2019年1月からマイナンバーカードとカードリーダーが不要でe-Taxが利用可能

インターネットを利用して確定申告ができることをご存じでしょうか。

税務署に行く必要がなく確かに便利ですが、マイナンバーカードやICカードリーダーを用意しないと利用できないなど、不便な点もありました。

しかし2019年1月より、e-Taxでの申告書の作成・送信方法が簡略化されたのです。

2019年1月よりe-Taxが簡略化!その概要とは
  • 2018年まではe-Taxで申告書の作成をする場合マイナンバーカード・ICカードリーダーが必要だった
  • マイナンバーカードを持っていても利用開始申請が必要だった
  • 簡略化された方式でe-Taxの利用が簡単に!

今回は、簡略化されたe-Taxについて詳しく解説します。

e-Taxによる申告書の作成や送信の方法、用意すべきものなどについて確認していきましょう。

トップ画像引用元:イータ君の紹介|e-Tax

e-Taxとは

e-Tax(イータックス)は、インターネットを利用して確定申告や納税を行うツールです。

正式名称は「国税電子申告・納税システム」で、2004年にサービスがスタートしました。

e-Taxでできること

e-Taxを使えば、以下のことがオンラインでできるようになります。

  • 税金の申告に関する手続き
  • 税金に関わる申告や届け出
  • 税金の納付

確定申告はもちろん、個人事業の開業・廃業等届出書や所得税の青色申告承認申請書の提出もe-Taxで行えます

また、所得税や法人税などの国税も納めることができるのです。

e-Taxを利用するメリット

わざわざ税務署に足を運ばなくても確定申告ができるe-Tax。税務署が遠い人、忙しくて足を運ぶ時間がない人にとってe-Taxはとても便利なツールです。

他にも以下のようなメリットがあります。

24時間対応

通常税務署が開いている時間帯しか提出できなかった確定申告書類が、e-Taxを使えばメンテナンス時間を除き24時間提出することができます。

早めに提出できる

通常確定申告の受付期間は2月16日からですが、e-Taxの場合1月上旬から受付がスタートします。

早めに書類の準備が整った人は、早々と提出を済ませてすっきりすることができるでしょう。

書類の添付を省略できる

源泉徴収票や医療費控除の領収書など、e-Taxを使えば原本書類の提出が省略できます。

ただし一定期間保管しなければならないので注意しましょう。

還付も早い

e-Taxを利用して確定申告した場合、税の還付も迅速に行われます。

スマホやタブレットでも書類の作成と提出ができる

e-Taxはスマホやタブレットにも対応しています。

外出先でも作業できますし、空き時間を有効活用することもでき、忙しい人にとってはありがたいですよね。

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」というページにアクセスすることですぐに使うことができます。

国税庁のホームページを開き、少し下にスクロールしたところに分野別メニューがあります。

「税について調べる」の項目に「所得税」とあり、その下に(確定申告書等作成コーナー)と書かれているので、そこをタップしてください。

2020年以降は控除額が変更!e-Taxを使わなければ損することに!

2020年度分の確定申告より、e-Taxを利用した場合と利用しなかった場合の青色申告特別控除額が変わります。

  • 青色申告特別控除額は現行65万円
  • 改正後の青色申告特別控除額は55万円
  • e-Taxを利用すれば青色申告特別控除額は65万円に

このように、e-Taxを利用することで青色申告特別控除額が10万円も増えるため、節税にもつながり、経済的にも得をします。

e-Taxはメリットだらけ!
  • 税金の申告から納付まで行えるe-Tax
  • 24時間提出可能、書類の省略や還付がスピーディーに行われるなどメリット多数
  • さらに2020年より節税効果も!

次のページでは、e-Taxを利用する手順、2018年までと2019年以降の違いを解説します。
確定申告の必要書類は?どこでいつまでにもらってどう書けばいいか