メルペイとは?使い方・仕組みの解説と登録からお店で支払うまでの流れ

フリマアプリの大手であるメルカリから、メルペイと呼ばれるスマホ決済サービスがはじまりました。

そんなメルペイのサービスの特徴は下記の通りです。

メルペイのサービスの特徴
  • メルカリが提供しているスマホ決済サービス
  • メルカリ内の買い物の他に街のお店でも利用できる
  • iDと提携している全国約96.5万店舗で利用可能
  • 売上金を使えるほか、銀行口座からのチャージにも対応している

メルペイは、メルカリが提供しているスマホ決済サービスということもあり、メルカリのサービスと連携している点が特徴です。

また、他のスマホ決済サービスとは異なり、iDと連携しているため使用できる店舗数がかなり多いというのもメリットの1つです。

今回は、そんなメルペイのサービス内容と、メルペイの使い方を登録からお店での支払いまで細かく解説していきます。

トップ画像引用元:株式会社メルペイ

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

メルカリと連携して使えるメルペイの使い方

まず、メルペイの使い方について解説をします。

メルペイはメルカリのアプリから利用することができるため、メルカリのサービスの一部と言っても良いでしょう。そのため、メルペイはメルカリを普段から利用している人におすすめです。

そんなメルペイの登録から設定、実際にお店で使う時の方法について解説をします。

また、メルペイのチャージの仕方も併せて紹介するので、是非チェックしてください。

メルペイの登録・設定方法

まず、メルペイの登録方法について解説します。

メルペイの登録方法は下記の通りとなります。

  1. 「メルカリ」アプリを開く
  2. 画面下部の真ん中あたりにある「メルペイ」をタップ
  3. 「設定をはじめる」をタップして手順に沿って進める
  4. 電子マネーのカード作成が完了

まず、メルカリのアプリを開くと下部に「メルペイ」と書かれたアイコンがあるのでタップしてください。

何も設定をしていないと、まずは自動的に設定が行われます。

メルペイ

設定をはじめる(無料)を選ぶと、本当にすぐに設定できます。正直1分もかかることはなく、数秒で電子マネーカードが作られました

メルペイ

電子マネーカードが作成された後は、iPhoneの場合そのままApple Payのウォレット追加ができるようになります。ウォレット追加しておけば、ロック画面でダブルタップするだけでメルペイを起動させることができます。

メルペイを実際にお店で使うには

メルペイを実際に使う場合は、お店の人にiD支払いをするように伝えてください

メルペイはiDと提携しているため、基本iD支払いとなります。

メルペイ

メルペイの画面をメルカリアプリで開くと、「電子マネーを開く」とあります。

この項目をタップすると電子マネーの画面が開き、そのままiDで支払いをすることができます。

お店には専用の機械があるので、そこにスマホを近づければすぐに決済できます。

メルペイ

iPhoneでウォレットにメルペイを追加している場合は、ロック画面でダブルタップすればすぐに起動することができます

わざわざアプリを開く必要は無く手間がかからないので、ウォレットにメルペイを追加しておくことをおすすめします。

メルペイのチャージ方法①売上金でポイントを購入

メルペイのチャージ方法は2種類あります。

まずは売上金でポイントを購入する方法を解説します。

メルペイでは、メルカリの売上金をそのままポイントに変換することができます。ポイント購入とは呼ばれていますが、ただお金をポイントに変換するだけで手数料は一切かかりません

メルペイのポイント購入は1ポイント=1円となります。

有効期限は365日となっているので、売上金をすべてポイントに変えるか一部だけにしておくかは、メルペイを使う頻度を考えて判断しましょう。

メルペイのチャージ方法②銀行口座からチャージ

メルペイ

メルペイは、銀行口座からチャージすることも可能です。

銀行口座から直接メルペイにチャージすることで、普通のお店でメルペイを使うだけでなく、メルペイを使ってメルカリの商品を購入することができます

銀行口座をメルペイに登録するだけで、いつでも好きな時にチャージすることができるようになります。

そのため、わざわざATMやコンビニなどでチャージをする必要もありません。

メルカリの売上金が少なくても、このように銀行口座からチャージすることができるので、残高不足を防ぐことができます。

チャージの上限

次にチャージの上限額について解説します。

チャージは1日20万円までと上限が決められています

さすがに一度に20万円チャージする人はほとんどいないと思うので問題はないでしょう。

また、1回あたりの最低チャージ額は1,000円となっており、1,000円刻みでチャージすることができます。

1,000円刻みで必要な分だけをその都度チャージすることができるので、無駄なく使うことができます。

わざわざチャージのたびにATMに行く必要が無いのも嬉しいですね。

メルペイの使い方
  • メルカリアプリから設定を行う
  • 約1分でメルペイの登録・設定は完了する
  • Apple Payとおサイフケータイに設定しておけばアプリを開かなくても起動できる
  • 売上金でポイントを購入して使う
  • 銀行口座からチャージすることも可能

次の章では、メルペイのメリットについて解説をしていきます。メルペイには一体どのようなメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

メルペイのメリット

次に、メルペイを使う上でのメリットについて解説をします。

メルペイのメリットは下記の通りです。

  • メルカリの売上金をそのまま使える
  • iDと提携しており利用できる店舗数が多い
  • 手数料が一切かからない
  • メルペイでメルカリの買い物もできる

メルペイはメルカリのサービスと連携していることもあり、メルカリの売上金をそのままチャージすることが可能です。

その他にも、iDと提携していたり、手数料が一切かからないなど魅力的な要素がかなり多いので、是非チェックしてみてください。

支払いにメルカリの売上金を使える

売上金を直接メルペイに使えるという点はかなり大きなメリットです。

本来、メルカリの売上金はそのままメルカリで商品を購入する時に使うか、銀行に振込みをするかのどちらかでした。

メルカリで必要なものがあれば良いのですが、ない時には一向に使うこともできません。

さらに、銀行振込すると手数料が216円かかるので、売上金をそのまま全額振り込むことはできません。

しかし、メルペイに手数料が一切かからずポイントとしてチャージできるため、iDで現金のように街のお店でも利用することができるようになりました。

そのため、売上金をずっとメルカリに置いた状態で有効期限が過ぎてしまうことも、余計に手数料を支払って銀行口座に振込みする必要もなくなったのです。

メルペイによってより一層、メルカリの売上金を有効活用できるようになりました。

次の章では、引き続きメルペイのメリットについてとデメリットについても解説をしていきます。

iDと提携しているので利用可能な店舗が多い

メルペイの支払いはiD支払いにて行われます。

iDと提携しているというのもかなり大きなメリットであり、iDは数多くの電子マネーの中でも利用店舗がかなり多いサービスとして知られています。

その数はなんと96.5万店舗以上と、コンビニやスーパーだけでなくアパレルやドラッグストアなどあらゆるサービスで活用することができます。

そのため、銀行に振り込んで売上金を現金化せずとも、メルペイのポイントとして使うことで十分現金化することができるというのがわかります。

他のスマホ決済やキャッシュレス決済の多くは、決済サービスを運営している会社そのものと提携していないと使えない場合が多く、中にはかなり利用可能店舗が少ないサービスもあります。

メルペイはiDを介してスマホ決済サービスを運営しているので、より利用できる店舗数も多く、よりメルペイのポイントやチャージしたお金を現金同様にさまざまな買い物に使うことができます。

手数料が一切かからない

メルペイにチャージをする時に一切手数料がかからない点が魅力です。

メルカリの売上金をポイントにするときはもちろん、銀行口座からのチャージでも手数料は発生しません

他社の決済サービスの中には、チャージするだけで手数料が発生するサービスも多く、結局チャージ方法が限られてしまうというケースも少なくありません。

しかしメルペイは、どのチャージ方法を利用しても手数料がかからないので、スマホ決済を利用するだけで余計なお金が発生することはありません。

メルペイでメルカリの買い物もできる

メルペイにチャージしたお金は、街のお店だけでなくメルカリでの買い物にも使うことができます。

メルカリでは、支払い方法によっては決済手数料が発生することもあり、商品を購入するだけでなく余計にお金がかかってしまうことがあります。

たかが100円200円ですが、それが毎回となるとかなり大きな出費になりますよね。

しかし、メルペイであれば決済手数料が発生することなくそのままメルカリで買い物をすることができるようになります。

今までは売上金をそのまま使って買い物をしていた人もいると思いますが、メルペイであれば銀行口座からチャージした金額を上乗せして買い物することも可能です。

もちろん決済手数料は発生しないので、よりお得にメルカリで買い物することができるでしょう。

メルカリのメリット
  • メルカリの売上金をそのまま使うことができる
  • iDと連携しているので利用可能な店舗が多い
  • チャージや支払い時など手数料が一切かからない
  • メルカリの買い物にも使える

メルペイのデメリット

次に、メルペイのデメリットについて解説します。

メルペイのデメリットは下記の通りです。

  • クレジットカードによるチャージができない
  • ネットバンキングの設定をしていないと口座設定ができない
  • バーコードやQRコードに対応していない

メルカリの売上金がそのまま使えたり手数料が無料であることがメリットである一方、クレジットカードでのチャージができないなどの不便さがあります。

他のスマホ決済では対応している機能やサービスもメルペイにはないという点も多く、今後サービスがより拡大し、さらに便利になってくれることを期待しています。

そんなメルカリのデメリットについて1つ1つ詳しく紹介するので、是非チェックして下さい。

クレジットカードでのチャージができない

他社の決済サービスでは、基本的にクレジットカードでオンラインチャージをすることが可能です。

クレジットカードでチャージをすることでポイントが貯められるなどのメリットもあり、進んでクレジットカードでチャージしている人も少なくありません。

しかし、メルペイではクレジットカードによるチャージは対応していない状態です。

そのため、クレジットカードを使用した時のポイント還元なども一切見込めず、ささっと番号を入力してチャージをするという手軽さもありません。

また、次の章で詳しく解説しますが、場合によっては銀行口座の口座設定ができない可能性もあり、その場合は一切オンラインチャージができなくなってしまいます。

今後サービスが拡大し、クレジットカードに対応する時が来ると思いますが、現状は不便な状態が続いていると思って良いでしょう。

ネットバンキング設定をしていないと口座設定できない

メルペイ

アプリで簡単に銀行口座からチャージをするには、口座のネットバンキング設定をしていないと使うことができません

筆者の場合、ネットバンキングの設定を一切していなかったため、銀行口座からアプリでチャージすることができませんでした。

画像は三井住友の例となりますが、今では普通になったネットバンキングサービスも、以前から同じ銀行口座を長い間使い続けている人にとってはあまり馴染みのないサービスかもしれません。

ネットバンキングを利用するには、口座番号や暗証番号だけでなく、ネットバンキング設定時に配布されるワンタイムパスワードが必要になります。

今ではアプリ上で簡単に申し込みをすることができるようですが、筆者の場合、口座開設をした時に直接渡された、ワンタイムパスワードが記載されている機械の電源が切れてしまっており見ることもできません。

そもそももらった当初も「ネットで銀行手続きは怖い」と思い何も設定していなかったため、今に至るまで使うことができないのです。まさかここまで普及されるとは思いませんでした。

銀行に直接行って手続きをしなければいけないなど手間がかかる

筆者のケースの場合、直接銀行の窓口に行って手続きをするしか方法がありません。銀行の窓口は待ち時間もかかりますし、行くだけでも手間がかかります。

このように、ネットバンキングの設定をしていないと、メルペイで銀行口座から直接チャージすることはできないと思ってください。

バーコードやQRコードに対応していない

メルペイはスマホ決済が利用できるサービスですが、決済方法はApple Payやおサイフケータイのように内蔵されたICチップを読み込み決済が行われます。

つまり、使っているスマホがApple Payやおサイフケータイに対応していないと使えません

他の決済サービスの多くがバーコードやQRコードに対応している中、メルペイはICチップのみということでかなり不便だと思われます。

海外製の格安スマホなどはほぼ全滅かもしれませんね…。

メルカリを使っている人におすすめ!手数料0で売上金がさまざまな買い物で使える

メルペイ

画像引用元:株式会社メルペイ

最後に、メルペイのメリット・デメリットをまとめます。

メルペイのメリット
  • メルカリの売上金をそのまま使える
  • iDと提携しているので利用可能な店舗が多い
  • 手数料が一切かからない
メルペイのデメリット
  • クレジットカードが使えない
  • ネットバンキングの利用設定をしている状態じゃないとチャージできない
  • バーコードやQRコードに対応していない

メルペイは、手数料がかからずチャージをすることができ、メルカリの売上金を銀行口座に振込みせずともほぼ現金化することが可能です。

iDと提携しており、使える店舗がかなり多いという点も嬉しいですよね。

しかし一方で、クレジットカードチャージに対応していない、QRコードやバーコードが使えないなど、従来の決済サービスと比べて不便な点も見受けられます。

まだ2019年2月13日からスタートしたサービスなので、発展途上であることは間違いありません。

今後サービスが拡大していく中で、徐々に利便性が高まることを期待しています。