クレジットカードおすすめランキング

キャッシュレス決済「iD」とは?登録・使い方からお得利用方法を紹介

?ad=00000lqiv000

キャッシュレス決済として利用できる電子マネーはたくさんありますが、その中でも特にメジャーなのがNTT Docomoが発行するiDです。

iDは、クレジットカードに使った分だけ請求されるいわゆるポストペイ型(後払い方式)の電子マネーとして知られています。

また、事前に支払いをするプリペイド型iD、即時引き落としされるデビット型iDもあり、他の電子マネーと異なり、後払い・先払い・即時払いと全ての支払いに対応している電子マネーです。

そんなiDの特徴はどのようなものなのでしょうか。

iDとはどんなサービス?
  • スマホやカードをかざして支払いができる
  • キャッシュレス決済で利用できる電子マネー
  • 後払い・先払い・即時払いに対応
  • ポイント還元率は連携しているカードの還元率が反映される

今回は、iDの特徴や登録・使い方、メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

iDは楽天EdyやQUICPayと並ぶメジャーな電子マネーであり、利用できるお店の数はダントツで多いです。

そのため、どの電子マネーにしようか迷っているのであればまずはiDを使ってみるのがおすすめです。

スマホ決済の種類|Apple Pay、おサイフケータイ、QUICPayなどの違い

本編前のお得なマメ知識

iD払いと相性のいいクレジットカードは「dカード GOLD」です。その理由は、ポイントの二重取りができるからです。

ポイント二重取りの内訳
iDの利用額に応じたdポイント+dカード GOLDの利用額に応じたdポイント

iDとは

電子マネーアイディ

画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

まず、iDとはどのような電子マネーなのか解説していきます。

iDは対応のスマホやカードを加盟店の端末にかざすだけで支払いが完了する電子マネーです。

iDが紐付いているクレジットカードやデビットカードを持っていないと使うことはできません。

iDのポイント還元率はクレジットカードやデビットカードのポイント還元率が反映されるので、iDをお得に使いたいのであればより還元率の高いiD対応のカードを利用するべきでしょう。

スマホやカードをかざして支払いができる電子マネー

レジにある機械に、対応するスマホやカードをかざして支払いができる電子マネーがiDです。

基本的にクレジットカード等に紐付いている電子マネーなので、カードで使う人が多いかもしれません。

しかし最近では、iDに対応しているスマホ決済アプリもいくつか登場しています。スマホにiDを連携させれば、スマホを加盟店の端末にかざすだけで簡単に決済できるようになっています。

利用できるお店は電子マネーの中でもトップクラス

iDの最大の特徴とも言えるのが、圧倒的な加盟店数です。

数ある電子マネーの中でもトップクラスの加盟店の多さで、さまざまな場面で利用できる電子マネーといって良いでしょう。

他の電子マネーではまず有り得ません。

iDが使える主なお店は以下の通り。たくさんあるので、ここで紹介するのは一部です。

  • セブンイレブン
  • イオンショッピングセンター
  • イトーヨーカドー
  • ガスト
  • マクドナルド
  • ヨドバシカメラ
  • 紀伊国屋書店

選べる支払い方法

使った分だけ後から支払うポストペイ型の他にも、事前にチャージして使用するプリペイド型、口座から直接引き落とされるデビット型が利用できます。

利用者にとって使いやすい支払い方法を選ぶとができます。

ポイントは支払い先のカードのポイント還元率が反映される

ポイント還元率は、iDが紐付いているカードの還元率に基づいています

iD自体にポイントサービスはありませんが、カードのポイントが貯まるので高還元率の高いカードでiDを使えばより効率良くポイントが貯められます。

iDの特徴について
  • iDはスマホやカードをかざして支払いができる電子マネー
  • 利用できるお店の数は電子マネーの中でもトップクラス
  • 後払い・先払い・即時払いに対応している
  • ポイント還元率はカードの還元率が反映される
スマホ決済から考えるクレジットカード選び方とおすすめ度

次の章では、いよいよiDに登録し、実際に使ってみましょう。

iDの登録方法

iDはカードで利用する他にも、おサイフケータイやApple Payなどのスマホ決済アプリで利用することができますが、どちらにしてもiDに対応しているクレジットカードやプリペイドカード、デビットカードが必要になります。

つまり、iDを使いたい場合は事前にiDに対応しているカードを用意しなければいけません。

支払いは「iDでお願いします」と言えば、レジにある機械にカードやスマホをかざしてすぐに決済することができます。その時間もわずか1秒程度なので、レジが混み合っている時にも便利ですね。

iDに対応しているクレジットカードやデビット・プリペイドカードが必要

iDを使うにはクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードが必要で、さらにそのカードがiDに対応しているものでなければいけません。

そのため、まずはiDに対応しているカードを持っていることが第一条件です。

iDが使えるカードにはiDのロゴが記載されているので、是非自分のカードを確認してみてください。

スマホを使ってiDで支払うこともできる

おサイフケータイやGoogle Pay、Apple Payなど、iDに対応しているスマホ決済アプリもあります。

スマホ決済アプリでは、iDに対応しているカードを登録して利用します

スマホをかざすだけでiDが利用できるようになるので、より買い物が楽になります。

スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯める決済アプリ

iDの使い方は「支払いはiDでお願いします」と言うだけ

iDの使い方は簡単です。

「支払いはiDでお願いします」と言うだけでお店の人は対応してくれます。

加盟店のレジに設置されている機械にカードやスマホをかざして「タントン」という音が鳴ったら決済完了です。

最近では自分で機械を操作してキャッシュレスを利用するお店もありますが、そこでもiDを選択してカードを挿し込んだりかざしたりすれば使うことができます。

iDのメリット

次に、iDのメリットについて解説していきます。

iDのメリットとして挙げられるのは、後払いや先払い、即時払いなど支払い方法が選べるという点です。

また、ポイント還元率は対応しているカードの還元率がそのまま反映されるので、高還元率のカードを使えば効率良くポイントを貯めることができます

使えるお店もコンビニからショッピングモールまで幅広いので、普段使いでポイントを貯めていきたい人にもぴったりの電子マネーだといえます。

使い勝手の良さは電子マネーの中でもトップクラスではないでしょうか。

後払い・先払い・即時払いの3種類が選べる

iDはカードによって支払い方法が異なり、後払い・先払い・即時払いの3種類から選ぶことができます。

自分の使いやすいカードやライフスタイルに合わせた支払い方法を選ぶことが可能です。

iDを使うことを目的としてカードを作るのであれば、支払い方法を考慮して選ぶのも良いかもしれません。

ポイントはカードのポイント還元率がそのまま反映される

iDのポイント還元率は、iDを利用しているカードの還元率がそのまま反映されます。

つまり、還元率1.0%のカードでiDを使っているのであれば、iDを使った場合のポイントも1.0%分貯まるということになります。

このように、利用するカードのポイント還元率がそのまま反映されるので、より高還元率のカードで利用すれば一層お得になるということです。

使えるお店もダントツで多いのでキャッシュレス決済サービスとしてはかなり使い勝手が良い

iDの利用可能店舗は全国津々浦々に広がっています

加盟店数は電子マネーの中でもダントツで多いので、かなり使い勝手が良いです。

ちょっとした買い物からショッピングモールでの買い物まで対応できますし、クレジットカードであればクレジットカードの利用枠内の金額がiDで利用できます。

あらゆる場所で利用できる電子マネーなので、初めて電子マネーを使うという人にもiDはおすすめです。

iDのデメリット

次に、iDのデメリットについて解説します。

iDは、カードに紐付いている電子マネーなので、「iDが使いたい!」と思ってもまずはカード発行が必要です。

他の電子マネーと異なり、電子マネーそのものの登録さえすれば良いというものではないので、少々面倒に感じる人もいるでしょう。

また、独自のポイントプログラムがないので、クレジットカードのポイント+電子マネーのポイントというようなポイントの2重取りや3重取りがしにくいのもデメリットと言えるかもしれません。

持っているカードがiDに対応していないと使えない

iDは基本的にクレジットカード、プリペイドカード、デビットカードに紐付いている電子マネーなので、対応しているカードがないと使うことができません

他の電子マネーのように、電子マネーの利用開始手続きさえすれば良いわけではありません。

カードがないとそもそもiDは使えないので、iDを使いたいと思ったらまずはカードの発行が必要になります。

なんらかの事情がありクレジットカードを作ることが難しい人は、プリペイドカードがおすすめです。

独自のポイントプログラムを持っていない

電子マネーの多くは、電子マネーを利用して貯まるポイントがあります。

そのため、チャージがポイント対象になっているクレジットカードでチャージをして電子マネーを利用することでポイントの2重取りをすることができました。

しかし、iDは独自のポイントサービスを持っていないので利用とチャージでポイントの2重取りをすることができません。

iDのメリット・デメリット
  • 後払い・先払い・デビットの3種類が選べる
  • ポイント還元率はカードの還元率がそのまま反映されるので高還元率のカードを使うとお得
  • 使えるお店の数も電子マネーの中でダントツに多い
  • 持っているカードがiDに対応していないと使えない
  • 独自のポイントプログラムがないのでポイント2重・3重取りは難しい

次の章で、iDをお得に使う方法を紹介します。

iDのお得な利用方法

次に、iDのお得な利用方法について解説します。

iDのメリットであるポイント還元率がカードと同じである点、使えるお店が多いという点を利用し、還元率の高いカードを選ぶことでよりお得にiDを使うことができるようになります。

コンビニなどのちょっとした買い物から、ある程度まとまった買い物で利用するショッピングモールなどでも利用できるので、積極的な活用がおすすめです。

また、電子マネーとしてのiDにポイントはありませんが、ポイントカードを併用してポイントの2重取りは可能です。普段利用しているお店のポイントカードを有効活用していきましょう。

還元率の高いiD対応のカードを選ぶ

ポストペイ型iDに対応しているカードの一例は下記の通りです。

この中なら、オリコカードが特に還元率が高いカードとして知られています。

賢く選んで、還元率の高いカードで効率良くポイントを貯めていくと良いでしょう。

ポイントカードを使ってポイントの2重取りもできる

iDは独自のポイントサービスを持っていませんが、カードのポイント還元率を反映させることができます。

iDを使ってカードのポイントを貯めながら、それぞれのお店のポイントカードを使ってポイントの2重取りをすることは可能です。

使えるお店はかなり多いので普段使いに重宝する

iDが使えるお店の数は数ある電子マネーの中でもダントツで多いといわれています。

全国にあるさまざまなお店で利用できるので、普段使いにも最適です。

ポイントは使えば使った分だけ貯まるので、毎日の買い物で積極的に利用してポイントを貯めましょう。

iDは電子マネーの中でも知名度も利便性も抜群!電子マネーに迷ったらiDを使おう

最後に、iDのお得な利用方法についてまとめます。

iDのお得な利用方法
  • 還元率の高いiD対応のカードを利用する
  • ポイントカードを使えばポイントの2重取りは可能
  • 使えるお店が多いので普段使いで積極的に利用する

iDは、電子マネーの中でも利用できるお店が多く、ポイント還元率も紐付いているカードに基づくので、カードによってはかなりお得にポイントを貯めることができる電子マネーです。

カードの種類によって先払い・後払い・即時払いがあるので、自分に合った支払い方法を選ぶこともできます。

使えるお店も他の電子マネーに比べてかなり多いので、普段使いにも最適な電子マネーです。

ただ、iDはカードに紐付いている電子マネーなので、個別で利用登録をして使える電子マネーではありません

そのため、iDを使うのであればiDに対応しているカードの用意が必要になります。

「一度使ってみたい」という人は、自分のカードにiDのロゴが入っているかに対応しているかどうか一度チェックしてみてくださいね。

スタバ、セブン、Amazonで高還元

JCB CARD W
  • 39歳まで限定のポイント高還元率カード
  • 新規入会&利用で入会後3ヵ月ポイント4倍!
  • Amazon.co.jpの利用はポイント10倍!
年会費還元率国際ブランドスマホ決済
永年無料1%以上JCBApple Pay/Google Pay
発行スピード家族カードETCカード口コミ
最短3営業日あり無料見る
ツꀀ

電子マネーとスマホ決済

最新クレジットカード比較!【クレジットカードの通信簿(クレ通)】