Apple Payとおサイフケータイの違い|特徴とメリット・デメリット

スマホでピッと簡単に支払いができる便利なスマホ決済サービスと聞くと、おサイフケータイとApple Payの名前をよく耳にします。

Apple Payは特にサービス開始してからまだ1年程度しか経過していない新しいサービスですが、それでも利用している人はかなり増えてきています。

2020年の東京オリンピックを控え、日本もキャッシュレス化が進む中、スマホ決済サービスを利用しようという人も多くなっています。

では、Apple Payとおサイフケータイは具体的にどのように異なるのでしょうか。

スマホ決済の種類|Apple Pay、おサイフケータイ、QUICPayなどの違い

Apple Payとおサイフケータイの違いについて

  • 対応しているOSがiOSかAndroidか
  • セキュリティの内容が大きく異なる
  • 使える電子マネーの種類も異なる
  • サービス開始から1年程度のApple Payの方が使える電子マネーの種類が少ない

基本的にApple PayはiPhoneで使えるサービス、おサイフケータイはAndroidスマホで使えるサービスだと思ってください。

これが2つのサービスの特に大きな違いです。

今回は、そんなApple Payとおサイフケータイの特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。

自分が使っているスマホで使えるサービスは決まってしまっていますが、両方のメリット・デメリットを知った上で今後の機種変更に役立ててください。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

トップ画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payの特徴とメリット・デメリット

アップルペイ

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

まず、Apple Payの特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。

Apple Payの特徴やサービスを要約すると下記の通りとなります。

  • iPhoneのようなiOS端末に対応しているスマホ決済サービス
  • サービス開始は2018年
  • 使える電子マネーはSuica、QUICPay、iDの3種類
  • 複数のカードをWalletアプリで管理することができる

まだ1年程度と新しいサービスではありますが、世界のAppleが開発したということもありセキュリティも安全で便利に使うことができます。

iPhoneユーザーの人は是非参考にしてください。

Apple Payの特徴

アップルペイ

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple PayはAppleがiPhoneとApple Watch向けに開発したスマホ決済サービスです。

まだサービスを開始してから1年程度しか経過していないため、iPhoneユーザーの人でも使っていない人は多いのではないでしょうか。

通常の電子マネーだけでなく、Suicaのような交通系ICカードにも対応している点がApple Payの特徴です。

Apple Payのメリット

アップルペイが利用できるマーク

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payのメリットは下記の通りです。

  • Suicaが使える
  • セキュリティが厳重なので安心して使える
  • まだサービスが開始して間もないのでApple Pay連携で還元率が上がるクレジットカードもある

Apple Payは、全てデバイス固有の番号と独自の取引番号で決済が行われます。

クレジットカードなどの情報はもちろん、個人を特定するような決済履歴もAppleのサーバ上と提携店舗で保存されることはありません

自分の情報が一切保存されていないので、セキュリティ面はかなり安心できます。

Suicaが使用できるので普段から交通機関を利用する人にとっても便利ですし、まだ1年程度のサービスなのでクレジットカードと連携することで還元率が上がるキャンペーンを実施しているカードもあります。

Apple Payで使える電子マネー

Apple Payで使える電子マネーは下記の通りです。

  • iD
  • QUICPay
  • Suica

交通系電子マネーであるSuicaにも対応しているので、普段から電車やバスなどを利用する人にもおすすめです。

また、iDやQUICPayは電子マネーの中でもかなり大手なので、基本的にこの3種類で「使える店舗がない」などと困ることは少ないと思われます。

Apple Payのデメリット

Apple Payのデメリットは下記の通りです。

  • サービス開始してまだ1年程度なのでApple Pay対応店舗が少ない
  • 対応機種がiPhone 7以降のiPhoneまたはApple Watch Series 2以降のApple Watch
  • 使える電子マネーがおサイフケータイと比べて少ない

まだサービスが開始して1年程度なので、使える電子マネーの数が少ない・電子マネー以外のカード支払いに対応している店舗が少ないという点が挙げられます。

また、iPhone 7以前またはApple Watch Series 2以前の機種はApple Payに対応していないので、必然的に使うことができません。

Apple Payの特徴・メリット・デメリット
  • Apple PayはiPhoneで使える決済サービスで2018年にサービスが開始された
  • iDやQUICPay、Suicaなどメジャーな電子マネーに対応
  • 特別キャンペーンでApple Payと連携することで還元率アップしているクレジットカードもある
  • おサイフケータイに比べて使える電子マネーの種類が少ない

次のページでは、おサイフケータイの特徴とメリット・デメリットについて解説します。

Apple Payに登録するおすすめ銀行系デビットカードと設定方法