dカード GOLDのケータイ補償の手続き方法(iPhone / Android別)

dカード GOLDのケータイ補償は、購入から3年間最大10万円機種代金を補償してくれる非常に便利なサービスです。

しかし、手厚い補償内容ではありますが、いくつか制限が設けられているのもケータイ補償の特徴です。

dカード GOLDのケータイ補償を使う上で気をつけるべきことは?
  • 修理不可能と自己判断しないこと
  • AndroidとiPhoneでは手続きの流れが異なる
  • iPhoneの場合はまずAppleStore(またはApple正規サービスプロバイダ)へ
  • 紛失・盗難の場合は必ず遺失届・盗難届を提出しよう

今回は、dカード GOLDのケータイ補償の手続き方法について解説していきます。

手続きの手順を詳しく解説していくとともに、dカード GOLDのケータイ補償を使う上で気をつけなければいけないことに関しても言及していくので、ぜひ参考にしてください。

dカード GOLDのケータイ補償が凄い!最大10万円まで補償の全て

Android故障の場合のdカード GOLDケータイ補償手続き方法

画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

まず、dカード GOLDのケータイ補償をAndroidスマホで適用させる場合の手順を解説します。

  1. 故障したらドコモショップに行く
  2. ドコモショップのスタッフに修理が可能かどうか判断してもらう
  3. (修理不可なら)同一機種・同一カラーのスマホをdカード GOLDで一括払い購入
  4. 故障したスマホをドコモショップで回収する
  5. 後日届く申請書に必要事項を記入して事故後60日以内に返送

冒頭でも述べましたが、絶対に修理不可能だと自己判断しないようにしてください。

なぜなら、dカード GOLDのケータイ補償は、修理可能な携帯電話端末の修理費用は対象外だからです。

必ずドコモショップのスタッフに相談し、お持ちのスマートフォンが修理不可能だと判断された後、新しいものを購入するようにしましょう。

故障したらまずはドコモショップへ

スマートフォンの状態(修理可能か不可能か)を自身で判断するのはとても難しいです。

必ずドコモショップのスタッフに1度相談するようにしてください。

その時に、「dカード GOLD会員であること」「ケータイ補償を使ってスマホを交換したい」ということを話してください。

dカード GOLDのケータイ補償の対象であるかどうか、スタッフが判断してくれるはずです。

同一機種・同一カラーのスマホをdカード GOLDで購入

故障した端末が修理不可能であると判断されたら、同一機種・同一カラーのスマートフォンを購入します。

ただし、万が一同一機種・同一カラーの在庫がない場合はドコモショップのスタッフの指定した機種を購入することとなります。

このとき、必ずdカード GOLDで機種代金を一括払いしてください。そうしないとケータイ補償の対象になりません。

故障したスマホはドコモショップが回収。後日申請書が届く

故障したスマートフォンはドコモショップで回収されます。

新しいスマートフォン購入後、後日契約住所宛にケータイ補償を利用するための申請書が届きます

申請書は必要事項記入して返送する

申請書に必要事項を記入し、事故後60日以内に返送する必要があります。

それ以上日数が経過してしまうとケータイ補償が適用されなくなるおそれがあるので注意しましょう。

申請書返送後、ケータイ補償が適用できるかどうか審査が行われます

補償されることが決定したら、機種代金としてdカード GOLDの利用金額から最大10万円が返金されます。

【Android故障】dカード GOLDケータイ補償の手続き方法
  • 故障したらまずはドコモショップへ
  • ドコモショップのスタッフに「修理不可能端末」であることを判断してもらう
  • 同一機種・同一カラーのスマホをdカード GOLDで一括払いする
  • 故障したスマホはドコモショップで回収され後日申請書が届くので、60日以内に必要事項記入して返送する
  • 審査が完了するとdカード GOLDにキャッシュバック

次は、iPhoneが故障した場合のdカード GOLDケータイ補償の手続き方法を紹介します。