クレジットカードが届くまで何日?申し込み・審査・発行の手順

クレジットカードが届くまでの日数、申し込みや審査、発行の手順、そしてなるべく早く受け取るためのコツについてまとめました。

クレジットカードは申し込んですぐに届くわけではありません。

申し込んだらまずはカード会社による審査が行われ、それが終わってから発行・配送という手順を踏みます。

もし今すぐにでもカードが欲しい場合、何も考えずに申し込みをすると届くのが遅くなって困るおそれもあります。

クレジットカードが届くまでの日数
  • クレジットカードが届くまではおおむね2週間前後
  • とにかく早く受け取りたいなら店頭で申し込む
  • ネットで申し込み、受け取りだけ店頭にすると楽
  • 最短翌日に郵送で届くカードもある

後半では申し込みから受け取りまでが早いおすすめのクレジットカードを紹介しているので、クレジットカードが早く手元に欲しい人は参考にしてくださいね。

クレジットカードが届くまでの日数は2週間前後

結論から言うと、クレジットカードが届くまでの日数は平均で1~2週間前後です。

クレジットカードが発行されるまでの流れをまとめてみました。

  1. クレジットカードの申し込み
  2. 入会審査
  3. 審査通過後にカード発行
  4. カード郵送

カードや申し込み時期などにもよりますが、審査およびカードの発行に2〜3営業日かかります。

その後カードが簡易書留などで郵送されるため、カードが届くのは早くて1週間、遅くて2週間ほどです。

また、申し込み方法によって届くまでの日数が異なります。

  • インターネット:1~2週間前後
  • 郵送:1ヶ月前後
  • 店頭:最短即日

インターネットで申し込んだ場合:1~2週間前後

現在、クレジットカードを申し込む主流な方法がインターネット申し込みです。

パソコンやスマホから、いつでも簡単に申し込めます。

インターネット申し込みの場合、多くのクレジットカードで審査・発行が3日以内に行われます。

その後自宅まで郵送されるので、申し込みから受け取るまでの目安はおおむね1週間、長くて2週間です。

クレジットカードによっては最短翌日に届くカードもあります。

例えばJCBカードは最短で当日発行され、翌日にお届けです。

インターネット申し込みで早くカードを受け取りたい場合は「即日発行」に対応しているカードを選びましょう。

郵送で申し込んだ場合:1ヶ月前後

郵送申し込みとは、紙の申込書を郵送してクレジットカードを申し込む方法です。

インターネット申し込みが一般的になる前は郵送が主流でした。

  1. 申込書を店頭や公式サイト、電話などで取り寄せる
  2. 取り寄せた申込書に必要事項を記入し、カード会社に郵送
  3. 郵送した申込書がカード会社に到着してようやく審査開始
  4. カードの発行・発送

このように、紙の申込書のやりとりが必要で、とにかく時間がかかるのがデメリットです。

申込書の取り寄せから申し込み、カードの発行までトータルで1ヶ月前後かかります。

手続きも煩雑になりますし、あえて郵送で申し込むメリットはありません。

インターネット申し込みができるクレジットカードはインターネットで申し込みましょう。

店頭で申し込んだ場合:最短即日

クレジットカードはスーパーや家電量販店などの店頭で申し込むこともできます。

店頭で申し込む場合、即日発行・即日受け取りできることが多いです。

とにかく早くクレジットカードを受け取りたい場合は、店頭受け取りを検討しましょう。

ただし、店頭受け取りだからといって必ず即日受け取れるとは限りません。

審査に時間がかかったり、申し込む時間が遅くて営業時間を過ぎたりすると、翌日以降の受け取りになることもあります。

店頭申し込みで即日受け取りをする場合は、なるべく早い時間にお店へ行き、申し込みをしましょう。

なお、カードによっては店頭で申し込んだ際に「仮カード」が発行され、数日後に本カードが郵送されることがあります。

仮カードはそのお店でしか使えないなど機能が制限されていることがほとんどです。

クレジットカードが早く欲しい人は、仮カードではなく本カードが即日発行されるカードを申し込むようにしましょう。

できるだけ早くカードを受け取るコツ

クレジットカードが届くまでは1~2週間ほどかかると述べましたが、これはあくまでも平均です。

少し工夫をすれば、申し込んだ最短当日~翌日に受け取ることもできます

逆に、何も考えずに申し込むと届くまでに時間がかかることもあります。

ここからはクレジットカードを早く受け取るためのコツを見ていきましょう。

本人確認の電話には必ず出る

クレジットカードを申し込むと、カード会社によっては本人確認の電話がかかってくることがあります。

本人確認の電話に出なかった場合は審査が進まないため、クレジットカードが発行されるのが遅くなります。

カードを申し込んですぐに電話がかかってきた場合はカード会社からの本人確認の電話である可能性が高いです。

知らない番号から電話がかかってくると出るのをためらうかもしれませんが、心当たりがあれば電話には必ず出てください。

万が一本人確認の電話に出られなかった場合は、あとから折り返してみるといいでしょう。

キャッシング枠を0にする

クレジットカードを早く受け取りたいなら、申し込み時に「キャッシング枠を0にする」のがおすすめです。

クレジットカードの機能は大きく以下の2つに分けられます。

  • ショッピング:買い物や食事などの料金を支払う
  • キャッシング:お金を借り入れる

カードを申し込む人の多くはショッピング利用がカードを作る主な理由でしょう。

クレジットカードにはもう1つ、キャッシングという機能があります。キャッシングとはクレジットカードを使ってお金を借り入れることです。

このキャッシングをどれだけ利用できるかという上限をキャッシング枠と言います。

実はショッピング枠(ショッピングを利用できる上限)とキャッシング枠は別々に審査が行われます。

キャッシング枠を0にすればキャッシング枠の審査がなくなるので、クレジットカードの発行が早くなります。

キャッシング枠を0にするとキャッシングは利用できませんが、多くのカードはあとからキャッシング枠を増やすことが可能です。

早くクレジットカードが欲しい場合はキャッシング枠を0で申し込み、必要になったらあとでキャッシングの申し込みをするのがおすすめです。

インターネットで申し込み、店頭で受け取る

クレジットカードをもっとも早く受け取れる方法は店頭で申し込むことです。

ただ、即日発行をしてもらうには早い時間帯にお店に行って申し込みをしないといけないので手間がかかります。

そこで活用したいのがインターネットと店頭の併用です。

申し込みだけインターネットで行い、受け取りを店頭でするようにします。

スマホやパソコンでいつでも気軽に申し込みができますし、最短即日受け取りが可能です。

当日の朝もしくは前日の夜に申し込んでおき、夕方仕事終わりなどに店舗で受け取るようにするといいですね。

次のページでは、クレジットカードを早く受け取りたい人におすすめのクレジットカードを紹介します。
クレジットカード発行会社ランキング|それぞれの特徴と違いを解説