dカード GOLDのケータイ補償が凄い!最大10万円まで補償の全て

dカード GOLDのケータイ補償のメリット・デメリット

次に、dカード GOLDのケータイ補償のメリット・デメリットについてまとめます。

これまで、dカード GOLDのケータイ補償の適用条件や注意点、使い方など解説してきた内容を踏まえ、どのようなメリット・デメリットがあるのかまとめてみました。

dカード GOLDのケータイ補償は新品のスマホが手に入る、補償金額が最大100,000円など、魅力な点もたくさんありますが、その分デメリットもあります。

ケータイ補償目的でdカード GOLDの契約を検討している人は、メリットだけでなくデメリットも知っておくことをおすすめします。

dカード GOLDのケータイ補償のメリット

dカード GOLDのケータイ補償のメリットは下記の通りです。

  • 補償期間が3年間
  • 家族会員でも使える
  • 補償金額が最大10万円とかなり大きい
  • 同一の新品のスマホが無料・格安で手に入る
  • 紛失・盗難でも同じ条件で補償が適用される

ドコモのケータイ補償サービスでは、紛失や盗難の場合会員価格で購入することになり、少なからず自己負担が発生します。

一方で、dカード GOLDのケータイ補償なら紛失・盗難に対しても10万円の補償が適用されます。

dカード GOLDのケータイ補償のデメリット

dカード GOLDのケータイ補償のデメリットは下記の通りです。

  • 修理不可能な全損のスマホでないといけない
  • 全損でないと判断された場合補償が適用されない場合もある
  • 修理の場合、修理代金の補償はない
  • 同一機種・同一カラーのスマホがない場合はドコモが指定するスマホを選ばないといけない

修理不可能な全損のスマホでないといけないという点は特に注意が必要です。

修理可能な状態であればdカード GOLDのケータイ補償は利用できません。自己判断せず、必ずドコモショップのスタッフに相談するようにしてください。

手厚いdカード GOLDのケータイ補償!制約に注意

最後に、dカード GOLDのケータイ補償のメリット・デメリットについてまとめます。

dカード GOLDのケータイ補償のメリット・デメリット
  • 補償期間が長く補償金額も十分
  • 3年以内にドコモで購入したスマホが対象
  • 万一のケースで新品のスマホが手に入る
  • 全損状態とみなされないと補償対象外になるおそれがある
  • 修理対応の場合は補償されない
  • 同一機種・同一カラーのスマホがない場合はドコモが指定するスマホを選ぶ必要がある

dカード GOLDのケータイ補償は、3年間適用で、1回の補償金額が最大10万円とかなり手厚い補償サービスです。

しかしその一方で、交換対応が必要な全損のスマホでないと対応できないなどのデメリットがあります。

全損や修理不可能であるとみなされない限り、新しいスマホの代金は補償されません。自己判断は難しいため、ドコモショップなどで診断してもらうようにしましょう。

ドコモで契約する時に、ケータイ補償があるからとdカード GOLDの契約をすすめられることもありますが、メリット・デメリットを踏まえた上で契約するかどうか決めることをおすすめします。

dカード GOLDとは?ドコモ利用なら年会費1万円以上の価値がある理由