dカード GOLDのケータイ補償の手続き方法(iPhone / Android別)

dカード GOLDのケータイ補償を使う時の注意点

次に、dカード GOLDのケータイ補償を使う時の注意点について解説します。

3年間最大10万円の補償が受けられるdカード GOLDのケータイ補償ですが、非常に手厚いサービスである一方で適用するには一定の条件をクリアしなければいけません

しっかりと注意点を把握して、万が一の時はスムーズに利用できるようにしておきましょう。

補償の上限は10万円

dカード GOLDのケータイ補償の補償額は最大10万円です。

つまり、自分の使っているスマートフォンの端末代金が10万円以上の場合は、超過分は自己負担となるので注意してください。

補償対象は修理不可能状態(全損)または紛失・盗難

補償対象は修理費に対してではなく、修理不可能なまでに全損している場合・紛失や盗難に遭った場合の端末代金の購入費用です。

あくまで交換対応を受けたスマートフォンのみがdカード GOLDのケータイ補償の対象となるので注意してください。

補償の対象可否を自己判断して新しいスマホを購入しないこと

新しいスマートフォン購入後、dカード GOLDのケータイ補償を適用できるかどうか審査があります。

修理可能なケースなど、一定の条件を満たさなければ補償は受けられません。

自己判断で修理不可能だと判断すると補償が受けられない可能性もあるので、必ずショップのスタッフに故障したことと、dカード GOLDのケータイ補償を使いたいということを伝えて、状態を判断してもらうようにしましょう。

交換できるのは同一機種・同一カラーの端末

交換できるのは同一機種・同一カラーのスマートフォンのみです。

万が一在庫がない場合は、スタッフが指定したスマートフォンを選ぶことになります。

1度補償を受けると1年以内は再度補償を受けられない

dカード GOLDのケータイ補償は、1年に1回までと定められています。

補償を受けた後1年以内に故障、紛失・盗難でスマートフォンが利用不能となっても、補償は受けられませんのでご注意ください。

dカード GOLDのケータイ補償利用時の注意点

最後に、dカード GOLDのケータイ補償を使う時の注意点についてまとめます。

dカード GOLDのケータイ補償を使う時の注意点
  • 補償上限10万円を超える機種は一部自己負担が生じる
  • 補償対象は「修理不可能」または「紛失・盗難」
  • 修理不可能だと自己判断しないこと
  • 交換できるのは原則同一機種・同一カラーのスマートフォン
  • 1度補償を受けると1年以内は利用できない

dカード GOLDのケータイ補償は、手厚い補償サービスである一方、一定の条件を満たさなければ利用できません。

また、補償対象は修理不可能状態または紛失・盗難のスマートフォンのみで、修理費に対しては一切補償されません。

dカード GOLDのケータイ補償を受けるためには、「修理不可能または紛失・盗難のスマートフォンであること」「同一機種・同一カラー(またはショップ指定の機種)のスマートフォンをdカード GOLDで一括払い購入」することが前提です。

キャリアの補償オプションとは大きく異なるので気をつけてください。
dカード GOLDのケータイ補償の範囲|水没、画面割れや故意の故障はどうなる?