クレジットカードおすすめランキング

デビットカードの作り方|キャッシュカードとの違いと一体型・分離型を解説

クレジットカードは利用後に後払いするカードであり、プリペイドカードは支払い前に事前にチャージして利用するカードです。

どちらもキャッシュレスカードとして人気がありますが、最近では即時払できるデビットカードも一般的になっています。

デビットカードとは
  • 支払いと同時に直接口座から金額が引き落とされるカード
  • 各金融機関と提携しており、利用にはそれぞれの銀行の口座が必要
  • デビットカードにはキャッシュカード一体型と分離型の2種類がある

デビットカードは口座と連動して利用直後に自動的に口座からお金が引き落とされる仕組みのカードです。

審査不要で使えるだけでなく、事前にチャージする手間がないことから、プリペイドカードよりも使い勝手が良いという声もあります。

今回は、そんなデビットカードの作り方やメリット・デメリット、キャッシュカード分離型・一体型の違いについて解説していきます。

デビットカードの作り方

まずは、デビットカードの作り方について解説します。

  1. デビットカードを利用する銀行の口座の開設をする
  2. デビットカードの申し込みをする
  3. カードが届いたら利用開始手続きをする

デビットカードを使うには、まずデビットカードを利用したい銀行の口座を開設しなければいけません。

口座がない場合はまずは開設から

デビットカードは金融機関に紐付けされるカードなので、まずは口座の開設が必要になります。

そのため、使いたいデビットカードの口座を持っていない場合はまずは口座開設からしなければいけません。

口座が既にある場合は、デビットカードのみ申し込みをします。

ただし大半の金融機関のキャッシュカードは、デビットカードの機能も搭載されているので特に手続き不要で利用することができます。

また、一般的にネット銀行のデビットカードは口座開設と同じタイミングでデビットカードを発行することが多いので、デビットカードの発行と口座の開設は基本セットとなると思ってください。

口座開設~カード発行まで大体2週間ほどかかる

発行会社にもよりますが、口座開設からカード発行までは大体2週間ほどかかります

重要な郵便物であるため、簡易書留郵便で届けられます。

口座開設・デビットカード申請に必要な書類

一般的に、手続きに必要な書類は以下の通りです。発行会社によって求められる書類は異なります。

  • 申請書類(銀行届出印の押印が必要となります)
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票など)

また、マイナンバーの提示を求められる場合があります。口座開設の前に事前にマイナンバーがわかる書類を用意しておくとスムーズです。

デビットカードの作り方
  • 口座がない場合は口座の開設をする必要がある
  • 口座開設からカード発行まで大体2週間程度

次の章では、より詳しくデビットカードについて確認していきます。
デビットカードって何?クレジットカードとの違いとメリット・デメリット

デビットカードとキャッシュカードの違い

次に、デビットカードとキャッシュカードの違いについて解説します。

デビットカードは、買い物の支払い時に利用することができ、カード利用と同時に口座からお金が自動的に引き落としされるものです。

一方、キャッシュカードで買い物をすることはできません。キャッシュカードは主にATMの操作に使うもの(現金の出入金・振込など)だと思ってください。

デビットカードとキャッシュカードが別々になっているものも多いですが、中には一体型のカードもあり、キャッシュカードとデビットカードの両方の機能を利用できるものもあります。

キャッシュカードは銀行業務を機械で行うためのもの

キャッシュカードは、銀行口座にあるお金を引き出したり、口座に現金を預けるためのカードです。

つまり、キャッシュカードは現金を取り扱うためのカードだと思ってください。

前章でも触れましたが、ほとんどの金融機関のキャッシュカードはデビット機能が搭載されているので、お店で「デビットで」と言うと大半使えます。

デビットカードは支払い時に即時口座から引き落としするためのもの

デビットカードは、買い物をした時に自動的に口座から支払額分が引き落としされます。

デビットカードは現金を取り扱うものではなく、口座にあるお金をキャッシュレスで使うことができるカードだと思ってください。

カード1枚で口座のお金を使って買い物ができるので、ATMを利用する手間もかかりません。

デビットカードのメリット

次に、デビットカードのメリットについて解説します。

  • 遣いすぎのリスクが低い
  • 審査不要で誰でも使える
  • カードによってポイントや保険などのサービスが利用できる

デビットカードのメリットは上記の3点です。

他にもデビットカードはたくさんのメリットがありますが、今回は上記3点について詳しく解説していきます。

口座から即時引き落としなので後払いより遣い過ぎるリスクが低い

デビットカードは口座の預金の範囲内でしか遣えないため、後払いに比べて遣い過ぎるリスクが低いです。

もちろん、口座内のお金をほとんど遣い切ってしまうというリスクはありますが、多くのデビットカードは利用限度額が設定されているので、余程のことがない限り口座のお金が空になるということはないでしょう。

キャッシュレスで遣い過ぎを懸念する人にもおすすめのカードです。

審査不要で誰でも利用することが可能

デビットカードには、基本的に審査はありません(特別な事情がある場合や、融資機能があるものなどは除く)。

そのため、何らかの事情でクレジットカードが使えない人にもおすすめのキャッシュレスカードです。

申し込み可能な年齢などの条件さえクリアしていれば誰でも持つことができます

カードによってはポイントや保険などを利用することができる

カードによってはポイントや保険などのサービスを利用することができます

ただ現金で支払うよりもポイントが貯まったり、買い物保険が利用できるなどの特典があるので、必然的に現金よりもお得になります。

デビットカードのデメリット

次に、デビットカードのデメリットについて解説します。

デビットカードのデメリットは下記の通りとなります。

  • クレジットカードより自由度は低い
  • ステータスや信頼性はない
  • クレジットカードを利用できる人はあまりメリットがない

デビットカードもポイント還元率が高いものやサービスが充実しているものもありますが、クレジットカードのように信頼性があったりステータスを証明するものではありません。

そのため、クレジットカードを普段から利用している人にとってはほとんどメリットがないカードだといえます。

口座残高以内の金額しか使えないのでクレジットカードより自由度は低い

クレジットカードであれば、ボーナス一括支払いなど今はお金がなくても、将来的に支払える目処が立っていれば大きな買い物ができます

しかし、デビットカードは口座残高以内の金額で、一括払いでしか使うことができません。

そのため、大きな買い物ができないなど、クレジットカードよりも自由度が低いです。

クレジットカードのようなステータスや信頼性はない

クレジットカードは、持っているだけで個人の信用度や社会的なステータスを証明することができます。

しかし、デビットカードは基本的に審査がないので、クレジットカードのようなステータスや信頼性はありません

クレジットカードがあれば申し込めるけれどデビットカードだと利用できないサービスもあります。

クレジットカードを利用している人にとってはあまりメリットがない

デビットカードもポイントや保険などのサービスがある場合も多いですが、クレジットカードと比べるとその内容はあまり充実していません。

そのため、既にクレジットカードを使えている人は、デビットカードを普段使いで利用するメリットがあまりないというのが実情です。

デビットカードは、あくまでクレジットカードが使えない人やクレジットカードを使いたくない人向けのサービスと言って良いでしょう。

デビットカードとキャッシュカードの違い
  • キャッシュカードは銀行の口座にある現金を取り扱うカードのこと
  • デビットカードは銀行の口座のお金を支払いに使うカード
  • キャッシュカードをそのままデビットカードとして使える銀行も多い
  • 基本的に誰でも持てるが、クレジットカードよりも自由度が低い

次の章で、キャッシュカード一体型と分離型の違いを開設します。
2019年おすすめデビットカード|還元率で選ぶ最高の1枚を紹介

キャッシュカード一体型のデビットカードのメリット・デメリット

キャッシュカード一体型とは、キャッシュカードとデビットカードの機能が両方使えるカードのことです。

1枚で現金の出し入れとキャッシュレスでの買い物両方ができるため、便利なカードです。

ほとんどの銀行が、この一体型デビットカードを発行しています。

キャッシュカード一体型デビットカードのメリット

キャッシュカードとデビットカードを2枚持つ必要がないので、財布の中がかさばりません。

どちらか片方を忘れてしまって不便な思いをすることもありません。

キャッシュカード一体型デビットカードのデメリット

カードを紛失した場合、デビットカード機能だけでなくキャッシュカード機能も使えなくなってしまいます

ATMの利用もできなくなってしまうので、支払いも現金の取り扱いもできずかなり不便に思えるでしょう。

また、デビットカードはサインレスで買い物ができてしまうため、紛失した場合は不正利用のおそれもあることを覚えておかなければいけません。

キャッシュカード分離型のデビットカードのメリット・デメリット

次に、キャッシュカード分離型のデビットカードのメリット・デメリットについて解説します。

キャッシュカード分離型とは、キャッシュカードとデビットカードが別々になっているカードのことです。

2枚別々なので、1枚紛失した時にも両方の機能が使えなくなることはありません。

デビットカードを紛失して利用停止した時点では、キャッシュカードが使えないということもありません。

2枚区別して管理すること可能ですが、一方で財布が嵩張ってしまうというデメリットもあります。

キャッシュカード分離型デビットカードのメリット

キャッシュカード分離型は、セキュリティ面でメリットがあります。

デビットカードを紛失した場合、デビットカードだけを利用停止にすればいいのです。

キャッシュカードさえ手元にあれば、銀行ATMを利用することができ、日常生活への支障は最小限に抑えることができます。

紛失時に両方の機能が使えなくなるということがないので安心ですね。

キャッシュカード分離型デビットカードのデメリット

デビットカードとキャッシュカードの2枚を持ち歩く必要があるので、財布の中がかさばりやすいという点がデメリットです。

片方だけ持ち歩く場合も、突然持ってきていない方のカードが必要になって使えなかったりと不便な点は多いでしょう。

自分にあったデビットカードを選ぼう

最後に、キャッシュカード一体型・分離型のメリット・デメリットについてまとめます。

キャッシュカード一体型・分離型のメリット・デメリット
  • キャッシュカード一体型はカードを複数持つ必要がない
  • 紛失した時にどちらも利用できなくなってしまう
  • キャッシュカード分離型はかさばるもののセキュリティ面で安心
  • 分離型だと万が一紛失した時デビットカードを利用停止に

デビットカードは、基本的に審査不要で持つことができるキャッシュレスカードです。

銀行口座にある残高の範囲内でしか利用できないので、クレジットカードのように必要以上に遣い過ぎて滞納してしまうということもありません

また、クレジットカードほどではありませんが、ポイントを貯めることができるカードも多いので、クレジットカードを使っていない人にもおすすめです。

デビットカードにはキャッシュカード一体型・分離型の2種類がありますが、どちらもそれぞれメリット・デメリットがあります。

あまり財布をかさばらせたくない人は一体型がおすすめですが、失くすのが怖いという人は分離型がおすすめです。
おサイフケータイに登録するおすすめ銀行系デビットカードと設定方法

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定