三井住友VISAカードの選び方|特徴やメリットから最適な1枚を見つける

それぞれのカードを比較した上でのおすすめの選び方

前章では、三井住友VISAカードの種類とそれぞれの特徴について紹介しました。

次に、各カードを比較した上でどのように三井住友VISAカードを選んでいくべきか解説していきます。

年齢や性別、サービス内容など、選ぶ基準はたくさんあります。

自分の年齢・性別に合わせて選ぶ

三井住友VISAカードは、年齢によって申し込みできるカードが制限されているのも特徴です。

ポイントサービス、旅行傷害保険など、年齢層に合った特典が用意されているのが魅力です。

また、一定の年齢を迎えるとランクアップすることも多いため、将来的にゴールド・プラチナカードを持ちたい人にもおすすめです。

18歳〜25歳は三井住友VISAデビュープラスカード

18歳から25歳までで初めてクレジットカードを持つ人には三井住友VISAデビュープラスがおすすめです。

三井住友VISAカードの中で唯一ポイント還元率が1.0%と高く、お得にポイントをゲットすることができます。

さらに、26歳になったら三井住友VISAプライムゴールドへ切替になるので、ゆくゆくはゴールドカードを持ってみたい人にもおすすめです。

30歳以下は三井住友VISAクラシックカードorプライムゴールド

30歳以下の人は、三井住友VISAクラシックカードから三井住友VISAゴールドカードへのランクアップを目指すのがおすすめです。

安定継続収入のある人なら、プライムゴールドもよいでしょう。ゴールドカードほどの年会費はかかりませんが、ゴールドカード特典を利用できます。

30歳台でゴールドカードを手にしたいと考えているなら、20歳台でデビュープラス・クラシックカード・プライムゴールドいずれかを利用し、ランクアップを目指す方がゴールドカードを手に入れやすいです。

女性にはアミティエカード

かわいらしいピンク色のアミティエカードは女性しか申し込めません。女性には、年会費が同額のクラシックカードよりもアミティエカードがおすすめです。

携帯電話の利用料金の支払いにクレジットカードを利用することでポイントが2倍貯まるほか、国内・海外旅行傷害保険が付帯(クラシックカードは海外旅行傷害保険のみ)。

いずれもクラシックカードにはない特典です。

ステータスの高いカードを選ぶ

年会費が1万円〜数万円ほど必要となるゴールド・プラチナカードは、持っているだけでステータスになります。

ゴールドカード以上でないと利用できないサービスもたくさんあります。

学生や20歳台の人にはなかなか手が届かないかもしれませんが、一般カードを使いつづけることでクレジットヒストリー(クレジットカードの利用履歴)が積み重なり、上位ランクのクレジットカードのインビテーションが届くことがあります

普通に申し込むよりもインビテーションの方が審査通過率が高いと言われており、今は手が届かないけれど将来的にゴールド・プラチナカードを持つことを目指すならクラシックカードをおすすめしたいです。

年会費で選ぶ

三井住友VISAカードの年会費は、実質無料のものから数万円のものまでさまざまです。自分の経済力に合ったカードを選ぶのがおすすめです。

例えば、三井住友VISAゴールドカードは年会費が10,000円+税かかりますが、その分高級旅館などの優待利用ができるなど、さまざまなサービス・特典がついています。

こうしたサービス・特典に価値を感じる人、ステータスを求める人は、高い年会費を支払う価値があるかもしれません。

自分に合ったサービスがあるかどうかで決める

前述したように、三井住友VISAカードの種類によって受けられるサービスはさまざまです。

  • ポイントを重視したいなら:三井住友VISAデビュープラス
  • 安い年会費で旅行保険付帯なら:三井住友VISAクラシックカード
  • 携帯利用料金で効率よくポイントを貯めたい・手厚い旅行サービスを求めるなら:三井住友VISAアミティエカード
  • 20歳台でゴールドカード特典を受けたいなら:三井住友VISAプライムゴールド
  • 30歳以上でゴールドカード特典を受けたいなら:三井住友VISAゴールドカード

ゴールドカード特典とは、空港ラウンジの無料利用、回線が混み合いにくいゴールドデスクなどです。

三井住友VISAカードを利用するとどんなメリットがある?

次に、三井住友VISAカードを利用するとどのようなメリットがあるか解説します。

これは、三井住友VISAカード全般に共通している内容となります。

三井住友VISAカードを選ぶ際のポイント
  • 年齢や性別に応じたカードを選ぶ
  • ステータスの高さ(将来的にランクアップできる)で選ぶ
  • 年会費で選ぶ
  • 特典・サービスの内容で選ぶ

次ページでは、各カードに共通する特徴を解説します。
初めて作るならこれ!年会費無料のおすすめクレジットカードまとめ