キャッシュレス決済「iD」とは?登録・使い方からお得利用方法を紹介

キャッシュレス決済として利用できる電子マネーはたくさんありますが、その中でも特にメジャーなのがNTT Docomoが発行するiDです。

iDは、クレジットカードに使った分だけ請求されるいわゆるポストペイ型(後払い方式)の電子マネーとして知られています。

また、事前に支払いをするプリペイド型iD、即時引き落としされるデビット型iDもあり、他の電子マネーと異なり、後払い・先払い・即時払いと全ての支払いに対応している電子マネーです。

そんなiDの特徴はどのようなものなのでしょうか。

iDとはどんなサービス?
  • スマホやカードをかざして支払いができる
  • キャッシュレス決済で利用できる電子マネー
  • 後払い・先払い・即時払いに対応
  • ポイント還元率は連携しているカードの還元率が反映される

今回は、iDの特徴や登録・使い方、メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

iDは楽天EdyやQUICPayと並ぶメジャーな電子マネーであり、利用できるお店の数はダントツで多いです。

そのため、どの電子マネーにしようか迷っているのであればまずはiDを使ってみるのがおすすめです。

スマホ決済の種類|Apple Pay、おサイフケータイ、QUICPayなどの違い

本編前のお得なマメ知識

iD払いと相性のいいクレジットカードは「dカード GOLD」です。その理由は、ポイントの二重取りができるからです。

ポイント二重取りの内訳
iDの利用額に応じたdポイント+dカード GOLDの利用額に応じたdポイント

dカード GOLD公式サイトはこちら

iDとは

電子マネーアイディ

画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

まず、iDとはどのような電子マネーなのか解説していきます。

iDは対応のスマホやカードを加盟店の端末にかざすだけで支払いが完了する電子マネーです。

iDが紐付いているクレジットカードやデビットカードを持っていないと使うことはできません。

iDのポイント還元率はクレジットカードやデビットカードのポイント還元率が反映されるので、iDをお得に使いたいのであればより還元率の高いiD対応のカードを利用するべきでしょう。

スマホやカードをかざして支払いができる電子マネー

レジにある機械に、対応するスマホやカードをかざして支払いができる電子マネーがiDです。

基本的にクレジットカード等に紐付いている電子マネーなので、カードで使う人が多いかもしれません。

しかし最近では、iDに対応しているスマホ決済アプリもいくつか登場しています。スマホにiDを連携させれば、スマホを加盟店の端末にかざすだけで簡単に決済できるようになっています。

利用できるお店は電子マネーの中でもトップクラス

iDの最大の特徴とも言えるのが、圧倒的な加盟店数です。

数ある電子マネーの中でもトップクラスの加盟店の多さで、さまざまな場面で利用できる電子マネーといって良いでしょう。

他の電子マネーではまず有り得ません。

iDが使える主なお店は以下の通り。たくさんあるので、ここで紹介するのは一部です。

  • セブンイレブン
  • イオンショッピングセンター
  • イトーヨーカドー
  • ガスト
  • マクドナルド
  • ヨドバシカメラ
  • 紀伊国屋書店

選べる支払い方法

使った分だけ後から支払うポストペイ型の他にも、事前にチャージして使用するプリペイド型、口座から直接引き落とされるデビット型が利用できます。

利用者にとって使いやすい支払い方法を選ぶとができます。

ポイントは支払い先のカードのポイント還元率が反映される

ポイント還元率は、iDが紐付いているカードの還元率に基づいています

iD自体にポイントサービスはありませんが、カードのポイントが貯まるので高還元率の高いカードでiDを使えばより効率良くポイントが貯められます。

iDの特徴について
  • iDはスマホやカードをかざして支払いができる電子マネー
  • 利用できるお店の数は電子マネーの中でもトップクラス
  • 後払い・先払い・即時払いに対応している
  • ポイント還元率はカードの還元率が反映される
スマホ決済から考えるクレジットカード選び方とおすすめ度

次のページでは、いよいよiDに登録し、実際に使ってみましょう。

dカード GOLD公式サイトはこちら