LINE PayとLINE Payカードの違い|損しないためのメリットとデメリットを解説

友だちとのメッセージのやり取りやニュース、クーポンなど、さまざまなサービスを提供するLINE。

使っていない人は滅多にいないほど、今やほとんどの人のスマホにLINEアプリがインストールされていることでしょう。

そんなLINEが発行するLINE Payカードをご存じでしょうか。

スマホ決済だけでなく、LINE上の友だちへ送金や割り勘もできることで話題のLINE Payと、LINE Payカードは似て非なるもの。

そこで今回は、LINE PayとLINE Payカードの違いについて解説をしていきたいと思います。

LINE PayとLINE Payカードの違いとは?
  • LINE Payはスマホ決済サービス
  • LINE Payカードは、LINE Payが発行しているJCB対応のプリペイドカード
  • ポイント還元率はLINE Payのコード支払いで3%、LINE Payカードは最大2%
  • カード発行の手間等を考えるとLINE Payの方がおすすめ

LINE Payはスマホ決済機能、LINE Payカードはプラスチックカードのプリペイドカードです。

どちらも特定の加盟店でのお買い物に使えますが、LINE PayとLINE Payカードではポイント還元率が大きく異なり、総合的に見て現在はLINE Payの方が使い勝手も良く、お得度が高い傾向にあります。

この記事ではLINE PayとLINE Payカードについて詳しく見ていきましょう。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

【2019年9月】LINE Payの還元率まとめ|今使うならお得なお店を情報

トップ画像引用元:LINE Pay

LINE Payとは?

まずLINE Payとはどのようなサービスなのかについて解説します。

LINE Payは、LINEが運営するキャッシュレス決済サービスです。

LINE Payでできること

LINE Payを使えば、以下のことができます。

  • お金をチャージする
  • 加盟店での決済
  • LINEのユーザー同士でのお金の送金
  • 貯まった残高を銀行口座へ送金

ここでは加盟店での決済サービスに注目して話を進めます。

LINE Payでできる決済

LINE Payでは以下の決済が行えます。

  • コード決済:加盟店でコードを読み込むだけで決済が完結
  • オンライン決済:特定のオンラインショップの支払いが可能、クレジットカードの登録もできる
  • 請求書支払い:光熱費など固定費の支払いに対応
  • QUICPay支払い:Androidのみ。おサイフケータイアプリにバーチャルカードを登録して利用する

LINE Payのメリットについて

LINE Payを利用するメリットはさまざまあります。

  • スマホ1つで買い物ができる
  • LINEポイント還元で現金決済よりお得
  • 口座登録をしておけばオートチャージ可能

コード支払いを行えばポイント還元率は3%。かなり太っ腹です。

さらに、決済金額が増えるほどマイカラーと呼ばれるランクが上がり、ポイント還元率も増える仕組みとなっています。

これらのポイント還元を最大限活用した場合、5%にもなります。現金決済では1円も還ってこないので、非常にお得です。

LINE Payのデメリットについて

LINE Payのデメリットは下記の通りです。

  • 実店舗での決済はクレジットチャージができない

クレジットカードを連携させることは可能できるのですが、現状オンライン決済でしか利用できず、チャージもできません

そのため、他のスマホ決済アプリに比べて、クレジットカードの利便性があまり良くないと言えます。

LINE Payのメリット・デメリットについて
  • スマホ1つで買い物ができる
  • 数多くの加盟店があり、あらゆる場面で決済ができる
  • LINE Pay加盟店でのオンライン決済ならクレジットカードも使える
  • LINE Payのコード支払いのポイント還元率は3%
  • クレジットカードでチャージができないなど、クレジットカードの利便性があまり良くない
LINE Pay(ラインペイ)とは?使い方からお得な支払い方法と注意点

次のページでは、LINE Payカードについて詳しく見ていきましょう。