ダイナースで家族カードを年会費をかけてでも発行するメリット

  • 2021年5月12日
  • 2021年5月11日
ダイナースで家族カードを発行するメリット

現在、ダイナースクラブカードを利用している方の中には、家族カードを発行するかどうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

結論から言うとダイナースをお持ちであれば、家族カードの発行をおすすめします。

というのも、ダイナースの家族カードには多くのメリットがあり、年会費以上にお得感を得られる可能性が高いからです。

本記事ではダイナース家族カードのメリットについて徹底的に紹介します。

ダイナース家族カードのメリット
  • 家族カードの年会費は5,500円とリーズナブル
  • 家族会員にも最高1億円の旅行保険
  • 家族会員も空港のラウンジが利用可能
  • 家族会員もグルメサービスなども受けられる

※本記事の価格は全て税込みです。

ダイナースの家族カードの年会費

お金の計算をする女性

ダイナースの家族カードの年会費
  • ダイナースクラブカードで5,500円
  • カードによっては家族カードの年会費が無料

まずはダイナース家族カードの年会費について紹介します。

基本となる「ダイナースクラブカード」では家族カードの年会費は5,500円です。

本会員の年会費は24,200円ですから、比較的低価格でダイナースクラブカードが利用できます。

本会員同様に空港のラウンジが利用できるなど、本カード並みのサービスが利用できることを考えると、かなりのお得感があるといえます。

なお、ダイナースクラブカード以外のダイナース提携カードの家族会員年会費については下記のようになっています。

対象カード家族カード年会費
ANAダイナースカード6,600円
ANAダイナース スーパーフライヤーズカード11,550円
JALダイナースカード9,900円
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード
MileagePlus ダイナースクラブファースト
MileagePlus ダイナースクラブカード
BMW ダイナースカード7,700円
ニューオータニクラブ ダイナースカード5,500円
京銀ダイナースカード
京都中央信金ダイナースカード
ライオンズクラブ ダイナースクラブカード
ロータリー ダイナースクラブカード

安いものですとダイナースクラブカードと同様の5,500円で、最も高いANAダイナース スーパーフライヤーズカードでも11,550円です。

いずれにしても本会員の年会費と比較すると半額以下で、リーズナブルな年会費といえます。

下記に関しては家族カードの年会費は無料です。

  • プレミアムカード(提携プレミアムカード含む)
  • 銀座ダイナースクラブカード
  • 三井住友信託ダイナースクラブカード

お得に家族カードを利用したい場合、これらの利用を検討してみるのもおすすめです。

ダイナースの家族カードの申込資格・審査

笑顔の女性

家族カードの基本的な申し込み資格は「本会員の配偶者・両親・18歳以上の子ども」です。

ダイナースクラブカードの公式サイトに明記されています。上記を満たす方であれば申し込みできます。

お申し込み資格
本会員の配偶者の方、ご両親、18歳以上のお子様

引用:家族カード | ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

なお、ダイナースクラブカードの本会員では申し込みの目安として「年齢27歳以上の方」というものがありますが、家族カードであれば27歳未満でも問題ありません。

なお、申し込み資格の詳細をチェックしていくと、以下のような記述もあります。

18歳未満の高校生のお子様で、ホームステイや留学等のご予定がある場合には別途ご相談ください。

引用:家族カード | ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

海外に長期留学する際など、もしもの時のためにクレジットカードを持たせておきたいですよね。

そのように特別な事情がある場合、18歳未満でも申し込み出来る可能性があるということです。

どういった条件が特別な事情として認められるのかについては明言されていません。

家族カードの審査に関してダイナースは特に言及していません。

一般的に考えて、家族が審査されるというよりも、本カード会員の支払い状況などが審査の対象となるはずです。

これまでの支払い状況であったり、他社カードを含むローンの状況であったりはチェックされる可能性があります。

家族カードをスムーズに発行するためにも、計画性を持ってカードを利用し、期限までにきっちりと支払いをすることが欠かせません。

ダイナースの家族カードが発行できる枚数

女性

ダイナースでは家族カードを発行できる枚数について特に言及していません。

少なくとも「本会員の配偶者・両親・18歳以上の子ども」という資格を満たした家族の人数分は発行できるはずです。

例えば本会員に両親と配偶者、3人の子供(18歳以上)がいた場合、発行できる家族カードは最大で6枚ということになります。

詳細を下表にまとめているのでチェックしてみてください。

家族の範囲発行の可否
本カード会員の両親
本カード会員の配偶者の両親×
本カード会員の子供(18歳以上)
本カード会員の孫×

上記のように、孫や配偶者の両親にはカードの発行ができません。その点には注意が必要です。

ダイナースの家族カードを発行するメリット

空港

ダイナース家族カードのメリット
  • 年会費がリーズナブル
  • 本会員並みのサービスが受けられる

続いてはダイナース家族カードを発行するメリットについて紹介します。

年会費がリーズナブル

家族カードは年会費がリーズナブルです。

ダイナースクラブカード本会員の年会費が24,200円なのに対し、家族カードの年会費は5,500円です。

半額以下でダイナースのカードを利用できるのは、それだけで大きなメリットといえます。

本会員並みのサービスが受けられる

年会費無料というクレジットカードも存在する中、年会費が比較的安いというだけではそれほどの意味はありません。

一番大きなポイントはリーズナブルな年会費ながらもダイナース本会員並みのサービスが受けられるということにあります。

その詳細をチェックしてきましょう。

家族会員にも最高1億円の旅行保険

ダイナースクラブのクレジットカードの魅力の1つが旅行保険が付帯していることです。

例えばダイナースクラブカードでは海外旅行に対し、最大で1億円の補償がついています。

傷害死亡・後遺障害に関しては自動付帯分が最高5,000万円、利用条件分が最高5,000万円と手厚い補償です。

そのほかにも海外旅行保険では自動付帯で以下の補償が受けられます。

  • 傷害治療費用:300万円
  • 疾病治療費用:300万円
  • 賠償責任:1億円
  • 携行品損害:50万円
  • 救援者費用:300万円

これらの旅行保険は本会員のみならず家族会員にも適応されます

自動付帯ですから、カードを持っているだけで上記が受けられます。

大学生の子どもがいると、長期の休みや卒業旅行で海外旅行に行くということもあるはずです。

そんな時にダイナースの家族カードを持たせておけばそれだけで安心感がグッと増します。

家族会員も空港のラウンジが利用可能

ダイナースはステータス性の高いカードの1つです。

そんなダイナースですから、世界中の主要空港でラウンジが利用できます。

対象となるラウンジは日本国内ですと、羽田空港・成田空港はもちろん、北は旭川空港から南は那覇空港まで全32ヶ所の主要空港が対象です。

海外を合わせると対象となる空港ラウンジは1,000ヶ所以上となっています。

一般的な旅行者が利用する空港であれば、ほぼすべて網羅されているといって過言ではありません。

なお、海外の空港ラウンジに関しては4月1日~翌年3月31日の間で10回までという制限があることだけはご注意ください。

とはいえ、11回目からは使えないというワケではなく、1回につき3,500円を支払うことで利用が可能です。

国内空港のラウンジに関しては、利用回数の制限はありません。

家族会員もグルメサービスなども受けられる

ダイナースの魅力の1つがグルメサービスに強いということです。

なかなか予約が取れない人気店の空席状況がチェックできたり、優先的に予約を取れたり、美味しいモノ好きにはたまらないサービスといえます。

そんなグルメサービスは家族会員でも利用が可能です。

あるいは「ナイト イン 銀座」プランを利用すれば銀座のBARでウェルカムドリンクがサービスされたり、クラブが特別料金で利用できます。

家族会員が享受できるサービスはグルメだけではありません。

例えば名門ゴルフ場の優待やダイナースが主催する各種イベントへの参加も可能です。

世界遺産での観桜会など、プレミアムカードであるダイナースならではのサービスです。

期間限定!
初年度年会費無料

ダイナースの本会員カードと家族カードの違い

旅を楽しむ女性

本会員カードと家族カードの違いについて、その詳細を紹介します。

家族カードの明細は本カード分に記載される

家族カード利用の明細は本カードの明細に記載されることになります。

ダイナースの利用明細には「利用者」という項目がありますが、家族会員分は下記のように「S〇〇〇〇」と記載されます。

家族カードの明細

明細を分けるといったことはできません。

ダイナースではオンラインで利用明細が確認できるeステートメントというサービスがありますが、家族カードは利用できません。

家族カードの利用分は本カード側で確認することになります。

ポイントは本カード分として貯まる

家族会員がカードを利用した場合、その利用額に応じてポイントが加算されます。

しかも本会員のポイントに合算されるため、家族のお買い物でもポイントが貯まっていくことになるのです。

例えば、子どもがコンビニでちょっとしたものを買ったり洋服を買ったりなど、それなりの金額を使うはずです。

家族みんなのお買い物でダイナースのポイントを貯められるというのは家族会員の大きな魅力といえます。

貯まったポイントをマイルに変えて、家族旅行などを楽しんでみてはいかがでしょう。

ダイナースの家族カードを作るか、もう1枚本会員カードを作るか

家族

家族カードともう1枚の本会員カードはどっちがお得
  • 年会費を抑えたいなら家族カード
  • 独立して使いたいなら本会員カードをもう1枚

ダイナースの家族カードは本会員カードよりもリーズナブルな年会費で、本カード同様のサービスが受けられます。

そのメリットを享受したいという場合には、家族カードを作ることをおすすめします。

一方で、家族カードは明細を分けることはできませんし、独自にポイントを貯めることもできないといったデメリットがあります。

社会人となったお子様など、自分で自由に使えるカードが欲しいという家族に対しては、制約があり過ぎる可能性があります。

この場合には年会費は上がってしまいますが、もう1枚本カードを作る方が使いやすいと感じられるはずです。

ただし、ダイナースの本カード申し込みには審査があります。

年齢も27歳以上という一応の目安があるため、誰でも本カードが作れるというワケではありません。

家族カードを作るか、本カードをもう1枚作るかは、上記視点からお考えください。

ダイナース家族カードはリーズナブルで魅力が沢山

ショッピングする女性

ダイナースの家族カードについておさらい
  • 年会費は5,500円とリーズナブル
  • カードの特典は本会員と同様
  • 利用明細は本カード分に記載

ダイナース家族カードについて年会費やメリットなどをご紹介してきましたが、気になる情報は見つかりましたか。

最初にご紹介した通りダイナースの家族カードの年会費は5,500円と、本会員の年会費24,200円と比べてかなりリーズナブルな料金設定となっています。

それでいて、旅行保険や空港ラウンジの利用、グルメサービスなど受けられるサービスに関しては本会員とほぼ同様です。

ダイナースを使いたいという家族がいる場合にはかなりお得といえます。

家族会員に申し込むか検討中の方は本記事を参考に、ぜひ検討してみてください。

期間限定!
初年度年会費無料