エポスポインとの有効期限を延長する方法
  • 2023年10月30日
  • 2024年3月28日
当サイトには広告が含まれます

エポスポイントの有効期限を延長|期限切れ予定ポイントの確認方法

年会費無料のエポスカードの通常ポイント有効期限は2年間です。

しかし、会員サイトの『エポスNet』から申請することで24ヶ月後までポイント有効期限を延長することができることをご存知でしょうか。

しかも、ポイント有効期限延長サービスは繰り返し何度も利用できるので、延長申請を忘れない限り実質ポイント有効期限無期限でポイントを貯めることができます。

今回の記事では、エポスポイントの有効期限を延長する方法と、有効期限切れ予定のポイントを確認する方法について解説します。

エポスポイントは有効期限を延長できる
  • エポスポイントの通常有効期限は2年間
  • 会員サイトから24ヶ月の延長が可能
  • 延長申請は3ヶ月以内に有効期限切れになるポイントがある場合のみ
  • 有効期限延長サービスは繰り返し利用可能
  • エポスポイントには多彩な使い道がある
  • ゴールドカード、プラチナカードはポイント有効期限なし

※本記事の価格は全て税込みです。

【2024年5月】エポスカードの新規入会&利用キャンペーンのお得な特典
エポスカード
年会費 永年無料 追加カード ETCカード
還元率 0.5%~ ポイント エポスポイント
マイル - 付帯保険 海外旅行
電子マネー Suica スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
利用できる優待特典は10,000以上!年会費無料でおすすめ矢印詳細を見る

エポスポイントの有効期限は2年間延長が可能

エポスカード

年会費無料のエポスカードは、200円ごとに1ポイント(1円相当)が貯まる還元率0.5%のクレジットカードです(※リボ払いの場合は200円ごとに2ポイント)。

エポスポイントの有効期限は、ポイント加算日から2年間です。

しかし、3ヶ月以内に有効期限切れとなるポイントがある場合、エポスカードの会員サイトである『エポスNet』にアクセスしてポイント有効期限を延長することができます!

延長可能な期間は24ヶ月。もし3ヶ月以内に有効期限が切れるエポスポイントを持っており、すぐに使う予定がない場合は、会員サイトにアクセスして有効期限の延長申請をおこないましょう。

エポスポイントは実質ポイント有効期限なし!

エポスポイント

ユーザーとして気になるのは「このポイント有効期限が延長できるサービスは何回でも使えるのか?」という点ですよね。

エポスカードカスタマーセンターに電話して問い合わせたところ、ポイント有効期限の延長サービスは繰り返し利用できるとのことでした!

つまり、一度有効期限延長申請をおこなったポイントが再度3ヶ月以内に有効期限切れになりそうな場合、エポスNetから有効期限延長申請をすることで再延長が可能だということです。

ポイントの有効期限延長申請をおこなう限り、エポスポイントは実質無期限です!

マイペースにポイントを貯めたい方にとっては嬉しいサービスですね。期限を迎える前に無理してポイントを消化する必要がなく、たっぷり貯めて高額商品のお買い物に充てることだって可能です。

エポスポイントの確認方法

エポスポイントの有効期限はエポスカードの会員専用サイトである『エポスNet』から確認できます。

エポスNetの利用方法

エポスNetはエポス Net会員登録ページから、下記の事項を入力することで無料会員登録できます。

  • エポスカードのカード番号
  • カード有効期限
  • セキュリティコード
  • 生年月日
  • 電話番号

上記の項目を入力し、パスワードなどの各種サービスの設定をおこなったあと、SMS(ショートメール)にワンタイムパスワードが届きます。

届いたワンタイムパスワードを入力し、本人認証を完了させることで会員登録が完了します。

エポスNetで有効期限切れ予定のポイントが確認できる

エポスポイントのポイント有効期限を確認したい場合は、エポスNetにログインし「ポイント・特典を利用する」から「ポイント照会」をクリックします。

ポイントについての詳細画面にて、『有効期限別ポイント』が表示されます。

エポスポイントの有効期限を延長する方法

エポスポイント

エポスポイントの有効期限を延長する方法は下記のとおりです。

  1. エポスNetにアクセス
  2. 「ポイント・特典を利用する」から「ポイント照会」をクリック
  3. 「ポイント有効期限を延長する」をクリック
  4. 「申し込む」をクリック

有効期限の延長はエポスカードの会員専用サイトである『エポスNet』からおこなうので、前述の会員登録手続きが必要です。

まだエポスNetに登録していない場合は、あらかじめ会員登録しておきましょう。

ポイント有効期限の延長は3ヶ月前から可能

前述していますが、エポスポイントの有効期限が延長できるのは、ポイント有効期限が切れる3ヶ月前からです。

3ヶ月以内に期限切れとなるポイントをお持ちのお客さまは「ポイント有効期限を延長する」が表示され、ポイント延長のお申し込みができます。
※すべてのポイントの有効期限がお申し込みから24ヶ月後まで延長されます。

引用元:エポスポイントの有効期限はいつまでですか? | エポスカード よくあるご質問

上記のとおり、これまで獲得してきたポイントの中で、3ヶ月以内に有効期限切れとなるポイントがある場合のみ、ポイントの有効期限延長が可能ということです。

エポスポイントの通常ポイント有効期限は2年間です。獲得してすぐにポイントの有効期限が延長できるわけではないことに注意しましょう。

公式サイトに記載されているとおり、3ヶ月以内に有効期限切れとなるポイントがあり、ポイント有効期限の延長申請をした場合は、所持している全てのポイント有効期限が申込日から24ヶ月後まで延長されます。

つまり、申込日に一度現在もっているポイントの有効期限がリセットされ、まとめて全てのポイントの有効期限が24ヶ月後まで延長されるということですね。

ポイント獲得から2年経過するたびにわざわざ延長申請をしなくていいので、ポイント有効期限の管理はすごくラクです。

エポスポイントの使い道

紹介したとおり、エポスポイントは何度も延長が可能なので実質有効期限無期限と考えることができます。

次に気になるのは、貯めたエポスポイントの使い道ですよね。エポスポイントの使い道としては下記のような使い道があります。

  • マルイでのショッピング割引
  • プリペイドカードに移行
  • ネット通販利用分をポイントで割引
  • 商品券やギフト券に交換
  • 他社ポイントに移行
  • グッズに交換
  • 支援団体に寄付
  • アスリートを応援
  • 年会費をポイントで支払う(プラチナカード限定)

それぞれの使い道について簡単に解説するので、気になる部分を参考にしてください!

マルイでのショッピング割引

エポスポイントの交換

1つ目に紹介するのは、マルイの店舗やショッピングサイトの「マルイウェブチャネル」で使う方法です。

会計時に1ポイント=1円として使うことができます。

使い方は簡単。マイルの店舗で、エポスカードを提示して「エポスポイントを使います」とレジのスタッフに直接伝えるだけです。

ただし、マルイの店舗にあるレストランや一部商品ではポイントが利用できない場合があります。

プリペイドカードに移行

エポスVisaプリペイドカード

「エポスVisaプリペイドカード」に移行して使う方法も便利です。

エポスVisaプリペイドカードはエポスカード保持者が発行できるプリペイドカードです(※発行手数料は無料ですが、デザインによっては有料のものも)。

1ポイント=1円で、1円単位でチャージできて無駄なくポイントを消費することができます。

しかも、エポスVisaプリペイドカードにチャージすると残高有効期限がなくなるので、期限切れの心配もなくなります。

プリペイドカードはVisa加盟店で使うことができ、利用範囲が広がるのもメリットです。

また、エポスVisaプリペイドカードを利用してショッピングすると200円ごとに1ポイントがもらえます。

ネット通販利用分をポイントで割引

ネット通販の「たまるマーケット」で使う方法です。

たまるマーケットは、エポスカード会員が利用できるポイントアップサイトです。

たまるマーケット経由でネットショッピングをすると、ショップごとに定められたボーナスポイントをもらうことができます。

たまるマーケットではボーナスポイントを獲得できるだけでなく、1エポスポイント=1円、1円単位で使うこともできます。

Amazonに直接アクセスしてショッピングをしても、会計画面でエポスポイントは使えません。たまるマーケット経由でショッピングをすれば、エポスポイントを使えます。

たまるマーケットには、次のような大手ショッピングサイトも多数登録されています(一例)。

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • マツモトキヨシ
  • ビックカメラ.com
  • ユニクロ オンラインストア

他にも使いやすいネットショップが多数加盟しているので、ポイントの使い道に困ることはないでしょう。

商品券やギフト券に交換

商品券やギフト券に交換して使う方法もあります。交換先と必要ポイント、交換レートは下記の通りです。

交換先必要ポイント数交換後
マルイ商品券1,000pt1,000円
VJAギフトカード(全国共通商品券)1,000pt1,000円
クオ・カード1,000pt1,000円
Amazonギフト券1pt〜1円〜
Apple Store&iTunes コード1,000/3,000pt1,000/3,000円
スターバックスカード3,000pt3,000円
KEYUCAお買い物券500pt500円
(株)モンテローザお食事券800pt1,000円
IDC OTSUKA エポスクーポン券※2020年8月31日に交換終了1,000pt1,000円

基本的に1ポイント=1円の交換レートですが、モンテローザのお食事券は1ポイント=1.25円となるので少しお得です。

他社ポイントに移行

エポスポイントは他社のポイントに移行して使うこともできます。交換先と必要ポイント数、交換レートは下記の通りです。

交換先必要ポイント数交換後
ANAマイル1,000pt500マイル
ANA SKYコイン1,000pt1,000コイン
JALマイル1,000pt500マイル
スターバックス カード500pt500円分
ノジマスーパーポイント500pt500pt
dポイント1,000pt1,000pt
Pontaポイント1,000pt1,000pt

マイルは2ポイント=1マイル、その他は1ポイント=1円の交換レートで使うことができます。

共通ポイントの代表格である楽天ポイントがないのはちょっと残念ですが、ANAマイル、JALマイルどちらにも交換できるのはうれしいですね。

すべての交換先で手数料は無料です。気軽に交換できますね。

グッズに交換

エポスオリジナルグッズの交換にポイントを使う方法です。

150ポイントから交換することができ、グッズによって必要ポイント数が異なります。

オトメイト、カプコン、コーエーテクモ、ホークスなどとコラボレーションしたグッズを多数取り揃えており、下記のようなグッズがあります。

  • レプリカカード
  • パスケース
  • オリジナルグラス
  • ハンドタオル
  • トートバッグ

商品は交換申請から1〜2週間で自宅(エポスカードに登録している住所)に届きます。

支援団体に寄付

7つ目は、支援団体に寄付することでポイントを使う方法です。

1ポイント=1円として、500ポイント以上500ポイント単位で下記の団体に寄付することが可能です。

  • ユニセフ
  • 世界の子どもにワクチンを日本委員会
  • プラン・インターナショナル
  • ワールド・ビジョン・ジャパン
  • 交通遺児育英会
  • 国境なき医師団
  • 国連WFP協会
  • 日本救援衣料センター
  • 日本赤十字社
  • 国際ふるさとの森づくり協会
  • グリーンバード
  • WWFジャパン
  • アイメイト協会
  • 日本ブラインドサッカー協会(JBFA)

1ポイント単位で寄付できずまとまったポイントが必要ですが、応援している団体に簡単に寄付をすることができます。

アスリートを応援

エポスポイントで選手を応援

日本オリンピック委員会(JOC)へエポスポイントを寄付する手もあります。

オリンピック選手やコーチの派遣、道具購入費用寄付金に使われ、間接的にアスリートの活動を応援することができます。

1口500ポイント=500円から寄付することができます。

残念ながら東京オリンピックは延期になってしまいましたが、寄付受付は2020年8月までを予定しています。

年会費をポイントで支払う(プラチナカード限定)

プラチナカード会員限定で年会費をエポスポイントで支払うこともできます

プラチナカード会員の方は、年会費請求月のお支払金額確定日から約15日の間に申請すればポイントで年会費を支払うことができます。

ゴールドカード、プラチナカードはポイント有効期限なし

有効期限のない永久ポイント

エポスカードには年会費無料の一般カードの上位に「エポスゴールドカード」と「エポスプラチナカード」があります。

一般カードのエポスカードには2年間のポイント有効期限が設けられていますが、ゴールドカード、プラチナカードの場合はポイント有効期限が無期限です。

そのため、ポイント有効期限を延長する手間もありません。

エポスゴールド・プラチナの年会費

プラチナカードはインビテーション(招待)によって申込むと年会費20,000円、通常発行の場合は30,000円と高額です。

一方、ゴールドカードはインビテーションによって申込むと年会費無料で発行することができます。通常発行の場合は年会費5,000円です。

カード名年会費
エポスカード無料
エポスゴールドカード5,000円 ※条件達成で無料
エポスプラチナカード30,000円 ※条件達成で20,000円

ポイントの有効期限延長の申請などが手間に感じる場合は、年会費無料のエポスカードを使い続けて上位カードを目指しましょう。

エポスゴールドカードのインビテーションをもらうことができれば、年会費無料でエポスゴールドカードを持つことができ、お得です!

エポスポイントはマイペースに貯められる!

エポスポイントは有効期限を延長できる
  • エポスポイントの通常有効期限は2年間
  • 会員サイトから24ヶ月の延長申請が可能
  • 延長申請は3ヶ月以内に有効期限切れになるポイントがある場合のみ
  • 有効期限延長サービスは繰り返し利用可能
  • エポスポイントには多彩な使い道がある
  • ゴールドカード、プラチナカードはポイント有効期限なし

一般的な年会費無料のクレジットカードのポイント有効期限は1〜2年程度ですが、エポスカードのポイントは紹介したとおり何度も延長できるので実質有効期限が無期限です!

エポスポイントは、マルイでのショッピング使ったり、商品券、他社ポイントに交換・移行することができます。

多くの交換先では、交換するために最低500ポイント程度必要となります。しかし、エポスポイントは有効期限が延長できるので必要ポイント数までマイペースに貯めることができます。

クレジットカードによっては「ポイントを有効期限以内に使い切りたい!」という思いで無駄なショッピングをしてしまう場合がありますが、エポスカードはそんな心配が不要です!