クレジットカードおすすめランキング

【2020年3月】ふるさと納税おすすめサイト比較|最も人気があるのはココ!

ふるさと納税ポータルサイト

この記事では【2020年3月】最新版として、最も人気のあるふるさと納税サイトを紹介していきます。

ふるさと納税をすることで、お礼の品(返礼品)がもらえるのは知っている方も多いでしょう。

ただ、ふるさと納税の話を各メディアや周囲から耳にして、実際に利用しようと思っても、どのサイトを選択していいかわからずに困っている方も多いのではないでしょうか。

ふるさと納税を少しでもお得に利用するためには、サイトごとの特徴を知る必要があります。

この記事はふるさと納税を始められる方や、もっと自分に合ったふるさと納税サイトを知りたい方におすすめです。

アイキャッチ画像引用元:総務省|ふるさと納税ポータルサイト

ふるさと納税とは?

返礼品受け取り画像

ふるさと納税は、寄附をするかわりに自治体から返礼品がもらえる制度として知られています。

その制度について、詳細を解説していきます。

寄附金2,000円で特産品などがもらえるうれしい制度

ふるさと納税は、全国の自治体から寄附したい地域を選び、実質2,000円を寄附することで、寄附した自治体から返礼品として特産品などがもらえる制度です。

寄附した金額から2,000円を除いた金額は、本来ご自身が払う住民税と所得税から差し引かれる(控除)仕組みとなっています。

ただし、所得に応じて住民税・所得税が異なるため、ふるさと納税で寄附できる金額が個人によって違ってきます。

あらかじめ、ふるさと納税できる金額を知りたい場合は、下記サイトから概算の金額がわかりますので参考にしてください。

総務省ふるさと納税ポータルサイト

ふるさと納税サイトを選ぶポイント!

ふるさと納税とは

ふるさと納税を少しでもお得に利用するには、自身に適したサイトを選ぶ必要があります。

ふるさと納税サイトを選ぶポイントとしては、以下の通りです。

ふるさと納税サイトを選ぶポイント
  • 返礼品の数
  • 受けられる特典
  • 支払い方法

数あるふるさと納税サイトでも、上記のポイントは各サイトによって異なります。

選ぶポイントをしっかり抑えて、自分に適したサイトを見極めましょう。

返礼品の数

ふるさと納税サイトでもっとも比較されるポイントが「返礼品の数」です。

ふるさと納税サイトによって掲載されている自治体の数が違いますが、それに応じて返礼品の数も異なります。

掲載されている自治体の数が多ければ多いほど返礼品の数も増えるので、お好みの品物が見つかる可能性も高いと言えます。

検索機能や口コミ情報も参考に!

検索機能や口コミ情報(レビュー)機能は、ふるさと納税の人気上位サイトの必須条件とも言えます。

返礼品がたくさんあっても、サイトの中からたどり着かなければ、その品物を知ることができません。

サイト自体の使いやすさと、実際に利用した人の意見が閲覧できるふるさと納税サイトを、この記事ではおすすめしていきます。

受けられる特典

ふるさと納税サイトを選ぶポイントの2つ目として、返礼品以外の特典が挙げられます。

返礼品以外にも、寄附金に応じたポイントやマイルが付与されるケースがあります。

サイトによってポイント特典の有無が異なるので、少しでもお得に利用するためにはポイント特典が受けられるサイトを選択しましょう。

支払い方法

ふるさと納税サイトを選ぶポイントの3つ目として、支払い方法の違いが挙げられます。

主な支払い方法は、以下になります。

ふるさと納税サイトの主な支払い方法
  • 銀行振込
  • クレジットカード払い
  • コンビニ払い
  • 携帯料金払い
  • スマホ決済払い

人気のサイトほど、支払い方法の選択肢が充実している傾向にあります。

サイトを利用する前に可能な支払い方法を知っておくと、スムーズに利用できるでしょう。

また、ふるさと納税においては、クレジットカード払いに対応していない自治体も多く存在します。

自治体の3〜4割がクレジットカード払い未対応ですので、合わせて知っておきましょう。

人気のふるさと納税サイトはココ!

楽天ふるさと納税トップ画面

画像引用元:【楽天市場】ふるさと納税|はじめての方でも簡単!納付先の自治体、寄付金の使い道が選べ、お礼の特産品や税金の控除もうれしい「ふるさと納税」

では、前述した選ぶポイントを踏まえた上で、人気のふるさと納税サイトを紹介していきます。

2020年3月時点で、人気のふるさと納税サイトは、「楽天ふるさと納税」です。

楽天ふるさと納税が人気の理由

「楽天ふるさと納税」が人気の理由は、以下の通りです。

  • ポイント還元が最低でも1%で受けられる
  • 返礼品の数は100,000点以上(2020年3月現在)
  • サイトとしての使いやすさや支払い方法も充実

「楽天ふるさと納税」は、他のサイトと比較しても返礼品の数やサイトの使いやすさが評価できます。

そして何より、受けられる特典がダントツで良いので、「楽天ふるさと納税」が最も人気、かつおすすめできるサイトとなります。

それぞれ詳しく解説していきましょう。

ポイント還元が最低でも1%で受けられる

「楽天ふるさと納税」で最大の魅力とも言えるのが、ふるさと納税した金額に対して最低でも1%のポイント還元が受けられる点です。

付与されるポイントは「楽天スーパーポイント」になり、楽天会員に登録しておけば誰でもポイント還元が受けられます。

会員登録は無料なので、アカウントを持っていない場合は事前に作成をしておきましょう。

楽天カード会員であればさらに高還元

「楽天ふるさと納税」は、誰でも1%還元で受けられる時点でとてもお得ですが、楽天カード会員であればさらにお得になります。

一般会員であれば最低でも3%、ゴールド会員であれば最低でも5%以上の還元が受けられます。

さらに楽天カードのポイントプログラム「SPU」も対象になるので、最大20%の還元が受けられることもあります。

返礼品以外の特典として、これほどの還元率でポイント還元が受けられるサイトは「楽天ふるさと納税」の他に見当たりません。

返礼品の数が100,000点以上

「楽天ふるさと納税」で選べる返礼品の数は100,000点を超えています。

返礼品の数に関しては、ここよりも多いサイトはありますが、それでも10万点以上ですので、多い方と言えるでしょう。

サイトの使いやすさや支払い方法が充実

ジャンル分けされていたり、ランキングによる閲覧ができたり、返礼品のレビューが見れたりすると、ユーザーは使いやすいですよね。

人気のふるさと納税サイトを見てみると、こういった「使いやすさ」に配慮されたつくりになっています。

「楽天ふるさと納税」を見てもらうと分かりますが、「ランキング」「ジャンル」「金額」「地域」と検索もしやすくなっているので、使いやすさの面からも良心的なサイトと言えるでしょう。

また、支払い方法も自治体によって異なるものの以下の支払いが可能です。

  • クレジットカード払い
  • 銀行振替
  • 楽天スーパーポイント
  • 楽天キャッシュ
  • 楽天バンク

クレジットカードでも銀行からでも対応ができる他、楽天会員に馴染んだポイントや決済ツールが利用できるので、とても便利です。

「楽天ふるさと納税」が気になった方は、チェックしてみてください。

→楽天ふるさと納税サイトを見る

人気上位のふるさと納税サイト

ふるさと納税サイトの中で、最も人気のサイトは「楽天ふるさと納税」ですが、その他にも人気のサイトがあります。

この章では、ふるさと納税サイトの中でも、人気上位のサイトを紹介していきます。

  • ふるなび
  • さとふる
  • ふるさとチョイス
  • ANAのふるさと納税

ふるなび

ふるなびトップ画面

画像引用元: ふるさと納税サイト【ふるなび】お得な返礼品がすぐ見つかる!

「ふるなび」は、返礼品の数こそ60,000点以上(2020年3月現在)と他人気サイトよりは少ないものの、“ポイント制度”を設けたふるさと納税サイトとして人気があります。

支払い方法の豊富さや、サイトの使いやすさの評価も高いサイトであり、その他に以下のメリットがあります。

  • 寄附金1%分のAmazonギフト券進呈
  • 電化製品や商品券が充実

その他のメリットについて、詳しく解説していきます。

寄附金1%分のAmazonギフト券進呈

「ふるなび」では、会員登録をすることで寄附金の1%をAmazonギフト券で還元してもらえる特典があります。

方法は、会員登録した後に「ふるなび」のサイトからクレジットカードで寄附すること。寄附金に応じて1%の還元が受けられます。

クレジットカード払いのみが還元の対象にはなりますが、その分、クレジットカードにもポイントが貯まるので二重にお得とも言えるでしょう。

ふるさと納税サイトの中でも、返礼品以外で特典が受けられるサイトはそう多くはありません。

その中で汎用性が高いAmazonギフト券がもらえるのは、大きなメリットではないでしょうか。

【2020年2月】ふるさと納税でAmazonギフト券をもらえるとこはある?

電化製品や商品券が充実

「ふるなび」は返礼品の数が少ない面はありますが、電化製品や商品券など取り扱っている種類は豊富です。

各自治体で生産されている電化製品や自治体の観光地で使える感謝券など、ここでしか手に入らない返礼品があります。

例えば、「ふるなび」の中でも高評価を得ているキヤノンのミラーレスカメラ(大分県国東市)やソニーのワイヤレスヘッドセット(神奈川県厚木市)です。

これらは「ふるなび」でしか手に入らない人気の返礼品になるので、興味がある方は「ふるなび」がおすすめです。

→ふるなびを見る

さとふる

さとふるトップ画面

画像引用元: 【さとふる】ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

「さとふる」は、テレビCMでもお馴染みで、人気・知名度ともに高いふるさと納税サイトです。

返礼品以外で受けられる特典はありませんが、以下のメリットから人気のふるさと納税サイトとなっています。

  • 抜群のサイトの使いやすさ
  • 抽選でAmazonギフト券などが当たる

「さとふる」のメリットについて解説していきます。

 抜群のサイトの使いやすさ

「さとふる」は返礼品の数が120,000点(2020年3月現在)を超えていて、選べる数は文句なしで上位です。

それに加えて、返礼品を検索するときのジャンルやランキングが細分化されているため、使いやすさが抜群です。

膨大な返礼品の数であるものの、金額・ジャンル・地域などユーザーに合わせた検索ができるので、お目当てのものが探しやすくなっています。

抽選でAmazonギフト券などが当たる

「さとふる」ではポイント還元などの特典はないものの、抽選でギフト券や商品が当たるキャンペーンがあります。

確実性はないものの、Amazonギフト券を中心にさまざまな商品が準備されていますので、各キャンペーンの条件をクリアしてチャレンジしてみましょう。

→さとふるを見る

ふるさとチョイス

ふるさとチョイストップ画面

画像引用元:お礼の品掲載数No.1 | ふるさとチョイス

「ふるさとチョイス」は、ふるさと納税の制度開始直後からサービスを提供している、老舗のふるさと納税サイトです。

「ふるさとチョイス」には返礼品以外で受けられる特典はありませんが、さとふる同様に抽選で商品が当たる他、以下のようなメリットがあります。

  • ダントツの返礼品の数
  • 災害支援やプロジェクトに支援できる

それでは、「ふるさとチョイス」のメリットについて解説していきましょう。

ダントツの返礼品の数

「ふるさとチョイス」の最大のメリットは、圧倒的な返礼品の数にあります。

老舗のふるさと納税サイトということもあり、全自治体の掲載をはじめ290,000点(2020年3月現在)を超える返礼品が掲載されています。

そのため、返礼品を探す上では“選択肢が最も豊富なサイト”と言えます。

災害支援やプロジェクトに支援できる

「ふるさとチョイス」の特徴として、災害支援やプロジェクトに支援できる制度を設けている点があります。

ふるさと納税を通じた自治体の応援のみならず、災害に遭われた地域への支援やメッセージなどがサイトを通じて行えます。

「ふるさとチョイス」は寄附だけではなく、いろいろな目的で利用できるサイトと言えるでしょう。

→ふるさとチョイスを見る

ANAのふるさと納税

ANAのふるさと納税トップ画面

画像引用元: ANAのふるさと納税

「ANAのふるさと納税」は、ANAが運営するふるさと納税サイトで、2016年に公開されました。

返礼品の数やサイトの使いやすさなどは、これまで紹介したサイトよりも少し劣りますが、ANAマイルが貯まるという独特のメリットがあります。

  • 寄附金100円につき1マイル付与
  • ANAカードで寄附するとマイルが最大2.5倍に

「ANAのふるさと納税」のメリットについて、解説していきます。

寄附金100円につき1マイルが付与される

「ANAのふるさと納税」は、寄附金100円ごとに1マイルが付与されるため、マイラーにとても人気のあるサイトです。

ふるさと納税サイトの中で唯一マイルが貯まりますので、ANAマイレージを貯めている方にはおすすめです。

「ANAのふるさと納税」でマイルを貯めるには、事前にANAマイレージクラブに登録が必要なので、これを機に登録しておきましょう。

寄附をANAカードですると最大2.5倍のマイルが貯まる

「ANAのふるさと納税」では、全ての自治体でクレジットカードでの寄附が可能です。

その際、ANAカードで寄附すると、獲得したカードのポイントをマイルに変換できるのです。

カードの種類によって貯まるポイントが変わるのですが、「ANA VISAプラチナプレミアムカード」で寄附すると2.5倍のマイルが貯められます。

→ANAのふるさと納税を見る

ふるさと納税人気サイトの比較

前述してきた人気のふるさと納税サイトの特徴を以下にまとめました。

サイト返礼品の数受けられる特典支払い方法サイトの使いやすさ
楽天ふるさと納税
ふるなび
さとふる
ふるさとチョイス
ANAのふるさと納税×

やはり「楽天ふるさと納税」はバランスが良いですよね。

初めてのふるさと納税で迷った方は、とりあえず「楽天ふるさと納税」を選べば問題ないでしょう。

それぞれのサイトについて、より詳しく比較して表にしましたので、ぜひ参考にしてください。

※横にスクロールできます。

サイト返礼品の数受けられる特典支払い方法サイトの使いやすさ
楽天ふるさと納税100,000点以上1%〜20%のポイント還元(楽天スーパーポイント)
※楽天会員への登録が必要
クレジットカード払い
楽天スーパーポイント
楽天キャッシュ
楽天バンク
レビューあり
検索機能充実
ふるなび60,000点以上1%〜5%のポイント還元(Amazonギフト券)
※会員登録が必要
クレジットカード払い
銀行振込
レビューあり
検索機能充実
さとふる120,000点以上抽選でAmazonギフト券などが当たるクレジットカード払い
携帯払い
コンビニ払い
Pay-easy決済
レビューあり
検索機能充実
ランキングジャンル充実
ふるさとチョイス290,000点以上抽選で商品などが当たるクレジットカード払い
銀行振込
郵便振替
コンビニ払い
携帯払い
Pay-easy決済
d払い
メルペイ
PayPay
Amazon pay
レビューあり
検索機能充実
ANAのふるさと納税20,000点以上100円に1マイル還元(ANAマイル)※ANAマイレージクラブの会員登録が必要クレジットカード払い検索機能充実

※2020年3月現在の情報です。

「楽天ふるさと納税」が現在最も人気!

2020年3月のおすすめふるさと納税サイトを比較してみました。

人気の「楽天ふるさと納税」がおすすめの理由をおさらいすると、以下の通りです。

楽天ふるさと納税のおすすめ理由
  • ポイント還元が最低でも1%受けられる
  • 返礼品の数が100,000点以上
  • サイトとしての使いやすさや支払い方法も充実

返礼品の数が充実していること、サイトが使いやすいこと、支払い方法が充実していることが、楽天ふるさと納税をおすすめする理由です。

さらに、楽天スーパーポイントが寄附金の1%分貯まるほか、楽天カードを持っていれば3〜5%も貯まるとてもお得なサイトです。

もちろん人気上位のサイトに関しても、それぞれメリットがあります。

この記事で解説した選ぶポイント、

ふるさと納税サイトを選ぶポイント
  • 返礼品の数
  • 受けられる特典
  • 支払い方法

上記3つを元に、ご自身に合ったふるさと納税サイトを選んでみましょう。

もし迷ってしまったら、ここで紹介した5つのサイトから選んでみてください!

ふるさと納税のメリット・デメリット|しない方がいい理由はなに?