初めて作るならこれ!クレジットカードの国際ブランドの選び方

クレジットカードを選ぶ時、同じクレジットカードでも「Visa」にするか「MasterCard」にするかなどで迷った経験がある人も多いのではないでしょうか。

VisaやMasterCard、AmericanExpress(アメックス)などは、クレジットカードの国際ブランドと呼ばれています。

クレジットカードの国際ブランドとは
  • 決済システムを提供する会社のこと
  • クレジットカード1枚につき選べる国際ブランドは1つ
  • 発行会社はクレジットカードの発行や管理を行う企業
  • 選ぶ国際ブランドによって使い心地は大きく異なる

選ぶ国際ブランドによって、利用できるサービスや特典が異なるのはもちろん、利用できるお店や国なども大きく異なってきます。

クレジットカード選びに失敗しないためにも、それぞれの違いを知り、自分に合った国際ブランドを選びましょう。

初めて作るならこれ!2019年の定番&人気クレジットカード7選

クレジットカードの国際ブランドとは?

クレジットカードの国際ブランドは、決済システムを世界中に24時間提供している会社を示しています。

主な国際ブランド

主に世界中で発行されるクレジットカードのほとんどは、以下の国際ブランドマークが付いています。

  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express(アメックス)
  • Diners Club
  • 銀聯(ぎんれん)
  • Discover Card

これらの会社のロゴが書いてあるお店はそれぞれの加盟店と呼ばれ、同じマークを持つクレジットカードで決済することができます

クレジットカード1枚につき、国際ブランドを1つ選ぶことができます。

国際ブランドと発行会社の違い

では「楽天カードや三井住友カードって何?」と思う人もいるかもしれません。

これらのカードの名に冠しているのは、発行会社(イシュアー)の名前です。国際ブランドと発行会社は全く異なります。

国際ブランドがライセンスを出した企業が、そのブランドのクレジットカードを発行することができるという仕組みです。

日本の主なクレジットカード発行会社は以下のとおり。国際ブランドに比べると発行会社は多数あります。

  • 三菱UFJニコス
  • クレディセゾン
  • 三井住友カード
  • オリエントコーポレーション(オリコ) など他多数

発行会社は、主にカードの発行や入会審査、請求書の発送に加え、各種特典やサービスの提供などを行っています。

なお、国際ブランドが発行するプロパーカードと呼ばれるクレジットカードもあります。プロパーカードについては後ほど詳しく言及していきます。

発行会社と提携先の違い

発行会社の他に、提携先の会社が存在するクレジットカードもあります。

提携カードと呼ばれ、ANAカードやPARCOカードがこれにあたります。

前述したようにクレジットカードを発行できるのは国際ブランドからライセンスを獲得している発行会社だけです。

そのため、小売店等がクレジットカードを発行したいと思ってもできません。

そこで、発行会社にクレジットカードの発行や決済サービスを委託するのです。

PARCOカードを例に挙げると、下記のとおりになります。

  • 発行会社=クレディセゾン
  • 提携先=PARCO
  • 国際ブランド=VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpressのいずれか
クレジットカード発行会社ランキング|それぞれの特徴と違いを解説

国際ブランドごとにどのような点が異なる?

どの国際ブランドを選んでも同じというわけではありません。国際ブランドごとに特色があり、使い勝手は大きく異なります。

  • 加入している加盟店数
  • 利用できるエリア
  • クレジットカードに付帯するサービス内容

上記のような点が、国際ブランドによって異なります。

クレジットカードの国際ブランドについて
  • 国際ブランド=決済システムを提供する機関
  • ロゴを掲げるお店でクレジットカード決済が可能
  • 発行会社はクレジットカードの発行や管理を行う会社
  • 国際ブランドによって加入している加盟店の数やサービス内容等が大きく異なる

次のページでは、それぞれの国際ブランドの特徴について解説します。