ヒルトンアメックスカードのメリット・デメリット
  • 2021年3月28日
  • 2022年12月27日
当サイトには広告が含まれます

ヒルトンアメックスカードのメリット・デメリットとプレミアムとの違い

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード(以下ヒルトンアメックスカード)は、2021年3月にアメリカン・エキスプレスとヒルトンが提携して発行を開始したクレジットカードです。

新カードということもあり、内容が気になる方、入会を検討している方も多いのではないでしょうか。

そこで、ヒルトンアメックスカードのメリット・デメリットについてまとめました。

ワンランク上の「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」(以下ヒルトンアメックスプレミアムカード)との違いについても解説するので参考にしてください。

ヒルトンアメックスカードのメリット
  • カードの利用・継続で無料宿泊できる
  • ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスが無条件で得られる
  • ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費優遇
  • ヒルトングループでの利用額に対し1.5%程度ポイント還元
ヒルトンアメックスカードのデメリット
  • 年会費がかかる
  • 家族カードはヒルトンならではの特典が少ない
  • マイル還元率が低い

ヒルトンアメックス 比較

※本記事の価格は全て税込みです。

アメックスカード比較表
カード名アメックスグリーン
アメックスグリーン
ゴールド・プリファード・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード
ANAアメリカン
エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス
ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費月会費制1,100円/月
(年合計13,200円)
39,600円7,700円34,100円
還元率0.3%~1.0%1.0%~3.0%マイル還元率
0.5%~1.5%
マイル還元率
0.5%~3.0%
国際ブランドAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican Express
キャンペーン合計35,000ポイント
プレゼント
最大120,000ポイント
獲得可能
最大18,000マイル
相当獲得可能※1
最大68,000マイル
相当獲得可能※1
申込対象20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
発行スピード最短3営業日通常1~3週間1週間〜3週間1週間〜3週間
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※1 ANA アメリカン・エキスプレス提携カード メンバーシップ・リワード®のポイントをマイルに移行した場合。


矢印

ヒルトンアメックスカードの特徴・基礎知識

ヒルトンアメックスカード

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード
還元率ポイント1.0~3.0%
マイル0.1~0.3%
年会費初年度16,500円
2年目以降
家族カード6,600円(1枚無料)
旅行保険海外最高3,000万円(利用付帯)
国内最高2,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料935円
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
発行期間1~3週間

ヒルトンアメックスカードは、2021年3月にアメリカン・エキスプレスとヒルトンが提携して発行を開始したクレジットカードです。

ヒルトンアメックスカードは基本カードにあたり、ワンランク上のヒルトンアメックスプレミアムカードも同時に発行開始されています。

ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを無条件で付与、年間150万円の利用とカードの継続でウィークエンド無料宿泊特典が得られるなど、ヒルトングループでの特典が満載のカードです。

ポイントは100円ごとに2ポイント、ヒルトングループなら3ポイント貯まります。

貯まったポイントはヒルトングループのホテルやリゾートの宿泊などに充てられます。

マイルに移行もできますが、マイル還元率は低いため、無料宿泊に利用するのがおすすめです。

年会費は16,500円かかるものの、ヒルトングループを利用する方なら年会費分を取り返すのは難しくありません。

ヒルトンアメックスカードで無料宿泊できるホテル

ヒルトン・オナーズ

ヒルトンアメックスカードを年間150万円以上利用したうえでカードを継続すると、ウィークエンド無料宿泊特典を毎年受け取れます。

ウィークエンド無料宿泊特典とは、ヒルトン・ポートフォリオ内のホテルやリゾートに1泊無料で宿泊できる特典です。

ヒルトングループのホテルのスタンダードルーム(2名1室)に利用できます。

日本国内および韓国なら、以下のようなホテルで利用可能です。

地域ホテル名
北海道ヒルトンニセコビレッジ
関東ヒルトン東京
コンラッド東京
ヒルトン東京お台場
ヒルトン東京ベイ
ヒルトン小田原リゾート&スパ
ヒルトン成田
中部旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン
ヒルトン名古屋
関西ヒルトン大阪
コンラッド大阪
九州・沖縄ヒルトン福岡シーホーク
ヒルトン沖縄北谷リゾート
ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート
ダブルツリーbyヒルトン那覇
ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城
ヒルトン沖縄瀬底リゾート
韓国コンラッド・ソウル
ヒルトン釜山

ウィークエンド無料宿泊特典は、使える曜日が金・土・日に限られる点には注意が必要ですが、対象外のホテルが少ないのがメリットです。

1泊3万円以上するような高級ホテルにも宿泊できるので、うまく利用すればそれだけで年会費を簡単に取り返せます。

ただし、年間150万円以上利用しなければこの特典は受けられない点には注意してくださいね。

ヒルトンアメックスカードのメリット・優待特典

ヒルトンアメックスカードのウィークエンド無料宿泊特典以外の主なメリット・優待特典は以下のとおりです。

ヒルトンアメックスカードのメリット・優待特典
  • ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスが無条件で得られる
  • ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費優待
  • カード利用100円ごとに最大3ポイント貯まる

ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスが無条件で得られる

ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス

ヒルトンアメックスカードの会員になると、ヒルトン・オナーズの上級会員資格「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」が得られるのが大きなメリットです。

通常、ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを得るためには、1年間に20回の滞在または40泊の宿泊が必要です。

16,500円の年会費でこのゴールドステータスが得られると考えると、かなりお得ですね。

ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスでは以下のような特典が受けられます。

  • エリートランク・ボーナスポイントの80%の加算
  • 5泊目無料宿泊
  • 割引保証
  • デジタルチェックイン
  • 滞在中の客室内・ロビーでのスタンダードWi-Fi無料
  • レイト・チェックアウト
  • 2人目の宿泊無料
  • ボトルウォーター2本無料/1滞在
  • 客室のアップグレード
  • 朝食無料サービス

ヒルトングループのホテル滞在などで貯まるポイントがボーナスとして80%加算されるので、効率よくポイントが貯まります。

貯まったポイントはヒルトングループホテルの宿泊などに充てられます。

また、朝食無料サービスも魅力です。2名分の朝食が無料になります。

朝食が3,000円だとすれば、それだけで6,000円分もお得になります。無条件でこのサービスが利用できるのはうれしいですよね。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費優待

ヒルトンプレミアムクラブジャパンの特典

ヒルトンアメックスカード会員は、「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン」(以下HPCJ)の年会費優待も受けられます。

HPCJとは、国内17つ・韓国2つの対象ホテルで割引などの優待が受けられる特典プログラムです。

以下の割引価格で各サービスを利用できます。

  • 宿泊:25%割引
  • レストラン:最大20%割引

HPCJは通常25,000円の年会費がかかりますが、ヒルトンアメックスカード会員・家族カード会員なら10,000円に。

しかも、年会費支払い後に国内対象ホテルで使える5,000円割引券2枚がプレゼントされます。

10,000円の年会費で合計10,000円分の割引券がもらえるので、実質コストをかけずHPCJを利用できるということです。

カード利用100円ごとに最大3ポイント貯まる

ヒルトンアメックスカードを利用すると、利用金額に応じてヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントが貯まります。

  • ヒルトン・ポートフォリオ内のホテルやリゾートでの利用
    100円ごとに3ポイント
  • それ以外の利用
    100円ごとに2ポイント

ヒルトングループでカードを利用すると、通常よりも多くポイントが貯まるのがメリットです。

貯まったポイントはヒルトングループの対象ホテルやリゾートで利用できます。

宿泊料金に充てる場合、ホテルや時期によってもポイントの価値は異なりますが、1ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント=0.5円程度の価値があります。

つまり、ヒルトングループでのポイント還元率は1.5%程度と高還元です。

ヒルトンアメックスカードのデメリット

ヒルトンアメックスカードのデメリットをあげるとすれば、以下の点でしょう。

ヒルトンアメックスカードのデメリット
  • 年会費がかかる
  • 家族カードはヒルトンならではの特典が少ない
  • マイル還元率が低い

年会費がかかる

ヒルトンアメックスカードの年会費は16,500円と決して安くはありません。

ただ、ヒルトンを利用する機会がある方なら年会費分を取り返すのは難しくないでしょう。

先述したとおり、ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスが無条件で獲得できるため、カードを保有しているだけで客室アップグレードや朝食無料サービスなどが利用できます。

例えば朝食が3,000円、客室アップグレード料金が10,000円のホテルに宿泊すると、1回だけで16,000円ものベネフィットが得られます(朝食2名分)。

特典を鑑みれば、16,500円の年会費は安いと捉えることもできますね。

家族カードはヒルトンならではの特典が少ない

ヒルトンアメックスカードの家族カードは本カードの半額以下の年会費で保有できますが、本カードと一部特典が異なる点に注意が必要です。

家族カード会員には、本カードに付帯している以下の特典を利用できません。

  • ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス
  • 入会ボーナスポイント
  • ウィークエンド無料宿泊特典

ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスとウィークエンド無料宿泊特典についてはヒルトンアメックスならではの大きな魅力なので、これを利用できない点はデメリットです。

ただし、家族カードは1枚無料です。家族カードを1枚発行すれば家族1人あたりの年会費は8,250円となり、コストを抑えられます。

ポイントも合算して貯められるので、家族でヒルトングループを利用するならポイントも効率的に貯まるでしょう。

マイル還元率が低い

空港

ヒルトンアメックスカードの利用で貯まるヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントは、ヒルトングループでの利用だけでなくマイルに移行することもできます。

しかし、マイル還元率が低いため、マイルを貯めたい方にはあまりおすすめできません。

レートはマイルによって異なりますが、ANAやJALの場合の移行レートは10,000ヒルトン・オナーズポイント=1,000マイルです。

ヒルトンアメックスカードの利用100円につき2ポイントが貯まるため、マイル還元率は0.2%です。

そのため、貯まったポイントはマイルに移行するよりも、ヒルトングループでの宿泊料金に充てるのがおすすめです。

ヒルトンアメックスプレミアムカードと比較

ヒルトンアメックスカードヒルトンアメックスプレミアムカード

同時に発行が開始されたヒルトンアメックスプレミアムカードとの違いをまとめました。

項目ヒルトンアメックスカードヒルトンアメックスプレミアムカード
年会費本会員16,500円66,000円
家族会員6,600円(1枚無料)13,200円(3枚無料)
ポイント付与率ヒルトングループ100円ごとに3ポイント100円ごとに7ポイント
それ以外100円ごとに2ポイント100円ごとに3ポイント
旅行保険海外最高3,000万円(利用付帯)最高1億円(利用付帯)
国内最高2,000万円(利用付帯)最高5,000万円(利用付帯)
プロテクションショッピング
オンライン
ショッピング
オンライン
リターン
キャンセル
スマートフォン
航空便遅延補償
ウィークエンド無料宿泊特典150万円以上利用&継続で1泊無料継続で1泊、300万円以上利用&継続でもう1泊
HPCJ年会費優待年会費10,000円年会費10,000円(初年度無料)
ヒルトン・オナーズ会員ゴールドステータス無条件で獲得無条件で獲得
ダイヤモンドステータス-年間200万円以上の利用で獲得

年会費の違い

年会費ヒルトンアメックスカードヒルトンアメックスプレミアムカード
本会員16,500円66,000円
家族会員6,600円(1枚無料)13,200円(3枚無料)

ヒルトンアメックスカードとヒルトンアメックスプレミアムカードの年会費には49,500円もの差があります。

ポイントの貯まりやすさやヒルトングループ特典、旅行保険の手厚さなどが異なるので、年会費の差を超えるベネフィットを得られるかどうかで選びましょう。

また、家族カードはヒルトンアメックスカードが1枚無料なのに対し、ヒルトンアメックスプレミアムカードなら3枚まで無料です。

ポイント付与率の違い

ポイント付与率ヒルトンアメックスカードヒルトンアメックスプレミアムカード
ヒルトングループ100円ごとに3ポイント100円ごとに7ポイント
それ以外100円ごとに2ポイント100円ごとに3ポイント

ヒルトンアメックスプレミアムカードは、ヒルトンアメックスカードよりもポイントが貯まりやすいです。

ヒルトングループでの利用なら100円ごとに7ポイント、1ポイント=0.5円相当とすると還元率はなんと3.5%です。

ヒルトンアメックスカードは1.5%ですから、還元率はヒルトンアメックスプレミアムカードの圧勝ですね。

例えば1泊3万円の宿泊施設を年間5回利用する場合、得られるポイントは以下のように変わります。

  • ヒルトンアメックスカード:2,250円相当
  • ヒルトンアメックスプレミアムカード:5,250円相当

特典の違い

2つのカードの主な特典は以下のとおりです。

項目ヒルトンアメックスカードヒルトンアメックスプレミアムカード
ウィークエンド無料宿泊特典150万円以上利用&継続で1泊無料継続で1泊、300万円以上利用&継続でもう1泊
HPCJ年会費優待年会費10,000円年会費10,000円(初年度無料)
ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス無条件で獲得無条件で獲得
ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータス-年間200万円以上の利用で獲得

特典もヒルトンアメックスプレミアムカードの手厚さが目立ちます。

ヒルトンアメックスカードに比べてヒルトンアメックスプレミアムカードの方が優位な点は以下のとおりです。

  • カード継続だけで利用金額問わずウィークエンド無料宿泊が獲得できる
  • 300万円以上利用でウィークエンド無料宿泊が2泊分に
  • HPCJの年会費が初年度無料
  • 年間200万円以上の利用でヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータス獲得

なお、ダイヤモンドステータスなら、以下のようにゴールドステータスのさらにワンランク上の特典が利用できます。

ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータス会員の特典
  • エリートランク・ボーナスポイントの100%の加算
  • エグゼクティブラウンジのご利用
  • プレミアムWi-Fi無料
  • エリート会員資格の贈呈等

上記を踏まえると、ヒルトンアメックスプレミアムカードを選ぶかどうかの分岐点は、年間利用額200万円と言えます。

付帯保険の違い

付帯保険やプロテクションもヒルトンアメックスプレミアムカードの方が圧倒的に手厚いです。

利用付帯である点は共通ですが、ヒルトンアメックスプレミアムカードは最高1億円の海外旅行保険、最高5,000万円の国内旅行保険が付帯しています。

さらに、ヒルトンアメックスプレミアムカードには、航空便遅延補償も付帯しています。

そしてヒルトンアメックスカードには、リターン・プロテクション、キャンセル・プロテクション、スマートフォン・プロテクションは付帯していません。

それぞれのカードがおすすめな方

ヒルトンアメックスプレミアムカードは、ヒルトンアメックスカードよりも年会費が5万円近く高いですが、手厚い特典と保険が付帯します。

この特典・保険を活用できるかどうかが両者を選ぶ決め手となるでしょう。

違いを踏まえて、それぞれがおすすめな方をまとめます。

ヒルトンアメックスカードがおすすめな方
  • 年間150万円以上利用する方
  • ゴールドステータス特典で十分な方
  • 年会費の安さを重視する方
  • 年に数回の利用で朝食無料サービスなどを受けたい方
ヒルトンアメックスプレミアムカードがおすすめな方
  • 年間200万円以上利用する方
  • ダイヤモンドステータスの獲得を目指したい方
  • 家族カードの発行枚数が多い方
  • 年会費よりも付帯保険の手厚さなどを重視する方

ヒルトンアメックスカードがおすすめなのはこんな方

リゾートプール

ヒルトンアメックスカードは以下のような方におすすめです。

ヒルトンアメックスカードはこんな方におすすめ
  • 年に数回ヒルトングループを利用する方
  • 年間150万円以上カードを利用する方
  • ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを獲得したい方
  • ヒルトングループで朝食無料・客室アップグレードなどのサービスを受けたい方

ヒルトンアメックスカードはヒルトングループでの特典が充実しており、ヒルトングループをよく利用する方にメリットの多いカードです。

カードを年間150万円以上利用するのであれば、ヒルトングループのホテルに1泊無料で宿泊できます。

1泊3万円以上するような高級ホテルも含まれているので、ウィークエンド無料宿泊特典だけで年会費分を取り返すことも可能です。

また、ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスがあれば朝食無料サービスなどが利用できます。

カード利用額が150万円に満たなくても、年会費を取り返せる可能性は大いにあります。

旅行用のサブカードとしてでも、年会費を払って保有する価値は十分にあるでしょう。

年間200万円以上利用する方なら、ヒルトンアメックスプレミアムカードがおすすめです。

さらに上質なサービスが受けられるヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータスが獲得できます。

ただし、その分年会費は高額です。2枚をよく比較したうえで自分に合ったカードを選んでくださいね。

アメックスカード比較
カード名アメックスグリーン
アメックスグリーン
ゴールド・プリファード・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード
ANAアメリカン
エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス
ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費月会費制1,100円/月
(年合計13,200円)
39,600円7,700円34,100円
還元率0.3%~1.0%1.0%~3.0%マイル還元率
0.5%~1.5%
マイル還元率
0.5%~3.0%
国際ブランドAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican Express
キャンペーン合計35,000ポイント
プレゼント
最大120,000ポイント
獲得可能
最大18,000マイル
相当獲得可能※1
最大68,000マイル
相当獲得可能※1
申込対象20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
発行スピード最短3営業日通常1~3週間1週間〜3週間1週間〜3週間
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※1 ANA アメリカン・エキスプレス提携カード メンバーシップ・リワード®のポイントをマイルに移行した場合。


矢印