専業主婦でも借入できるカードローン4選|収入なしでも申込条件クリア

  • 2021年7月20日
  • 2021年10月26日
専業主婦でも借りられるカードローン|収入なしでも即日借入できる?

専業主婦がキャッシングを利用するなら、ネット銀行を中心とした銀行カードローンがおすすめです。

一般的に、キャッシングは収入がない専業主婦(夫)は利用できないことが多いのですが、銀行によっては専業主婦でもカードローンの申込条件をクリアできる場合があります。

この記事では、専業主婦でも利用できるカードローンや、利用する際のポイントについて詳しく紹介します。

専業主婦におすすめのカードローン
  • イオン銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン
  • ジャパンネット銀行カードローン
  • 新生銀行スマートカードローンプラス

専業主婦は消費者金融のキャッシングを利用できない

キャッシング

「キャッシング」と聞くと、コマーシャルなどでよく見かける消費者金融を思い浮かべる方も多いかもしれません。

しかし、実際には消費者金融は総量規制の対象となっているため、収入のない専業主婦は利用できません

総量規制とは貸金業者を対象とした法律のことで、申込者の年収の3分の1を超えた貸付を禁じるものです。

例えば年収300万円の人であれば、総額100万円以上は借り入れできません。

「現在お金を借りていない場合は関係ないのでは」と思うかもしれませんが、仕事をしておらず収入のない専業主婦は、総量規制の基準とすべき年収が0円です。

そのため申込条件の対象外となってしまうのです。

まったく収入がない場合は、消費者金融からお金を借りるのは難しいと考えた方がよいでしょう。

パート収入があれば消費者金融から借入れ可能

専業主婦でも、安定した収入があれば申し込める消費者金融は存在します。

以下は、主婦でもアルバイトやパートをしていれば申し込める消費者金融の一例です。

  • アコム
  • プロミス
  • レイクALSA
  • アイフル

一部の消費者金融では、申込者と配偶者の合計年収の3分の1までの借り入れができる「配偶者貸付」を利用できることもあります。

しかし、配偶者貸付を利用するためには、配偶者の同意書や2人分の本人確認書類などを提出する必要があります。

もし「家族に知られずにお金を借りたい」と考えている場合には、消費者金融からの借り入れは難しいと言えるでしょう。

では、収入がない専業主婦はキャッシングが利用できないのでしょうか。

実は、専業主婦がキャッシングを利用する場合は、銀行カードローンが向いています

銀行カードローンは総量規制の対象から外れているため、「配偶者に安定した収入がある」などの条件を満たすことで、お金を借りられる場合があります。

銀行カードローンをおすすめする理由と特徴については、次の見出しで詳しく紹介します。

専業主婦がお金を借りるなら銀行カードローンがおすすめ

お金の計算をする女性

仕事をしていない専業主婦がキャッシングを利用する場合は、銀行カードローンを選択するとよいでしょう。

どの銀行カードローンでも利用できるわけではありませんが、収入が0円でもお金を借りられる場合があります。

ここでは、専業主婦に銀行カードローンをおすすめする理由を3つ紹介します。

銀行カードローンをおすすめする理由
  • 消費者金融に比べて金利が低い
  • 配偶者に安定した収入があれば利用できる
  • ATMの利用手数料が無料

消費者金融に比べて金利が低く設定されている

銀行カードローンの最大の特徴は、消費者金融と比べると金利が低く設定されていることです。

大手消費者金融の1つであるアイフルと、楽天銀行カードローンの金利を比較してみました。

楽天銀行カードローンのほうが金利が安いことは一目瞭然です。

  • アイフル:3.0〜18.0%
  • 楽天銀行カードローン:1.9〜14.5%

金利は金融機関によって異なるものの、銀行カードローンは消費者金融よりも比較的金利が安く設定されていることが多いです。

返済する額を少しでも減らすためには、銀行カードローンを選んだほうがよいと言えるでしょう。

配偶者に安定かつ継続した収入があれば利用できる

たとえ申込者本人の収入が0円でも、配偶者に安定・継続した収入があれば利用できることも銀行カードローンの特徴の1つです。

銀行カードローンは総量規制の対象外のため、申込者に収入がなくても、配偶者に安定かつ継続した収入があれば利用できる場合があります。

ただし、申込者に収入がない場合の借入限度額は50万円程度となってしまいます。

50万円以上の借り入れを希望する場合は、安定した収入のある配偶者または家族にローンを申し込んでもらう必要があります。

また、専業主婦が利用できるカードローンは、大手銀行ではなくネット銀行が多いです。

ネット銀行のカードローンは口座を所持していなくても借り入れが可能です。

店舗まで行かなくてもスマートフォンなどで簡単にローンの申し込みができます。

利用手数料無料でATMを利用できる

ATM手数料が無料なことも、銀行カードローンの特徴の1つです。

金融機関にもよりますが、銀行カードローンは自社ATMだけでなく、コンビニATMの利用手数料も無料であることが多いです。

返済のたびに手数料がかかると、完済まである程度のお金を支払うことになります。

ATMの手数料の有無は、ローン会社選びの重要なポイントです。

専業主婦におすすめの銀行カードローン4選

チェックリスト

では、専業主婦におすすめの銀行カードローンにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、収入がない専業主婦でも借り入れができる4つの銀行カードローンを紹介します。

専業主婦でも利用できる銀行カードローン4選
  • イオン銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • ジャパンネット銀行カードローン
  • 新生銀行スマートカードローンプラス

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン

イオン銀行
金利3.8〜13.8%
審査時間最短翌営業日
融資スピード最短翌営業日
借入限度額800万円
無利息期間なし
WEB完結可能
コンビニ借入可能
学生の借入不可
専業主婦の借入可能(配偶者に安定かつ継続した収入がある場合)
営業時間店頭窓口10:00~21:00
または9:00~21:00
WEB24時間営業
電話9:00〜18:00
年中無休
0120-48-1258
自動契約機なし

1つ目は、イオン銀行が提供しているカードローンです。

イオン銀行の普通預金口座を所持している必要はなく、提携しているコンビニまたは銀行ATMから借入れ・返済が可能です。

イオン銀行ATM、コンビニATMのイーネット、ローソンATMでは原則24時間365日手数料が無料です。

また、申込・書類提出・審査結果の確認までをインターネットから行えることも特徴的です。

契約時の年齢が満20歳以上・満65歳未満であれば利用が可能。配偶者に安定・継続した収入があれば、収入が0円の専業主婦でも申し込めます。

ただし、本人に収入がなく、配偶者に収入がある方の申込みは限度額50万円までとなります。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン
金利1.9〜14.5%
審査時間最短翌営業日
融資スピード最短翌営業日
借入限度額800万円
無利息期間あり
WEB完結可能
コンビニ借入
学生の借入可能(20歳以上でパート、アルバイトによる安定した収入がある場合)
専業主婦の借入可能
営業時間店頭窓口なし
WEB24時間営業
電話24時間受付
0120-730-115
自動契約機なし

2つ目は、楽天銀行スーパーローンです。

楽天銀行スーパーローンもイオン銀行と同じく、インターネットで申し込みや書類の提出が可能です。

楽天銀行の口座を開設する必要もありません。収入のない専業主婦でも、60歳以下であれば申し込めます。

楽天スーパーローンは入会やカードローンの利用で楽天ポイントが貯まります

楽天市場の利用機会が多い人や、楽天ポイントをメインで貯めている人にぴったりのローンです。

ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行カードローン
金利1.59〜18%
審査時間最短翌営業日
融資スピード最短翌営業日
借入限度額1000万円
無利息期間30日間
WEB完結あり
コンビニ借入可能
学生の借入可能(20歳以上でアルバイトなどをしている場合)
専業主婦の借入可能(配偶者に安定した収入がある場合)
営業時間店頭窓口
WEB24時間営業
電話平日9:00〜17:00
0120-321-217
自動契約機なし

3つ目は、ジャパンネット銀行カードローンです。

注目したいポイントは、初回借入日から30日間の利息が0円になる無利息特約があることです。

はじめてジャパンネット銀行のカードローンを利用する場合は30日間利息0円でお金を借りられます。

また、申し込みから審査結果確認までを全てインターネット上で行えるWEB完結が可能なほか、ローンカードなしでの借り入れが可能です。

家族にカードローンの利用をバレたくない人にも向いているローンです。

新生銀行スマートカードローンプラス

新生銀行スマートカードローンプラス

新生銀行スマートカードローンプラス
金利4.5〜14.8%
審査時間最短翌営業日
融資スピード最短翌営業日
借入限度額500万円
無利息期間なし
WEB完結可能
コンビニ借入可能
学生の借入可能(20歳以上でアルバイトなどをしている場合)
専業主婦の借入可能(配偶者に安定した収入がある場合)
営業時間店頭窓口
WEB24時間
電話平日9:00〜18:00
0120-456-030
自動契約機なし

4つ目は、新生銀行スマートカードローンプラスです。

口座を持っていなくてもカードローンを申し込むことができ、返済日が近づいたことをメールで知らせる便利なサービスもあります。

また新規契約や借り入れでTポイントがもらえるため、Tポイントをメインで貯めている人にもぴったりなローンです。

専業主婦がキャッシングを利用する際に気をつけたい3つのポイント

若い女性

ここまで専業主婦でも申し込める銀行カードローンについて紹介しましたが、上記のカードローンに申し込んだからと言って必ずしもキャッシングを利用できるとは限りません。

カードローンを利用するためには審査に通る必要があり、申込用紙に記入した内容などによっては、審査に落ちてしまうこともあります。

最後にカードローンを申し込む際に気をつけたいポイントや、銀行カードローンの特徴について紹介します。

銀行カードローン利用時に気をつけるポイント
  • 銀行カードローンは即日融資不可
  • 事前に申し込み要項を確認し、必要な書類を準備しておく
  • 一度に複数のローンを申し込まない

銀行カードローンは即日融資不可

テレビコマーシャルなどでよく見かける大手消費者金融は、融資までのスピードをアピールしていることが多いですよね。

そのため「カードローン=お金が手に入るまでの時間が短い」とのイメージを持つ人も多いかもしれません。

しかし、残念ながら銀行カードローンは即日審査・即日融資ができません

消費者金融のように、申し込んだその日のうちにお金を受け取ることは不可能です。

なぜなら、消費者金融と銀行では審査方法が異なるからです。

銀行カードローンの審査では、申込者の情報を警察庁のデーターベースに照会することで、反社会的勢力との取引を防止しています。

その照会作業に1日以上の時間がかかるため、即日の審査や融資はできない仕組みとなっています。

審査にかかる時間は、申し込んだ銀行や混雑の具合によっても異なりますが、審査結果が出るのは早くても翌営業日以降の場合が多いです。

お金が必要になったら、なるべく早く申し込みをすることをおすすめします。

事前に申し込み要項を確認し、必要な書類を準備しておく

カードローンの申し込み時には、本人確認書類などが必要になります。

運転免許証やパスポートを所持しておらず、住民票の写しなどが必要な場合は、申込手続きを行う前に用意しておきましょう。

また本人確認書類のほかに、収入確認書類も必要です。

収入確認書類とは以下のような、申込者の収入が分かる書類のことです。

書類によっては「直近年度のもの・発行後3ヶ月以内のもの」など期限が決められています。

収入確認書類
  • 源泉徴収票
  • 給与明細
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 課税証明書・所得証明書
  • 納税証明書
  • 年金証書

アルバイトやパートをしていない専業主婦であれば、確定申告書や所得証明書などを提出することになります。

所得証明書は役所などで発行してもらうことになるので、必要な場合は事前に用意しておきましょう。

一度に複数のローンを申し込まない

一度に複数のカードローンに申し込むと「お金に困っている」と判断されることから、審査に落ちてしまうことがあります。

カードローンの審査の際には、過去の返済延滞の有無や他社の借入件数などの「信用情報」と呼ばれる情報をチェックされます。

たとえ借り入れを急いでいる場合でも、複数のカードローンへ同時に申し込むことは控えたほうがよいでしょう。

収入ゼロの専業主婦は銀行カードローンの申し込みを検討するとよい

カレンダーとお金

この記事では、専業主婦の方に銀行カードローンの利用をおすすめする理由と、申し込み時のポイントについて紹介しました。

最後に、なぜ専業主婦の方に銀行カードローンがおすすめなのか、理由をもう一度まとめます。

銀行カードローンがおすすめの理由
  • 消費者金融に比べて金利が低く設定されている
  • 配偶者に安定した収入があれば利用できる
  • 利用手数料無料でATMを利用できる

銀行カードローンは総量規制の対象外のため、収入がない専業主婦でも利用できる場合があります。

ただし、借り入れには「配偶者に安定した収入がある」などの条件を満たす必要があります。

申し込み前には要項をよく確認してください。

また自分が返済できるだけの額を借り、計画的に返済することが重要です。