ゴールドカードおすすめランキング

ゴールドカードのステータスランキング|女性にモテるのはコレ!

ゴールドカードは、ある程度収入が増えたり社会的な地位が上がった時に、利用を検討する人が多いと思います。

ゴールドカードは一般クレジットカードよりもステータスが上位で、年会費が高い分さまざまな特典や優待サービスの利用を可能にしてくれます。

そんなゴールドカードの中でも、今回はステータス重視のおすすめカードを6枚ピックアップしました。

高ステータスなおすすめゴールドカード
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  • 三井住友カード ゴールド
  • JCBゴールド
  • MUFGカード ゴールド
  • 三井住友カード プライムゴールド
  • JCB GOLD EXTAGE

今回は特にステータスが高いとされるゴールドカードを中心に集めてみました。

ゴールドカードはステータスが高く、社会的なステータスを証明するものとしても役立ちます。

また、ゴールドカードを持っていることで異性からの印象も良くなるかもしれないので、1枚は持っておくことをおすすめします。

ゴールドカードのメリットは?モテるって本当?

まず、ゴールドカードのメリットについて解説します。

利用限度枠が大きい

一般クレジットカードの利用枠は大体10~50万円程度ですが、ゴールドカードは100~300万円程度に設定できます

利用枠は、支払い能力によって決まります。つまり、たくさん使っても後々返すことができるという“信用”があるからこそ、多くの金額をクレジット決済することができるのです。

ゴールドカードを持てば大きな買い物をしたい時にわざわざ現金を用意する必要がなく、スムーズに買い物ができるでしょう。

旅行の傷害保険などのサポートが充実している

年会費は数千~30,000円ほどのゴールドカードが多いです。

年会費無料のものが多い一般クレジットカードに比べると、ゴールドカードの年会費は確かに高額です。

しかし、その分旅行傷害保険や買い物の保険などのサポートが充実しています。旅行傷害保険は数千万単位の補償が自動付帯されるものも多く、一般クレジットカードよりもかなり手厚いです。

さらに空港ラウンジも無料できる場合が多いため、よく海外旅行をする人にもゴールドカードはおすすめです。

割引や優待利用などの特典が多い

ゴールドカードには割引や優待利用などの特典が非常に多く、レジャー施設がお得に使えたり特定のサービスが割引されたりといったメリットがあります。

例えば高級旅館やホテルなどが格安で利用できる場合もあります。

社会的ステータスを証明できる

ゴールドカードは審査も厳しく、誰でも手に入れることができるものではありません。

前述した支払い能力や信用力がなければ持てないカードです。裏を返せば、ゴールドカードを持っている=安定収入や社会的地位があると見なされ、社会的なステータスの証明になります。

まだ現金主義の多い日本ではあまりイメージが湧かないかもしれませんが、海外はクレジットカードを持っているということ自体がステータスの証明となります。

ゴールドカードは女性ウケがいい!?

女性が結婚相手に求める条件として、「安定した仕事がある」「安定した収入を得ている」といったことが挙げられると言われています。

目の前にいる男性がゴールドカードを持っていたら。

「ある程度社会的な信用のある男性なんだ」と女性の目に映るかもしれません。

ゴールドカードが切り札になることはないかもしれませんが、一つのポイントにはなりそうですね。

ゴールドカードのメリットについて
  • ゴールドカードは利用限度枠が大きい
  • 旅行傷害保険などのサポートが充実している
  • 割引や優待利用等の特典も
  • 社会的ステータスの証明になり、女性へのアピールポイントにも

ステータスの高いゴールドカードランキング【2020年】

次にステータスの高いゴールドカードをランキング形式で紹介します。

今回は、ステータスが高いおすすめのゴールドカードを6枚厳選しました。

  • 第1位:アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  • 第2位:三井住友VISAカード(ゴールド)
  • 第3位:JCBゴールド
  • 第4位:MUFGカード ゴールド
  • 第5位:三井住友VISAカード(プライムゴールド)
  • 第6位:JCB GOLD EXTAGE

提携カードよりもプロパーカードのほうがステータスが高いとされているため、プロパーカードが中心です。

また、年齢制限が低く20代からでも持てるゴールドカードを集めています。

これからゴールドカードを追加しようと考えている人、またはゴールドカードを初めて持とうと考えている人は参考にしてくださいね。

第1位:アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

最高峰のゴールドカードと呼び声が高い「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」。基本情報と特徴は下記の通りです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
還元率ポイント0.33~1.0%
マイル0.5~1.0%
年会費初年度31,900円
2年目以降31,900円
家族カード1枚目:無料
2枚目以降:13,200円
旅行保険海外最高1億円(自動付帯)
国内最高5,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料935円
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
発行期間最短当日
  • パートナーズ提携店でポイント10倍
  • 海外旅行傷害保険1億円(利用付帯)
  • 海外旅行傷害保険5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険5,000万円(自動付帯)
  • 航空便遅延費用補償
  • American Express Invites レストラン優待
  • キャンセル・プロテクション(10万円まで)
  • ゴールド・ダイニング by 招待日和

さすがアメックスのゴールドカードといったサービスの充実度です。

中でも旅行に関しては、旅行傷害保険はもちろん、急な出張や病気で行けなくなった場合のキャンセル費用を補償するキャンセル・プロテクション、海外旅行の出発・帰国時に指定の場所と空港間を割安の定額料金でタクシーチャーターできるなど、さまざまなサービスが整っています。

また、国内外約200店舗のレストランで所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名様分のコース料理代が無料になる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」といった優待も。女性とのデートにもぴったりです。

そして何より、「アメックスのゴールドカード」は女性の前でも堂々と使いやすいですよね。

第2位:三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールド

三井住友カードが発行する30歳以上を対象とした「三井住友カード ゴールド」。基本情報と特徴はこちら。

三井住友カード ゴールド
還元率ポイント0.3~2.5%
マイル0.3~1.5%
年会費初年度無料
2年目以降11,000円
家族カード1人目:無料
2人目以降:1,100円
旅行保険海外最高5,000万円(自動付帯)
国内最高5,000万円(自動付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
※ETCカードご入会初年度無料
※翌年度以降は、前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば年会費無料
電子マネーiD
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短翌営業日
  • 原則30歳以上対象
  • 最大5,000万円補償の海外旅行傷害保険(自動付帯)
  • 最大5,000万円補償の国内旅行傷害保険
  • 空港ラウンジ無料
  • 一流ホテルや旅館の優待サービス(Relux)
  • ドクターコール24
  • ゴールドデスク

ゴールドカードにして初年度の年会費が無料なのは嬉しいポイントです。

その割には旅行傷害保険は手厚く、空港ラウンジが無料で使えるなど、コストパフォーマンスに優れたカードだと言えるでしょう。

24時間・年中無休の医師への電話相談窓口ドクターコール24や、ゴールドカード専用のコールセンターが設けられているなど、困った時に役立つサービスもあります。

また、優待サービスReluxでは、三井住友カードが独自に選んだ一流ホテル・旅館が特別価格で楽しめます。大切な人と特別な時間を過ごす手助けをしてくれるのではないでしょうか。

第3位:JCBゴールド

JCBゴールド

日本発の国際ブランド、JCBのプロパーカード「JCBゴールドカード」。基本情報と特徴をチェックしていきましょう。

JCBゴールド
還元率ポイント0.3~1.5%
マイル0.3~1.5%
年会費初年度無料
2年目以降11,000円
家族カード1枚目:無料
2枚目以降:1,100円
旅行保険海外最高1億円(自動付帯)
国内最高5,000万円(自動付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短翌日
  • 海外旅行傷害保険1億円(利用付帯)
  • 海外旅行傷害保険5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険5,000万円
  • 海外での利用でポイント2倍
  • JCBパートナーズ提携店の利用でポイント10倍
  • 4万円の海外航空機遅延補償
  • 空港ラウンジ
  • ゴルフサービス
  • グルメ優待サービス
  • ポイント有効期限1年延長(3年)
  • ポイントをTDRパークチケットに交換できる
  • 税務・年金・資産運用の相談

JCBゴールドに限らず、JCBのプロパーカードは他のプロパーカードの中でもポイント還元率の高さとサービスの充実度が魅力です。

ゴールドカードにしてポイント還元率0.5%(海外では1.0%!)、JCBパートナーズ提携店での利用ならポイントが10倍にもなるというから驚きです。

また、税務・年金・資産運用の相談に無料で乗ってもらえるサービスも用意されており、JCBならではのきめ細やかなサービスが目立つクレジットカードです。

第4位:MUFGカード ゴールド

MUFGカード ゴールド

三菱UFJニコスが発行するMUFGゴールドカードの基本情報と特徴は下記の通りとなります。

MUFGカード ゴールド
還元率ポイント0.5~0.85%
マイル0.2%
年会費初年度無料
2年目以降2,095円 ※「楽Pay」登録で半額
家族カード1人目無料、2人目から440円
旅行保険海外最高2,000万円(自動付帯)
国内最高2,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay、nanaco、モバイルSuica、 楽天Edy、SMART ICOCA
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
発行会社三菱UFJニコス株式会社
発行期間最短翌営業日
  • Amazonギフト券やiTunesカードなど幅広い商品とポイントを交換することができる
  • 記念月に設定した月に買い物をするとポイント還元率1.5倍
  • 前年度の利用金額に応じてポイントを最大50%加算
  • 年会費がかなり安い
  • 国内・海外旅行傷害保険付帯、最大補償2,000万円
  • ショッピング保険は100万円まで
  • 渡航便遅延保険(国内)は2万まで

年会費1万円以上のゴールドカードが多い中、MUFGゴールドの年会費は破格です。「ゴールドカードは持ちたいけど年会費をなるべく安く抑えたい」、そうお考えの方は選択肢のトップに来るカードでしょう。

旅行傷害保険の補償額が小さい、利用できる空港ラウンジが少ないといったデメリットはありますが、補って余りある年会費の安さです。

申し込み条件が30歳以上といったゴールドカードもある中、MUFJゴールドは18歳以上なら申し込むことができます。そのため、若いけれどゴールドカードを持ちたい人にもおすすめです。

第5位:三井住友カード プライムゴールド

三井住友カード プライムゴールド

三井住友カード プライムゴールドも2位と同じく三井住友カードが発行するゴールドカードですが、プライムゴールドは20歳以上30歳未満が対象です。

三井住友カード プライムゴールド
還元率ポイント0.5~2.5%
マイル0.3~1.5%
年会費初年度無料
2年目以降5,500円
家族カード1人目:無料
2人目以降:1,000円(+税)
旅行保険海外最高5,000万円(自動付帯)
国内最高5,000万円(自動付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
※ETCカードご入会初年度無料
※翌年度以降は、前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば年会費無料
電子マネーiD
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短翌営業日
  • 29歳以下限定のゴールドカード
  • 最大5,000万円補償の海外旅行傷害保険(自動付帯)
  • 最大5,000万円補償の国内旅行傷害保険
  • 空港ラウンジ無料
  • 一流ホテルや旅館の優待サービス(Relux)
  • ドクターコール24
  • ゴールドデスク
  • 年一回のボーナスポイントが一般カードの2倍

若い人向けのゴールドカードということで、年会費が安く抑えられています。

しかしながら、三井住友カード ゴールドとサービス内容はほぼ変わりません。旅行傷害保険の補償額も同一ですし、ゴールドカード特典も全く同じです。

そのため、20歳代で初めてゴールドカードを持つならプライムゴールドにまず申し込んでみるのが良いかもしれません。

特に利用状況に問題がなければ、30歳を迎えて初めての更新で三井住友カード ゴールドへの案内が届く可能性があります。

第6位:JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGEもJCBのプロパーカードです。3位のJCB GOLDとの違いは、こちらも対象年齢です。

JCB GOLD EXTAGE
還元率ポイント0.3~1.5%
マイル0.3~1.5%
年会費初年度無料
2年目以降3,300円
家族カード1人目:無料
2人目以降:1,100円
旅行保険海外最高5,000万円(利用付帯)
国内最高5,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短3営業日
  • 29歳以下限定のゴールドカード
  • 初年度年会費無料
  • 入会後3ヶ月間はポイント3倍
  • 空港ラウンジが無料で使える
  • 海外旅行傷害保険が最大5,000万円付帯

JCB GOLD EXTAGEも20歳代向けのゴールドカードです。

年会費は初年度無料、次年度以降3,000円と安く、初めて持つゴールドカードにもぴったりです。

JCB GOLDとの違いは、旅行傷害保険が利用付帯である点、グルメ優待サービスやゴルフサービスなどが付いていない点などです。

ただし、こちらも利用状況に問題がなければ上位ステータスのカードへ案内が届くでしょう。

ゴールドカードはステータスで選ぼう!

最後に、ゴールドカードのポイントをまとめます。

モテるゴールドカードはこれだ!
  • 30歳以上向け:アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード、三井住友カード ゴールド、JCBゴールド
  • 20歳代向け:MUFGカード ゴールド、三井住友カード プライムゴールド、JCB GOLD EXTAGE
  • コツコツ利用して上位ステータスのクレジットカードを目指そう

ゴールドカードは社会的地位の証明にもなりますし、利用限度枠が大きいことから高額な買い物もしやすくなります。社会的にも信頼度が高いということで、女性へのアピールポイントにもなるかもしれません。

ホテルなどの優待利用や空港ラウンジの無料利用、傷害保険などのサービスも充実しており、旅行に行く頻度が高い人にもかなりおすすめです。

今回紹介した6つのカードの中からあなたの合ったゴールドカードが見つかりますように!

今がお得なクレジットカードはこれ!

JCB CARD W
年会費永年無料
還元率1%~
国際ブランドJCB
発行元JCBカード
発行スピード
家族カードあり
関連記事JCB CARD WとJCB CARD W Plus Lを比較|選ぶ違いは男女のみ?