クレジットカードおすすめランキング

初めて作るならこれ!クレジットカードの国際ブランドの選び方

クレジットカード

クレジットカードを選ぶ時、同じクレジットカードでも「Visa」にするか「MasterCard」にするかなどで迷った経験がある人も多いのではないでしょうか。

VisaやMasterCard、AmericanExpress(アメックス)などは、クレジットカードの国際ブランドと呼ばれています。

クレジットカードの国際ブランドとは
  • 決済システムを提供する会社のこと
  • クレジットカード1枚につき選べる国際ブランドは1つ
  • 発行会社はクレジットカードの発行や管理を行う企業
  • 選ぶ国際ブランドによって使い心地は大きく異なる

選ぶ国際ブランドによって、利用できるサービスや特典が異なるのはもちろん、利用できるお店や国なども大きく異なってきます。

クレジットカード選びに失敗しないためにも、それぞれの違いを知り、自分に合った国際ブランドを選びましょう。

初めて作るならこれ!2019年の定番&人気クレジットカード7選

クレジットカードの国際ブランドとは?

クレジットカードの国際ブランドは、決済システムを世界中に24時間提供している会社を示しています。

主な国際ブランド

主に世界中で発行されるクレジットカードのほとんどは、以下の国際ブランドマークが付いています。

  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express(アメックス)
  • Diners Club
  • 銀聯(ぎんれん)
  • Discover Card

これらの会社のロゴが書いてあるお店はそれぞれの加盟店と呼ばれ、同じマークを持つクレジットカードで決済することができます

クレジットカード1枚につき、国際ブランドを1つ選ぶことができます。

国際ブランドと発行会社の違い

では「楽天カードや三井住友カードって何?」と思う人もいるかもしれません。

これらのカードの名に冠しているのは、発行会社(イシュアー)の名前です。国際ブランドと発行会社は全く異なります。

国際ブランドがライセンスを出した企業が、そのブランドのクレジットカードを発行することができるという仕組みです。

日本の主なクレジットカード発行会社は以下のとおり。国際ブランドに比べると発行会社は多数あります。

  • 三菱UFJニコス
  • クレディセゾン
  • 三井住友カード
  • オリエントコーポレーション(オリコ) など他多数

発行会社は、主にカードの発行や入会審査、請求書の発送に加え、各種特典やサービスの提供などを行っています。

なお、国際ブランドが発行するプロパーカードと呼ばれるクレジットカードもあります。プロパーカードについては後ほど詳しく言及していきます。

発行会社と提携先の違い

発行会社の他に、提携先の会社が存在するクレジットカードもあります。

提携カードと呼ばれ、ANAカードやPARCOカードがこれにあたります。

前述したようにクレジットカードを発行できるのは国際ブランドからライセンスを獲得している発行会社だけです。

そのため、小売店等がクレジットカードを発行したいと思ってもできません。

そこで、発行会社にクレジットカードの発行や決済サービスを委託するのです。

PARCOカードを例に挙げると、下記のとおりになります。

  • 発行会社=クレディセゾン
  • 提携先=PARCO
  • 国際ブランド=VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpressのいずれか
クレジットカード発行会社ランキング|それぞれの特徴と違いを解説

国際ブランドごとにどのような点が異なる?

どの国際ブランドを選んでも同じというわけではありません。国際ブランドごとに特色があり、使い勝手は大きく異なります。

  • 加入している加盟店数
  • 利用できるエリア
  • クレジットカードに付帯するサービス内容

上記のような点が、国際ブランドによって異なります。

クレジットカードの国際ブランドについて
  • 国際ブランド=決済システムを提供する機関
  • ロゴを掲げるお店でクレジットカード決済が可能
  • 発行会社はクレジットカードの発行や管理を行う会社
  • 国際ブランドによって加入している加盟店の数やサービス内容等が大きく異なる

次の章では、それぞれの国際ブランドの特徴について解説します。

それぞれの国際ブランドの特徴

次に、日本国内はもちろん世界的にもメジャーな国際ブランドをいくつかピックアップし、それぞれの特徴をまとめてみました。

今回解説するのは、下記の5つの国際ブランドです。

  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express(アメックス)
  • Diners Club(ダイナースクラブ)

多くの人は、VisaかMasterCard、JCBあたりで迷っているかもしれません。しかし、アメックスやダイナーズクラブにもまた便利でお得なサービスや特徴があります。

Visaの特徴

アメリカに本社を置くVisa。言わずと知れたクレジットカードの国際ブランドで、シェア率トップを誇ります。

Visaの特徴として下記のようなことが挙げられます。

  • 加盟店が多い
  • 200以上の国と地域で利用可能。日本・海外問わず幅広い範囲で使うことができる
  • 特にアメリカ方面に強い
  • クレジットカードの他、プリペイドカードやデビットカードも扱う

とにかくどこでも使えるので、迷ったらVisaを選ぶのもアリです。

MasterCardの特徴

Visaと並んで加盟店数も使える範囲も非常に広く、世界中で活躍するのがMasterCardです。

こちらも、迷った時にとりあえず選んでおくと無難です。

MasterCardの特徴は下記の通りです。

  • 加盟店が多い
  • 日本・海外問わず使える範囲がとても広い
  • 主にヨーロッパ方面に強いと言われている
  • プリペイドカードも扱う
  • Apple Payのオンライン決済に対応

MasterCardもVisaと同様、MasterCard加盟店で利用できるプリペイドカードを取り扱っています。

また、Visaは非対応であるApple Payのオンライン決済ですが、MasterCardなら対応しています。

JCBの特徴

日本の国際ブランドとして確固たる地位を築くJCB。それだけに国内向けのサービスが非常に充実しています。

その一方で、海外の一部地域ではあまり普及していないのがネック。

そんなJCBはこんな特徴があります。

  • 日本の国際ブランド
  • 国内で使うには申し分ないが海外では使えるお店が少ない
  • 国内メインで利用する人におすすめ
  • JCBのプロパーカードはポイント還元率が高い傾向にある
  • Apple Payのオンライン決済に対応

海外の中でも、ハワイや韓国などでは利用できるお店も多いようです。

海外旅行や海外出張に行くなら、JCBのクレジットカードだけではなく他の国際ブランドのカードも持っておきたいところですね。

American Express(アメックス)の特徴

世界的にも知名度が抜群なアメックス。審査基準が厳しいと言われていたり、年会費が高かったりするため、憧れている人も多いのではないでしょうか。

アメックスの特徴は下記の通りです。

  • 世界的にメジャーな国際ブランド
  • ステータス性が高い
  • 海外旅行傷害保険などのサポートが充実している
  • 提携店での優待利用サービスも充実
  • プロパーカードは審査基準が厳しいと言われている

審査基準は他国際ブランドのカードよりも高いとされていますが、年会費以上のサービスを受けられるのはアメックスだからこそ。

まさに憧れの1枚と言えますね。

Diners Club(ダイナースクラブ)の特徴

ダイナースクラブは、アメックス以上に格式高い国際ブランドです。提携先は少なく、シェア率は低いですが、その分選ばれし者だけが持てるカードと言えます。

ダイナーズクラブの特徴はこちら。

  • 海外での加盟店の数があまり多くない
  • 年会費はかなり高い
  • 旅行傷害保険等のサポートが充実している
  • 申し込み可能な年齢が27歳以上
  • ステータス重視の人におすすめ

年齢制限もあり、審査基準もかなり厳しいダイナーズクラブ。まさにラグジュアリー向けなクレジットカードといえます。

ステータス重視や高級感を重視する人のクレジットカードとしておすすめですが、年会費もかなり高いので注意しましょう。

決済機能よりも、サービス重視で入会するのがおすすめです。

社長におすすめのクレジットカード人気ランキング【2020年】
主な国際ブランドの特徴について
  • Visaは日本・海外問わず幅広い範囲で使うことができるオールラウンダー
  • MasterCardもVisaと並び幅広い範囲で使える、Apple Payのオンライン決済にも対応
  • JCBは日本が取り扱っている国際ブランドで海外での利用は少し心もとない
  • アメックスは海外での知名度も高く優待利用などのサービスが充実
  • ダイナーズクラブは審査基準・年会費ともにトップクラス!ステータス重視の国際ブランド

次の章では、国際ブランドの選び方について解説します。

国際ブランドの選び方は?

主要な国際ブランドの特徴についてそれぞれ解説しましたが、選ぶ国際ブランドによっても使い心地は大きく変わってくることがおわかりいただけたでしょうか。

特に、国内で使うのか海外で使うのかなど、クレジットカードを使う場所によって選ぶべき国際ブランドは大きく異なっていきます。

しっかりと自分のニーズに合ったものを選びましょう。

できれば複数の国際ブランドのクレジットカードを持ち、必要に応じて使い分けるのがベストです。

国際ブランドの選択方法は下記の通りです。

  • 加盟店の数を重視したいならVisaまたはMasterCard
  • 日本国内で使う・ポイント還元率を重視するならJCB
  • 海外での利用・優待特典等を重視するならアメックス
  • ステータスやラグジュアリーなサービス等を重視するならダイナーズクラブ
  • 必要に応じて使い分けられるように複数のクレジットカードを持つのも◎

プロパーカードを選ぶメリット・デメリット

前章で軽く触れましたが、国際ブランドが発行しているクレジットカードのことを「プロパーカード」と呼びます。

プロパーカードは、楽天カードやライフカード、セゾンカードなどの提携カードとは異なり、国際ブランドが直接取り扱っているクレジットカードです。

プロパーカードにはどのような特徴があるのかそれぞれ見ていきましょう。

プロパーカードとは

プロパーカードとは、国際ブランドが直接発行しているクレジットカードのことです。

JCBだと「JCBカード」という名称ですし、アメックスだと「アメリカン・エキスプレスカード」という名称になります。

クレジットカードは提携先の会社の名前がつくのが一般的ですが、プロパーカードはあくまで国際ブランドが直接発行しているクレジットカードであり、他のクレジットカードとは異なる特徴を持ちます。

審査基準がやや厳しい

プロパーカードの審査基準は、提携カードよりもやや厳しい傾向にあります。

一般ステータスのクレジットカードであっても、同等ステータスの提携カードと比べると審査は若干厳しいです。

ポイント還元率よりも優待利用等のサービスが充実している

ポイント還元率は、そこまで期待できるものではありません。ポイントを重視するなら提携カードの方がおすすめです。

プロパーカードのポイント還元率は、大体0.1%~0.5%程度が多いです。

中でもJCBはポイント還元率が高い傾向にありますが、それでも提携カードには敵いません。

しかし、プロパーカードはポイント還元率が低い分、優待利用や旅行の傷害保険などのサービス内容が充実している傾向にあります。

年会費がかかるケースが多い

プロパーカードの多くは年会費がかかります。

安くて2,000円程度、高くて30,000円クラスの年会費がかかります(中には、条件を満たすことで無料にできるクレジットカードもあります)。

年会費がかかるというのも、優待利用特典などが充実している証拠です。

そのため、一概に年会費が安い方が良いクレジットカードとは言えません。

ただし年会費は無理をして支払うものでもありません。身の丈に合ったカードを選ぶことが大切です。

初めて作るならこれ!年会費無料のおすすめクレジットカードまとめ

ステータスが高い

プロパーカードは審査が若干厳しいと前述しましたが、審査が厳しい分同じレベルのステータスを持つ他のクレジットカードと比べても、ステータスが高い傾向にあります。

そのため、ステータス重視の人にはプロパーカードがおすすめだといえます。

人前で使うクレジットカードとして1枚持っておくのは良いかもしれません。

ゴールドやプラチナなどにクレジットカードをランクアップさせやすい

プロパーカードは、利用状況に応じて招待レターを送るという特徴があります。

招待レターとは、「ゴールドやプラチナなどにカードをランクアップさせませんか?」という内容のものです。

新規で高ステータスなクレジットカードを申し込むよりも審査に通りやすいという魅力があります。

そのため、今後ランクの高いクレジットカードを持ちたいという人には、プロパーカードを使い続けて徐々に育成していくという方法もおすすめです。

【2020年3月】ゴールドカードおすすめランキング|比較してあなたに最適な1枚を提案

国際ブランドによって特徴が大きく異なる!自分に合った国際ブランドを選ぼう

最後に、国際ブランドの選び方についてまとめます。

国際ブランドの選び方について
  • 加盟店数を重視・幅広い範囲で使いたいならVisaかMasterCardが無難
  • ポイントを貯めたい・日本でお得に使いたい場合はJCB
  • 海外での利用や優待特典を重視したいならアメックス
  • ラグジュアリー感やステータスを重視したいならダイナーズクラブ
  • プロパーカードで1ランク上を目指そう!

国際ブランドは、決済サービスを提供する機関のことであり、それぞれ抱える加盟店の数が大きく異なります。

特に、国内で使いたい場合と海外で使いたい場合だと選ぶ国際ブランドも大きく異なってくるでしょう。

国内重視であればJCBでも問題ありませんが、海外でも利用したいということであればVisaやMasterCardを選ぶのが無難です。

その他にもステータスを重視してダイナーズクラブ、海外旅行の特典や優待利用を重視してアメックスを選ぶのもおすすめです。

自分の用途やニーズに合わせて国際ブランドを選びましょう。

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定