSuicaグリーン券購入3.0%
定期券を購入3.0%
チャージ、オートチャージ1.5%
Suicaカードオートチャージ1.5%
その他0.5%

最も利用頻度が高いSuicaへのチャージでは、1.5%のポイント還元です。

さらに、チャージしたSuicaをビックカメラで利用すると10%の還元を受けられます。

合計還元率は11.5%と驚異的です。

東京在住者は鉄道や小売店に合わせてカードを選ぼう

東京

東京で得するクレジットカード7選
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
  • JALカード OPクレジット
  • 三井住友カード(NL)
  • ダイナースクラブカード
  • エポスゴールドカード
  • ビックカメラSuicaカード

東京で得するカードを選ぶポイントは「交通系電子マネー」および「利用頻度が高い小売店」に合わせることです。

電車で通勤・通学しているならSuicaまたはPASMOと相性の良いカードを選びましょう。

一体型カードなら持ち歩くカードの枚数が減り、お財布がスッキリします。さらにオートチャージ対応ならチャージの手間を省けます。

電車に乗るだけでポイントやマイルが貯まるのも大きな利点でしょう。

さまざまなお店が集まる東京なので、クレジットカードの選択肢も多様です。

自分が普段から利用するお店での還元率に注目するのもおすすめです。

Suica・PASMOと相性が良いカードも一緒に使えば、東京での生活も怖いものなしですね。