エポスカードとApple Payの登録方法と上手なポイントの貯め方

エポスカードはApplePayにて簡単に登録、利用できます。

たった数分で設定が完了し、「QUICPay」が使えるお店すべてで利用できるようになります。

エポスカード・エポスカードゴールドは共に年会費が無料なため、使い勝手が非常に良いカードです。

全国に展開するマルイでの利用や、ネットショッピングでの高還元サービスなどの提携が多く、ポイントが非常に貯まりやすいのが特長です。

ApplePayと連携して、上手にポイントを貯める方法を紹介していきます。

エポスカードの上手なポイントの貯め方
  • 「たまるマーケット」を使えば最大30倍のポイントが付与
  • 飲食店、カラオケの利用でポイント最大5倍
  • 家賃、公共料金の支払いでもポイントが貯まる
  • モバイルSuicaへのチャージでポイント獲得

画像引用元:Apple Payについて|クレジットカードはエポスカード

エポスカードとおサイフケータイの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

ApplePayの登録設定方法

エポスカードapplepay登録

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

まず、エポスカードのApplePayへの登録設定方法を紹介していきます。

  1. iPhone7以降の端末でWalletAppを開く
  2. 画面右上にある「+」ボタンをタッチ
  3. クレジット/プリペイドカードの追加を選択
  4. お手持ちのエポスカードを読み取る
  5. 読み取ったカードの情報確認と修正する
  6. SMSや電話発信を用いてカード認証を行う
  7. 認証コードの入力

1iPhone7以降の端末でWalletAppを開く
プラスボタンをタッチ

ご自身のiPhone7以降の端末を使い、WalletAppを開きます。

設定からは、WalletとApple Payへ進み、カードを追加をタップしてください。

2画面右上にある「+」ボタンをタッチ
プラスボタンをタッチ

画面右上にある「+」ボタンをタッチすると上の写真になります。

画面下の「続ける」ボタンを押してください。

3クレジット/プリペイドカードの追加を選択
カードの種類を選択

カードの種類を選択する画面から、「クレジット/プリペイドカード」を選択します。

4お手持ちのエポスカードを読み取る
エポスカードを読み取る

カメラが自動的に起動しますので、お手持ちのエポスカードを準備して、枠内に収まるようにカードを読み取ってください。

5読み取ったカードの情報確認と修正をする
カードの情報確認

数秒ほど待つと自動的に、カード番号や名前、有効期限が入力されますので、情報の確認を行ってください。

稀に、番号や名前のローマ字が間違っている場合がありますので、その場合は手動で修正してください。

6SMSや電話発信を用いてカード認証を行う
カードを読み取った後、認証方法を選択して進めていきましょう。

一部のカードでは、エポスカードのお客様センターに問い合わせする必要があります。

問い合わせ後、数分〜数十分で利用可能になりますので心配ありません。

7認証コードの入力
認証コードの入力

SMSや電話発信、問い合わせで4桁の認証コードがお手元のiPhoneに届きます。それを入力すれば準備は完了です。

※カードによっては、SMSや電話発信を用いず、そのまま追加されることもあります。

ApplePayの使い方

ApplePayの使い方

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

さて、エポスカードをiPhoneに登録した後は、すぐ使えます。使い方は非常に簡単です。

「ApplePay」または「QUICPay」に対応しているお店で利用できます。

口頭で支払い方法を伝え、カードリーダーにタッチするだけで支払いが完了します。

ロック画面の状態や、他のアプリケーションを開いた状態でも会計を済まられます。当然、手書きでのサインも必要ありません。

ApplePay利用についての注意点

間違えやすく注意が必要な2点
  • 「iD」ではない
  • 最初に登録したクレジットカードでの支払いになる

エポスカードは「iD」ではなく、「QUICPay」です。そのため「iD」のみ対応している店舗では使用できません。

電子決済を導入している店舗のほとんどで両方使えますが、一部店舗では例外がありますので注意が必要です。

支払い方法の間違えにも気をつけなければなりません。

ApplePayに複数枚カードを登録している人は、先頭に登録したカードがメインカードとして登録されます。

つまり、エポスカードで支払う予定で、「ApplePay」で支払いをしたら他のカードでの引き落としになってしまった……

なんてこともありますので注意が必要です。

複数枚ある人はWalletAppから予めカードを選択し、決済すれば間違いはなくなります。

Apple Payに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

エポスカードの概要について

EPOS CARD

画像引用元:入会金・年会費 永年無料!「持ってて、よかった。エポスカード。」|クレジットカードはエポスカード

ここでは、エポスカードの概要を説明していきます。

入会金・年会費が永年無料で、大学生や主婦(夫)、フリーターといった人でも作りやすいカードです。

様々な特典もあらかじめ付帯しておりますので、そちらも併せて紹介いたします。

エポスカードのここがすごい!
  • 入会金・年会費がずっと無料
  • ネットで申し込むと最短即日発行
  • 海外保険が自動的に付与されて安心

エポスカード公式サイトを確認する

入会金・年会費は永年無料

エポスカードの魅力といえば、なんといっても入会金・年会費が永年無料であることです。

近頃では年会費無料のカードが増えてきました。

一部のカードは「利用額が一定以上であれば年会費無料」というものもありますが、エポスカードは利用がなくてもずっと無料で使えます。

最短即日発行

ネットからの申し込みで最短即日発行できるのもエポスカードの強みです。

比較的審査が通りやすく、ネットで簡単に手続きができ、5分で申請ができますので、気になった方はぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

また、カードの柄も様々で、アニメ「ワンピース」など50種類以上のラインナップから選べるのも嬉しいですね。

ポイント還元率は0.5%

ポイントの還元率は200円で1ポイントのため、0.5%です。

年会費無料のカードでは普通の還元率ですが、使い方次第でさらに還元率を上げることもできます。

ポイントは、ギフト券や商品券、クーポンに交換できます。もちろん、交換手数料はかかりません。

商品券・ギフト券・クーポン交換できる価格
amazonギフト券1エポスポイントから → Amazonギフト券1円分から
マルイ商品券1,000エポスポイント → マルイの商品券1,000円
クオ・カード1,000エポスポイント → クオ・カード1,000円
iTunesコード1,000/3,000エポスポイント → App Store&iTunesコード1,000円/3,000円
スターバックスカード3,000エポスポイント → スターバックスカード3,000円
※スターバックスカードの画像はイメージです

そのほか、交換できる商品券やギフト券はエポスカードの公式サイトを参照してください。

海外保険が自動的に付与

驚くことに、エポスカードに加入するだけで海外保険が自動的に付与されます。

「海外で食あたりになり、1日入院した」
「観光中にカメラを落として破損してしまった」

などの事故に保険が適用されます。海外に強いVISAブランドということもあり、お買い物もカードでスムーズにできます。

補償期間は、1つの旅行につき最長で90日間(カード発行日の翌日以降で日本をたつ旅行が対象)となっています。

<補償内容>

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

海外に行く際は使う予定がなくても持っていくだけでお得なのです。

エポスカード公式サイトを確認する