電子マネー「iD」の使い方|クレジットカードを登録してスマホ決済も可能に

  • 2020年10月26日
  • 2020年12月1日
おサイフケータイでのiD使用イメージ

NTTドコモと三井住友カードが提携して発行している「iD」は、カードやスマホをタッチするだけでスマートに決済できる人気の電子マネーです。

今回は、そんなiDの使い方を徹底解説します。iDの基本やiDと好相性のクレジットカードについても詳しく紹介します。

iDを使いこなして、毎日のショッピングをよりお得に、よりスマートに変えていきましょう。

iDの使い方
  • iD対応のクレジットカード・プリペイドカード・デビットカードのいずれかを用意
  • iDをスマホで利用する場合Apple Pay・Google Pay・iDアプリのいずれかにiD対応カードを登録
  • iD加盟店でスマホやカードをリーダーにかざすだけ

※本記事の価格は全て税込みです。

ポイント還元アップ!スマホ決済と相性抜群クレカ特集

iDとは

iD

iDはNTTドコモと三井住友カードが発行・運営する電子マネーです。

FeliCa機能を用い、非接触で決済が完了します。端末などにカードを挿し込む必要がありません。

iDの具体的な使い方を把握する前に、まずはiDがどのような特徴を備えた電子マネーなのか基礎知識をしっかりと深めていきましょう。

支払方法は3種類

iDは、以下の3種類から支払方法を選択できます

  • ポストペイ型
    利用金額が後日クレジットカード代金と一緒に請求される方法(後払い)
  • プリペイド型
    事前にチャージした残高の範囲内で支払う方法(先払い)
  • デビット型
    銀行口座の残高内で利用でき、利用と同時に口座から代金が引き落とされる方法(即時引落)

使いすぎを防ぎたい方はプリペイド型、チャージ不要でラクに使いたい方はポストペイ型など、用途やライフスタイルに合わせて自由に選べます。

ただし、それぞれの支払方法に対応したカードが必要です。ポストペイ型を利用するにはクレジットカード、プリペイド型はプリペイドカード、デビット型はデビットカードを用意しましょう。

スマホやカードをかさずだけのスマート&スピーディー決済

iDは、レジで決済する際に「iDで支払います」と伝え、iD搭載のスマホやカードをリーダーにかざすだけで誰でも簡単に利用できます。

一定以上の金額に満たない決済の場合には、面倒なサインや暗証番号の入力も必要ありません。

スマホやカードをかざして「タントン」という音が鳴れば、スマートかつスピーディーに支払いが完了します。

なお、iDが利用できるデバイスは以下を参照してください。

  • iPhone(Apple Pay)
    ※Face IDまたはTouch ID搭載のiPhone
  • Android(Google Pay)
    ※おサイフケータイアプリ(6.1.5以上)対応かつ Android OS 5.0以上
  • Android(iDアプリ)
    ※Android OS 5.0以上のおサイフケータイ対応機種

日本全国いろいろなお店で使える

iDは、日本全国で設置台数114万台以上(2020年6月時点)と、数ある電子マネーのなかでもとくに高い普及率を誇り、用途の広さが魅力です。

スーパーやコンビニをはじめ、身近にあるあらゆる店舗で使用できます。

iD加盟店の一例は以下を参照にしてください。

  • コンビニ
    セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート
  • スーパー
    イオンショッピングセンター・アリオ・マックスバリューなど
  • モール・百貨店
    イオン・イトーヨーカドー・高島屋など
  • 飲食店
    ガスト・デニーズ・牛角・はま寿司など
  • ファーストフード
    マクドナルド・ミスタードーナツ・モスバーガー・すき屋など
  • カフェ
    タリーズ・ドトールコーヒーショップ・エクセシオール カフェなど
  • ドラッグストア
    ウェルシア・ツルハドラッグ・サンドラッグ・スギ薬局など
  • 雑貨
    ドン・キホーテ・ザ・ダイソー・TSUTAYA・紀伊国屋書店など
  • 家電量販店
    エディオン・ビッグカメラ・ヨドバシカメラ・ソフマップなど
  • ガソリンスタンド
    エネオスなど
  • ホテル
    インターコンチネンタル東京ベイ・ルートインなど
  • レジャー施設
    サンリオピューロランド・東京ドームシティ・東京サマーランド・スパリゾートハワイアンズなど
  • タクシー
    東都タクシー・東京無線タクシーなど

なお、使えるお店は現在も続々と拡大中です。

お手持ちのカードポイントが貯まる

iDは、iD一体型のカード、またはスマホに紐づけたカードにポイントが還元される仕組みの電子マネーで、独自のポイントプログラムがありません。

たとえば、dカードで貯まるポイントは「dポイント」ですが、dカードに付帯するiDを使った場合も「dポイント」が貯まります

プリペイド型の電子マネーではチャージと利用で貯まるポイントが分散してしまうことがありますが、iDならクレジットカードのポイントに集約されるので利便性が高いです。

iDの登録方法と使い方

iDの基礎知識を押さえたところで、ここからは実践編。早速、iDの使い方をマスターしていきましょう。

なお、すでにお伝えした通り、iDは以下のデバイスまたはカードで利用できます。

  • iPhone(Apple Pay)
  • Android(Google Pay)
  • Android(IDアプリ)
  • iD付きカード(クレジットカード・プリペイドカード・デビットカード)

上記のうちから、自分のライフスタイルや用途に合う方法でiDをはじめてみてください。

iPhone(Apple Pay)でiDを使う

iDをApple Payで

iPhoneユーザーの方は、Apple PayでiDを利用できます。

手順は次の通りです。

  1. iD対応カードを準備する
  2. iPhoneにiD対応カードを登録する
  3. iD加盟店でiPhoneをかざす

それでは詳しくみていきましょう。

iD対応カードを準備する

iPhoneでiDを利用する際には、以下のようなiD対応カードが必要となります。

カードタイプカード名
クレジットカードイオンカード
dカード
ペルソナSTACIAカード
ファミマTカード
三井住友カード
JP BANK カード(ゆうちょ銀行)
ライフカードなど
プリペイドカードソフトバンクカード
メルペイ

お手持ちのカードに該当するものがあればそのまま使用できます。対象カードが無い場合には、iD公式ホームページを参照の上、カードを申し込んでください。

iPhoneにiD対応カードを登録する

続いて、iD対応カードをiPhoneに登録する手順について説明します。

  1. iPhoneのWalletアプリを起動する
    ApplePayにiD対応カードを登録する方法
  2. 画面中央にある「追加」ボタンをタップする
    ApplePayにiD対応カードを登録する方法
  3. 画面下部にある「続ける」ボタンをタップする
    ApplePayにiD対応カードを登録する方法
  4. カードの種類で、「クレジット/プリペイドカード」を選択する
    ApplePayにiD対応カードを登録する方法
  5. カメラが起動したら、登録したいiD対応カードの表面を枠内におさめて読み込ませる
    ApplePayにiD対応カードを登録する方法
  6. 画面の指示に従って、名前・有効期限・セキュリティコードなどの情報を入力し「次へ」をタップする
    ApplePayにiD対応カードを登録する方法
  7. 利用規約を確認し、「同意する」をタップする
    ApplePayにiD対応カードを登録する方法
  8. カードがWalletに追加されました、という表示を確認して完了
    ApplePayにiD対応カードを登録する方法

上記の手順でカードの登録が完了すれば、すぐに利用開始できます。早速「iD」マークのあるお店で使ってみましょう。

iD加盟店でiPhoneをかざす

iD加盟店では、レジの方に「iDで」と伝えてリーダーにiPhoneをかざせば、「タントン」という音とともにスマートに支払いが完了します。

なお、iPhoneの場合には、決済ごとに必ず本人認証が必要となるため、iDをより安全に使用できるのが特徴です。

お手持ちのiPhoneが「Touch ID対応端末」か「Face ID端末」かによって認証方法が異なるので、それぞれの詳しい手順は下記を参照してください。

Touch ID対応端末の場合
  1. iPhoneを起動して、Touch IDに指を乗せ本人認証を行う
  2. 「リーダーにかざす」と表示されたら、リーダーにスマホをかざす
Face ID対応端末の場合
  1. iPhoneのサイドボタンをダブルクリックする
  2. スクリーンを見て顔認証を行う
  3. 「リーダーにかざす」と表示されたら、リーダーにスマホをかざす

Android(Google Pay)でiDを使う

Google Pay iD

Androidユーザーは、Google PayまたはiDアプリのいずれかでiDを利用できます。

まずは、Google PayでiDを使う方法から確認していきましょう。手順は次の通りです。

  1. iD対応カードを準備する
  2. Android(Google Pay)にiD対応カードを登録する
  3. iD加盟店でAndroidをかざす

それでは詳しくご説明します。

iD対応カードを準備する

Android(Google Pay)でiDを利用する際には、以下のようなiD対応カードが必要となります。

カードタイプカード名
クレジットカード三井住友カード
ライフカード
デビットカードSMBCデビット

上記いずれかのカードを持っていればそのまま使用できます。対象カードが無い場合には、iD公式ホームページを参照の上、カードを申し込んでください。

Android(Google Pay)にiD対応カードを登録する

iD対応カードを準備したら、下記の手順に従ってGoogle Payに登録します。

  1. 「Google Payアプリ」を起動し、画面中央の[カードを追加]をタップする
    GooglePay-iD登録方法
  2. 「クレジット/デビット/プリペイド」を選択する
    GooglePay-iD登録方法
  3. Google Payへ登録したいiD対応のカードを、画面の枠に合わせて読み込ませる
    GooglePay-iD登録方法
  4. セキュリティコードなど、必要な情報を入力する
    GooglePay-iD登録方法
  5. 「続行」をタップする
    GooglePay-iD登録方法
  6. 内容を確認し、「同意する」をタップする
    GooglePay-iD登録方法
  7. 画面の指示に従い本人認証を行って完了
    GooglePay-iD登録方法

Android(Google Pay)へのカードの登録が完了すれば、すぐにiDを利用開始できます。早速「iD」マークのあるお店で使ってみましょう。

iD加盟店でAndroidスマホをかざす

iD加盟店では、レジの方に「iDで」と伝え、リーダーにAndroidスマホをかざすだけで決済できます。

決済のたびにスマホのロックやスリープを解除したりアプリを起動したりする必要はありません。「タントン」と音がすればスマートに支払い完了です。

Android(iDアプリ)でiDを使う

アイディ

つづいて、AndroidのiDアプリでiDを利用する方法をみていきましょう。

まずは、お手持ちのAndroidに「iDアプリ」がインストールされているか確認してください。

iDアプリのアイコンが見あたらない場合は、以下からダウンロードできます。

ダウンロードはこちらから

グーグルプレイ

iDアプリの利用手順は次の通りです。

  1. iD対応カードを準備する
  2. Android(iDアプリ)にiD対応カードを登録する
  3. iD加盟店でAndroidをかざす

iD対応カードを準備する

Android(iDアプリ)でiDを利用する際には、以下のようなiD対応カードが必要となります。

カードタイプカード名
クレジットカード
イオンカード
dカード
オリコカード
セゾンカード
UCカード
ファミマTカード
三井住友カード
JP BANK カード(ゆうちょ銀行)
ライフカードなど
プリペイドカードソフトバンクカード
メルペイ

上記いずれかのカードを持っていればそのまま使用できます。対象カードが無い場合には、iD公式ホームページを参照の上、カードを申し込んでください。

Android(iDアプリ)にiD対応カードを登録する

iD対応カードの準備ができたら、下記手順に従ってiDアプリへの登録作業を行ってください。

  1. iDアプリを起動し、「はじめて「iD」を使う方」を選択する
    Android-idアプリ登録方法
  2. 「「iD」対応のクレジットカードで登録する」を選択する
    Android-idアプリ登録方法
  3. 登録したいカードを選択する
    ※この画面はクレジットカード発行会社によっては表示されません
    Android-idアプリ登録方法
  4. 事前にクレジットカード発行会社から通知されたアクセスコード・暗証番号などを入力して登録を行う
    ※この画面はクレジットカード発行会社によって表示が異なります
    Android-idアプリ登録方法
  5. iDが登録され、カードが表示されたら完了
    Android-idアプリ登録方法

Android(iDアプリ)へのカードの登録が完了すれば、すぐにiDを利用できます。早速「iD」マークのあるお店で使ってみましょう。

iD加盟店でAndroidをかざす

iD加盟店では、レジの方に「iDで」と伝え、リーダーにAndroidスマホをかざすだけで決済できます。

決済のたびに電源をオンにして画面を明るくしたり、アプリを起動したりする必要はありません。また、電波の受信状況にかかわらず使用できます。

「タントン」と音がするまでスマホをかざせばスピーディーかつスマートに支払い完了です。

iD付きカードでiDを使う

dカード VISA

カードでiDを利用したい場合には、以下を始めとするiD付帯のクレジットカード・プリペイドカード・デビットカードのいずれかが必要となります。

  • クレジットカード
    dカード・三井住友カード・オリコカードなど
  • プリペイドカード
    ソフトバンクカード・dカード プリペイドなど
  • デビットカード
    SMBCデビット・GLOBAL PASS

iD公式ホームページを参照し、用途やライフスタイルに合うカードを準備してください。

iDが使えるカードには、表面か裏面に「iD」マークが表示されています。手持ちのカードもチェックしてみてください。

iD加盟店でカードをかざす

iD加盟店でレジの方に「iDで」と伝え、リーダーにiD付きのカードをかざすだけで決済できます。

「タントン」と音がしたら支払い完了です。

iDと相性のよい高還元クレジットカード

iDの使い方をマスターしたところで、ここからは最後の総仕上げ。iDをよりお得に活用するために、iDと相性のよいおすすめのクレジットカードを紹介します。

iDでザクザクとポイントが貯まるコスパのよいカードをピックアップしました。

すでに使用するカードが決まっている方も、これからiDを使うための新たなカードを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント重視派におすすめのOrico Card THE POINT

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーiD、QUICPay
国際ブランドMastercard、JCB
発行会社株式会社オリエントコーポレーション
発行期間最短8営業日(オンライン申込)

ひとつめのおすすめクレジットカードは、ポイントが貯まりやすい「Orico Card THE POINT」

使用するメリットは次の通りです。

  • 年会費無料
  • ポイント還元率1.0%・入会後6ヵ月間は2.0%にアップ
  • 月額合計でのポイント付与

年会費無料

Orico Card THE POINTカードは、年会費永年無料のクレジットカードです。

気軽に所有し続けられるので、iDを利用することを目的にクレジットカードを新たに作ろうと考えている方にもおすすめです。

ポイント還元率1.0%・入会後6ヵ月間は2.0%にアップ

Orico Card THE POINTカードは、いつでもどこでも100円の支払いにつき1ポイント(オリコポイント)が貯まります。iDによる決済も同様です。

さらに入会後6ヵ月間は、ポイント還元率が2.0%にアップするうれしい特典がついているので、お得な期間にクレジットとiDを併用すれば、ザクザクとポイントが貯められます。

また、オリコ会員限定のショッピングモール「オリコモール」を経由してネットショッピングをすると、通常ポイントに0.5%が特別加算されるのも見逃せない特典です。

オリコモールを上手に利用すれば、通常ポイント還元率1.5%、入会後6ヵ月間は最大2.5%もの恩恵を受けらます。

月額合計でのポイント付与

Orico Card THE POINTカードは、月額の合計金額に対してポイントが付与されるお得なクレジットカードです。

たとえば、1か月間にコンビニで298円と110円の買い物を2回した場合、合計金額の408円(298円+110円)に対して4ポイントが加算されます。

端数の金額がムダになりにくいので、iDで少額の買い物をした分もしっかりとポイントが貯められます。

ドコモユーザーにおすすめのdカード GOLD

dカード GOLD(ゴールド)

dカード GOLD
還元率ポイント1.0~10%
マイル0.5~5.0%
年会費初年度11,000円
2年目以降
家族カード1枚目:無料
2枚目以降:1,100円
旅行保険海外最高1億円(自動付帯)
国内最高5,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費無料
※初年度無料
※前年度に1回以上の利用で翌年度無料
電子マネーiD
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社株式会社NTTドコモ
発行期間最短5日

ふたつめのおすすめクレジットカードは、ドコモユーザーなら押さえておきたい「dカード GOLD」です。

使用するメリットは次の通りです。

  • ドコモのケータイ料金でポイント10%還元
  • dカード特約店でポイントアップ

ドコモのケータイ料金でポイント10%還元

dカード GOLDには、ドコモの利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント(dポイント)と、10%もの高還元率でポイントが貯められるうれしい特典が付いています。

たとえば、毎月のドコモ利用料金が10,000円の方であれば、1ヵ月で1,000ポイント、つまり1年間で12,000ポイント貯まる計算になります。

dカード GOLDの年会費は11,000円ですが、ドコモユーザーならこの特典だけで年会費の元が取れます。実質無料のゴールドカードと考えればコスパは抜群ですね。

dカード特約店でポイントアップ

dカード GOLDは、ポイント還元率1.0%(100円の支払いにつき1ポイント)と、日々のショッピングでもよくポイントが貯まります。

そのうえ、「dカード特約店」でお買い物をすれば獲得ポイントが2〜6倍にアップします。

dカード特約店によっては、iDで決済したほうが還元率がアップすることもあります。以下は特約店の一例と還元率が上がる決済方法をまとめた表です。

店舗名決済対象ポイント
タワーレコード オンラインカード決済100円で1ポイント
ENEOSカード決済・iD決済200円で1ポイント
オリックスレンタカーiD決済100円で3ポイント
JALカード決済100円で1ポイント
dトラベルカード決済100円で1ポイント
JTBカード決済100円で2ポイント
髙島屋カード決済100円で1ポイント
伊勢丹カード決済200円で1ポイント
マツモトキヨシカード決済・iD決済100円で2ポイント
スターバックス カードカード決済100円で3ポイント
ドトール バリューカードカード決済100円で3ポイント
ビッグエコーiD決済100円で2ポイント

お店によってカード決済とiD決済を使い分けるのが、dカード GOLDをお得に活用する秘訣です。

iDを発行するドコモのクレジットカードなので、iOS、Androidいずれにも対応しているのも嬉しいポイントです。

コンビニをよく利用する方におすすめの三井住友カード

三井住友カード

三井住友カード
還元率ポイント0.5%~2.5%
マイル0.3%〜
年会費初年度無料
※オンライン入会
2年目以降1,375円
※条件達成で割引もしくは無料
家族カード初年度:本会員に準ずる
2年目以降:440円
※条件達成で無料
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費初年度無料
次年度550円
(ETCの利用が前年に1回以上の場合、無料)
電子マネーiD
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短翌営業日発行
※オンライン申込なら最短5分でカード番号発行

最後に紹介するiD対応おすすめクレジットカードは、毎日コンビニへ行くような方にぴったりの「三井住友カード」です。

使用するメリットは次の通りです。

  • コンビニなどの対象店舗利用でポイント5倍
  • 選べるiDタイプ
  • 月額合計でのポイント付与

コンビニなどの対象店舗利用でポイント5倍

三井住友カードは利用により200円につき1ポイント(Vポイント)貯まり、通常還元率は0.5%とやや低めです。

しかし、以下の対象店舗を利用するとポイントが5倍にアップするうれしい特典が付いています。

  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • マクドナルド

iD決済した場合も2.5%のポイント還元を受けられます。

毎日コンビニを利用している方なら、iDでスマートに決済できるうえ、ポイントもザクザクと貯められます。

選べるiDタイプ

三井住友カードも、dカード GOLD同様あらゆるiDタイプに対応しています。

iPhoneユーザー、Androidユーザーともに使い勝手の良いクレジットカードと言えます。

もちろんクレジットカードそのものにもiDが搭載されているので、カード1枚のスピーディな決済が可能です。

月額合計でのポイント付与

三井住友カードは、月額の合計金額に対してポイントが付与されます。

そのため、iDで少額の買い物をした分もムダなくお得にポイントが貯められます。

iDを使いこなして毎日のショッピングをよりお得にスマートに

iDの特徴と使い方
  • iDの支払方法はポストペイ型・プリペイド型・デビット型の3種類から選択可能
  • 支払方法に合わせて、iD対応のクレジットカード・プリペイドカード・デビットカードのいずれかを用意
  • iDをスマホで利用する場合はApple Pay・Google Pay・iDアプリのいずれかにiD対応カードを登録
  • iD加盟店ではスマホやカードをリーダーにかざすだけのスマート決済が魅力

iDは、お店のリーダーにスマホやカードをかざすだけで決済が完了する使いやすさとスマートさを兼ね備えた電子マネーです。

一定金額以下ならサインも暗証番号も必要ありません。

さらに、近くのコンビニやスーパー、カフェやレストランなど、iDを使えるお店が多いのも注目ポイントです。

iD対応のクレジットカードがあれば、スマホへの登録ですぐに利用開始できますよ。

iDを使いこなして、毎日のショッピングをよりお得にスマートに変えてみてください!