キャッシュレス決済「iD」とは?登録・使い方からお得利用方法を紹介

iDの登録方法

iDはカードで利用する他にも、おサイフケータイやApple Payなどのスマホ決済アプリで利用することができますが、どちらにしてもiDに対応しているクレジットカードやプリペイドカード、デビットカードが必要になります。

つまり、iDを使いたい場合は事前にiDに対応しているカードを用意しなければいけません。

支払いは「iDでお願いします」と言えば、レジにある機械にカードやスマホをかざしてすぐに決済することができます。その時間もわずか1秒程度なので、レジが混み合っている時にも便利ですね。

iDに対応しているクレジットカードやデビット・プリペイドカードが必要

iDを使うにはクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードが必要で、さらにそのカードがiDに対応しているものでなければいけません。

そのため、まずはiDに対応しているカードを持っていることが第一条件です。

iDが使えるカードにはiDのロゴが記載されているので、是非自分のカードを確認してみてください。

スマホを使ってiDで支払うこともできる

おサイフケータイやGoogle Pay、Apple Payなど、iDに対応しているスマホ決済アプリもあります。

スマホ決済アプリでは、iDに対応しているカードを登録して利用します

スマホをかざすだけでiDが利用できるようになるので、より買い物が楽になります。

スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯める決済アプリ

iDの使い方は「支払いはiDでお願いします」と言うだけ

iDの使い方は簡単です。

「支払いはiDでお願いします」と言うだけでお店の人は対応してくれます。

加盟店のレジに設置されている機械にカードやスマホをかざして「タントン」という音が鳴ったら決済完了です。

最近では自分で機械を操作してキャッシュレスを利用するお店もありますが、そこでもiDを選択してカードを挿し込んだりかざしたりすれば使うことができます。

iDのメリット

次に、iDのメリットについて解説していきます。

iDのメリットとして挙げられるのは、後払いや先払い、即時払いなど支払い方法が選べるという点です。

また、ポイント還元率は対応しているカードの還元率がそのまま反映されるので、高還元率のカードを使えば効率良くポイントを貯めることができます

使えるお店もコンビニからショッピングモールまで幅広いので、普段使いでポイントを貯めていきたい人にもぴったりの電子マネーだといえます。

使い勝手の良さは電子マネーの中でもトップクラスではないでしょうか。

後払い・先払い・即時払いの3種類が選べる

iDはカードによって支払い方法が異なり、後払い・先払い・即時払いの3種類から選ぶことができます。

自分の使いやすいカードやライフスタイルに合わせた支払い方法を選ぶことが可能です。

iDを使うことを目的としてカードを作るのであれば、支払い方法を考慮して選ぶのも良いかもしれません。

ポイントはカードのポイント還元率がそのまま反映される

iDのポイント還元率は、iDを利用しているカードの還元率がそのまま反映されます。

つまり、還元率1.0%のカードでiDを使っているのであれば、iDを使った場合のポイントも1.0%分貯まるということになります。

このように、利用するカードのポイント還元率がそのまま反映されるので、より高還元率のカードで利用すれば一層お得になるということです。

使えるお店もダントツで多いのでキャッシュレス決済サービスとしてはかなり使い勝手が良い

iDの利用可能店舗は全国津々浦々に広がっています

加盟店数は電子マネーの中でもダントツで多いので、かなり使い勝手が良いです。

ちょっとした買い物からショッピングモールでの買い物まで対応できますし、クレジットカードであればクレジットカードの利用枠内の金額がiDで利用できます。

あらゆる場所で利用できる電子マネーなので、初めて電子マネーを使うという人にもiDはおすすめです。

iDのデメリット

次に、iDのデメリットについて解説します。

iDは、カードに紐付いている電子マネーなので、「iDが使いたい!」と思ってもまずはカード発行が必要です。

他の電子マネーと異なり、電子マネーそのものの登録さえすれば良いというものではないので、少々面倒に感じる人もいるでしょう。

また、独自のポイントプログラムがないので、クレジットカードのポイント+電子マネーのポイントというようなポイントの2重取りや3重取りがしにくいのもデメリットと言えるかもしれません。

持っているカードがiDに対応していないと使えない

iDは基本的にクレジットカード、プリペイドカード、デビットカードに紐付いている電子マネーなので、対応しているカードがないと使うことができません

他の電子マネーのように、電子マネーの利用開始手続きさえすれば良いわけではありません。

カードがないとそもそもiDは使えないので、iDを使いたいと思ったらまずはカードの発行が必要になります。

なんらかの事情がありクレジットカードを作ることが難しい人は、プリペイドカードがおすすめです。

独自のポイントプログラムを持っていない

電子マネーの多くは、電子マネーを利用して貯まるポイントがあります。

そのため、チャージがポイント対象になっているクレジットカードでチャージをして電子マネーを利用することでポイントの2重取りをすることができました。

しかし、iDは独自のポイントサービスを持っていないので利用とチャージでポイントの2重取りをすることができません。

iDのメリット・デメリット
  • 後払い・先払い・デビットの3種類が選べる
  • ポイント還元率はカードの還元率がそのまま反映されるので高還元率のカードを使うとお得
  • 使えるお店の数も電子マネーの中でダントツに多い
  • 持っているカードがiDに対応していないと使えない
  • 独自のポイントプログラムがないのでポイント2重・3重取りは難しい

次のページで、iDをお得に使う方法を紹介します。