QUICpay(クイックペイ)とは? 支払い方法から利用範囲までを全網羅

2019年10月から、ポイント還元事業も始まり、キャッシュレスの世界も賑やかになってきました。

今から支払いをキャッシュレスにしたいが、どうしていいかわからない方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードを持っている人なら、電子マネー「QUICPay」が使える可能性があります。ここからキャッシュレスに参加するのもいいのでは。

ただし、便利な電子マネーですが、できること・できないことがあります。正しく理解することから始めましょう。

正しく理解した上でQUICPayを活用すれば、多くのお店で気軽な決済ができて、キャッシュレス生活が格段に広がります。

QUICpayの使い方|初期設定からカード登録・解除方法まとめ

QUICPayはなにが便利?

画像引用元:iPhoneではじめる(Apple Pay)|QUICPay

キャッシュレスの手段が数ある中で、QUICPayは一体なにが優れているのでしょうか。

メリットを列挙します。

QUICPayのメリット
  • タッチするだけの決済で、速くて簡単
  • 事前チャージ不要で使えるポストペイ式電子マネー
  • 使えるお店が多い

以下、順にQUICPayでできることを解説します。

QUICPayは決済が速い

現在キャッシュレスはQRコード決済が流行っていますが、少し古いタイプの電子マネーも負けてはいません。

端末にタッチするだけで瞬時に支払いができるQUICPayの利便性は、変わらず高いものがあります。

QRコード決済の場合(ユーザースキャン方式)、アプリを開いて、カメラでバーコードを読み取り、価格を手入力するなど複雑な操作が求められます。

QUICPayについては操作が一回専用端末にスマホやカードを「かざす」だけで済みます。

QUICPayはチャージ不要

タッチのみで支払えるQUICPayの仕組みは、技術的には交通系電子マネーや、楽天Edyなどと同様です。

ただし、それらの電子マネーの場合は「プリペイド式」です。事前にチャージがないと決済できません。

ポストペイ式のQUICPayは、決済と同時に、セットしたクレジットカードで決済される仕組みなので、事前のチャージは不要です。

決済の機能としてはクレジットカードなのに、より簡単な支払が可能なのがQUICPayなのです。クレジットカードと電子マネーの利点を兼ね備えている決済方法といえます。

このタイプの電子マネーは、他にiDがあります。

キャッシュレス決済「iD」とは?登録・使い方からお得利用方法を紹介

QUICPayは利用できる店舗が多い

QUICPayは使える店舗も、コンビニやスーパー、商業施設など数多くあります。

タッチでの決済ができる場合の多くは、QUICPayもその対象となっています。

QUICPayの弱点も見ておこう

キャッシュレスのツールはどれを選んだとしても、一長一短があります。

決済も主にスマートフォンでおこなえるようになった現代は、複数のアプリを使えますから、キャッシュレスもどれかひとつだけを選ぶ時代ではありません。

メリットとデメリットを知り、状況に応じて使い分ければいいのです。ですからQUICPayのデメリット、できなことも知っておきましょう。

QUICPayのデメリット
  • ポイント還元率は高いと限らない(クレジットカード次第)
  • 利用可能店舗数は、同じポストペイ式の電子マネー「iD」ほどではない
  • すべてのクレジットカードで利用できるわけではない
  • 利用限度額が原則2万円まで

以下で詳しく説明していきます。

QUICPayのポイント還元率は高くない

キャッシュレスの醍醐味は、ポイントを貯めることにあるといえます。

ですが、QUICPayを使っても、それほど多くのポイントが貯まるわけではありません。

QUICPay独自のポイント制度はないため、すべてはセットして使うクレジットカードのポイントプログラム次第となっています。

QUICPayの場合、独立した決済として捉えると、決済やポイント獲得のイメージがつかみにくくなります。必ず、セットするクレジットカードと組み合わせて全体を捉えましょう。

さて、古いタイプのクレジットカードだとポイント還元率0.5%という低いものも多く、これとQUICPayを組み合わせても、さほどのリターンはありません。

付与されるポイントが低いからといってQUICPayの利便性が損なわれるわけではありませんが、独自のポイントが付くQRコード決済を検討したくなる人も多いでしょう。

ただ、探すとQUICPayで便利に使える高還元率カードもあります

後ほど、まとめて紹介します。

利用可能店舗ではiDなどに負けている

iDはQUICPayと並ぶ、ポストペイ式の電子マネー。

QUICPayはJCB系で、当初はQUICPayに参加していたNTTドコモが、離脱してiDを始めた経緯があります。

現在では、両者は協力体制にあるとともに、ライバルでもあります。

両方使えるお店が多いものの、たまにiDのみ利用可能となっている店舗が存在します。

その点でQUICPayには、やや差がついています。もっとも、それほど差を実感することはないでしょう。

逆に、QUICPayの利用可能店舗は、ほぼクレジットカードや交通系電子マネーにも対応しています。QUICPayだけが使える店舗はほとんど見かけません。

QUICPayをすべてのクレジットカードで利用できるとは限らない

QUICPay一体型クレジットカード以外のクレジットカードでも、スマートフォンでQUICPayを使えます。

ですが、すべてのクレジットカードが対応してはいません

Apple PayやGoogle Payでは、お手持ちのクレジットカードを搭載して利用することができますが、実際に決済するときにはQUICPayやiDを使います。

カードによってはこの際、自動的にiDに割り振られる場合があり、こうしたカードではQUICPayは使えません。

また、スマートフォンにもよります。

世間で人気のある高還元率カードのうち、たとえばYahoo!カードはApple Payのみで利用可能など、制限があります。

QUICPayの利用限度額は原則2万円まで

QUICPayは、原則として2万円以下の決済にしか使えません

一部の店舗はスマートフォンで使う「QUICPay+」に対応していますが、この店舗で利用する場合でも、Google Payの利用者は「3万円」までという制限があります。

ですから、Appele Payで利用する場合を除いて、家電など高額商品の購入には向かないアイテムです。

QUICPayの始め方

クイックペイ

画像引用元:QUICPayとは?|QUICPay

QUICPayは、基本的にはクレジットカードとセットして使います。一部のデビットカードやプリペイドカードにも対応しています。

QUICPayを開発したJCBカードをはじめ、多くのカード決済のために使えます。

また、JCBカードでなくてもお手持ちのクレジットカードがQUICPayに対応していれば、すぐ設定できます。

利用できるクレジットカードを抜粋のうえ、紹介します。

  • JCBカード
  • 三菱UFJニコスカード
  • アメリカン・エキスプレスカード
  • エポスカード
  • セディナカード
  • セゾンカード
  • オリコカード
  • ジャックスカード

次のページではQUICPayの機能と使い方を解説します。