楽天Edyアプリの使い方|残高確認・チャージ・iPhoneでも使える?

楽天Edyアプリとは、電子マネー「楽天Edy」をスマホで利用できるアプリです。

スマホを楽天Edyのプラスチックカードとして利用することができ、機械にかざして最短1秒で買い物を済ませることができます

楽天Edyは約68万店で利用することができる電子マネーなので、日々の生活でカードや財布を持ち歩く必要もなくなるでしょう。

楽天Edyアプリの特徴
  • 電子マネー「楽天Edy」のアプリ版
  • スマホをかざして支払いができる機能
  • おサイフケータイ対応スマホとAndroid NFC機能搭載スマホで使える
  • iPhoneは外付けのおサイフケータイ対応端末や楽天Edyリーダーを使えば使えるようになる

今回は、そんな楽天Edyアプリの使い方や設定の方法、使うにはどのようなものが必要なのか解説します。

また、楽天Edyアプリのチャージ方法やiPhoneでの使い方も併せて紹介するので、これから楽天Edyアプリを利用しようと考えている人は是非参考にしてください。

トップ画像引用元:電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」 | 楽天Edyをはじめる

楽天Edyアプリの使い方

楽天エディ

画像引用元:電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」 | 「Edyチャージ」アプリ

まず、楽天Edyアプリを使う方法について解説します。

この章では、楽天Edyアプリの設定の方法から必要なもの、実際に支払いで使う時の方法などを解説していきます。

そこまで難しいことではありませんが、楽天Edyアプリは楽天Edyカードがないと使うことができません

アプリから気軽に始めるということができないので、楽天Edyカードがない人は、まずは楽天Edyカードの発行から必要になります。

楽天Edyアプリを使う上で必要なもの

まず、楽天Edyアプリを使う上で必要なものを紹介します。

  • 使いたい楽天Edyカード
  • 楽天Edyに対応しているスマホ

電子マネーの多くは、アプリだけでは気軽に始めることができません。

事前にプラスチックカードを持っている上で電子マネーを利用できるケースがほとんどです。

QUIC PayやiDのような電子マネーは、連携しているクレジットカードやデビットカードが必要になります。

このように、まずは楽天Edyカードの用意が必要であることを覚えておきましょう。

次に、楽天Edyに対応しているスマホも必要です。

楽天Edyに対応しているスマホについて

楽天Edyに対応しているスマホは下記の通りです。

  • おサイフケータイ対応全機種
  • 非おサイフケータイ Andoid NFC機能搭載端末

非おサイフケータイでも、Android NFC機能搭載端末であれば利用することができます。

つまり、HUAWEIやASUS、LG、SHARPなど、おサイフケータイに対応していないスマホでもNFC機能が搭載しているスマホなら、利用することが可能です。

しかし、NFC機能が搭載されていても、機能が弱いということで対応していない場合もあります。

詳しくは公式サイトで対応機種一覧を見てチェックしましょう。

まず楽天Edyのアプリをインストールする

まず、楽天Edyアプリのインストールを行います。

楽天エディ

画像引用元:楽天Edy:ポイントがドンドン貯まる便利でお得な電子マネー – Google Play のアプリ

グーグルプレイ

楽天Edyアプリをインストールするにあたってお金は一切発生しません

無料でインストールができるので、気軽に使ってみてください。

登録したい楽天Edyカードを用意する

次に、登録したい楽天Edyカードを用意します。

前述しましたが、楽天Edyアプリは楽天Edyカードがないと使うことができません。プラスチックカードの発行がまず必要になります。

楽天Edyカードの発行は、楽天Edyのオンラインショップで簡単に行えます

最安値54円で購入可能なので、そこまでお金がかかるわけではありません。

ちなみに、キャラクターなどのデザインカードを購入する場合は500円程度かかります。

色々とデザインが種類豊富ですが、楽天Edyアプリで利用することを考えればそこまで購入するメリットはありません。

登録したい楽天Edyカードをアプリで読み込む

楽天エディ

画像引用元:電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」 | 「Edyチャージ」アプリ

次に、登録したい楽天Edyカードを楽天Edyアプリで読み込みます

カメラに楽天Edyカードを写し、枠内に収まるようにしてください。

情報を読み込むことができたら登録完了です。

楽天Edyアプリで支払う方法

次に、楽天Edyアプリを支払いで使う時の方法について解説します。

  1. お店で「楽天Edyで」と伝える
  2. 機械にスマホのFelica搭載部分をかざす
  3. 「シャリーン」という音が聞こえたら決済完了

そこまで難しいことは一切ありません。

むしろ、カードを出したりお金を用意したり、お釣りを受け取る手間もないのでかなり便利です。

アプリを開く必要はない

機械にスマホのFelica搭載部分をかざす時に、わざわざアプリを表示する必要はありません

自動的に楽天Edyアプリに接続して支払いを完了させることができます。

対応機種をしっかりと確認しよう

楽天Edyアプリはおサイフケータイに対応していない端末でも、楽天Edyアプリが使える条件を満たしていれば利用することが可能です。

しかし、使えるスマホと使えないスマホを私達で見分けることはできません

そのため、楽天Edyアプリを使う前に、しっかりと自分の使っているスマホは対象なのかどうかチェックしましょう。

特に、海外メーカーの格安スマホを利用している人は必ず事前に確認してください。

楽天Edyの使い方
  • 必要なものは楽天Edyカードと楽天Edyアプリ対応スマホ
  • 楽天Edyカードは最安値54円で購入できる
  • おサイフケータイ対応スマホまたはAndroid NFC機能搭載スマホで利用可能
  • 対応機種については公式サイトでしっかり確認しよう

楽天Edyアプリの残高確認とチャージ方法

楽天エディ

次に、楽天Edyアプリの残高の確認方法とチャージ方法について解説します。

残高はアプリを開けばすぐに表示されるのでかなりわかりやすいと思います。

一方で、楽天Edyアプリのチャージ方法はいくつかあります。

楽天Edyアプリのチャージ方法

  • 現金チャージ
  • クレジットカードチャージ
  • 楽天会員情報に登録しているカードでチャージ
  • 楽天ポイントからチャージ
  • 銀行口座からチャージ
  • オートチャージ

今回は、上記の中でもクレジットカードの登録方法とオートチャージの設定方法について詳しく解説していきます。

楽天Edyアプリは、自動的に残高が不足したらチャージされるオートチャージ機能がついているので、事前にチャージする手間がありません。

残高は楽天Edyアプリを開けばすぐに確認できる

楽天Edyアプリの残高は、アプリを開けばすぐに確認ができます

残高を確認した後にチャージもそのまま行うことができるので、レジでチャージをするなどお店やATMを使う必要がある以外のことは大抵アプリでこなすことが可能です。

現金チャージはコンビニなどのお店のレジでできる

現金チャージもできます。

コンビニなどのチャージ対応しているお店で、チャージしたいということと金額を言えばすぐにチャージすることができます。

わざわざレジでチャージするのが面倒という場合は、アプリからクレジットカードでチャージすることもできます。

次の章ではオートチャージの設定方法とiPhoneで使えるか、についてお話します。

楽天Edyの使い方|初期設定からカード登録・解除方法まとめ

クレジットカードは楽天Edyアプリに登録して利用できる

楽天エディクレジットカード

クレジットカードでチャージするために、楽天Edyアプリにクレジットカードを登録する方法を紹介します。

  1. 残高下にある「詳細を見る」をタップ
  2. 「チャージ設定」をタップ
  3. 「チャージ方法」をタップ
  4. 「クレジットカード」をタップ
  5. 「次へ進む」をタップ
  6. クレジットカードの情報を入力
  7. 完了

チャージする時は、チャージ金額とパスワードを入力してチャージすることができます。

基本的に、メジャーなクレジットカードはほとんど対応していると思いますが、中には楽天Edyアプリに登録できないクレジットカードもあるので注意してください。

オートチャージは指定した残高に到達したら自動的にチャージしてくれるサービス

オートチャージとは、一定額まで残高が不足した時に自動でチャージするようにできる機能です。

オートチャージを行う残高から、チャージ額まで設定することができるので、自分の都合の良いように決めることができます。

オートチャージで利用できるチャージ方法は下記の通りです。

  • 楽天IDでのチャージ
  • クレジットカードでのチャージ
  • 銀行口座でのチャージ

ポイントもつくということで、クレジットカードでのチャージを行う人が多いようです。

ただし、クレジットカードによっては電子マネーへのチャージはポイント付与対象外になる可能性もあるので、クレジットカードのサービス内容をしっかりと確認するようにしてください。

オートチャージの設定方法

楽天エディオートチャージ

オートチャージ方法は下記の通りです。

  1. 残高下にある「詳細を見る」をタップ
  2. 「チャージ設定」をタップ
  3. 「オートチャージ設定」をタップ
  4. 「オートチャージの設定・変更」をタップ
  5. オートチャージの詳細を設定
  6. 完了

オートチャージの設定では、オートチャージを行う残高の金額から、オートチャージ1回のチャージ金額まで設定ができます。

この設定を行うことで、事前のチャージが一切必要なく、不足してきたら自動的にチャージしてくれるようになります。

電子マネーの事前チャージが面倒だという人は、是非利用してみてください。

無理なく金額を設定することができるので、自分の都合の良いように設定してください。

残高確認方法とチャージ方法
  • 楽天Edyアプリを開けばすぐに確認することができる
  • チャージは現金から銀行口座、クレジットカード、ポイントチャージが可能
  • オートチャージにも対応している
  • クレジットカードチャージもオートチャージもアプリで設定可能

iPhoneは楽天Edyアプリで使うことができるの?

楽天エディアイフォン

画像引用元:電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | 楽天Edyをはじめる | iPhoneの使い方

次に、iPhoneは楽天Edyアプリを使えるかどうかについて解説します。

これまで解説した中で、楽天Edyアプリに対応しているのでおサイフケータイ対応またはNFC機能搭載のAndroidスマホと紹介していきました。

iPhoneが対応しているというのは一言も言っていないんですよね。

結論から言うと、楽天EdyアプリをiPhoneで利用することはできません。Apple Storeで楽天Edyアプリを探しても見つけることはできないでしょう。

iPhoneは楽天Edyアプリに対応していない

iPhoneで楽天Edyアプリを使うことができません。

Apple Storeで検索しても「楽天Edy パソリ対応」というアプリが検索でヒットします。

筆者も、楽天Edyアプリを使おうかと思った時があり、iPhoneでアプリを探してみましたがありませんでした。

基本的に楽天Edyアプリは、おサイフケータイまたはNFC機能が搭載されているAndroidスマホでしか利用することができないということです。

iPhoneもNFC機能は搭載されていますが、楽天Edyアプリ対応のものではないのでしょう。

おサイフケータイ対応端末とのペアリングやパソリ使えば利用できる

iPhoneをそのままの状態で楽天Edyアプリを使うことはできません。

しかし、おサイフケータイに対応している端末とペアリングしたり、楽天Edyリーダーであるパソリと呼ばれる端末を利用すればiPhoneでも楽天Edyアプリを利用することができます。

しかし、あくまでおサイフケータイ端末とペアリングするなど、外付けのデバイスが必要になってしまうので、iPhoneだけで楽天Edyアプリを利用することはできません。

手間がかかることは間違いないでしょう。

楽天Edyリーダー「パソリ」は4,743円

外付けの端末の中でも、楽天Edyオンラインストアで販売されているパソリはいくらくらいするのでしょうか。

調べたところ、パソリの金額は4,743円と5,000円近くかかることがわかりました。

楽天Edyアプリを使って5,000円分得をすれば良いのですが、5,000円を払ってまでパソリを使ってiPhoneで楽天Edyアプリを使うかと聞かれると、少し損してしまう気がしますね。

5,000円も払ってスマホで楽天Edyを使うくらいなら、プラスチックカードのままの方が良いと思います。

iPhoneで使おうとするよりもプラスチックカードを使った方が楽

前述の通り、iPhoneではそのままの状態で楽天Edyアプリを使うことができません。

iPhoneで使うとすれば、おサイフケータイに対応している端末とペアリングするか、楽天Edyリーダーであるパソリを利用しないと使うことができません

使うたびに手間がかかるのはもちろんですし、そもそも外付けの端末を購入するにもお金がかかります。

楽天Edyのプラスチックカードだけなら、最安54円で購入することができるので、無理にiPhoneで利用する必要はないでしょう。

どうしても楽天Edyアプリを使いたいのであれば、次の機種変更でiPhoneからAndroidスマホに切替えた方がまだ手軽です。

楽天EdyはAndroidスマホで利用できる電子マネーアプリ!

最後に、iPhoneで楽天Edyアプリを利用する方法についてまとめます。

iPhoneで楽天Edyアプリを利用する方法
  • iPhoneだけでは楽天Edyを使うことはできない
  • 外付けのおサイフケータイ対応端末や楽天Edyリーダーを使えば利用できるようになる
  • 楽天Edyリーダーの価格は約5,000円
  • コストも手間もかかるので楽天Edyはカードで使った方が良い

楽天Edyアプリはおサイフケータイ対応のスマホ又はNFC機能搭載のAndroidスマホで使えるアプリであり、iPhoneで利用することはできません。

iPhoneで利用するには、おサイフケータイ対応端末とペアリングするなど、外付けのデバイスが必要となります。

外付けのデバイスも5,000円と決して安くはないので、そこまでしてiPhoneで楽天Edyアプリを使う必要はないでしょう。

楽天Edyアプリは、残高の確認も簡単にできますし、クレジットカードのチャージやオートチャージの設定もアプリ1つで行うことができます。

これまで楽天Edyカードを利用していた人も、この機会に是非楽天Edyアプリを利用してみてはいかがでしょうか。

楽天Edyアプリの利用には、プラスチックカードの楽天Edyが必要不可欠なので、事前に楽天Edyカードの発行はするようにしてください。

楽天Edyとは?支払い方法から利用範囲までを全網羅