クレジットカードおすすめランキング

銀聯(ぎんれん)で選ぶおすすめクレジットカードランキング【2020年】

銀聯

中国発祥の国際ブランドである銀聯(ぎんれん)は2020年現在、中国のみならず日本でも使用できます。

徐々に加盟店舗数を増やしており、世界各地で使える店舗も増えました。

そこで今回は、国際ブランド銀聯がついたクレジットカードの2020年おすすめランキングを紹介します。

おすすめの銀聯のクレジットカード
  • 第1位:三井住友銀聯カード
  • 第2位:Trip.comグローバルカード
  • 第3位:ANA銀聯カード
  • 第4位:三菱UFJニコス 銀聯カード
  • 第5位:三井住友銀聯プラチナカード
  • 第6位:九州銀聯カード

銀聯と他ブランドとの比較も行なっているので、1度参考にしてください。

※本記事の価格は全て税込みです。

アイキャッチ画像引用元: UnionPay International|カードラインナップ

銀聯(ぎんれん)とは

銀聯

画像引用元:UnionPay International

銀聯(ぎんれん)はクレジットカードにおける国際ブランドのことです。

VISAやMastercardと同じく主要ブランドの1つで、2002年に中国政府主導のもと導入された決済サービスです。

別名でUnionPay(ユニオンペイ)と表記されることがあります。

中国国内なら2,000万店以上の店舗で利用可能です。

2020年現在、導入から約18年が経った銀聯は中国のみならず日本でも発行できる国際ブランドへと成長してきました。

銀聯と他ブランドとの比較

クレジットカード

では、銀聯と現在日本で発行できるVISAやMastercardなど、他ブランド6つを比較してみましょう。

各国際ブランドの加盟店舗数や世界シェア率は次の通りです。

項目加盟店舗数※世界シェア率
VISA5,290万店56%
Mastercard5,290万店23%
銀聯4,560万店13%
JCB3,340万店1%
Diners Club3,210万店1%
American Express2,330万店3%

※加盟店舗数は2018年時点のデータです

上記の表でもわかるように、銀聯はVISAとMastercardに次いで3番目に加盟店舗数が多い国際ブランドです。

また、世界シェア率においても3位という結果になっています。

世界規模で見ると、日本発祥の国際ブランドであるJCBよりも銀聯のほうが加盟店舗数および世界シェア率が高くなっています。

そのため、銀聯ブランドのクレジットカードは国内外で利便性が高いカードといえるでしょう。

以上まで、銀聯について解説しました。

次の章から、日本で発行できる銀聯ブランドのクレジットカードをランキング形式で紹介します。

おすすめの銀聯クレジットカードランキング

現在、日本で発行できる銀聯ブランドのクレジットカードは6種類です。

単独発行・追加発行と、クレジットカードによって異なる特徴があります。

今回は、6種類の銀聯のクレジットカードをランキング形式で紹介します。

第1位:三井住友銀聯カード

三井住友銀聯カード

三井住友銀聯カード
還元率ポイント0.5%
マイル0.3%
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外
国内
ETCカード発行手数料
年会費
電子マネー
国際ブランド銀聯
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短3営業日
三井住友銀聯カードのポイント
  • 単独発行できるクレジットカード
  • 発行手数料と年会費が無料
  • 家族会員の年会費も無料
  • 三井住友銀行の口座がなくても発行できる
  • 券面が2種類から選べる
  • 200円=1ポイントが貯まる

三井住友銀聯カードは、三井住友カードが発行するクレジットカードです。

券面を「大陸」と「パンダ」の2つから選ぶことができます。また、利用金額200円で1ポイントのVポイントが貯まります。

Vポイントは景品との交換や他社ポイントへの移行可能なポイントシステムです。

では、おすすめポイントの中でも注目したい点を2つ見てみましょう。

単独発行できるクレジットカード

三井住友銀聯カードは、単独で発行できるクレジットカードです。

三井住友銀行の銀行口座を持っていない人や三井住友カードが発行するほかのクレジットカードを持っていない人も発行できます。

発行手数料や年会費が無料

三井住友銀聯カードは発行手数料が無料です。また、年会費も永年無料で持つことができます。

家族カードが発行できる銀聯のクレジットカードで、本会員・家族会員ともに年会費が永年無料な点も特徴です。

第2位:Trip.comグローバルカード

Tripcomグローバルカード

Trip.comグローバルカード
還元率ポイント0.5%
マイル0.3%
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内
ETCカード発行手数料
年会費
電子マネー
国際ブランド銀聯
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短3営業日
Trip.comグローバルカードのポイント
  • 単独発行できるクレジットカード
  • 発行手数料や年会費が無料
  • 入会時、誕生日、各シーズンに割引コードがもらえる
  • 提携施設でレイトチェックアウトサービスが使える
  • ポイントがダブルで貯まる
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯

Trip.comグローバルカードは、旅行会社Trip.comと三井住友カードが提携して発行している銀聯のクレジットカードです。

では、おすすめポイントの中でも注目したい点を4つ見てみましょう。

発行手数料や年会費が無料

Trip.comグローバルカードは、Trip.com会員になると発行できます。

三井住友銀行の口座や三井住友カードを持っていなくても発行できるため、単独で発行できる銀聯のクレジットカードといえます。

また、発行手数料や年会費も無料です。

割引コードが複数もらえる

Trip.comグローバルカードは、入会後にTrip.comで使える割引コードが複数もらえます。

入会特典(1回限り)

  • ホテル予約代金10% OFFコードがもらえる
  • カードの入会から14日程度で発行される

お誕生日特典(毎年)

  • ホテル予約代金6% OFFコードがもらえる
  • 誕生日の7日程度前に発行される

各シーズン特典(毎年)

  • ホテル予約代金5% OFFコードがもらえる
  • 各シーズンの1ヵ月半程前に発行される

また、Trip.comのお得な情報が先行配信されたり、提携施設でレイトチェックアウトのサービスが受けられたりします。

ポイントがダブルで貯まる

Trip.comグローバルカードは、利用金額200円で1ポイントのVポイントが貯まり、特典や他社ポイントに移行できます。

同時にTrip.comのTrip Coinsも貯めることができるので、ポイントを重視したい人におすすめです。

  • 航空券予約100ドル=25Trip Coins
  • ホテル予約100ドル=80Trip Coins
  • レビュー投稿最大120Trip Coins

海外旅行傷害保険が用意されている

Trip.comグローバルカードには、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯されています。

海外旅行の際に安心して使えるクレジットカードといえるでしょう。

第3位:ANA銀聯カード

ANA銀聯カード

ANA銀聯カード
還元率ポイント0.5%
マイル0.5%
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外
国内
ETCカード発行手数料
年会費
電子マネー
国際ブランド銀聯
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間
ANA銀聯カードのポイント
  • 追加発行できるカード
  • ANA関連カードを持っている人が発行できる
  • 発行手数料や年会費が無料
  • 200円=1マイルが貯まる

ANA銀聯カードはANAと三井住友カードが提携して発行しています。

すでにANA関連のカードを持っている人や、新規にANAカードを発行する人が持つことができる銀聯のクレジットカードです。

ANA関連のカードは下記が対象です

  • ANA VISAカード
  • ANA マスターカード
  • ANA VISA Suica カード
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
  • ANA VISA nimocaカード

では、おすすめポイントの中でも注目したい点を2つ見てみましょう。

発行手数料や年会費が無料

ANA銀聯カードの発行手数料や年会費は無料です。

また、家族カードも年会費無料で発行ができます。

マイルの還元率が高くなる

ANA銀聯カードは、利用金額200円につき1ポイントのVポイントが貯まります。

1ポイントは1マイルに交換が可能です。

第1位にランクインした三井住友銀聯カードは、マイルに交換すると1ポイント=0.6マイルです。

そのため、銀聯のクレジットカードの中でもマイルが貯まりやすいカードといえます。

第4位:三菱UFJニコス 銀聯カード

三菱UFJニコス銀聯カード

三菱UFJニコス 銀聯カード
還元率ポイント0.3〜1.0%
マイル0.2〜0.4%
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外
国内
ETCカード発行手数料
年会費
電子マネー
国際ブランド銀聯
発行会社三菱UFJニコス株式会社
発行期間
三菱UFJニコス 銀聯カードのポイント
  • 追加発行できるカード
  • MUFGカードを持っている人が発行できる
  • 年会費が無料
  • 海外の銀聯加盟店でポイントが2倍になる
  • 券面がゴールドとシルバーの2種類がある

三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードで、MUFGカードを持つ人が追加で申し込めます。

リクルートカードやイニシャルカード、JAL アメリカン・エキスプレス・カードを持つ人も対象です。

では、おすすめポイントの中でも注目したい点を3つ見てみましょう。

年会費が無料

三菱UFJニコス 銀聯カードは年会費が無料で、家族カードも発行できます。

ただし、新規で発行する際は次の手数料が発生します。

項目手数料
本会員1,100円
家族会員330円

海外で使用するポイントが2倍

三菱UFJニコスが発行するクレジットカードは、本来1,000円ごとに1ポイントのグローバルポイントが付与されます。

しかし、三菱UFJニコス 銀聯カードを海外の銀聯加盟店で利用すると、グローバルポイントが2倍になります。

持っているカードによって券面が決まる

券面がゴールドとシルバーの2種類ありますが、下記に該当するMUFGカードを持つ人は、シルバーが発行されます。

  • 提携カード
  • イニシャルカード
  • スヌーピーカード
  • VIASOカード(MUFGカードブランド)
  • MUFGカード スマート
  • MUFGカード・スマート・アメリカン・エキスプレス・カード
  • MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード、など

券面がゴールドかシルバーかによって、サービスが異なることはありません。

第5位:三井住友銀聯プラチナカード

三井住友銀聯プラチナカード

三井住友銀聯プラチナカード
還元率ポイント0.5%
マイル0.3%
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外
国内
ETCカード発行手数料
年会費
電子マネー
国際ブランド銀聯
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間
三井住友銀聯プラチナカードのポイント
  • 追加発行できるカード
  • 三井住友プラチナカードを持つ人が発行できる
  • 発行手数料や年会費が無料
  • 家族カードも発行できる
  • 200円=1ポイントが貯まる

三井住友銀聯プラチナカードは三井住友カードが発行する銀聯のクレジットカードです。

利用金額200円ごとに1ポイントが貯まります。

では、おすすめポイントの中でも注目したい点を2つ見てみましょう。

三井住友プラチナカードを持つ人が発行可能

三井住友銀聯プラチナカードは、三井住友プラチナカードを持つ人が発行できる、クレジット払いのショッピング専用カードです

ショッピング利用枠が300万円以上つくので、これ1枚でたっぷり買い物ができます。

発行手数料や年会費が無料

三井住友銀聯プラチナカードは発行手数料が無料です。家族カードの発行もできます。

また、年会費が無料なので維持費がかかることはありません。

第6位:九州銀聯カード

九州銀聯カード

九州銀聯カード
還元率ポイント0.4〜0.5%
マイル0.3%
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外
国内
ETCカード発行手数料
年会費
電子マネー
国際ブランド銀聯
発行会社九州カード株式会社、三井住友カード株式会社
発行期間
九州銀聯カードのポイント
  • 追加発行できるカード
  • 九州カードの関連カードを持つ人が発行できる
  • 年会費が無料
  • 家族カードも発行可能
  • 券面が2種類から選べる

九州銀聯カードは、三井住友カード株式会社と九州カード株式会社が提携して発行しているクレジットカードです。

九州カードではワールドプレゼント※というポイントサービスを実施。利用金額1,000円=1ポイントが貯まるシステムです。

また、券面が「大陸」と「パンダ」の2つから選べます。

では、おすすめポイントの中でも注目したい点を2つ見てみましょう。

※ワールドプレゼントは2022年4月、利用金額200円=1ポイントのシステムへリニューアル予定です。

関連カードを持つ人が発行できる

九州銀聯カードは、九州カードが発行している関連カードを持つ人が追加で発行できます。

VISAやMastercardが対象となり、MUFGカードについては対象外です。

年会費が無料

九州銀聯カードは年会費が無料です。家族カードも同様に発行できます。

しかし、カードの更新・再製・再発行する場合は、550円または1,100円が発生するので注意しましょう。

銀聯は単独か追加で選びましょう

今回は銀聯で選ぶおすすめクレジットカードランキングを紹介しました。もう1度おさらいしましょう。

【2020年】銀聯ブランドのおすすめカードランキング
  • 第1位:三井住友銀聯カード【単独】
  • 第2位:Trip.comグローバルカード【単独】
  • 第3位:ANA銀聯カード【追加】
  • 第4位:三菱UFJニコス 銀聯カード【追加】
  • 第5位:三井住友銀聯プラチナカード【追加】
  • 第6位:九州銀聯カード【追加】

銀聯は世界シェア3位を誇る国際ブランドです。

中国国内だと2,000万店以上、世界各国では4,500万店以上で使えます。

銀聯のクレジットカードを選ぶときは、単独で発行できるのか、追加カードなのかにも注目してください。

今回紹介したランキングも参考に、自分にピッタリの銀聯カードを見つけましょう。