クレジットカードのポイント還元率を比較|おすすめの人気クレカを紹介!

クレジットカードを契約しようとすると、まず重視したいのはポイント還元率。

買い物でクレジットカードを使うだけでポイントが貯まり、そのポイントは後日請求額に充てたり電子マネーのチャージなどに利用することができます

つまり、ポイント還元率が高ければ高いほどお得になるということです。

ポイント還元率重視のおすすめクレジットカード
  • 楽天カード
  • Yahoo! JAPANカード
  • Orico Card THE POINT
  • リクルートカード
  • VIASOカード
  • JCB CARD W
  • ファミマTカード
  • ライフカード
  • dカード GOLD
  • au WALLET ゴールドカード

今回は、数あるクレジットカードの中でも、特にポイント還元率の高い10枚のクレジットカードを紹介します。

併せて、ポイント還元率重視のクレジットカードを選ぶコツなども解説するので、是非参考にしてください。

クレジットカードおすすめ人気ランキング【2019年】

ポイント還元率重視でクレジットカードを選ぶ時のポイント

まず、ポイント還元率重視でクレジットカードを選ぶ時のコツについて解説をします。

普通の買い物で10%還元がつくようなクレジットカードばかりであれば良いのですが、残念ながらそうではありません。

お買い物の還元率が全体的に高いものもあれば、一部のサービスを利用することでかなり大きくポイントが還元されるクレジットカードもあります。

通常のポイント還元率の高さで選ぶ

一般的に高還元率のクレジットカードは1.0%から2.0%だといわれています。

これはあくまで普通に色々なお店で支払い時に利用する時のポイント還元率です。

1.0%だと、100円ごとに1ポイント貯まるという計算になります。

もちろん200円スタートの場合もあるので、ポイント付与の最低金額はしっかりとチェックしましょう。

200円からであれば、100円台のものを購入しても切り捨て対象となります。

自分が普段利用しているお店や通販サイトで選ぶ

中には一部のお店や通販サイト、特にクレジットカード会社が運営しているお店や通販サイトを利用することで、ポイント還元率がかなりアップするクレジットカードもあります。

代表的なところで言うと、楽天市場でポイント還元率が上がる楽天カードなどでしょう。

自分の利用しているお店や通販サイトが一致している場合は、集中的にポイントをたくさん貯められる楽天カードのようなクレジットカードがおすすめです。

特定のサービスを愛用している場合は、そのサービスが取り扱うクレジットカードを選ぶ

スマホの利用料金など、特定のサービスを利用している場合もポイント還元率が大幅にアップする場合もあります。

auやドコモなどの携帯キャリアは、独自にクレジットカードを扱っています。

それらのクレジットカードは、スマホの利用料金から大幅にポイントが還元されるなどの特典があります。

このようなクレジットカードの最大のデメリットは、解約をするなどサービスの利用を止めると一切メリットがなくなるという点ですが、長期的に愛用する予定の場合はかなりお得です。

税金やクレジットチャージがポイント対象など自分のライフスタイルに合わせて選ぶ

ポイント還元対象がどのようなものかにも目を向けることをおすすめします。

例えば、税金や光熱費などの固定費をクレジットカードで支払うとポイントがつく、電子マネーのチャージでポイントがつくなどです。

税金や電子マネーがポイント還元対象となるクレジットカードはかなり少ない傾向にあります。

だからこそ、自分で税金を支払っている人や電子マネーをよく利用する人は、それらがポイント対象となるクレジットカードを選ぶべきでしょう。

クレジットカード選びで重視すべきポイント
  • 年会費無料でクレジットカードの維持費を0円に
  • ポイント還元率の高いクレジットカードで毎日の買い物をお得に
  • 旅行の特典や空港ラウンジの利用など自分のライフスタイルに合ったサービスのものを選ぶ
  • 特定のサービスやお店でお得に使えるクレジットカードも◎
ポイント還元率が10%以上のお得なクレジットカードの特徴と比較

次のページでは、ポイント還元率重視の人気おすすめクレジットカードを紹介します。